« Shining Tears X Wind#2 | トップページ | 美少女戦麗舞パンシャーヌ#6 »

古代王者恐竜キング#14

シークレットは落ち着きなくて悲劇的

イタリアのピサの斜塔の近くにパキケファロサウルスが出現した.それを知ったリュウタたちは行列を放棄して早速現地へと向かう.頭が虹色に輝くこの恐竜は,アクト団のDr.ソーノイダがカード化する前から育て上げ,独自の加工を加えた特別な恐竜だった.パキケファロサウルスのことを我が子のように思っていたドクターは,珍しくウサラパたちの恐竜回収に同行する.
ローマではパキケファロサウルスが街中を走り回っていて,リュウタたちは自転車に乗って追いかける.恐竜なのに頭は眩しく輝き,スピードもパワーも並の恐竜に比べれば段違いに上.エースをカードに戻さねばならないくらいの攻撃を繰り出すパキケファロの育ての親を自負するドクターは育ての親として必死にアピール.しかし当のパキケファロは,どうやらまったくドクターのことを覚えていないようだった.

2クール目ではこれまで繰り返してきた基本パターンをどんどんアレンジしていくはずの「恐竜キング」.作り手の冒険がはじまるこの時期は作品が急激に面白味を増し,また作品のテーマについて語られはじめるとても大切な時期なので,ぜひとも適度な深さで作品世界をしっかり固めて戴きたい.…サンライズの場合,3クール目から先はテーマ語りに集中しすぎて子どもを置き去りにする悪癖もあるから気をつけろ(苦笑).
今回は現場にぞいジジイ登場.そもそも3悪党に回収業務を任せていることが原因で,何度も子どもたちに出し抜かれてきたアクト団がこういうシフトを取ってくるようになったのが相当厄介.ジジイだからマシだけど他は難物揃いだもんなぁ….映像的な見所は2Dと3Dの融合.演出のいとがしんたろーと作画監督の佐久間信一・斉藤佑が凄くいい仕事をしています.あと,CMのfeaturing ひろみちおにいさんぶりが面白い(笑).

前半.今回の舞台はピサの斜塔が斜めに立つイタリア.歴史的な建造物の多いこの国で,雨の後,雲の晴れ間から覗く太陽の光によってカードから実体化したのが頭が虹色に輝く恐竜.…こいつときたら登場直後に頭突きで斜塔を元に戻してしまいやがるという遺跡破壊?ぶり(笑).遺跡だろうとなんだろうと,結構容赦なくぶっ壊すのはこの作品の素敵な売りの1つです.
またも偉大な遺跡が1つ姿を変えたと気づかない日本のリュウタたちは,限定プリン購入のために行列並び中.レックスやマルムは大人しく並んでおりますが,どうにも生まれつき活発というか落ち着きのないリュウタは勝手に列から離れて本屋にマンガを読みに行ってるダメっ子ぶり.まともな仲間から見れば随分と困った奴であります.
けれどこのリュウタ,恐竜に関しては主役らしく普通じゃありません.遠くのテレビでほぼ聞こえない小さい音をしっかり聞きつけ,列を放棄し走り出す…「ほら,恐竜って言ってるじゃん!」 実際にディノホルダーにも反応が現れ,テレビのニュースではイタリアで恐竜が出たと報じられている.…こういう鋭敏さがあるからこそ,石板が助けを求めたってのもあるのかもしれないな.
さて同じ頃,前回から動き出した恐竜島でも同じ報道をチェック中.画面に映る虹色頭のパキケファロサウルスにドクターは特別な思い入れがありました.あれはドクター自ら作り上げたシークレット恐竜! …ゲームの設定を反映した展開のはずですが,毎度この恐竜が出るたびに気の毒なパキケファロを思い起こすことになっちゃいそうだけどいいのかな(苦笑)? ドクターは強い恐竜を作る装置を作り,材料にする恐竜も卵から育成! 自分で抱いて暖めて孵化させ,あの頃の幼い恐竜の純粋な瞳は可愛かった….
…本当に可愛いならばその恐竜を無駄に苦しめるようなことはするべきじゃないのに,博士は手塩にかけて育てたパキケファロを装置にかけて強化.恐竜が好きというよりは,恐竜を強くすることが好きな外道としか思えない.無理な強化で苦しめられて,結局装置は壊れたけれど虹色に輝く頭を手に入れたパキケファロ…感動というよりは,いい大人のわがままにつきあわされた何も知らない子どもの悲劇にしか見えないのです.
恐竜自身が勝手なドクターをどう思っているかはわからないけれど,ジジイにとってあのパキケファロはわが子も同然.その強さをぜひ確かめたいというわけで,ヘイヘイホーと出動する3悪党とともにドクター自身もイタリアへ同行! …本日は高速艇で出動しておりますが,スピードの出しすぎで水切り状態となり,さらに舵まで取れちゃった上に鯨にぶつかって分解というお約束.…本当に乗り物運ないなぁこいつらは(苦笑).結局彼らは舟板1枚きりで現地に入ることになります.
同じ頃,Dラボでもパキケファロサウルスについて分析の上,子ども達はローマへと向かいます.いくら未知の恐竜でも頭が虹色に輝いてるのはおかしいよな.ちなみに限定プリンは一番忙しくない古代博士が買いに行くことに(笑).能力的には結構優れているはずなのに,現地に一緒に行けないことによって役立たずと化す博士は毎度気の毒だ….ローマにやってきた子どもたちは輝くパキケファロを発見.乗り捨てられた自転車を借り追跡開始.
こちらも到着しているアクト団.ドクターは街の被害の様子から我が子とも思うパキケファロの成長を喜び,ウサラパはイタリア男に声をかけられないことが疑問.「…何考えてるんすか」とぼやくエドが毎度一番常識的だ.いきなり男たちに駆け寄られてウサラパはうれしくなるけれど,当然恐竜から逃げているだけなので踏み潰されて終了(笑).その後ろから,頭の眩しいパキケファロがやってくる! あまりに眩しいのでサングラスが必須と思い出すのを遅れるっていうか忘れた博士.でもボケた今でもあれだけ作れるんだから,絶好調の以前はどんだけ凄かったんだろう….
ここで追ってきた子どもたちも合流.あまりに素早いパキケファロをスピードタイプと考えて,同じスピードタイプのエースを大きくしてバトルをはじめるんだけれど…あれだけ速いエースなのに逃げる相手を見失い,パキケファロは後ろに回り込んだ上に巨大な石柱を将棋倒しにしてエースを潰そうとする! 間一髪でレックスがカードに戻したからよかったけれど,パキケファロはスピードだけでなくパワーも凄い特別な恐竜なのだ!
エースのリタイアでバトルフィールドが消滅.本当にパキケファロが強いことがわかったんだけど,そんな凄いのにしがみつく凄い奴がいた(笑).結局落とされたドクターはひっくり返ったままで我が子パキケファロを賞賛する言葉を連ねるんだけど…当のパキケファロは博士のことを完全無視.一緒に帰ろうという言葉が届くわけもなく,逢えない時間は愛を育てないというか,一方的で勝手な思い入れは最初から愛でもなんでもないというか…(苦笑).
リュウタたちはここにジジイまで来てるのに驚く…おばさんたちだけだって迷惑なのに(笑).優位に立ったつもりのドクターはカードを返せと脅迫開始.でないとワシの作ったパキケファロで叩きのめす!と,自らが強さを与えたパキケファロを憎きガキたちにけしかけるつもり.「力を試す時がきたぞい! 行っけー!」と思いっきり子どもたちを指差すけれど…当然後半冒頭は,皆様が思った通りの展開です(苦笑).

後半.そりゃもう主役気取りで「行っけー!」とパキケファロをけしかけたつもりのドクター.けれど…パキケファロはやっぱり行かないね(苦笑).むしろ横のブランドショップが気になって壊してしまう落ち着きのなさは「リュウタっぽくない?」…本当にDキッズは毎度仲間には率直で辛辣で,仲が良くないなぁ(苦笑).
肝心のパキケファロはドクター無視で言うことを聞かない.仕方がないからサイカで回収!とエドがなぜかウインクしつつ召喚しようとするのを,勝手なことをするなとドクターが横っ面に蹴り入れて止める(笑).召喚前に直接攻撃を加えるのは悪役らしい戦術だけど,がきんちょでなく仲間に炸裂させてどうするよ(苦笑).おかげでサイカのカードが飛んで行っちゃった….
邪魔者こと仲間を排除したドクターはマジックハンドでパキケファロの頭に組みついて乗る.明らかに嫌がってる恐竜にがっしとしがみつく命知らずの様は,滅茶苦茶だぜあのじいさん!と子どもたちだってびっくり.完璧片思いの相手によくぞここまでやるもんだなぁ….で,ここでの振り回されるドクターと振り回す恐竜,2Dと3Dの合成具合が素晴らしい.派手な動きで不自然さを軽減してるのも巧いなぁ.
博士がしがみついたままでまたも走り始めるパキケファロ.子どもたちはウサラパのおばさんを置き去りに自転車で追跡再開!「どけーおばさん!」「おばさん言うなー!」…リュウタだけはウサラパに組み付かれて後ろに乗られてしまいました(苦笑).もちろん気が合うわけがなく結局一緒に転げる2人.正直どっちもどっちな御粗末ぶりに仲間もがっかり.…ウサラパの自称19歳はいくらなんでもひどいと思う(苦笑).
ドクターは未だパキケファロに意地だけで組みついていますが,ワシのもんじゃ誰にもわたさん!といくら頑張ったって,結局は振り落とされるんだよな(苦笑).やっぱり自称育ての親のドクターのことなんか眼中にないパキケファロ.別に反抗期ではないはずだけど,ともかくリュウタ並に落ち着きがなくて今度は上空の飛行機を追う…ここでパキケファロが光を反射するものを追っているのではないかとレックスが気づきます.
またも走り始めるパキケファロを追うDキッズとドクターとウサラパ.ウサラパはたちはマルムさんの自転車を奪い,取られたマルムさんはリュウタが回収.3台の自転車とその先を走る恐竜は,世界に名だたる観光名所,コロッセウムへ進みます.…ドクターが作ってた闘技場映像も明らかにこれを参考にしてたよな.
あまりに言うことを聞かない息子に業を煮やしたドクターは,恐竜を無理やりコントロールする例の電気ボールを投入.嫌がっているのを無理に装置で言うことを聞かせるような酷い仕打ちが恐竜のためになるわけがなく…パキケファロは自分でボールをぶっ壊し,さらにドクターを本気で威嚇! 自分勝手な思い込みはやっぱりまったく届かない…ゆえに!
「ワシの力を思い知らせてやるぞい!」と,ドクターはついに直接攻撃を許可.ウサラパはスピノ召還.ドクターがティラノ召還! 2頭でパキケファロを一気に潰すつもりです.…ここでバトルフィールドが発生してるけど,コロッセウムの光景がやや変化して見えるなぁ….パキケファロを救うためにDキッズも参戦.場には3頭の恐竜が既にいるから,惜しみなくガブ,エース,パラパラの3頭を揃えた総力戦!
子どもたちの妨害に怒るドクターはティラノのネッククラッシャーを早速発動し,ガブとパラパラを一気に退ける.輝く太陽を追って一心にコロッセウムを登るパキケファロはスピノが追い詰め,エースがそれを追って助けに入る!…けれどこちらもスピノのテイルスマッシュが決まってしまい,さっきの戦いでのダメージが残っていたエースはあっさりカードに戻される.子どもたちの恐竜は,いつも必ず勝てるほど圧倒的に強いものではないのです.
自分と同じ輝くものを探すパキケファロサウルス.けれど追っていた太陽がふいに隠れたことを嘆いて暴走! いきなりスピノにアタックを決めてカードに戻してしまいます.さらにガブとティラノの間にまで乱入しガブの上に乗って攻撃! …こっちは助けにきてるのに,敵味方関係なしに攻撃し倒すパキケファロの狂戦士ぶりは凄まじい.もちろん自分に攻撃するものは全て敵.ティラノの攻撃がヒットしたから,自分の頭を光らせはじめる….
ジジイもうろ覚えのパキケファロの大技.それが発動する前にティラノはネッククラッシャーで攻撃,さらにリュウタも手に入れた新しい技カードを披露! 思いっきり跳んでタメて「ギガライディーン!」 電光の輝きはパキケファロに向かう…んだけどかわされて,逆にパキケファロのダイナミックレイが決まってしまう! 反撃によってティラノはカードに.ガブも限界.唯一元気なのはパキケファロだけ.…主役がはじめて必殺技を披露したのに当たらないって珍しいなぁ(笑).
ここでようやくドクターを見たパキケファロ.わが子が瞳を輝かせて近寄ってくるから,育てのママとようやくわかって抱かせてくれるのかと思ったら…そのまま宙高く跳ね上げてやっぱりおしまい(苦笑).「じいさんよっぽど嫌われてんだなぁ」とリュウタ.「愛って儚いものなのね!」とウサラパ.…恐竜を苦しめる一方的な愛なんか,儚く終わってよかったくらいだ(笑).そしてパキケファロは最後の力でひたすらに太陽へと向かって宙へと跳んで…光を放出しながら力尽きてカードへと戻る.
パキケファロの無軌道な疾走は何を求めていたのか.他の恐竜たちと同じように仲間を求めて走ったのか…なんてことは一目散にカードめがけて走り出すDキッズとアクト団はあんまり気にしてないみたいだ(苦笑).ウサラパはビー玉を投げてリュウタたちを退けカードをゲット! けれどさっき飛ばされたドクターが落下してきて激突されて,結局シークレットカードは最終的にリュウタが手に入れたのでありました.

さて,今回途中退場したノラッティ~とエドの二人ですが,サイカのカードが真実の口に入ってしまったために手が抜けなくなるコントを繰り返しております(笑).隠し事や偽りがあると食いちぎられるという伝説にビビり,カードを掴んだままで口からカードを出すことができなくなってしまったという間抜けぶり.どちらか一方が先に手を抜けば簡単に外れるはずなのに,両方ともカードを口の中で掴んでいるから手が抜けない.せーの,で一緒に手は抜くんだけど…カードを掴むのを忘れて結局サイカは口の中.…こいつらちゃんと帰れたのかなぁ…(苦笑).
自滅と漁夫の利でシークレットカードを手に入れ戻ったリュウタたちは,Dラボでカードを分析.輝くカードは連コインしたくなるくらい魅力的だけど,実態は恐竜カードと技カードを無理に融合させた虐待状態.やっぱしアクト団に愛なんかないんだ….ちなみに古代博士は例のプリンを1個だけ入手し,欲しがるリュウタに組みつかれて床に落としてる.バカみたいな執着で台無しにして大人気なく嘆くのは,Dキッズもアクト団も案外変わらないのかな(笑).頑張った恐竜たちのエサになったんだからきっとプリンだって本望のはず.次回に続きます.

|

« Shining Tears X Wind#2 | トップページ | 美少女戦麗舞パンシャーヌ#6 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/15074799

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#14:

« Shining Tears X Wind#2 | トップページ | 美少女戦麗舞パンシャーヌ#6 »