« 古代王者恐竜キング#13 | トップページ | Shining Tears X Wind#2 »

美少女戦麗舞パンシャーヌ#5

やっぱし今時番長とか言い出す奴らは絶対どうかしてる!

夕方のいきなりの連絡で健介の両親がやってきた.由美子はパンシャーヌの力を使って夕食を用意し,来てほしくない訪問者を作り笑いで歓迎するのだが,義父母たちは孫だけを連れて寿司屋に出掛けるという非道ぶりを息子の嫁に見せつける.由美子はそのひどい仕打ちに苛立って,せっかく作った料理をひとりで過食する.
息子の嫁をいびり孫を可愛がり,すっかり調子に乗った義父母たち.しかし理沙がふいに言い出した熟年離婚という言葉に,互いを疑いあった2人はいきなり地を見せて戦いはじめる.昔はスケ番と番長であった義父母は隈取顔でセーラー服と学ランの怪人となり,学校の体育館で深夜の決闘を演じるのだった.

心底くだらない話を毎度きちんとこなしていく,勤勉なアホの「パンシャーヌ」.少なくともここまでは期待どおりの素晴らしい出来になっているので,やはりいい笑いのためには映像面の充実は不可欠なのだと痛感してしまいます.シリアスならば物語の魅力で映像面の齟齬はある程度補えるけど,ギャグには絵を完全に補うほどの引きの強さはないですからね(笑).
今回はまたも浦沢回.義父母が怪人になる理由がよくわからなかったりとかご近所が意味もなく押しかけて投げてきたりとか,浦沢脚本の奔放さは今回も好調.存在しないはずの黒子との会話や,ラストシーンの異様なテンポもかなり面白い.…でも一番個人的におかしかったのは,「番長やスケ番になるような奴にろくなのはいない」という教訓かなぁ.世界が滅びそうになったりするから,本当にろくなことにならないよね(苦笑).

前半.夫は接待で帰りが遅い,娘も友達のところに行くから遅くなる…となれば,日頃何かとお疲れの主婦には骨休めのチャンス.家族がまだまだ戻ってこない部屋を散らかしまくりダレまくる由美子さんだけど,かかってきて欲しくない電話が鳴り出した.居留守を決め込もうとしても鳴り止まず,仕方なく他所行きの声で出たら…「お義母様…え? お義父様と一緒に?」
家族は今日はいないと必死に義理の両親をかわそうとする由美子さん.けれど結局かわしきれず,いきなり2人が夕食時にやってくることに!…嫁の辛さで受け入れるしかないけれど,時計は既に5時を過ぎてるってのに何一つできていない.ゆえに本当はしちゃいけないとわかっていながら,割とあっさりパンシャーヌに変身! …あの軽さ,これまでも時々色々やってきたんだろうなぁ(苦笑).
きゅっとゴム手袋を装着し,「間に合わせますわ!」と猛スピードで片付けはじめるパンシャーヌ! 部屋には掃除機をかけ,エプロンつけて5人分の料理も見事に作り上げてもまだ5時半.もう理沙を迎えに行く時間ということで,由美子さんはそのまま高速移動…ブランクこそありますが,さすがスーパーヒロイン歴3年以上のキャリアは伊達じゃない.自分の能力を日常でも見事に使いこなしてますね.
突然の来客にも準備と覚悟は既に完了.娘と一緒の帰り道で顔を合わせてしまったのがあの清志.本日はパンシャーヌの正体について佐々木さん家のおばあちゃんを推薦(苦笑)! しかも根拠がパンシャーヌとおばあちゃんの加齢臭が一緒って,いくらなんでもそりゃひどい. しかも親が来ると聞いてすぐさま逃亡を選択するあたりもずるくて,いつもながら,あらゆる意味で本当に腹立つ!
失礼すぎる清志に対する怒りが高まるばかりの由美子さん.けれどパンシャーヌにであることは秘密なので「今度会ったら思い切りケリ入れてやる!」と腹の中で思うしかない.そんな母の無理した笑顔に,「ママの作り笑い,大好き!」と娘.あまりに率直すぎて完全にデリカシーに欠けるのは,新庄家の家系の特徴なんだろうか?
そして夜.やってきた2人の脅威は…由美子さんに挨拶なしに理沙に駆け寄るという先制パンチ.お待ちしてました!と必死に耐える言葉にも「ウッソー」と手痛い一撃.…本当に最悪なこの両親.それでも夕食は準備したと我慢する由美子さんに向かい,「駅前のお寿司屋さんに,理沙とあたしとおじいちゃんの3人で,予約入れてきちゃったのー!」…まさに魂を砕く一撃! これまでの苦労を全て壊すこの一撃に愕然とする由美子さん!
主婦にとっては最悪の展開.その屈辱を腹に抱えて笑顔でいるだけでも一杯一杯だってのに,理沙さんまでもが「お寿司大好きー!」なんて無邪気に言いやがるからどうしようもない! 「声出して笑わないと,体に毒よ」という言葉を残して娘は義父母と駅前に出かけ…この状況は笑えねえ! 笑うと黒くなっちまう! 「あのババアとジジイ! これどうしてくれんのよ!」と作った食事のやけ食いに走る由美子さん.太れば義父母の大切な息子の健介は潰せるだろうけど,コスパの素敵なコスチュームが入らなくなってしまいますよ?
生意気な嫁をやっつけて,可愛い孫とともにお寿司をすっかり楽しんだ義父母.ママの手作り料理より寿司の方が美味いと娘も素直で…やっぱし由美子さんの料理は今ひとつなのかなぁ…(苦笑).アイスクリーム食べつつ帰宅して大満足の3人だけど,唐突に理沙さんが凄い一撃を食らわせる.「おじいちゃんとおばあちゃん,じゅくねんりこんしないの?」…なんだこの直球(笑)! その突拍子のなさに入れ歯がアイスに噛みついてしまう.慌てて戻したら入れ違い…ってそれは気持ち悪!
慌てるのは入れ歯の天敵であるのと同時に,夫婦仲の天敵でもありました.あの狼狽は怪しいと祖父は「考えてんじゃないの?」と疑い,「あ・な・た・こ・そー」と祖母も反撃.色々と含みまくりの笑顔で,開き直るところが嫌い,開き直ってなんかいないと言い合いは激しくなる.しまいにはスケ番上がりとか中途半端な番長とかストレートな罵倒がはじまって,ついには組み合って睨みあい,顔は白塗り,そして隈取! 祖父母の変身を目の当たりにして,理沙は宇宙まで響く悲鳴を上げる!
ヤケクソで食いすぎたもんだから,自室のベッドに転がって腹をさすっている由美子さん.そこに飛び込んできた理沙に連れて行かれた先には…スケ番隈取の義母と番長隈取の義父が! …興奮しただけでこうなるなんて,変身しやすい家風なんだろうか(笑)? 正直今時珍しいアナクロな不良に変身した義父母たちに,由美子さんは今のままでは正直できることがない.この暴走を止めるには,どうしたってパンシャーヌにならねばならないのです.
しかしここで思いっきり足を引っ張ってくれるのが実の娘である理沙さん.アンシャンレジーム!とやりはじめると娘が覗くもんだから,うまいことパンシャーヌになるチャンスが掴めない(苦笑).そんな彼女がようやく変身できたのは,義父母である番長たちが決着をつけるために例の場所へと向かうのに,理沙がついて行った後のこと.「アンシャンレジーム,トリコロール!」
番長とスケ番がやってきたのは当然ながら学校の体育館.歌舞伎よろしく黒子が拍子木をかんかんと床で叩いて鳴らしている中,隈取顔のいい年の二人が喧嘩のような踊りのようなことをくるくるとやっているのを…2人の孫が体育座りで見ている(笑).…この光景だけでもう腹一杯シュールなわけですが,さらにここにパンシャーヌさんが高いところから登場してまさにカオス(苦笑).この前衛映像ぶりは,まさに御大の独壇場と言わねばなりますまい!

後半.シュールコント状況はさらに加速.お待ちなさいと見栄を切るのは,待ってましたのパンシャーヌ! …しょぼい掛け声がシャンパーニュって間違っているけど気にしない(笑).「花も嵐も踏み越えてぇ,戦う愛のエレガントゥ,美少女戦麗舞ぅパンシャーヌ,ぁ,参上ぅぅ!」…それっぽく唸ってみるけれど,番長たちには当然ながらさっぱりさっぱり(苦笑).
「美少女?」「はい!」「…少女?」「はぁい!」 押し切ろうとするパンシャーヌさん.ご冗談を!と素顔を露にした黒子に笑われるけど,いーっと叱って反撃したら黒子は元の仕事に戻る.…このあたりの本当に空気を読まない展開は御大らしいよなぁ.不安になるくらいゆっくりとしたわざとらしい台詞回しで,不安を煽りつつも何も起きずにきれいにかわしていくんだよなぁ….
未だゆっくり踊り続ける不良たちを,跳び箱の上から眺めるパンシャーヌ.登場しても無視されて,「折角ちょっと恥ずかしい想いをして,かっこ良くキメたのに!」と大変に不満! …でも本当にかっこ良く決まっているたら全然恥ずかしくないのではあるまいか(苦笑).即席歌舞伎舞台に乱入し,田子の浦にうち出でてみれば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつといつもの奴をかますヒロイン.…ひょっとして跳び箱を富士にたとえてる(笑)?
わけわからん句を唸った上で,「スケ番や番長になるような方にはわからないでしょうけれど!」と丸井のセールの赤札商品並に爆安の挑発をぶちかますパンシャーヌこと息子の嫁に,そうとは知らずに怒る義父母.即席タッグを組んだ上で人力スローモーションバトルを仕掛け…前回も似たようなことをやってたね(笑).完全に音響だけでバトルの雰囲気を持たせていたら,投げつけられる唐突ないろいろ!
なんでここに押しかけたのかはまったくわからないものの(笑)即席舞台の上を厳しく睨む消防士やら魚屋やらパン屋やら.ご町内の皆さんがこっちに物を投げてくる! パンシャーヌも黒子も巻き込まれ,逃げても狙って飛んでくる…1話でも思ったけれど,攻撃する本人がちっとも痛くない物投げ攻撃とそれにさらされる人たちは,どうしてこんなに滑稽なんだろう(苦笑).
このご近所の叛乱は,番長たちが過去に買ってしまった恨みの結果であるらしい.若かりし頃,不良の仕事としてカツアゲしたりいじめたりの被害を周囲に撒き散らしたから,大人になってからこってりと反撃されているのだ!「今更ですか?」「今更よ!」…仕返しとして美容院では髪の毛をむしられ,飲み屋で無理やりおごらされ…今いじめに苦労している小中高生たち,これは参考にしてもいいと思うぞ!
因果応報,自業自得.正義のパンシャーヌとしては同情の余地もないけれど,嫁の由美子的には「…ちょっと,同情します」と案外優しい.この辺で許してあげてもよろしいんじゃないでしょうか!と仲裁に入るんだけど,いじめられた方としてはまったく納得がいかないので,攻撃は続行されてしまうのです.
国内線の普通席並の広さしかないご町内の皆様の心の狭さに「このエコノミーども!」と怒るパンシャーヌさんはファーストクラスビームを発射し一同を座らせる! 座ってる場所は全然ファーストクラスじゃないですが,きっと体育座りする皆さんの心の中の方が,今までよりも一回り広がり足置きがついたり専用モニターがついたりしているに違いありません(笑).恨みによって荒ぶったご近所を見事調伏したパンシャーヌに番長たちは感謝!
「あまりに優しいお言葉につい!」と泣くスケ番.悪い番長どももまっとうな心に戻ったか…と思ったら当然のように罠(苦笑).派手な名刺を渡すところでやられそうになるのを間一髪で避けた上,「やっぱり,スケ番や番長になる人にはろくな人はいませんわ!」…確かにその通りです(苦笑)! そんなろくでもない2人にシロガネーゼアタックとピュアウェーブのコンボを容赦なく食らわせるパンシャーヌ.ろで体育座りのままのご近所たちがダメ押しで面白い….

パンシャーヌによる浄化を受けて,服装はともかく元の義父母に戻った元不良たち.理沙を愛する素敵なお祖父ちゃまとお祖母ちゃまに戻…ってない(苦笑).孫に人形とゲームのどっちを買うかでもめはじめ,パンシャーヌだってこんな厄介な番長崩れとスケ番崩れはもう沢山! スーパーヒロインなのに勝手にやってなさい!と放置して去る息子の嫁.夫婦喧嘩は犬も食わないくらいまずいものなんだから,さっき過食したばかりのパンシャーヌが無理に食う必要もないよね.
そして無事に迎えた翌朝.結局娘は人形とゲームの両方を買ってもらうことになり,さらに清志も蓄膿症の手術を受けることになりました.おばあちゃんの加齢臭と混同される屈辱を味わった由美子さんには望外の喜び! 食事だっておいしいし,ちゃんと声を出して笑うことができるってもんです.…清志が公園のブランコでキムチ食いながら匂いがわからないという意味不明のエピローグ.この凄いセンス,やっぱし御大は特別だ! …番長の迷惑ぶりを色々と思い起こしつつ,次回に続きます.

|

« 古代王者恐竜キング#13 | トップページ | Shining Tears X Wind#2 »

レビュー◆美少女戦麗舞パンシャーヌ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/15017622

この記事へのトラックバック一覧です: 美少女戦麗舞パンシャーヌ#5:

« 古代王者恐竜キング#13 | トップページ | Shining Tears X Wind#2 »