« Shining Tears X Wind#5 | トップページ | [雑記] 聞かれても悩むよ / 開始雑感・期中雑感 »

古代王者恐竜キング#17

恐竜保護より好きですか?

華やかなカーニバルとサッカー世界一を決めるオーレカップで沸く南米の都市オーレ.そこに恐竜反応が出現し,リュウタたちは早速現地に向かう.リュウタはオーレカップを競うチームの,マルムはオーレカップに出ている選手のファンだったので,その近くに行ける今回の出動は恐竜抜きだってうれしいのだ.
夜のオーレはカーニバルに沸き立つ人々で一杯.けれど華やかなパレードの列に突如アルティリヌスが乱入し,市場の果物を食い荒らす.レックスがエースを出して止めようとするが,パレード参加者に扮して現地入りしていたウサラパたちがスピノを放ち妨害してくる.エースがサイクロンでスピノをカードに戻したときには,既にアルティリヌスは姿を消していた.

ここまで我慢してきたのがどうやら限界に達したらしく,面白を過剰に詰め込みはじめた「恐竜キング」.理解の幅が狭いキッズを狙う作品としてはこの過剰ぶりは明らかに敷居を上げてる気がするんだけど,毎回このペースが続いて大丈夫だろうか(笑).展開にちゃんとついていける大人にとっては確かに面白いんだけど….
どうせフィクションだからと豪快に移籍などの貴重なものをぶっ壊してきている本作ですが,より精緻な作品なら当然気になるものもあっさり無視して展開しています.その1つが時差なんだけど,今回はなんとなく行き先が夜になっているのが逆に珍しい.海外ニュースでも昼夜が等しくなっていることが多いし,ディノホルダーの力によって小規模のタイムスリップ現象が起きているなんて思い込むのも無茶だしなぁ.そもそも子どもはそんなもん気にしないんだからいいんだけど.

前半.本日の舞台は華やかな雰囲気たっぷりのオーレ.カーニバルとサッカー世界一の決勝があるということで,まさに盆と正月とクリスマスとゴールデンウィークが一気にやってきたような大騒ぎ.まだ日本にいるリュウタたちも,特にオーレカップの方は気になるようで,もうすぐはじまる中継を待っております.
普通に楽しみにしてるくらいのレックスに比べ,リュウタはやたらと気合が入ってる.なんせ彼は南米チャンピオンのオーレが大のお気に入り.中でもロカルドに憧れる彼は,彼が犬を相手にトレーニングしているという話を真似してみるんだけれど…ガブの前肢は手ではなく前足だけど,ボールをガブガブして穴を開ける方はダメだ(苦笑).あんなんじゃロカルドにはなれないだろうと冷静なレックスは思うのです.
そしていつものようにマルムさんも古代家にやってきますが,こっちもなんだか偉くテンション上がっております.彼女はヨーロッパチャンピオンのユーロのベッサム様の熱狂的なファン! しかもプレイスタイルとかではなく,単に顔がいいから好きという安いミーハーっぷり.元々それほどべったりではないDキッズたちなので,軽薄な方向に浮かれたマルムがリュウタと喧嘩にならないわけがないのです.
サッカー世界一は己のひいきのチームだと真正面からぶつかるリュウタとマルム.子どもなので大人気ないのは仕方ないところだし,特にリュウタの苛立ちは視聴者にもすごくよくわかる(苦笑).本気で好きであればあるほど,見た目なんかで騒ぐ奴らが本当にウザくなってくるもの.…見た目じゃなくてその演技が素晴らしいのだと,病の深い声優ファンの皆様はよくおっしゃるようなもんですな.
優勝はオーレだユーロだと喧嘩する2人の横で,一人で蚊帳の外なのが不幸なのか幸せなのかわからないレックス.「やめなよ,二人とも」と諌める声は既に色々なものを諦め気味.…ここで渡りに船の恐竜反応! テレビの中のオーレで恐竜が出たとなれば,どさくさにまぎれてオーレカップ見たりとかひいきの選手に逢えたりとかしそう! …ベッサム様にリアスさんが反応してるのが凄く可愛い.「…いいなぁ,マルム」と姉妹揃ってファンなのですね.
子どもたちが早速向かった現地は夜.カーニバルのパレードが練り歩いておりますが.その中にいつもの3悪党も混ざっております.演じているのは狛犬じゃなくてスフィンクス2体とエジプトの女王のつもり.恐竜探しの偽装としてわざわざ仮装しているウサラパたちは,ここじゃ見つけづらいと山車の上に登ろうとしたりしております.…君らバカだから仕方ないけど,こんだけ凄い人手なら正直仮装する必要は皆無だと思うよ(苦笑).
さて,子どもたちも熱狂の祭りの中に無事到着.人間だらけで迷子になりそうな状況だから気をつけなきゃいけないんだけど,早速ひいき選手を発見して後先考えず走って行くリュウタやマルムと一緒にいるレックスは大変だなぁ(苦笑).目的は恐竜を捕まえることであって,有名選手のサインをもらいに来たわけじゃないのに….ここで色紙も何も持っていなかったマルムさんは,ベッサムのサインをパラパラにもらっております(笑).
サッカー選手に夢中になったり,パレードでキングコングを気取ってみたり,恐竜探しをそっちのけにしてオーレを満喫している2組の前に,待ちくたびれたのか本日の恐竜が姿を現します.ウサラパの真後ろに登場し,ずびずばーっと山車をぶっ壊したのはアルティリヌス! 無造作にカーニバルの街を闊歩した上,市場の果物をばくばくと食う.あの勢いではあっさり市場が壊滅しそうだ….
本日,一番真面目に恐竜探しに専念しているレックスがエースとともに先陣を務めます.バトルフィールド内での戦いは相手の体格がいいのでいきなり激しい.さらにウサラパたちがスピノを投入してきて三つ巴! スピノはエースの足…というか尻尾を引っ張りにきています.…おばさん呼ばわりされたウサラパがマルムさんを襲うように命令しているのは軽く無視しておきましょう(笑).
ここはまずスピノを倒してから本命のアルティリヌスを捕まえるのが良さそうだ.けれどスピノはいつものテイルスマッシュを放ってきて…これをエースが綺麗にかわす! 毎度必ず当たっていた必殺技を見事回避したエースにぎゅっと握り拳のレックスがいいなぁ! もちろん反撃のサイクロンはちゃんと当たってスピノを撃破! …けれど,肝心のアルティリヌスはあのでかい体の癖にドサクサに紛れて逃げてしまったのでありました.

後半.スピノはやっつけたけれど肝心のアルティリヌスを見失ってしまったリュウタたち.今回はとことん子どもらしく身勝手なリュウタは,恐竜だってサッカー見たいに決まっていると勝手に決めてスタジアムの方へ! …実際はパレード用の山車の陰で寝ているので完璧な的外れなんだけど.…こういうリュウタの自分勝手ぶりは,凄く三浦氏脚本な感じだ.
市場だって襲っていたしどう考えてもサッカーよりは食い気の線を追うべきじゃないかとレックスは思ってみる.ただし実際はどっちもどっちで当たっておらず(笑)「俺の勘だよ勘!」とリュウタの独走に引っ張られていくばかり.…ここでサッカーの本場らしいイベント発生.フェンスを越えて跳んできたボール.ガブがガブガブやる前にリュウタが止めて蹴り戻したことで,オーレの子どもたちとの交流が唐突にはじまります.
一緒にやらないかと誘われるリュウタ…言語問題も本作では完全無視されているのはご存知の通り(笑).いきなり恐竜そっちのけにしてサッカーしたがるリュウタを止めようとするレックス.けれど本末転倒で超楽天的なリュウタときたら,こんだけ探しても見つからないならどっかで寝てるのかもしれないぜ!と,さらりと真実を言い当てているから厄介(苦笑).結局試合に巻き込まれ,「…なんでこうなるんだよぅ」と流されるレックスが気の毒.
さてその頃,スピノを倒されアルティリヌスも見失った3悪党は,またもパレードに混ざってターゲットを探しております.今回は大きくしたサイカを山車に仕立てて練り歩くことで,いつアルティリヌスが出てきても即座に対応できる環境を準備! …まあ,サイカちゃんが犬とかに反応しちゃって大変に危ないという大問題はあるんだけど(苦笑).ちなみに当のアルティリヌスはついにお目覚め.草でできた巨大サッカーボールを転がしはじめます.
結構強引なノリではじまった小さな親善サッカー試合.結局レックスもゲームに参加し(笑)本場のプレイを満喫した後で握手でお別れ.…こういう普通の子ども同士の交流って,これまで描かれてこなかったから新鮮だなぁ.たった1つのボールを通じてどこの国の人間とも仲良くなれるのがサッカーの偉大なところなんだろうけど…でもお前らはもうちょっと真面目に恐竜探せよと思ったところで向こうから悲鳴!
パレードの山車に載っていた草の球を追いかけて,なぜかスタジアムに向かうアルティリヌス.この大変に都合のいい展開に「見ろ,俺の言ったとおりだろ!」とリュウタ(笑).こんなんと一緒に行動せねばならないレックスは色々と不満があるけれど…物語の神の力,結構強引な展開に思いっきりひいきされてる主役に反論するのもなんだか凄くアホらしい(苦笑).
子どもたちが草サッカーの横道からやっと本筋に戻った頃,こっちも完全に横道に逸れているウサラパ様たちはなぜかグランプリを受賞しておりました.なんせ本物の恐竜なんだから,山車としての完成度は段違いに上だからなぁ.ずるいなぁ(笑).けれどアクトホルダーにドクターからの連絡と言うか叱咤が入り,彼らも恐竜追跡の本筋に回帰することに.「ほな皆さん」「さいなら!」と優勝者はスタジアムへとすたこら走りはじめます.
突然の恐竜の乱入によって大混乱のスタジアム.…こんな様子じゃ日を改めて再試合しなきゃなさそうだなぁ.すぐにリュウタたちもスタジアム入りして早速恐竜を捕まえにかかるはずなんだけど,ここにマルムさん専用の罠が! スタジアム内にいたベッサム様に庇われたマルムさん,いきなり失神! …本人は幸せだろうけど,パラパラが戦力として見込めないのはかなり辛いぞ!
てなわけでリュウタがガブをでかくして恐竜バトル開始! 今度はアルティリヌスとの体格差はなし.しかも向こうの方が疲れているからカードを回収も問題なさそう.…けれどここでアクト団の妨害.ドクターからプレゼントである大きな球を,なぜかぶつけあい守りあうガブとアルティリヌス.アクトロイドを合体させた球で2頭を疲れさせ取り付いて動きを封じるドクターの計略…なんだけど,ボールを完全無視されたらどうするつもりだったのやら(笑).
3DCGで確かにサッカーしている2頭の恐竜.恐竜の動きっぷりは回を重ねるほどに凄くなっていくなぁ….しばしの蹴りあいの後で予定通り球はばらけてアクトロイドに戻るんだけど…全員目が回っててどうにもならねえ(苦笑).どうせドクターの作ったものだしバランサーも粗悪なんだろうなぁ.かくなる上はと投入されたのがティラノ! 横取り狙いの計略に変更はなく,それが反則だってウサラパはまったく気にしない.だって悪なんだし!
悪が悪らしい行動でガブを追い詰める.サッカーに疲れたトリケラトプスはティラノサウルスに吹っ飛ばされ,レックスが補助に入ろうとするも,Dキッズにとってはタイミング最悪でアクトロイド復活! カルノタウルスは動けないからガブだけで頑張るしかないけれど体力限界! 結局ティラノにゴールに放り込まれてカードに変わってしまう.…相手の疲労を待って横取りするという戦略は実に正しく,アクト団は見事アルティリヌスを手に入れたのでありました.

最終的なカードの取り合いにも負けてしまい,アクト団にヘリで逃げられてしまって悔しいリュウタ.オーレオレ!と逃げる悪に向かって腹立ちまぎれにボールを蹴ったら…さすが物語に愛される男.綺麗に当たってヘリが落ちたね(苦笑).「この次は絶対奴らに勝ってみせる!」と力むリュウタは,なんか既に色々なものに勝ってる気がする(笑).
さて,本日一番の勝ちを手にしているのは,実はマルムさんなのかもしれません.気絶のおかげで戦闘ではまったくの役立たずだったものの,パラパラの体にもらったベッサム様のサインはかなりのレア! あのクールなリアスさんに「ねえマルム,この子頂戴」なんて言わせるものを入手できたのはかなりの幸運でしょう.…それが恐竜救出に繋がってこないのは大問題だけど(笑).次回に続きます.

|

« Shining Tears X Wind#5 | トップページ | [雑記] 聞かれても悩むよ / 開始雑感・期中雑感 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/15362065

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#17:

« Shining Tears X Wind#5 | トップページ | [雑記] 聞かれても悩むよ / 開始雑感・期中雑感 »