« Shining Tears X Wind#6 | トップページ | 美少女戦麗舞パンシャーヌ#10 »

古代王者恐竜キング#18

歌って踊ってストレス発散!

リードを外して自由に遊ばせる場所もなかなかなくて,特にエースが運動不足にすっかりストレスを溜めているところに恐竜反応が出現した.場所はアジアのリゾート地バリバリ島.海岸から離れた内陸のホテル近くのジャングルに恐竜が出現.ジャングルツアーの客を驚かせる.
恐竜の出現で帰りはじめるホテルの客たち.それを止めるためにホテルの支配人たちが頼ったのは恐竜探しにきていたウサラパたちだった.恐竜退治のエキスパートと偽ったウサラパたちは,その代償としてホテルの施設で贅沢三昧.しかしホテルリゾートを楽しむ彼女たちの側に,リュウタたちや出現した恐竜が近づいていた.

現在進行形で研究の進む題材を扱っている「恐竜キング」.恐竜は調査技術の急激な進歩によって放映中にも新しい発見が報告される相当ホットな領域らしく,最近もティラノの類とニワトリがかなり近しいんじゃないかってな知見が出たばかり.もちろん本作はフィクションなので,ガブたちは鳥よりもむしろことごとく徹底的に犬なんだけど(笑)実は鳥になって生き延びているってのは,まだまだ遠い最終回あたりで絡めるとぐっとくるかもしれないなぁ.
今回のテーマは歌とダンス.「恐竜マッスル」のストレス解消の効能について間接的に語ります(笑).鳥類は歌声でコミュニケーションを取ってるし,その先祖である恐竜も案外よく鳴いていたのかな….でもこの回に演出菱田正和,作監佐久間信一・斉藤佑という強すぎるカードをぶっこむ本作はどうかしてる(笑).そんないいスタッフは次回に入れようよ…(苦笑).ちなみにラストにはカードコーナーが新設され,14種からスタート.

前半.プロローグではバリ風の某所で火属性の恐竜が復活してるけどそれはさておき.本日も古代家には子ども達が集まって遊んでおります.マルムさんは「恐竜マッスル」のサビをパラパラに教え込もうとするんだけど…なかなかの音痴っぷり(笑).かうかう無軌道に鳴くばかりのパラパラになぜかガブがガブガブと共鳴.でもエースは共鳴に参加しなくて今ひとつノリが悪い.
ぶっちゃけ調子が悪いレベルですらないパラパラの歌.喜んでるのはガブくらいだけど,マルムさんはそんなパラパラをこれだけできればいいと大満足で褒めてやる.これはペットを飼う上では凄く正しい態度だと想います.人間とはまったく違うんだから,人間並の上手さなんか求められないよね.
恐竜にはあんまり向いてないこの世界に,未だ順応しきれていないのがレックスのエース.最近運動不足で機嫌が悪く,マルムさんを踏みつけにして室内をばたばたと走る.古代の世界からやってきた小さな恐竜たちには自由に暴れる場所すらも身近にはないから,ストレスが溜まるのも仕方がないか.でもエースに踏まれても平気な「ガブにはストレスがないみたいだなぁ」とリュウタ.それは間違いなく飼い主に似てるんだ(笑).
ここでディノホルダーに反応が.本日の舞台は凄くバリみたいなバリバリ島.神が宿る島.原始の密林が待っているアジアのリゾート地! …ここでジャングルツアーのガイドをやっているのは,パイロットだったりカード売りだったりしたあの不思議なじいさん.本日も例の飄々とした調子で運転手を勤めておりますが…このツアーは密林以外はすっかりパチもんでありました(苦笑).
出て来る動物たちは作り物だったり,無理やり繋がれていて動物虐待ぽかったり.そんな嘘満載の密林をうろうろしているのがいつもの3悪党.運転手のじいさんを発見したりしてますが,恐竜には関係ないとスルーしちゃったのは勿体ない.だって1日中探し回っても見つからない恐竜が姿を見せるのは,あのじいさんの車とか自分たちの真後ろだったりするわけで….
余程恐竜に縁があるのか,じいさんのツアー車にいきなり恐竜が併走! ダスプレトサウルスと即座に見分ける彼はただ者じゃないんだろうけど,一体何者なんだろう….「このツアーに恐竜は入ってねえぞ,はやく逃げた方がいいんじゃねえか」と凄く緩いテンポでじいさん警告,悲鳴を上げて観光客はすたこらと逃走し…狙ったように3悪党を思い切り踏む(笑).
恐竜は見つからないわ踏まれるわ.まだ前半なのに随分と酷い目に遭わされたウサラパたちはリゾートホテルに泣き込もうとするものの,金のない彼らはちょっとすらも休ませてもらえない(苦笑).けれど飲まず食わずのへとへとの側を通り過ぎていく観光客のおかげでビジネスチャンス到来! 恐竜が怖くてリゾート地からお客が逃げる.それに困っている支配人に「私たちが捕らえて差し上げますわ!」とウサラパさんの売り込みだ!
確かに恐竜と戦った経験は世界有数で多いであろうウサラパたち.…でも退治のエキスパートを自称するにはカード取られてばかりだよね(苦笑).それでも恐竜の噂があっては困るホテルは,お手伝いするからなんとかしてくれとあんな胡散臭いのにすらすがるのです.ホテル側の弱り目ににたーりと組み付いたウサラパたちは,そのままホテルリゾートに突入! …スイート使い放題はいいとして,しぱたしぱた!って古いなぁノラッティ~(笑).
とはいえ敵ばかりがのん気なわけではありません.ちょっと前に子どもたちもバリバリ島に到着してますが,まず恐竜回収そっちのけにしてガブやパラパラが海で遊びはじめてますからね(苦笑).…相変わらずエースは海はダメなのか.恐らくはそれなりに遊んだ後で,内陸の目的地目指して歩きはじめた子どもたち.それぞれに恐竜を背負ったり抱えたりしている様子がなかなか可愛い.
恐竜の出る森から逃げる観光客から情報を得て,リュウタたちもすぐにあのリゾートホテルへ.ここでだっこされながらもずっとむずかっていたエースがついに走り出し,ガブたちもそれを追いかけてそのままホテルの敷地に乱入! そこではすっかりリゾート満喫のウサラパたちが息抜きモード全開で寛いでいるんですが…屋外風呂でくつろぐノラッティ~の前に,ダスプレトがその姿を見せた!

後半.暴走したエースたちはリゾートホテルの屋外ディナータイムに勝手に乱入.置かれた料理を勝手にがつがつ食い始めてもう滅茶苦茶だ(笑).このままだと子どもと言えどもホテル側に弁償を求められそうな状況で,マルムはおばさんたちを発見! 「だーれーがー,おばさんじゃー!」…スパゲティ口から出しっぱなしはどうだろう.でもこれから成り行きで弁償を押しつける相手なんだから,文句は言っちゃいけないよな(笑).
ディナーステージではケチャ風のバリバリダンスが演じられていて,パラパラとガブがおばさんの顔を踏みつけてから勝手にステージへと上がる.ダンサーの前で勝手に歌ったり踊ったりするパラパラやガブ.その楽しげな様子に心ひかれたのか,ついにはエースまで加わって3匹で! …それが犬でもチビ恐竜でも,想わず観客が拍手をしたくなる気持ちはわかるなぁ.
この世界に満ちる西洋音楽とはまったく別の系統として花開いた,バリバリダンスの原始のリズム.その心地よい響きは気難しいエースのストレスを溶かしてくれているらしい.ここでリュウタたちは「オチビ踊りがうまいのう」と褒めてくれる不思議なあのじいさんと再会.ただし彼は,リュウタたちのことはあんまり覚えてないようだけど,そっくりな別人…ってことはさすがにないか.
ステージジャックで踊り歌うガブたちは変だけど,ほぼ裸の状態で泡食ってやってくるノラッティ~に比べたらまだマシかもしれない.でも彼はダスプレトから必死に逃げるだけで一杯一杯.正直服を着る暇なんかなかったのだ.ダプレストサウルスはなぜかステージに上がり…ブたちと一緒に踊りはじめて変な恐竜(笑).とりあえず,この状況でも歌い続けるおじさんたちの凄い根性が一番異常だ.
ターゲットの出現でホテルに雇われたアクト団がまず動き出します.今日は毎度かわいらしいサイカ! 恐竜2体のバトルを前にするとさすがに異常な歌い手たちも逃げます(笑).ダスプレトはティラノの先祖らしく火の大技,ビッフファイアーボムを放ってきますが,サイカは土を己の上でシールドにするアースバリアで攻撃を反転.そのまま今度は強力な打撃武器である尻尾をぶつけるけれど!
ダスプレトはその尾に噛み付いて,逆に体格の劣るサイカを振り回す.そのままステージにぶつけられ,ひっくりかえって起きられなくなる様も異様に可愛いサイカ(笑).あっさり勝負は決してしまったけれど,ダスプレトの怒りは収まらないまま,口中に炎を含んだままで次のターゲットにされたのは…子どもたち!
レックスが急ぎエースを召喚.けれど最初から体格差がありすぎ.いきなり踏まれちゃって大ピンチ! すぐにでも残り2匹も参戦せねばエースがカードに戻されそうだってのに,ガブとパラパラは何事かを飼い主に訴えた上,小さいままでダスプレトの前に出ていきなり歌ったり踊ったり…何するつもりかと思ったらダスプレトをステージへ誘導.なぜかダスプレトも踊り出し,さっきまでやられてたカルノタウルスまでなぜか一緒に踊る!
どうやらダスプレトサウルスはサイカに踊りを妨害されたのが気に食わなかっただけらしい.「変な恐竜!」とリュウタは呆れて…折角だからとガブやパラパラまででかくして4匹で踊らせてどうするよ(苦笑).ホテルの迷惑顧みず,ステージの上でどしんどしんと楽しげに踊る4頭.ここで下手に「恐竜マッスル」に合わせて踊らせたりしない,作り手の変なストイックさが結構好きだ(笑).
4頭が我を忘れて踊っている間に,さっきひっくりかえったサイカはエドたちの手助けでようやく復帰.ヘルアースクエイクでのんきに踊っていたダスプレトを地割れに引き込んでカードに戻すんだけど,これでカードを取られたら目も当てられないよね(笑).即座にエースはニンジャアタックでサイカの攻撃を回避し連続攻撃.さらにガブが決め技のギガライディーン! …サイカは感電して倒れる様まで可愛いなぁ!
戦いを途中で忘れて踊りまくるという,これで負けたらまずいだろってな状況を無事に脱したリュウタたち.…こんだけ気合の入った映像で,しかも必殺技まで使った上でカード取られたら逆に凄くびっくりしたとは思う(笑).Dキッズはカードを手に入れて,アクト団が押し付けられるのは大量の請求書! 豪遊分は仕方ないとして,建物を壊したのはウサラパたちだけじゃないのに(笑).まあ細かいことはどうせ逃げるからあんまり関係ないけれど.

無事にカードとともに日本へ戻ったリュウタたち.けれどチビ恐竜たちに歌って踊るブームが到来.3匹は夜になってもいつまでもどこまでもやかましい! 平気なのはマルムさんくらいで,リュウタだけでなくレックスすらも結構辛い.…エースが元気になった喜びを差し引いた上で(苦笑).この状況でも犬だと思ってるリュウタ母は凄いなぁ.
マルムさんの主張する今回の教訓は「元気がなくなったら,歌って踊ればばっちりよ!」「…そ,そうだね」と弱ってるレックスだけど一応相槌.でももう1回!の声にはさすがに「もう勘弁してー!」…お子さんたちはいくら「恐竜マッスル」を踊るのが楽しくても,夜までやるのは親や近所の迷惑になるからやめてね!…って警告しても読めないか(笑).この先に大きく影響しそうな設定が明らかになるのに作画がアレな次回に続きます.

|

« Shining Tears X Wind#6 | トップページ | 美少女戦麗舞パンシャーヌ#10 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/15484758

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#18:

« Shining Tears X Wind#6 | トップページ | 美少女戦麗舞パンシャーヌ#10 »