« 美少女戦麗舞パンシャーヌ#10 | トップページ | 古代王者恐竜キング#19 »

Shining Tears X Wind#7

男と男だ! 拳と拳を交えれば,心で語り合うことができる!

フィリアス・セイランとベイルガルドの激突は目前.闇に侵食されるこの世界を救うため,ソウマはキリヤとトライハルトの双方に連絡を取った.決戦直前の2組を懐かしい館へと呼び,双方に戦いをやめるよう説得するソウマ.けれど彼の言葉では,どんな犠牲を払っても世界を救おうとするトライハルトの意志だけでなく,全てを救うと強く誓うキリヤの気持ちすらも変えられなかった.
トライハルトとキリヤの心は,ゼクティの件で完璧に決裂している.調停は失敗に終わったが,何も背負っていない自分ならこの戦いを止められる.それこそが己の使命なのだとソウマは未だに強く信じていた.世界を救うため,自分の至らなさすら糧とするソウマは確実に成長している.けれどキリヤとトライハルトの激突はもはや避けられない状態となり,ようやく目覚めたゼクティがそこに巻き込まれていく.

愉快すぎる猛スピード展開で,たった7話なのに世界の崩壊直前まで話を持ってきた「シャイニングティアーズ」.…いやぁ,こんな崖っぷちぎりぎりの超高速展開,こういう方向に作り上げてやろうと作り手が強く意図して狙わなきゃできないはずだから,やっぱしまさきひろのバランス感覚は凄い.伊達に「ボーボボ」で御大並の凄まじいハジケを見せていたわけではなかったよ(笑)!
重要イベント以外を全てふっ飛ばしつつクライマックスへと駆け上がる今回は,ソウマの仲裁?ぶりが最大の見所.前半と後半の2回,ソウマが友達の喧嘩に介入しようとするんだけれど…武器を使わず己の拳で殴るのは,単純な暴力ではなく肉体を使った対話であるという喧嘩番長理論が唐突に炸裂しているのが気持ちいい(笑).そしてそんな喧嘩バカに大バカ呼ばわりされるキリヤたちは本当にどうしようもない.お前らがそんなだからゼクティが…!

前半.前回ゼクティさんがヒルダレイアの創造物であることが判明してなぜかキリヤが物凄い勢いでブチ切れ.あんないい加減な世界なら誰が作った命だって何の違いもなさそうなのに,なんかトラウマでもあるんですかねぇ彼は.そしてすっかり復調してきたソウマは,世界の監視者候補として今回はじめて自分から行動を起こす…んだけど,毎度ながらこいつはやはり唐突です(苦笑).
乗っ取った戦車の通信機使ってトライハルトを呼び出すソウマと,矢文でセイランのキリヤたちのところに手紙を送るエルウィン.傍から見ると双方無謀なところがお似合いだと思うんですが(笑)前回信じる覚悟をしたはずのソウマに,本当に届くのか?とエルウィンが疑われちゃってるのが微妙.…エルウィンが手伝ってくれるのはここまで.同窓会の4人はベイルガルド偵察への偵察に出向き,ソウマはここからしばらく一人で頑張ることになります.
エルウィンが矢文を放ったセイランでは,ゼクティの件でベイルガルド大嫌いになったキリヤが偵察中に本隊が砂漠で待機しているのを見たと報告.厳しい戦いも任せてくれ.「心剣士としての使命を果たす!」と必要以上に気負いまくり.…言葉の中にはソウマの言っていた「使命」が入っているけれど,シーナはキリヤの現状に納得がいかない.本当に生徒会長を倒せば戦いは終わるのか? 戦いを止めるのが心剣士の使命なら,生徒会長との対決を望むのはおかしくはないか?
キリヤの「使命」はなんだかおかしくて,ついには一度キリヤを選んだはずのクレハさんまで「ソウマ君が言いたかったのはそういうことなのかな」とか言い始めてしまう.ソウマ株の高騰ぶりにへそを曲げるキリヤ.視野が狭くて狭量で,こんな奴じゃなかったはずなのに….友達だって邪魔するならば倒すだけだと言い切る冷たさにクレハさんは俯き,シーナさんにすらつっかかる彼はこの場の誰よりいらついている.喧嘩している場合じゃないのになぁ….
ロウエン王もホウメイもキリヤのテンパり具合が心配.それでもこの国の命運を賭けた男だからと盲目的に信じようとする彼らは無責任に過ぎると思います.ここはお前らの世界でキリヤの世界じゃないってのに,肝心なところで決定権と責任を放棄してどうする(苦笑).で,無責任なこの世界の人々の尻拭いを任されちゃったソウマは,彼らしく精一杯頑張るのです.
いらいらのキリヤのところに友達のバカからの矢文が到着.コウフウカンに来てほしいという連絡だけど…どこだそれ(笑).でも今更発出の地名に困惑するような甘い奴はとっくの前に振り落とされてるはずなので大丈夫(笑).実際は人間界で生徒会室があった建物なんだよね.けれど意固地全開のキリヤは「罠かもしれない」「気が進まない!」と行くことにネガティブ.
そんなキリヤを団長命令で動かそうとするシーナさん.…心剣が銃器であること以外は,作中の女性の中では彼女が一番まともな精神状態だし,凄く共感できるなぁ.信頼が壊れ肝心なときに心剣が抜けなかったらどうするとホウメイにも言われて,しぶしぶキリヤも呼び出しに応じることに.…ぶっちゃけソウマはバカの上に今回は丸腰なんだから,罠なんか警戒する必要はないんだよキリヤ(苦笑).
かくして集結する人間界からの旅人たち.司会席につくのは世界の監視者代行のソウマ.対峙して席につくのはベイルガルド代表の生徒会長たちと,フィリアス・セイラン連合軍の旗印であるキリヤたち.…この世界に来る前は,生徒の神隠し事件に間抜けな対応を取るただのおかしな高校生たちだったのに,なんでたった7話でこんなことになってしまっているのか(苦笑).
1話以来の勢揃いに懐かしさを感じる余裕は生徒会長にもキリヤにもない.だからソウマは単刀直入に言う…「戦いをやめろ」.当然今更そんなことできるわけないだろ,と両方から反論.…でも,今ここで勝負をつけたっていいという意見は受け入れてもよかったかもしれない.ここなら2人の意地の張り合いに,この世界の連中が誰も巻き込まれないもんな.
戦い以外選択肢はないと信じる好戦的な2人に「お前たちはわかってない!」とソウマは懸命.2人が将として戦えば,傷つくのは2人だけではないのだ.この世界の罪のない人や,下手すれば世界そのものすら滅ぶかもしれないわけで! …戦いは闇をこの世界に呼び込む.その集積の末に例のゼロボロスって奴が出てくるんだろうか.
互いに世界を救うつもりで,けれどやり方の違いで相容れないキリヤと生徒会長.世界を救うためなら個人は犠牲にしても構わない生徒会長のやり方が気に食わないのだとキリヤは言うけれど,ゼクティさんの件で頭に血が上っているようにしか見えない.他所の女にうつつを抜かすキリヤを見ているしかないクレハさんは,今は一体どう思ってるんだろうなぁ…(苦笑).
全てを救ってみせると豪語するキリヤに「青いな」と生徒会長.…いつも思うんだけど,お前年齢詐称してね(笑)? 言うのは簡単でも実現は不可能.だってお前だってゼクティさんぶん殴っただろと言われては,素手攻撃=対話という喧嘩番長理論を持たないキリヤでは反論できない.罪のない者の誤った攻撃を無抵抗に受けて殺されるほどの徹底した覚悟まではないのです.
論戦では生徒会長の圧勝.「くだらん」と言い捨てて席を立つのを呼び付けたソウマは止めない.…でも戦場で雌雄を決しようと言い残すのはあまりにも調子に乗り過ぎです.あんだけ負けといてまだ勝てると思っているのか(苦笑).去り際にヒルダさんがゼクティが順調に回復しているとキリヤに伝え退出.…本当にキリヤはゼクティのことしか考えてない.やっぱしこんなんに世界の命運を託したらダメだよ.
和平交渉大失敗の夕方.一人で桜の下にいるキリヤを館の中から見ているソウマたち.どうやらソウマ的にはキリヤ側に主張を譲ってもらおうと思っていたようだけど,まさかあれほど意固地な子になっていたとは! 折角のお膳立ても恥ずかしいほど大失敗.これはもう生徒会仲間の道は完璧に分かたれたのだと落胆するのが普通だけれど,「きっと繋がってる.信じろ!」と自称バカは未だ心から主張するのです.
バカなので悪い奴に騙され友人と敵対したこともあったけど,騙されるかもしれないと疑うよりも信じて騙される方がいいと悟った.もう自分には信じることしか道はないのだと覚悟を決めて,この場にも丸腰で赴いたソウマ.根性が座って男としての格も上がった彼に「なんか,変わったね」とクレハさん.バカゆえに彼は自分の変化をあまり自覚していませんが,鈍さすら魅力に見えるんだから相当のものです.
正直似合わない仲裁なんかにチャレンジしたのも,何も背負うもののない自分だからこそ戦いを止められるのではないかと思ったから.…背負うものさえなければキリヤと生徒会長は絶対に和解できると未だ信じて疑わない.2人を止めることこそが自分の「使命」.もちろん彼は体験なしの知識を理解できたと思えないほどの筋金入りの現実主義者なので,理想論として戦いを止めさせるべきとかふんわり考えているわけじゃない.
ソウマが信じるのは,シュマリに騙されて意地でキリヤと戦った自分自身の体験.表向きは国を背負い,しかし実態はクレハさんの取り合いに過ぎなかったあの過去こそが彼がその身をもって学んだもの.キリヤと生徒会長の諍いだって,本質的にはそういう意地の張り合いなんだろうと信じるがゆえに,あの苦い体験をここで生かせると強く考えているのです.
その推測が合ってるかどうかは二の次としても,真剣に考え格好悪くても思うところを貫こうとするソウマの姿を,「やっぱり変わったよ」とクレハさんはすっかり見直す.見習わなきゃとべた褒めしてくれると惚れた弱みでやっぱりうれしくて,俺なんてまだまだ…と照れてみたり.2人はすっかりいい雰囲気.明らかに邪魔になってしまってるシーナさんはそそくさと料理という名目で場から離脱します(笑).
久しぶりに2人きりになったソウマとクレハ.別れる前は一方的なソウマの横恋慕だったけど,ゼクティの件でキリヤ株爆下げの現状だと話が違って来るようです.「キリヤは…その,やさしくしてくれてるか?」と遠慮がちに聞くと「…ええ」とクレハさん.しかし「…でも」と続いてしまうあたり,きっとクレハさんの心なんか欠片も伝わってない上に,クレハさんもソウマにそれを悟ってもらいたいんだろうけど,それはふっておいて虫が良すぎると思う(苦笑).
さて,キリヤ株暴落の引き金となったゼクティさんの動向ですが,頭からは例のダークマターが外されたようです.森の中で迷う彼女に「おいで,セレスティア」とエルフの少年が誘う夢から目覚め,セレスティアなんかじゃないはずのゼクティは混乱.…本人は知らないけれどセレスティアとゼクティは同じものであるらしく,そのセレスティアの兄であるあのエルフの少年の現在の姿は恐らく….
同じ陸上戦艦内では悪のヒルダレイアさんが復活.病み上がりのゼクティさんがセレスティアについて尋ねてくるも,キルレインに促されてメモリーの混乱ということで話を合わせる.それよりもうすぐ戦いがはじまるから「邪念に惑わされぬよう,気をつけて」と忠告するキルレインに「言われるまでもない!」とゼクティ.…セレスティア我が妹よ!とゼクティに心で叫ぶキルレイン.彼にとってゼクティとセレスティアは同一の存在なのです.

後半.ついに真正面から対峙する二軍の本隊.フィリアス・セイランの連合軍では,ロウエン王率いるセイランの主力軍が陽動を担当,キリヤたちが別動で皇帝を仕留めるという計画.…どうせこの世界だし,陽動なんかやらなくたってあっさり皇帝の側まで行ける気がする(笑).戦況は個人の練度に左右されにくい火力を持つベイルガルドが全体的に有利,連合軍はそれに豊富なタレントの力で対抗します.
戦闘開始.沢山の命が消えていくその陰で,キリヤたちは生徒会長との直接対決を狙って旗艦に潜入.もちろん甲板では「やっときたか」と生徒会長,「よくもゼクティを傷つけてくれましたね!」とキルレイン!…完璧に待ち構えられていて本当に陽動の意味がねえなぁ(苦笑).ゼクティの件については「お前たちに言われたくない!」と意固地なキリヤは言い返し,陽動そっちのけの頂上決戦がスタート.
生徒会長はキルレインからバカでかい剣を抜き,キリヤもシーナさんから例の炎の剣を抜き…いきなり生徒会長の剣がビームを放つ(笑).なんで心剣はわざわざ剣の形をしているんだろう.シーナさんの剣だってアレだし,もはや剣である必要性がねえよ(苦笑).剣からビームも面白いけど,剣で銃撃を見た後だと案外耐えられるもんですね.
シーナさんの剣でビームを受け流しながら頑張るキリヤ.この戦いを終わらせたいというシーナさんの強い気持ちが心剣を強化したことにより,キルレインの剣はついに力負け.戦いの終結を願う乙女の心は妹を傷つけた奴許すまじというシスコンの怒りを砕きます.とはいえ実は毎度負けている生徒会長の場合,この程度では彼の心が折れないのが本当に厄介(苦笑).
キリヤは視聴者の気持ちを代弁するかのように「負けを認めろ!」と心剣を突きつける.けれど生徒会長は「心剣と心剣の勝負なら,な」…こいつの負け惜しみは何かの病気ですか(苦笑).そして心剣なしに戦ってみないかとキリヤを誘う生徒会長.キリヤもキリヤでこういう話に乗ってしまうからダメなんだよなぁ.一度手足とか,命にあまり影響のないところにでも軽く心剣を差してやれば,きっと一気に弱気になるタイプだと思うぞ生徒会長は(笑).
どちらが強いのかこれではっきりするだろうという生徒会長の安い挑発に「トライハルトの言うとおりだ」とノリノリのキリヤ.一軍の将がたった一人の女性のためにここまで正気を失うなんて,ゼクティはどんだけ魅力的なんだ.そして私情で動くキリヤはいい加減罷免されるべきだ(苦笑).このぐだぐだな状況に「そうはさせねえ!」と颯爽と登場するのがソウマ!
戦場をたった一人で走り抜け,ベイルガルドのザル警備もちゃっちゃと片づけバカ参上!…今こんだけ必死になれるなら,前半のうちに両方とも叩きのめしておけばよかったのに…(苦笑).2人の戦いを是が非でも止めるのがソウマの「使命」.キリヤはこの戦いに決着をつけるのが使命だと頑張っているけれど「違う!」とソウマ.今のキリヤは自分のやりたいことをやっているだけ.「使命」は言い訳の道具じゃない!
なぜソウマ・キリヤ・生徒会長と心剣士が3つの国に分かれ現れたのか.これは偶然ではないとソウマは思う.きっと3人でこの戦争を止めるためだと! その主張にまともなシーナさんは「絶対そうよ!」と即座に同調.「ソウマ,いいこと言う!」と褒められてテレるソウマは…そんな場合じゃないだろう(苦笑).けれど本当に,ソウマの評価は分刻みに上昇し,対照的にキリヤの評価は急下降で凄いコントラストを描いてるのです.
もちろんそれはただのバカの憶測.けれどこの憶測はくだらなくはない.正誤はともかく,厳然たる事実として戦争を止められる可能性を持つのは同じところからやってきた3人しかいないのだ.「だって俺たち,友達だろう?」… この世界に来て背負ってしまったものも多いけど,いろいろあったのを水に流して握手しろと説得するソウマ.けれど頑固な二人は互いの剣を下ろさない.
戦おうとする二人を止めるために必死のソウマ! お前らのやってんのはただの喧嘩で,それを世界の存亡に拡大してるだけだと極端なことを言い放つ.さすがにこの戦争がただの喧嘩のはずはない…ってのが普通の考え方だけど,己の体験を何よりも強く信じるソウマは叫ぶ.「いや喧嘩だ.俺がそうだった! それでキリヤと戦った! キリヤ,お前はそうじゃなかったのか!」…お前は絶対そうだけど,キリヤは違っていてもおかしくはないぞ(笑).
極論を叫ぶバカに「断じて違うー!」と斬りかかるキリヤ.しかしソウマはこれをぶん殴って「馬鹿野郎!」さらに斬りかかる生徒会長にも蹴りぶっこんで「お前もだ!」…我慢の限界を超えたのか,ソウマの喧嘩番長モードが覚醒(笑)! 己の拳や足を痛めながらの喧嘩は武器を使った殺し合いとは格が違って,男と男の間で心を通じ合わせる「言語」の一種.暴力に心を乗せて「揃いも揃って,大バカ野郎が!」と叫ぶのだ!
やってることは滅茶苦茶でも一番正しいのはきっとソウマに違いない…はずなんだけど,間の悪い唐突な砲撃の衝撃を食らい甲板を転げ落ちていく! 戦艦の側面になんとかぶら下がることができたので,シーナさんが助けに入ります.折角いいこと言ったソウマが死の淵にいるのに,生徒会長は助けようともせずキリヤを戦いに誘い,キリヤもそれに応じてしまって斬り合いを開始! …心が通じないってことはお前らは男じゃないってことだ!
自分を無視して戦う大バカな友達を持つソウマは,それでも「止めてやる.絶対に止めてやる!」と諦めずに必死に甲板へと戻るんだけど,事態は既に最悪の方向へ.キリヤは生徒会長に剣をはじかれて殺される直前.生徒会長には寸止めで命を救うような甘さはない.敵軍の将,そして友人の命を断つためにベイルガルド皇帝が振り下ろした剣を止めたのは…病み上がりのゼクティの体!

今回の総力戦は,実際はゼクティの人権と待遇面の問題がきっかけではじまったもの.これまで彼女のことだけ考えて暴走していたキリヤこと大バカを守るため,彼の記憶にも苦しめられていたゼクティが斬られてしまった! この展開に大バカ二人はさすがに呆然.「どうして…」「なぜだ,ゼクティ」…お前らがソウマの説得を聞かずに戦ったからこんなことになったんじゃねえか!
「陛下は…この世界の…希望.キリヤは…私の未来…希望」と命尽きようとするゼクティさん.「私は…風に…なる」と,その体は金の光の粒子に変わって宙へと溶けていく.「風になって,これからのあなたたちを見守るわ…だからお願い.もう傷つけあわないで…私の願いは,それだけ…」と割と長台詞を言い残して風へと変わる金色の光.…剣を落とす生徒会長.「君は一体,何のために…ゼクティー!」と絶叫するキリヤ.…お前らの大バカを止めるためにだろ!
…そして,この展開が緩んでいた闇の蓋を完全に開きます.ゼクティの死に虚脱状態に陥るキルレイン.彼女に置いていかれた彼は,隠していたシスコンぶりを全開に! 「一度ならず二度までも,我が妹の命を奪った!」とぶち切れた! 妹のいない大地は不要とまで言い切る兄.失った怒りと絶望の末に「こんな世界,闇に堕ちてしまえばいい!」と宣言!
「我が悲しみを知れ,そして生きているもの全員で,絶望しながら滅びてしまえ!」…闇へと変じたキルレインから,強大な力が迸って世界を覆う.シスコン兄貴の闇は瞬く間に戦場を走って,世界を凍りつかせていく….妹愛のおかげで世界が滅ぶというこの作品らしいとんでもないフラグが立ちながらも,案外とのんきな展開に戻る次回に続きます!

|

« 美少女戦麗舞パンシャーヌ#10 | トップページ | 古代王者恐竜キング#19 »

レビュー◆Shining Tears X Wind」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shining Tears X Wind#7:

« 美少女戦麗舞パンシャーヌ#10 | トップページ | 古代王者恐竜キング#19 »