« 古代王者恐竜キング#20 | トップページ | 2007年7月開始アニメ雑感・1 »

美少女戦麗舞パンシャーヌ#12

最終回直前なのに総集編!

突如新庄家に届いたスーパーヒロイン協会からの出頭命令.保険の関係で仕方なく入ってはいるものの,正直好きでない組織にわざわざ理砂と一緒に出向かなければならないのは憂鬱だ.しかも出向いた組合長室では,いきなり免許証を取り上げられてしまう.全国のスーパーヒロインたちからパンシャーヌに対し苦情が殺到.ここで申し開きができなければスーパーヒロインとしての資格を剥奪されてしまうのだ.
全国各地のスーパーヒロインたちから集まったパンシャーヌに対する苦情は,どれもこれももっともなものばかり.これまでの自由すぎる活躍ぶりに激しくツッこむ内容に言い訳したり悔やんだりして切り抜けていくパンシャーヌとパンシャーヌ・ミニだが,切れ者と評判のススキノーゼのツッコミは反論しようがないほどに厳しいものだった.

今回含めて残るは2話.いくらショートシリーズでも一応最終回目前なんだから,クライマックスのための2話連続話の1話目をやって雰囲気を盛り上げる…なんて普通のことは一切考えていない「パンシャーヌ」.そもそもこいつらは異常こそが売り.むしろまともな展開が来ると思っている方が明らかに間違いなんですが,このタイミングで総集編をやるという判断は相当激しく斜め上のチャレンジャーぶり(苦笑).
ただでもチャレンジャーな内容の上に,やってることは主に日本全国のボケがパンシャーヌの悪行をツッコむというグダグダ構造.視聴者がここまで散々ツッコんできた内容を脚本・演出松木創が余すところなくダメ押ししていきますが,思っていた通りにツッコまれているとああ当たっていると思えて楽しい(笑)…本当に家に上げすぎだと思ってた! この世界観にぴったり合った組合長の六角精児の怪演も素晴らしいですが,注目したいのは秘書の北山伊万里.理沙さんとは本当の姉妹みたいで…そっくりだなぁ!

前半.新庄家に突如届いた「重要」と書かれた葉書が今回の全ての発端.新庄家にとっては日常であるローンの返済督促よりも恐ろしく,確定申告よりもめんどくさいと由美子さんをがっくりさせるのは,全日本美少女スーパーヒロイン連合組合からの「恐怖の出頭命令よ!」…略称の「全パー連」ってのは豪快な略し方だけど,全美連とか全スー連でもダメなのは変わりないか(苦笑).で,その本部のイメージ映像はなぜにアメリカ(苦笑).
美少女ヒロインは全員加盟している全パー連.保険の関係で入らざるを得ない,互助会みたいなもんらしい.パンシャーヌはそれほど周囲に被害を出してないけど,状況によっては都市1つとか星1つレベルの損害が出かねないのがスーパーヒロインの活動だから,そんなときのために積み立てておくのは重要なのかな.でもそもそも,スーパーヒロインたちの活動に誰が金を払ってくれるんだろう…もしかしてコスパとかが広告料を支払っていたりするのか(笑)?
ミニすらもネットで仮申請して加入している全パー連.由美子さんは自分たちのなけなしの上がりから掠め取った金でこんな豪華なビルを立ててやがると腹を立ててます…って映像で示されるそのビルは違うだろ(笑).ちなみに組合費は4600円.理沙さんですらも4000円でぼったくり.対人対物無制限・入院時は全額出る上に入院理由の制限なしくらいの強力な保険でないと割が合わないなぁ.
しかし呼び出しは逆らえない.好き嫌いを言っている場合ではないので出頭し,ビルに入ったら早速変身.そうじゃないと確かに組合員とはわからないもんな(笑).…でもこういう説明臭い台詞回しは,いつものこなれた脚本とは一味違う感じだ.ちなみにこの出頭命令はクレームが入ると出されることになっているけれど,由美子さん本人は身に覚えなんかない…つもり.でもこれまでの展開を覚えていると,色々と思い当たることがあって当然だと思うんですが(苦笑).
呼び出されたのは組合長室.お世話になっておりますと当たり障りのない挨拶の後,組合長の秘書が理沙そっくりなことになごんだりしていたら…「そんなんじゃだめでしょ」と眼鏡に小太りで濃いマニアっぽい風体の組合長がばっつりダメ出し.スーパーヒロインの名乗りが営業のサラリーマンみたいでどうすると難癖をつけ,いつものやつをやることを要求.…組合長には逆らえないので仕方なく,「華も嵐も…」を棒読みするパンシャーヌとミニがふてくされるのも当然で.
まずはスーパーヒロイン免許証を提示.由美子さんはS54.2.7生で免許の有効期限はH20.6.1.条件にはアイマスク他,小型飛行の項目もチェックされているのが面白い.…ただしB83W58H86はいくらなんでもおかしくね(苦笑)? 特にウエストのサイズが.ミニの免許には「仮免」と大きくプリント.好きな食べ物はやはりミルフィーユ.…そんな情報満載の免許をいきなり委員長に預かられて驚くパンシャーヌ!
パンシャーヌに関しては全国の組合員から苦情が出まくり.それが何かの間違いなのかあるいは本当なのかを調べるために,パンシャーヌは呼び出しを食らったのです.もちろん間違いなら免許を返すらしいけど…ここまで真剣に見てきた視聴者としては.訴えに間違いはないと思うんだ(苦笑).果たしてパンシャーヌは有罪か無罪かを定める「パンシャーヌ裁判,開廷!」
まずは美少女矢魔我沙メンタイーヌ(博多)からの苦情.パンシャーヌにとってはこっちの美貌を妬んでいる格下という認識か.…絶対お互いにそう思っていると思う(笑).メンタイーヌ訴えるところによると,パンシャーヌは美少女ヒロインにあるまじき行動を取ったらしい.我らの偉大な父である神様に,宇宙人と一緒に石を投げつけるなんて何事だ!とチクられた! 「ばってんこげなことが許されてよかと?」と1話のハイライトを示されてしまいます.
確かに1話から一緒に石を投げていたのは偽りようのない事実.…けれどパンシャーヌ,そもそも神にそこまで配慮する価値があるのかどうかに疑問があると主張.一応神様と呼ばれてはいるけど…「あの神様ですよ?」と出てくる回想シーンは当然全てダメ.ニーチェでなくても神は死んだと宣言したいほどの惨状であったため(笑)組合長も「気持ちはわかるが,ほどほどにな」と理解して…意外と話のわかる人みたいだけど,組合長としてそれでいいのか(苦笑)?
しかし糾弾はまだまだ序の口.お次は美少女多威虎雨エビフリャーナ(名古屋)からのクレームです.…エビフリャーナはあんまり美少女っぽくないっていうかぶっちゃけおばちゃん.パンシャーヌが美少女という大嘘を名乗っても訴えられないのは,彼女という前例があるからに違いない(笑).あれがOKなら自分なんか美少女そのものだと,見る人たちに勇気と自信を与えてくれる素晴らしいヒロインです.
けれど相手は美少女暦30年の大ベテラン.その眼力を甘く見てはいけません.ここまでたわけたヒロインは見たことがないとエビフリャーナ.特に何の罪もない義理の弟に必殺光線を浴びせたりするのは「どえりゃーひどすぎるだにゃ」.視聴者としてもあれはさすがにどうかと思いましたが(笑)ここをパンシャーヌはどう切り抜けるのか.善良な警察官で義理の弟を傷つけた言い訳は…って一応事態は緊迫してんだから,秘書とミニはスティックの取り合いをやめようよ.
ここでパンシャーヌ,「清志はあまりに間違えすぎるんです!」と真正面から反論! あいつは自分の正体間違えすぎで,しかもその間違いが失礼すぎ.…で,確かにいい加減お馬鹿がひど過ぎると組合長も納得しちゃって,本当に話のわかる人だなぁ(苦笑).清志の目が覚めるよう「これからも清志には定期的にシロガネーゼアタックを浴びせつづけろ」と許可まで出てしまって大逆転! …清志が酷い目に遭わされるのは運命だから諦めろ(笑).
ミニは「まだあるんですか!」と叫んでおりますが,葉書はまだまだ続きます.今度のクレームが美少女御鼓野美ナンデヤーネ(大阪)ということに驚くパンシャーヌ.どうやら旧知の仲でライバルである彼女が自分を訴えた理由が本気でわからないらしい.あまりに狼狽したパンシャーヌは,ナンデヤーネ,なんでやねん! なんでやねん!となぜかなまって叫んでおります(笑).
友人で同業者でライバルのナンデヤーネをがっかりさせたのは,舟盛りアタックが面白かった丘ダイバーとの戦い.あの時正々堂々と戦わず,水球と偽りドッチボールでやっつけたのは見事ないんちき! スーパーヒロインなのにいんちきで勝つなんて,子ども…がどんだけ見ているかわからんけど真似したらどうする(苦笑)! 「パンシャーヌ,目を覚まさなあかんがな!」というナンデヤネンの言葉はダメヒロインの心に染みるのです.
友人の心からの激励に今後は正々堂々戦うと,「心を入れ替えます!」とすごくわざとらしい勢いで誓うパンシャーヌ.この手紙は苦情ではなく,友人に対する激励だから起訴には当たらないのではないかとミニもかぶせて主張することで,「確かに…」と組合長もつい認めてしまってこのステージもクリア! で,これは苦情じゃないんだけどと組合長が素朴な疑問を提示.…凄い名前な美少女姫伊乳ママカリーヌ.岡山の人に怒られそうです(笑).
疑問その1.どうして毎度自宅に怪人を招く? …視聴者もなんで頻繁に自宅に招くのかと相当疑問に思っておりましたが,「やっと手に入れた一戸建てを,赤の他人に自慢したいんだよね!」とミニが言ってくれてかなり納得(笑).本当のことをさらりと言われてパンシャーヌも立つ瀬がない.でも下手に家に上げると大事な自宅が戦場と化して壊れてしまうかも…しれないけど,そこは保険でなんとかなるのかな.
疑問その2はなんで怪人も出てないのに滅多やたらと変身する? 家事の遅れを取り戻したり,理沙さんのお迎えに行くのはまあわからなくはなかった.でもおふくろの味を越えるための買い物で変身したときは,視聴者も正直意味がよくわからなかったよ(苦笑)! もちろんこういう変身は規則違反だけど,「美少女戦麗舞としての広報活動ですわ!」と押し切ることができるらしい.
裁判の割には組合長が意外と緩くて,案外簡単に危機を切り抜けていくパンシャーヌ.しかし次のお葉書は言い逃れが難しい! 美少女多羅罵ススキノーゼ(北海道)は切れ者と評判! …まりもがついてるけれど(笑).この難敵はパンシャーヌにとって,かなり厳しいところを突いてくるのです.

後半.スーパーヒロインとしてなまらあってはならないことをやらかしたらしいパンシャーヌ.…考えてみればここまでに提示されたどれもこれもが全て失格行為であるわけですが(笑)スーパーヒロインが怪人を生み出したというのはさすがに弁解のしようがない.例のマザコン怪人のとき,普通のピザ配達員を怪人に変えたのは由美子さんの味噌汁の味だった.そのまずさに青年は変に共鳴し,ママの味が恋しいよーって彼は変身しちまったのだ.
怨念のこもった…わけではなくきっと単にまずいだけの味噌汁で怪人を作り出すなんてマッチポンプは,スーパーヒロインとして許されない.「全ては,パンシャーヌのせいなんでないかい?」と読み上げた組合長は笑う.これでもまだ白を切るつもりかと全力で糾弾.怪人を自ら生み出すスーパーヒロインなどもはやスーパーヒロインではない!とまで宣言.このままではエセ美少女セレブ扱いで免停確定だ!
あんな間抜けな回で洒落にならない罪を犯してしまったパンシャーヌ.裁判の判定は…「有罪!」と秘書宣言.今このときより廃業が決まってさあ大変.…まだ1話あるのに(苦笑)! しかし気持ちよく笑う組合長のところに「待ってください!」とやってきたのは 1話で助けた宇宙人の子ども! 3ヶ月前に神に騙された宇宙人の母を救ってやったところ,その子どもは受験勉強に専念できて見事大マゼラン星雲大学(UCLA)法学部に合格の上に主席で卒業,弁護士に! …ギャグだから話が早くていいや(笑).
一応相対性理論の影響で,弁護士までの階段を3ヶ月で駆け上がっていた宇宙人の子どもは,組合長に「あなたは間違っています!」と宣言.あの時味噌汁を食べさせたのは誰だった? パンシャーヌではなく…「由美子です!」 つまり怪人製造は「パンシャーヌ」がやったわけじゃない.規則第四条第五項の「変身する前の人格はスーパーヒロインと見なさず」を考えればパンシャーヌは無罪だ!

宇宙人の子どもの弁護で無事パンシャーヌの地位を保った由美子は大喜び! 逆転勝利できたのはいいことなんだけど…自宅に戻った由美子さんの考えていることは,理沙さんとはかなりずれている.「これでまた超悪デビル様とお会いできる!」…正義のヒロイン役と妻役を既に失格している由美子さんに,理沙さんは異様な不安を感じます.ご町内や宇宙の平和より超悪デビルを優先する「…ママ…我が家はどうなっちゃうの…」…凄いことになるよ理沙さん(笑).投げっぱなしの真髄を見せる,凄い最終回に続きます!

|

« 古代王者恐竜キング#20 | トップページ | 2007年7月開始アニメ雑感・1 »

レビュー◆美少女戦麗舞パンシャーヌ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/15702336

この記事へのトラックバック一覧です: 美少女戦麗舞パンシャーヌ#12:

« 古代王者恐竜キング#20 | トップページ | 2007年7月開始アニメ雑感・1 »