« Shining Tears X Wind#13 | トップページ | モノノ怪#4 »

古代王者恐竜キング#25

調子が良いのが異常という不幸

フタバサウルスの発見された場所に近いとある鉱山へと飛行船で突っ込んだアクト団.アクトメタル鉱石を採取しにきたウサラパたちは,スピノやサイカを使って鉱山から人払いして鉱石の掘り出しに取り掛かった.カード恐竜を出したことで近くまできていたDキッズがそれを察知し鉱山に駆けつけるが,ウサラパたちは坑道で拾ったばかりの技カード,フタバメガキャノンによって珍しく撃退する.
足を捻ってしまいアクト団襲撃に加われなかったマルムは,治療から戻った後でパラパラとともに近くの湖に出かける.そこにいきなり出てきたのが傷を負ったフタバサウルス.アクト団のサポート恐竜とは知らないマルムはその傷をパラパラに治癒させ,フタバサウルスはすっかりマルムになついてしまった.

毎度のように乗り物を壊し,そして負けて逃げていくアクト団を優しく見守らずにはいられない「恐竜キング」.普通のストーリーものならば序盤は磐石でも中盤からは敵が強くなってきて均衡が崩れるんじゃないかと思うんだけど,本作の場合はむしろ逆.状況と戦い方,引き際がわかってきたDキッズが強くなる一方なのにウサラパたちに進歩がないもんだから…現状は前に勝ったのはいつだっけと思うくらいに情けない状態(苦笑).
今回はそんなアクト団に珍しく幸運到来…でもやっぱしあの三人にはそういうのは似合わない(笑).アクトメタル鉱石はディノモンドと同じくアクト団強化の布石らしいけど,あの分量で一体何ができるのか.マルムさんが足を怪我する下りとか勝手に湖にやってくるフタバサウルスとか結構無理のある展開は,脚本の神戸一彦と演出の池野昭二のどっちの責任なんだろう(苦笑).…あれ?10話ごとかと思ったら,今回もEDでサイカがこけてるなぁ.

前半.本日は飛行船で福島県いわき市近辺に送り込まれたウサラパたち.彼女たちが目指すのはアクトメタル鉱石があるらしい鉱山.恐らく現代科学では未だ発見されていないマテリアルなんでしょうが,ドクターの機械を修理するためにどうしても必要らしい.でもドクターの作るものなんだから,修理したってどうせすぐに乗り物みたいに壊れそうですが(笑)…案外逆に,ここで手に入る素材の質が悪すぎるからよく壊れているのかもしれない.
まあどっちにしても壊れるのには変わりなくって,本日も飛行船は早速燃料不足を起こしております(苦笑).重いものとともに自力で移動できるトロイドたちを途中に山に落として置き去りにし,それでも減らし足りずに鉱山の中へと滑り込むように墜落する飛行船! 落下の衝撃で三悪党はエレベーターに入ってしまい,そのまま地の底,落ちるところまで落とされちゃって本日も不運のど真ん中…かと思ったら幸運到来!
坑道の奥からは目的のアクトメタル反応がずばずばと! その上強力な水の技カードまで拾うことができてとってもツイてる! アクト団のことを嫌っているらしい幸運の女神が熱でも出したのか,いつもにない幸運に見舞われたウサラパたちは早速鉱石探しを開始.サイカに岩盤を掘らせスピノに不要な岩を運ばせる…前に坑道を占拠しておくことももちろん忘れない,この手の犯罪はすっかり手馴れた三悪党です.
その頃,リュウタたちは1968年にフタバサウルス・スズキイ…フタバスズキリュウの化石が発見された場所まで出向いて化石堀り.実はフタバサウルスは,割と最近新種として認められたばかりなんですね.骨が発掘された現場そのものは今は厳重に保存されているんじゃないかと思うのですが,リュウタたちが三葉虫など掘っているのは,そこに近い同じ地層が出ている崖なんでしょうね.
恐竜は新種の骨が出れば発見者の名前をつけられる.フタバサウルス・スズキイの場合は鈴木さんが発見して名前がついているように.これになぜか張り切ったらしいマルムさんは,唐突に崖を登り,その直後に落ちて足を捻ってしまいます.…リュウタより先に化石を発見しようと無茶をしてこうなったらしいんだけど,この作品としては意味不明に限りなく近い,無理のありすぎる描写だと思います(苦笑).
マルムさんがいきなり歩けなくなったところで,鉱山でアクト団が召還したサイカやスピノにディノホルダー反応! もちろん一緒に行きたいマルムだけれど,大事を取って彼女だけ病院にいくことに….古代博士の車で早速鉱山に駆けつけたリュウタたちが見たのは,なぜか大岩で玉転がしをやってるスピノなど.もちろん坑内の邪魔な岩を運搬しているわけで,運動会の練習とか秘密基地の建築じゃないぞ(苦笑).
面倒な奴らが来ているのを見つけたウサラパ様ことおばさんはスピノをけしかけ,リュウタたちも即座にガブとエースをでかくして対抗! エースとスピノにはかなりの体格差があってまともに戦うのも難しいですが,体格も良く力も互角以上のガブが加わり,仲良しのガブとエースが連携すればスピノなんかあっさり圧倒! これはまずいとウサラパ様は焦りますが,ツイてるアクト団の手元には新しい技カードがある!
発動する新技・フタバメガキャノン! …さっき拾ったばかりのカードでアクト団の恐ろしさを思い知らされるのは相当不本意なんだけど(苦笑)それでも強力なサポーター恐竜が出てくるのは厄介! カードの効果で池ごと出てきたフタバサウルスは,水が怖くて仕方ないエースにフタバメガキャノン…強力な水流をビームのようにぶつけてくる!エースはあっさりカードに戻って,いきなりDキッズは超不利に!
拾ったカードで調子にノってるアクト団.スピノはガブを尻尾で吹き飛ばし,そこへフタバメガキャノン二発目が来るか…と思ったら絶妙のタイミング悪さで唐突に出てきたサイカがフタバサウルスにぶつかったせいで狙いが逸れてトドメは刺せず,ありがとうサイカ(笑).ただし状況的には超劣勢のため,古代博士の車でリュウタたちはすかさず撤退! 状況が悪ければ即座に引いて相手の様子を伺うあたり,卑怯っぽくてもやっぱし強くなってるなー.
すっかり戦い慣れしたリュウタたちが相変わらず恐竜運動会の練習?秘密基地?とまだまだ泣かずに調べていることを知らず,ウサラパたちはいつも以上の調子の良さに上機嫌となり坑道内でアクトメタル探し再開.…ここでリュウタたちに追い討ちをかけないから最終的に負けるんだ(苦笑).ついてないって自分たちで自覚してるなら,数少ないチャンスは確実に掴まないとダメだけど…勝ったら話が終わるからそれもダメなのか(笑).
さて,いきなり故障していたマルムさんは病院で治療があっさり終了.こんだけあっさり治るなら,別に怪我させなくてもよかった気がするくらいだ(苦笑).ちょっと足をひきずりつつ,置いて行ったリュウタたちと連絡を取ろうと外に出たところ,湖の桟橋で釣り人が連れてる何かと戦ってる.行ってみたらざばっと釣れたのはフタバサウルス! …さっきの技カードの恐竜が戻されぬまま,こんなところまで来てたんですね.
このフタバサウルス,さっきの同士討ちで首には怪我を負ってます,まさかこれがアクト団の恐竜とは知らないマルムさんは気の毒なフタバサウルスに治療を施すことに…本当はアクト団の恐竜と気づかないことにも結構無理があるんだけれどまあいいや(苦笑).マルムさんはいつもよりかわいらしい声でパラパラのネイチャースプラッシングを発動.怪我を治してもらったフタバサウルスはマルムさんになついてしまいました.

後半.アクト団に一時的とはいえ敗北するという大失態をさらしたリュウタたちですが,すぐさま逆襲のための坑道偵察に切り替えるあたりがとてもしたたか.アクト団もぜひ見習った方がいい(笑).けれど主役はそもそも目立ってなんぼであり,潜入任務にはぶっちゃけ向いていません.スピノが大玉転がししているのを見てたら見つかってしまって大ピンチ! …ただし恐竜島で大ピンチになったときとは違い,ここには逃げ場もオトリもあるので楽なもの(笑).
ここで私が食い止めると立候補をする古代博士.そのポーズがかっこいいかどうかはともかく,オトリとして彼以上の人材は滅多にいないでしょう.ちょっと鞭を振るえば壁の明かりを叩き落としてしまうというドジっ子ぶりもオトリとしては最上の資質! 子どもたちが逃げ出した後ろで,古代博士は鞭を使って切れた電線をスピノにぶつけて電撃を食らわし…ついでに自分も電撃を食らう(笑).都合よく切れた電線が見つかるあたり,古代博士の幸運は馬鹿にできない…後,完璧に感電してもああびっくりしたで済む体の丈夫さも重要だ(苦笑).
ウサラパたちはついにアクトメタルを発見! がきんちょどもの襲撃はあったけれど既に退けているし,彼らとしては今日の展開は怖いくらいにスムーズ.鉱石の運び出しは自力で移動してきたトロイドに切り替え,スピノやサイカをカードに戻すと,そのサポートをしていたフタバサウルスことフタバちゃんも遠くで一緒に消えました.背中に乗せて湖を泳いでくれるなどマルムさんに完璧になついたフタバちゃんが消えたことは,ようやく通じた携帯でリュウタへと連絡されます.…ディノホルダー間では通信ってできないんだっけ(笑)?
この世界に生きているフタバサウルスが沢山いるわけがなく,きっとマルムと一緒に遊んでいたのはアクト団の技カードに違いない.折角友達になったフタバちゃんがあのおばさんたちに使われていたことを知ったマルムさん,もう足は大丈夫だからと戦列復帰を志願して,さっきので焦げた(笑)古代博士が迎えに行くことに.…マルムさんの戦力的な重要度は現在急上昇中.軸となるパラパラの性能こそ心もとないものの,プテラ3匹にセイスモサウルスまで追加召還できるバランスブレイカーです.
目的のアクトメタル鉱石をごろごろっと出口まで運び出すウサラパたち.結構高いところまで持ち上げた後は自重でごろごろごろっと…鉱石に追いかけられて必死で逃げることになる3悪党.この不運,段々いつもの調子が出てきましたよ(笑)! 出口のリュウタたちの横を通り過ぎ,凄く安い音で岩に潰される(笑)ウサラパたち.もちろん運動会の練習なんかじゃないというか,大玉から命がけで逃げるような運動会競技があったら嫌だ(苦笑).
ウサラパがまたもスピノを召還したので,今度は油断しないとリュウタはリベンジに挑戦.父の制止も無視してガブを召還! 突進させるもさすがに尻尾ではじかれる….アクト団にとって,恐らくは前のダメージが残っている敵主力を完全に叩くには今が最高の好機なんだけど,さっき手に入れたカードがないというか,マルムさんが持ってんだよなぁ(笑).幸運の女神の病は峠を越えたらしく,いつものような嫌な予感がアクト団に漂って参ります.
ガブが健闘している間にマルムさん到着.地味に古代博士が大活躍してるんだけど誰も気にしてない(苦笑).サポート恐竜が出ないならガブだけでも問題なく戦えるはずなのにマルムがリュウタを押しのけてパラパラまで召還.今日はなんか行動が強引過ぎるなぁマルムさん….それに対し攻撃の要となるカードを取られてるウサラパたちは大ピンチ.冷静に考えれば手負いの相手なら他のカードで十分叩けるはずなんだけど,あいつらに冷静さを期待すんのが無理だ(笑).
アクト団はがきんちょの真似っぽくサイカを召還.「盛り上がれ,サイカニア!」…宴会部長? でもさすがは可愛いサイカ,さっきの命令が消されず残っていた結果,いきなり無関係な横穴を堀りに行くという空気読んでないぶりが素晴らしい(笑)! そんな素晴らしさにやられたウサラパたちは戦闘を諦め,鉱石を確保して脱出することを選択するんだけれど…さすがサイカ,本当に空気読んでません! 岩肌破って唐突にマルムの近くに再登場!
思ってもいないところからいきなり出てくるもんだから,ついカードを取り落としてしまうマルムさん.おかげで大事なフタバちゃんのカードを取られてしまってアクト団のターンに.フタバサウルスの水流攻撃はあまりに激しく,これを食らわされてしまったガブは深刻なダメージを負い,マルムさんは急いでパラパラで回復技をかけてフォロー.それを目撃したフタバサウルス…フタバちゃんは知ってしまいます.ああ,こいつら自分の恩人の仲間だったのか!
アクト団のサポート恐竜としてこの世界に召還されてはいるものの,アクトコントローラーで強制的に従わされているわけではないされてないフタバは勝手にスピノを攻撃.アクト団所属恐竜同士で噛み合ってスピノを吹っ飛ばした上,また尻尾で殴ってくる邪魔なサイカに例の水流攻撃.パラパラを襲うスピノにも当然水を浴びせかける! …さすが日本の恐竜,フタバサウルスは2頭をカードに戻す大活躍の末,自身もカードに戻ってしまいます.

幸運の女神に逃げられたアクト団は自分たちのカードを回収するのがやっと.フタバサウルスが倒す相手を間違えたドジを敗因と考えている彼らだけれど,真の敗因はコントロールされてない恐竜が思いのままに動くと考えた思い上がりのせいだよな(苦笑).マルムさんはフタバちゃんは相手を間違えていないと強く確信.…たとえアクト団の恐竜でも,強制コントロールを受けてなければDキッズ側につかせられるってのは案外重要な設定かも,
最後の方ですっかりいつもの不運に戻ったウサラパたち.こんだけ徹底してダメだと幸運血液とか入れてやるべきだと思います(笑).鉱石玉に追われて吹っ飛ばされて大怪我するし,回収されたアクトメタルだって精製したら指の先くらいになっちゃうし.修理には数百倍のアクトメタルが必要らしいけど,あの運の悪いウサラパたちを派遣している限り手には入らないだろうなぁ…どうすんだ.
元々詰めが甘すぎる上に運も悪く頭も悪く,正直いいとこなしなのになぜにウサラパたちはアクト団を首にならないんだろう.たぶんドクター以外の奴を一人でも補助につければ劇的に状況は変わるはずなんだけど,どうしてそれをやらないのかなぁ.1つ人には嘘をつかない.2つ太ってもご飯を残さない…というアクト団3つの約束の3つ目も気になるんだけど(笑)…正直それどころじゃないくらいに重要な次回に続きます!

|

« Shining Tears X Wind#13 | トップページ | モノノ怪#4 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/16242102

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#25:

« Shining Tears X Wind#13 | トップページ | モノノ怪#4 »