« Shining Tears X Wind#12 | トップページ | モノノ怪#3 »

古代王者恐竜キング#24

嘘から出たアンキケラトプス

恐竜が出たかもとドクター・ソーノイダを騙してパリに息抜きにやってきたウサラパたち.いつもは恐竜探しに使う資金で豪遊し,観光したりショッピングに励んだりしていたらホテル代まで使い込んでしまった.もちろん騙されたドクターが助けてくれるわけがない.歩いて帰れと無茶を言われたその直後,落雷によって本当に恐竜が出現する.
ディノホルダーの反応を頼りにリュウタたちもパリへとやってくるのだが,恐竜ファッションの流行するこの街にはまぎらわしいものが多すぎる.出現したアンキケラトプスは街ぐるみのファッションにまぎれてパリの中央部へと運ばれていき,リュウタたちは雑踏の中でガブを見失う.

盤石のお約束の上で1話完結話を積み上げる「恐竜キング」.物語の骨子は「リュウタたちがウサラパたちに勝ってカードを手に入れる」の一行で説明できるものの,毎度変わる世界各地の舞台によって物語に多彩なバリエーションが生み出されています.今回のように観光地に入れば名所も目白押し.それを毎度設定として作り背景として描きしかも使い回しがまず効かないなんて,本当に贅沢すぎる作品だよなぁ(苦笑).絵コンテ菱田正和だって相当贅沢で素晴らしいし!
積極的に子どもたちを「外」の世界に連れ出す本作は,恐らく現在のインドアな子どもたちに,家の外にはもっと面白いものがあるぞと誘おうとしているのでしょう.けれど現状だと海外の各地は隣の部屋くらいの気楽さで,その上それぞれの地域が狭い範囲で完結しちまってるのがなんだかもったいない.この先地域同士の繋がりや影響がダイナミックに出てくるようになれば,もっと大事になって面白いんだけどなぁ.

前半.本日の舞台はパリ.しかもピンポイントではなく市街を迷走するので豪勢! 既に現地入りして優雅にセーヌ川をクルーズ中なのはウサラパ様とその他2名.いつものように自意識過剰でウェイターをナンパと勘違いする滑りっぷりを披露しておりますが,まったく恐竜を探そうとする気配すらないのはいつもとかなり違う….観光やショッピングで優雅に過ごす3悪党は,実はドクターを騙して豪遊しているのです.恐竜が出現したかもと嘘情報をドクターに聞かせて息抜き中.…後でばれたらどうなるかまでは当然考えてないなこいつらは(苦笑).
そんなウサラパたちの優雅な休日をテレビの中から見つけだしてしまったのはマルムさん.いつもの古代家.少年と恐竜たちは庭でボール遊びに興じておりますがマルムさんだけはテレビ中継の恐竜ファッション特集に夢中! …でもその中におばさんが映っていた上,テレビ越しでも普通に反応されてびっくり(笑)…同じものを見ている日本中の人がおばさん呼ばわりしたらどんなことになるんだろ(苦笑).ウサラパたちがいるのは怪しいけれど,ディノホルダーには恐竜反応なし.…実際子どもたちの推測の通り,ただの憂さ晴らしのはずだったんだけど….
パリの夜は雷雨.そして案の定使い果たされた出張経費(笑).ウサラパ様のお買い物のせいでドクターからちょろまかしてきた金は消えてホテル代すら残ってない.橋の下でどこに止まろうかと相談するも当てもなく,無駄遣いを止めるのが子分の役目だとウサラパ様は逆切れしてくるしでエドもノラッティ~も気の毒ったらない.で,さらに追い討ちでドクターからお叱りの通信まで来て最悪だ(苦笑).騙されたと気づいたドクターが雷を落としたのと同時に本物の落雷が近くの木に落ちる.その電気の力で恐竜カードが発動し,ガブみたいな角竜がパリに登場!
嘘つくなとウサラパに怒るドクターと,責任を子分たちに押しつけようとするいい加減なウサラパ.もちろんドクターが恐竜ファッションくらいで機嫌を直すわけもなく,迎えをよこしてほしいと頼んでも「歩いて帰るぞい!」と無茶なことを言う(苦笑).…恐竜島は海の中.どうやって歩いて帰れと言うんだ(笑).けれどさっき復活した角竜の反応が恐竜島でも探知され,サボるための大嘘が現実に! ここぞとばかりにウサラパは反撃するけどドクターは通信が乱れたふりであっさり逃げる.さすがウサラパを使ってるだけのことはあるなぁ.ずるさも一枚上手だ(苦笑).
同じ恐竜はリュウタたちのディノホルダーにも反応.でもすっかり寝こけていたリュウタはなかなか気づかない.…起きてるときはあれだけいい耳でも,寝てたらやっぱり役には立たないんだなぁ.そういや近所で夜間工事やったときも気づかず朝までぐっすりだったっけ….レックスに起こされても「はんばーぐ!」と寝ぼけベッドから落下する間抜けぶりをさらしまくっております.
眠くても子どもたちはDラボへと急行.恐竜が出現したのはアクト団のいたパリ.けれどこの出現は偶然で,恐竜の出る場所がわかるはずないとリアスさんは判断.確かに今回の件に関してはその通りだけど…アクト団は恐竜の骨占いというオカルトにしか見えない奴で何度も出現場所を当てているからなぁ(苦笑).こんな言い方をわざわざさせるところを見ると,骨占いにもこの世界での科学的根拠があったりするんだろうか?
お洒落をする余裕もなくパリへと送り込まれたDキッズ.フランスの首都は相当広く子ども3人で恐竜を探し出すのは難しい.とはいえ人もたくさんいるから,恐竜騒ぎの起きている場所に行けばカード恐竜にも逢えるかもしれない…と思ったのが甘かった.折悪しくこの街では恐竜ファッションが大流行中.人間どころか猫すら恐竜の着ぐるみを着ているというコスプレシティと化していて(笑)その中では本物の恐竜すら森の中の木の葉の一枚なのでありました.
結局本当に恐竜探しをすることになったウサラパたちも荷物背負ったままで頑張ってますが,恐竜風の帽子の尻尾に騙されて「ぎゃふん」…一々古いぞ(苦笑).恐竜探しには最も不向きな都市と化したこの街で,リュウタたちは更なるトラブルに巻き込まれます.ガブが恐竜姿の猫を追いかけ暴走したからさあ大変! 転んだリュウタはディノホルダーを壊してしまい,カードに戻してガブを回収することもできなくなってしまいました….
恐竜風のものが一杯でどうしようもなく紛らわしいパリの街の中.リュウタたちはカード恐竜よりも小さなガブ探しを優先.ウサラパたちの捜索ももちろん難航.で,当のカード恐竜,アンキケラトプスと言えば,川のほとりから競馬場へと移動.しかし恐竜ブームだからとあっさり見逃され(笑)ついには巨大セットの恐竜が乗ったトラックに同乗してパリ中心部へと移動を開始しています.

後半.恐竜まみれのパリをさ迷う2頭の角竜.アンキケラトプスの入ってしまったトラックが向かったのはパリコレ会場のでかいテント.運び込む業者は完全にアンキケラをショーのセットだと思い込んでます.小さなガブは道行く角竜風の帽子をつけた人などについて回って移動中…これはやっぱり友だちだと思ってついて回っているんだろうか.案外さびしがり屋であるらしいガブは,自分と似た恐竜のことが本当に大好きだからなぁ.
カード恐竜を探さねばならないウサラパたちはなぜかパリコレにご来場.もちろん招待券など持っていないので,ティラノを使って警備員を驚かせて無理やり突破!…結局真面目に恐竜探す気はあんまりないんだな(苦笑).ガブも見ず知らずの人のペットのようにして会場に入っていきますが,ムーランルージュの前を移動中のリュウタたちはもちろん気づかない…大事なディノホルダーを落として壊したリュウタが全部悪い(笑).
ウサラパは命令を忘れてファッションショーにもう夢中! 相当ごたごたしたシルエットの恐竜ファッションも,彼女にはかっこよく見えるらしくて満喫していたら…本物のアンキケラトプス登場! さすが自称専門家だけのことはあり,ウサラパたちは本物の恐竜とすぐに気づいていますが,他の観客がまだ演出と勘違いしているステージに駆け上がったのがガブ.目立つところで歌ったり踊ったりが大好きなガブがステージで踊れば観客も拍手!
けれどこの拍手や喧騒や眩しい照明がまずかったのか,アンキケラは踊ってるというよりは明らかに暴れている状態へ.このでかいのが故障気味のセットなんかではなく巨大な生物であると間抜けな観客たちもさすがに気づいて一気に逃げて!ウサラパたちは踏み潰されます(笑).この騒動が放映されていたことにより,ガブを探していたリュウタたちもアンキケラトプスの出現に気づいてパリコレ会場へと向かうわけですが,ここでガブが予想外の行動を取り始めます.
種は違えども同じ角竜.当然言葉は通じるようでガブはアンキケラと会話が可能.ガブガブと何事かを言ったガブはアンキケラを連れて混迷の会場から逃走! …小さなガブとはサイズはとんでもなく違うんだけど,どうやらガブの言葉をかなり素直に聞き入れているらしいアンキケラトプス.街の元気な少年がおろおろするガタイのでかい田舎者を案内する風情か.
ガブの手引きで逃げるアンキケラ.橋の下に逃げ込んで隠れていたらそこにやってきたのがあの不思議なじいさん!…今日は芸術家をやっているのか,それとも芸術家の別なじいさんなのかは不明のまま.ともかくガブもアンキケラもその体をカンバスにされて変な色がつけられちゃいますが,2Dと3Dでは同じアートなのに随分違って見えるなぁ(笑).
恐竜たちの逃走は相当健闘したようで,橋の下から川に飛び込んでからは音信不通でもう夕方.アクト団は暗くなりかけの凱旋門からターゲットを探すも見つからず…しかしすぐ側のロータリーに地下からアンキケラトプス出現!そしてなぜか凱旋門に頭突きを繰り返しはじめるという暴れっぷり.ガブとも話が通じていたし,自分から攻撃するような奴には思えないけれど….
自分たちのいる凱旋門を揺らされたアクト団はサイカを投入! 可愛いサイカはなかなかバトルに呼んでもらえないのでレアですよ(笑).で,バトルフィールドが発生したのでリュウタたちも戦闘がはじまったのを知ります.戦っているのはきっとさっきのアンキケラとアクト団.でも肝心の場所は「どこかってどこ!」…今回は全体的にいつもに増して間抜けかも(苦笑).
どこにいるのかわからないなら,目的地の側にいそうな奴に返事をさせればいいのです.マルムはすぐさま年ごまかしてるおばさんを周囲に呼ばわって,結構遠いところからウサラパがだれがおばさんじゃと怒って判明,「凱旋門だ!」…物語的に,恐竜の骨占いという便利なものを持つ代償として,ウサラパさんはアクト団に配されているんだろうなぁ(苦笑).
本日の初戦はアンキケラ対サイカ.ここで早速頭突きでぼこぼこにされた上,丸まって攻撃は防いだのを吹っ飛ばされて木をなぎ倒すことになるサイカの「ストライーク!」な圧倒的な弱さがどうしようもなく愛らしい(笑)! …この先可愛いサイカが戦闘で活躍できる機会はくるんだろうか.最近出番があるごとにどんどん弱くなってる気がするぞ.
妨害がなくなりアンキケラは大暴れを続行.ここでまた舞台に飛び出すのがガブ! しばらくぶりに再会したリュウタに何事かを説明してアンキケラの傍へ.そこで思い切りおならをした上で誘導を開始! …恐竜にとってはおならも言語の1つなのかもしれないけれど,あの状況でこの行動を取れるガブの度胸が並でないのは間違いない.ちなみにサイカさんはひっくり返されたのを戻されて出番を終了しております(笑).
ガブが荒ぶるアンキケラを誘導したのはエッフェル塔近くの公園.…2Dと違って回り込みがすごくやりやすい,3DCGならではの利点を生かして見せてるシーンだなぁ.どうやら初めて見る人工物や人間に脅えて暴走したらしいアンキケラ.彼の警戒心を解き仲間となるためには,ここはやはり恐竜ファッションしかない!…わけないとは思うんだけど(笑).
けれどマルムさんは凄く乗り気だし,残り時間も少ないのでここで下手に抵抗するのは話の腰を無駄に折るようなもの.リュウタたちはどうしようもなく微妙な恐竜ファッションを装備! …無理に恐竜ファッションしなくても,リュウタはバイザーの角だけで十分な気がするんだけどな(苦笑).恥ずかしいコスプレによってなぜかアンキケラは心を許し(笑)しかしスピノ登場!
乱入しアンキケラをふっとばすスピノ.ガブの友達の危機を前にしたリュウタはぜひガブを出して戦わせたいのだけれど,さっき機械は壊れたばかり…それでもわずかな可能性に賭けてディノホルダーを動かしたなら,なぜか今度はあっさり召還に成功! いかにもキッズアニメのアイテムらしく,使うものの気合一つで自己修復とかしちゃうのか(笑)?
スピノのアタックに怒るアンキケラはデスブラインドを発動.尻尾アタックの上おならによる悪臭攻撃をかますという極悪な技で,スピノ以上にアクト団が潰れました(苦笑).人間を行動不能に追い込み技を封じるのは戦術的に凄く効果的だ.で,こんなどうでもいい状況でリュウタは最強技・ギガライディーンを叩き込み,スピノはカードに戻ってアクト団退散.…友達をアクト団に取られると次回から前後編になりそうなので,今回は無事に回収できてよかったかも.

パリ帰りのリュウタたちはお土産の恐竜ファッションを大人たちに着せて楽しみます(笑).流行するものが全てかっこいいわけではなく,普通の日本人である古代博士たちが民家の中で装着する恐竜ファッションは微妙としか言いようがなく,あの素敵なリアスさんでもやっぱし微妙.レックスが「とても似合ってますね!」と普通に褒めちゃっていることで彼の美意識に不安を感じるくらいに微妙(苦笑).
リュウタのディノホルダーは物理的ショックで一時的に使えなくなっただけらしいですが,そういう話を何も知らないはずのリュウタの母の前で平気でするリアスさんにびっくり(笑)…こんだけ情報統制がゆるゆるだと,もう母にもガブたちのことはバレちゃってるかもしれない.恐竜島ではドクターが恐竜ファッションに満足し,散らかしたのをタルボーンヌに片付けなさいと叱られるというこちらもゆるゆるすぎるオチ.いいのかなぁこんなのんきなノリで.そろそろ2クール目も終盤なんだけどなぁ….次回に続きます.

|

« Shining Tears X Wind#12 | トップページ | モノノ怪#3 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/16158454

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#24:

« Shining Tears X Wind#12 | トップページ | モノノ怪#3 »