« Shining Tears X Wind#10 | トップページ | 2007年7月開始アニメ雑感・2 »

古代王者恐竜キング#22

陸でも空でもマルムが最強

リアスの趣味は飛行機の操縦.月に一度の楽しみに同行させてもらったリュウタたちだが,マルムは管制官とリアスの関係を深読みし,動物嫌いは姉にはふさわしくないと別れさせるための工作をはじめる.リュウタたちは飛行機に乗せてもらうがガブが暴れたために緊急着陸.結局レックスとエースだけがリアスとともに空の散歩を楽しむことになった.
同じ空港に恐竜カードを探しにやってきたアクト団.ロケットのような彼らの乗り物とリアスの乗る飛行機が空中で接触.リアス機は墜落こそ避けられたけれど尾翼を損傷.同乗していたレックスは急降下の中で過去の恐怖を思い出しショック状態となる.アクト団の乗り物は滑走路を散々破壊した上で空港に落下.埋まっていた恐竜カードまで実体化する.

1話完結ながらも今後のための伏線張りにも余念のない「恐竜キング」.もちろんその伏線が弾けはじめるのはこのクールの終盤くらいだろうから,今のところはどの回から見てもそう問題はなく…ごめんなさい(苦笑).今回は絵柄に独特の癖があるものの動きは良好.空港狭しと暴れまわる恐竜たちも大迫力! やっぱし人工物のど真ん中で戦うのは映えるよなぁ.絵コンテはベテランの杉島邦久.
このいい映像を飾るのが見所満載の物語.子どもたちがばらばらに動きながらも,それぞれに暗躍したり寂しくなったり過去のトラウマにやられたりして,総じて凄くバランスが取れてる.これは脚本の平野靖士の腕だよなぁ.まだまだ謎に包まれているレックスの過去.これが明らかになる日は必ず来るのだろうけれど,そのことでレックスは何か変わってしまうんだろうか.

前半.リュウタの耳と並んで確度が異様に高いのがドクター・ソーノイダの恐竜の骨占い.原理はさっぱりわからないものの本日も日本にカードがあるという卦が出たようで,3悪党が毎度ぶっ壊れる乗り物で送り込まれております…アクト団はウサラパたちを派遣するからカードを取れないのだという事実をいいかげん認めるべきだ(苦笑).本日の乗り物は…ロケット?ミサイル? 凄い勢いで打ち出されて早速苦しい目に遭わされておりますな.
動く恐竜島から打ち出されたロケットの中,ウサラパたちは占いの仕掛けが気になって,あの恐竜の骨が恐竜の念波を探知しているのではないかと勝手に思い込んで怖がって…無駄に怯えたせいでぽきりと折れた操縦桿(笑).3悪党が触った時点で,いつかはわからないけれど確実にぽきりと折れると決まっているのがなんだか切ない….ちなみにこの乗り物はやたら頭でっかち.これにも一応くだらない理由があって後に判明します.
さて,アクト団が飛んでいるとは夢にも思わぬリュウタたちは,鼻歌交じりのリアスさんとともに空港に向かっております.マルムさんの姉で科学的な分析やディノホルダーの修理まで一手に担う才女のリアスさんの趣味は飛行機.しかも見る方ではなくて操縦する方だからかっこいい! 月に1度のお楽しみが目前ということで,いつものクールさが消えるくらいの上機嫌っぷりがとても可愛い.…ここまで打ち込んでいる趣味があるってことは,恋愛に夢中になる余地はなさそうだなぁ.
けれどそんなリアスさんから恋の匂いを無理やり嗅ぎ取るのがマルムさん.空港で会った鈴木というかっこいいお兄さんと仲良さげな姉を見て邪推発動.彼は見たところ立派な好青年なんですが,生き物が苦手というのはマルムさんには気に食わない.リアス自身は鈴木さんとはパイロットと管制官の仲だと言っているのに信じようともしない妹.…本当は姉の飛行機に一緒に乗るはずだったのに,空港を見たいと断わってしまいます.
私にはやることがあると,リュウタにこっそり言い残して空港内の施設を移動するマルム.さっきの鈴木と姉の仲を裂いてやろうと先走り開始! 鈴木をフードコートで発見しパラパラとともに押しかけて同席.いかにも子どもらしく,どうしようもなく幼稚な手段で姉の評価を下げにかかります…結果的には無駄に終わったこの行動.けれどここで別行動していなかったら,最後に悲劇的な事態が待っていたはずなので結果オーライ!
リュウタとガブ,レックスとエースを後部座席に乗せたリアスさんは小型飛行機でテイクオフ! 舞い上がるための急加速によるGや揺れは大きく,それでも空を満喫するには我慢できる範囲…なのかと思ったらいきなりガブが大暴れ! 動揺しがぶっとするのでこれはまずいと緊急着陸….どうやらガブは飛行機がダメらしくて,結局リアス機に乗れるのはレックスとエースのペアだけに.エースが水が苦手なように,ガブは空が苦手だったんだなぁ.
リュウタたちを地上に置いてきぼりにして再び舞い上がった小型飛行機.空の上に広がるのは地上とはまったく異なる光景.素晴らしい! …けれど小型飛行機の側の雲の中には巨大な黒い影.これはアクト団のロケットで,その上操縦不能になっている! リアスの飛行機は急に出てきたこれにぶつかり,吹っ飛ばされて尾翼損傷,錐揉み落下.その中でレックスは自分がとても幼い頃の記憶を唐突に取り戻してしまいます.
…今の父とは血の繋がっていないレックス.彼はまだ赤ん坊の頃に恐竜の化石の側にカプセルに入って置かれていたのを保護されてここまで大きくなったんですが,思い出したのはその赤ん坊の頃の記憶.カプセルに入れられて激しい流れのどこかをたった一人きりで流されていた恐怖が唐突に復活し…リアスさんは無事に機体の体勢を立て直したけれど,記憶の衝撃にレックスはすっかり怯え,後ろで震えて膝を抱えます.
上空の異常はすぐに地上にも伝わります.管制官である鈴木さんに姉は不潔とマルムさんが嘘を吹き込んでいたところ(笑),リアス機の危機について連絡が…あのロケットはUFO扱いされてますね.操縦不能のロケットは空港周辺で乱高下を繰り返し,滑走路に沢山の溝を作った後で管制塔間近の地面に刺さり墜落.しかも滑走路にできた穴からカプセルが出てきてカードが復活! やや小さめの派手な恐竜が格納庫に走っていきます.

後半.アクト団のロケットのせいで空港大混乱! 史跡だろうと世界遺産だろうと比較的あっさりぶっ壊し,しかもそれが自動的に修復されることはないってのが本作の重いお約束なので,あの空港の今後が心配…保険降りなさそうだもんなぁ.ちなみにロケットはいつものように墜落してもいいように頭が膨れていたらしく,横とか尻とかから落ちたらどうするつもりだったんだろう(笑).
落ちたウサラパ様が早速見つけたのは,管制塔の中のいい男こと鈴木さん.カード収集や嫌ながきんちょまでも放り出し,男目指してまっしぐら!…ここまで積極的でその年齢でキスの経験すらないことが謎だ(笑).案外凄いお嬢様だったりするのかなぁ….格納庫にはメガラプトル.管制塔側にロケットなUFO.滑走路はぐちゃぐちゃ.とてもリアス機を着陸させることはできないので旋回を指示されるけど,燃料にも限りがあるのです.
恐竜登場は占い通り!エドたちはスピノを召還し,空港の建物の中で早速バトルを開始します.相変わらずスピノはでかくて,小さめのメガラプトルとは体格差がありすぎ.そんなかわいそうなメガラプトルの窮地を救うためにリュウタもガブを召還! 広いロビーで3頭での恐竜バトルが続行されます!
カードの取り合いのはじまった地上を他所に,上空の事態は刻一刻と悪化.こっちはカードどころか搭乗者の命がかかっているので洒落になりません.滑走路に大きな傷が走り,落下したUFOも邪魔.それでもいつものリアス機ならばなんとかなったかもしれないけれど,尾翼を損傷した安定しない機体ではかなり難しい.ついでに後ろのレックスもまだ震えているし….
大事な姉と仲良しの友達の命の危機! マルムさんが管制ルームでが困っていたら,この緊迫した空気を読まずに「愛しき我が君!」とか言いながらおばさん参上! いくら相手が好みの男性だとしても,理想の男性とシナを作ってコビを売るのは普通はとても恥ずかしい…こういう恥じらいのなさを「おばさん」と評するなら,おばさん連呼されるのは至極当然の話ではあるのか.
おばさん呼ばわりは「マルムさんの言うとおりです,おばさん」と鈴木さんに伝染(笑).好みのタイプに罵倒され逆切れしたウサラパ様は管制塔の中でティラノを召還! …でも頑張った鈴木さん.リアスさんのためにもここを離れることはできないと,管制塔の機器の前から離れない! 結局はマルムさんがこっそり召喚したパラパラがティラノを強制退去させていますが,あの肉食恐竜の前から一歩も引かなかったのは素晴らしい.
メガラプトルはあっさりリタイア,カードはスピノの足に踏まれて回収できない…まあそれほど困ることではなく,スピノをどければいいだけの話(笑).テイルスマッシュがノラッティ~の命令で発動するけれどリュウタもエレクトリックチャージで対抗,相打ち! …同じ空港内ではパラパラも頑張っていますが,こちらはさすがに単体ではティラノを倒せるほどじゃない.
地上がこんな調子じゃ不安定な小型飛行機の着陸は無理.あれだけぶっ壊れた管制塔が音声だけでも機能しているのは奇跡みたいなもんですが,飛行機の方は尾翼だけでなく燃料が漏れまで起こして刻一刻と落下が近づいている.「…燃料が漏れてるんですか?」とレックスはショックから復活.本調子ではないものの精神的にも安定しているようで一安心.けれど空港の状態や尾翼の故障とか燃料漏れがなんとかなるわけでもないし….
そんなピンチをなんとかしちゃうのが今回のマルムさん! 鈴木さんにはバレないようにこっそりとビックフットアサルト発動.パラパラ単体の攻撃力は大したことないんですが,強力なサポート恐竜を召還できるのは相当の強み.1対1の均衡を一方的にぶち破ることができますからね! 特にセイスモサウルスなんか召還した日には他の恐竜なんか敵味方ひっくるめて紙くず同然.ティラノだって踏みつければ即座にカードに.さらにスピノも尻尾の一薙ぎでカードに!
最後にはロケットをセイスモの尾でふっ飛ばし遠くに片付けて,ぶっちゃけマルムさんだけいれば問題ないくらいの大活躍! こんだけ強ければ今後敵がマルムさんやパラパラをを優先して狙っても凄く納得が行きます.アクト団は自分たちのカードの回収が精一杯.メガラプトルの回収を他人任せにしちゃったせいで,結局リュウタが確保してるもんなぁ…でも一番悪いのは個人行動に走ったウサラパ様だ(笑).ティラノでパラパラを戦闘不能にできていれば勝てたのに.
たまには乙女に戻り,恋に走って恋に負ける.ついでにセイスモサウルスにティラノは踏まれロケットも吹っ飛ばされた上,不遇を嘆くような余裕すらない.「そんな話してる場合?」とDキッズ側の恐竜に取り囲まれて,3悪党はロケットに乗って慌てて逃げ帰る.とりあえずこれで問題は壊れた小型飛行機と滑走路のみ…ってあんまり解決できてねえなぁ(苦笑).けれどこんなときもマルムさんにおまかせ!
燃料は限界.緊急着陸するリアス機だけれど,このままでは滑走路の穴に落ちる.ここでマルムさんはメタルウイングのカードで3匹のプテラを召還.飛行機を補助させて無事に着陸成功! …やっぱしマルムさん一人いれば全て解決可能だった(笑).少年2人,特にリュウタが先走るのでなかなか表には出ないけど,召還に必要な時間さえ稼げれば,ひとりで3頭分以上の戦力を操れるのは強すぎるなぁ!

一時はもう2度と立てないかと思った地上に戻ってこれた2人と1匹.特にレックスは後部座席で震えてただけで,本当に何もできなかったなぁ….ただし彼の中で起きたことは下手すれば空港崩壊よりも大事なのかも.まだ気分の悪そうなレックスは,今の父の息子となる前の記憶のショックが未だ癒えない….けれど記憶の内容以上に気になるのが「いや,なんでもない」とリュウタに答えているところ….
マルムさんは,管制塔の一件で鈴木さんをすっかり見直しました! 動物が苦手なのにティラノの間近でよく頑張った.ここまで想ってくれているなら姉とのおつきあいを応援するとまで心を変えたわけですが…当然これは完全な深読みのしすぎ.おつきあい以前に鈴木さんは妻帯者であり,リアスさんは飛行機が好きなだけ(笑).姉のためにと気を回しすぎたのは大失敗で,リアスさん不潔説を流したことも完全に裏目だ….
リアスさんがつきあっているかどうかに関係なく,絶対怒られるような噂を流したことも含め(笑)今日は大活躍だったマルムさん.メガラプトルを手に入れたのだってマルムさんのセイスモがいなければ無理だったもんなぁ.…ただし全てが完全解決というわけではなく,レックスの出生問題はさらに深刻化.自分の体験を仲間に話さず秘密にしたことが,今後禍根として残らなければいいんですが….次回の次回に続きます.

|

« Shining Tears X Wind#10 | トップページ | 2007年7月開始アニメ雑感・2 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/16064389

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#22:

« Shining Tears X Wind#10 | トップページ | 2007年7月開始アニメ雑感・2 »