« モノノ怪#3 | トップページ | 古代王者恐竜キング#25 »

Shining Tears X Wind#13

さよならなんてありえねえ!

妖魔王エルファーレンとの最後の戦いは,三本揃った究極心剣を重ねた一撃によって決した.闇と混沌は払われて,光と秩序が世界に戻ってくる.エルファーレンに奪われた肉体を失い魂だけの存在となったキルレインは,同じく魂だけとなっていたセレスティアと再会.二人は封印の扉の中の魂の森で永遠に神器を見守り続けることを選び,ソウマたちは究極心剣の力で封印の扉に鍵をかけ,長い戦いを終わらせる.
闇は封印できてもこの世界には未だ闇の傷が残ったまま.しかし様々な悲しみや苦しみを超えて世界を救ったソウマたちは,必ず復興できると信じている.これまでの経験は彼らの糧となり,仲間との出会いを導き,さらには過去と決別するきっかけともなった.ゼロはついにマオの元から飛び立ち,今マオの傍にはソウマがいる.けれどソウマたちが元の世界に戻るときも刻一刻と近づいていた.

たった1クールとは思えぬほどのダイナミックな展開で,3ヶ月間我々をとことん笑わせてくれた「シャイニングティアーズ」.普通だとこの出来では原作蹂躙とファンが怒り出しそうな気がしますが,話によれば超展開を含め比較的原作通りに話が進んでこの始末という現実が恐ろしい(笑).たった1クールで表現できる原作の最高に面白い部分はここしかないと見極めて,それを作り上げることに専念したアニメの作り手たちに万雷の拍手を.その割り切りぶり,本当に最高でした(苦笑)!
全話見終わった段階での判断ですが,この作品は原作ファンなら見る価値はあります…特に爆笑しながらプレイしていた場合は絶対にお勧め.また男性声優目当てで見るのもアリ.クライマックスは大爆笑です.自分のように「デジモンセイバーズ」を全部見ていた奴も見るべき.マサルよりバカなマサルみたいな奴がここにいるよ! …そしてこの作品は面白い作品を求める全ての人にお勧めしたい超娯楽作に他ならず,ただし異世界の存亡と友情と愛を巡る一大叙事詩を期待するような奴だけは視聴を考え直した方がいいイカれた作品なのです!

前半.最終決戦真っ只中.キルレインを生贄にして妖魔王エルファーレンが闇の力で覚醒.しかしラスボスの登場よりもソウマの聖杯の在り処の方が明らかに衝撃的だったことは言うまでもありません(苦笑).一番大事なところで男から心剣を抜くという面白いことをやりやがったソウマと,男に心剣抜かれてちゃんと悶えたキリヤ.ゲームではキリヤの剣はソウマがクレハさんごと託した雪月花にも見えるらしいけど,アニメにはそんな言い訳を匂わせる描写などなし! ああ,実にこの作品らしい雄雄しさだ(笑)!
結局最後まで手を出さなかったゼロの見守るラストバトル.いくら妖魔王が強くても,心剣士3人と究極心剣が3本揃ってしまったらきっと勝ち目はないでしょう.斬り込み役を務めるのは凄まじい意地っ張りの生徒会長.夢中なこと以外は眼中になくなるキリヤと男から心剣抜いたバカことソウマも援護を惜しまない! 生徒会長は「究極心剣を,心を重ねるんだ!」と唐突に心剣を掲げ,心を1つに!と3人で3本を頭上で交差.すると浮かび上がる関係者の皆さんの顔.「皆の運命」「希望」「思いを込めて!」
この戦いを終わらせるための最後の一撃.3人がかりの斬撃は虹色に輝く! 眩しい光は闇から生まれた蛾を端から焼き潰し溶かしていく…その中に含まれる人々の苦しみや憂いや悲しみまでひっくるめて全て.一発逆転の金の輝きは暗黒の塔から立ち上って世界の闇を払う.闇の力で作られた氷壁は崩れ暗雲も消え,青空と平和な世界がついに戻ってくる! …シュマリの陰謀からはじまったリーベリアの悲惨な負の連鎖はようやく終止符を打つことになります.闇の化身は消え,光に属する者だけがこの世界に残ったのです.
妖魔王に囚われていたキルレインは元の姿を取り戻しました…ただし肉体を失った魂だけなので裸.セレスティアが救いたかった彼女の兄の前に進み出るのはゼクティさん,セレスティアの存在と意思を継ぐものと自負するゼクティさんとしては,結局キルレインを止められなかったのはとても悔しいことだけど…「いいや,これでよかったんだ」とキルレインは言う.今リーベリアの闇は全てここに集められているから,このまま封印の扉を閉じればいいのだ…一度は闇にまみれたキルレインごと.
魂だけになってもなお闇を封じる礎となるつもりのキルレイン.シュマリの陰謀によって追い込まれた被害者ではあるけれど,彼が闇に飲まれたためにどれほどの命が失われたことか.それがとても購える罪ではないからこそ,魂の森で神器を見守り,その身で全ての罪を背負うことを決意したのです.それはさびしいことだけど,彼は一人ではない.ゼクティの上に浮かぶのは彼女と同じ遺伝子を持つセレスティア! ようやく寄り添った不遇なエルフの兄妹は,閉じた世界でこの先の長い時を過ごすことを決めました.
既に肉体のない彼らだけれど,魂の森で永劫の時を過ごすことは再びこの世界で死ぬことに等しい.ゆえにキルレインは残していくゼクティに忘れるんだと言うけれど,優しくて強い彼女がこれまで見守ってくれた二人のことを忘れられるわけがないのだ…キルレインが妹を忘れなかったように.キリヤがゼクティを忘れなかったように.「私を見守ってくれていたあなたたちは,心のなかにいつまでもいる! だから,いつでも逢える!」…そう言い残して脱出するゼクティたちに,セレスティアは「ありがとう」と感謝の言葉を捧げます.
神器はキルレインとセレスティアの監視下に.後はそこへと繋がる道を封じれば後始末の全てが終わり.心剣士3人は扉の中に誰も踏み込むことができぬように心剣で鍵をかけます.…3人の心剣士が剣を差し込まねば発動しないような装置を一体誰が作ったんだろう.案外作りはしたけど心剣の数が足りなくて,3本で正式に発動するのは今回がはじめてなのかもしれないなぁ….剣を差し込んだら閉じていく扉.心剣は青い1つに凝縮し,扉中央に刺さって封印完了.ようやく後始末も終了! エピローグへ.
戦いだけは終わったけれどリーベリアの復興はまだまだ先.国や種族を超えた平和はきっとその先.しかも平和は維持するもの,皆で長く続けていかねばならないし,そうしなければ地の底に残ったキルレインやセレスティアに会わせる顔がない.けれどそんな不確定な未来にも「大丈夫だよ」と言うキリヤ.俺たちも皆も何かを学んだはずだから,もうこんなことは起こらないと.…でももしこの世界に住む人々が一回で完全に懲りるのなら,今回神器は復活しなかったはずで,それは誰もが忘却するという明らかな証拠じゃないかと思うんだ…(苦笑).
これまであった色々なこと.…特に主役のソウマには,いろいろなこと,ありすぎた(笑).1話の段階ではまさかクレハさんがこれほどどうでもよくなるとは思わなかったし,生徒会長があんなに強がりをこじらせてるとも思わなかった.クレハさんと別れた後のソウマのモテぶりも凄かったですが,それがまさかゼロやキリヤを落とすほどの魅力とは思わなかった(苦笑).…バカはひたすら夢中で走ってきただけだろうけれど,後ろにはヴァイスリッターがちゃんとついてきてくれた.異世界のバカを心から受け入れてくれた,気のいい最高の仲間たち!
しかしそんな仲間たちとももうすぐお別れ.ドワーフ族情報でもフィリアス王家情報でもホウメイ情報でも,究極心剣の力があれば人間界に戻れるらしいことが明らかに.ようやく帰還の道が見つかったと,すっかりお役目の終わったクレハさんたちは大喜び! …前回人間界に帰ったときのことについて「どうじゃったかのう」ととぼけるホウメイさんが不思議.長命な彼女と前に来た奴の間には一体何があったのやら.そのときには若きホウメイさんはヒロインの一人だったのかな.
穏やかさの戻った空高くから見下ろしているゼロ.ゼクティがセレスティアの思いを受け継いだように,既に人間でないゼロ…シオンの意思はソウマが引継ぎ,こうしてやりとげてくれました.世界が均衡を取り戻した今なら,ゼロも己の内なる均衡を崩すことなくマオと逢えるかもしれないけれど,「いや」と小さく笑って飛び去る.シオンがマオの心に残した闇も含めて,ソウマは全ての禍根を刈り取ったから,もうマオさんに逢う理由などないのだ….そのかわりに白い心の羽を皆の上で散らして去るゼロ.祝いの紙吹雪のような羽は,流れてマオさんの足元へ.
地上ではすっかりいつもの調子で軽口を叩くソウマと仲間たち.聖杯がキリヤと気づかなかったソウマに「ずっと一緒にいて気づかなかったの?」と呆れるマオさん.「ああ」とあっさり答えるソウマのあけっぴろげで豪快なところが,変な拘りを持ちすぎている奴が多いこの世界では逆に凄い魅力に見えてるんだろうなぁ….ここで足元の羽根に気づくマオと,そんな彼女を見守るブランネージュたち.でもソウマはバカなのでトライハルトも一緒!とまったく気づいてない(苦笑).「すぐには気づかないところが,究極なんだろうけどなぁ!」なんてホントに能天気.
本当に大切なものにはすぐには気づかないもの.それは本当に必要になったとき,そして失ったときにはじめてわかるもの.足元の羽根から既に失った絆を思い出し俯いているマオに「聞いてんのか?」と無神経なソウマ.マオは…既に切れた絆ではなく,今目の前にある絆を選びます.顔を上げて「聞いてるって」と答える可愛い笑顔の少女の足元から羽根は再び風に乗り,流れていく.…シオンが心剣士ならきっとマオから究極心剣を抜けたんだろうな.けれどそれはもう人の手には届かぬ過去のこと….

後半.一応闇は地下に封印したものの,それで全てが回復するわけでないのがこの世界の厳しさ.失われた命は戻らないのでエルフの森も壊滅したまま….ゼクティはこの森を回復させることを今後の目標とし,保護者としてジンクロウがつくことに.…キルレインの親友の唯一の生き残りには相応しい役割でしょう.
そして更なる驚き.生徒会長とヒルダもこの地に残ってリーベリアの復興を手伝うことに! …心を入れ替え闇を封印したとはいえ,誰もがソウマみたいに切り替えが早いわけじゃない.君らを殺したいほど恨んでいる奴もこの世界には多いはずですが,そんな連中に襲われたり袋叩きにされる危険を受け入れる覚悟はできているのか? 「美しい自然を,取り戻してみせます!」と言いきるヒルダさんの凄い技術は役立ちそうなので,生徒会長は彼女を守るために残るのかも….
ピアノアレンジの主題歌が流れる中で来る別れ.枯れた木に寄り添うゼクティは「頑張ってこの森を生き返らせてみせる」と素敵な笑顔でキリヤに宣言.究極心剣を抜いた聖杯が決めたことなんだからキリヤも最後までつきあってやればいいんだけれど,当のゼクティさんは引き留めもせず,逆に森が命を取り戻したら風の頼りで連絡するとキリヤを元の世界に返す気満々です.
別々に先に進むことを決めたゼクティさんとキリヤ.この2人を繋ぐ絆はセレスティアがお膳立てしたもの.セレスティアがいなくなったことで道が別れることは当然の帰結なのかも…単にゼクティとキリヤの絆よりもソウマとキリヤの絆の方が強いのかもしれないけれど(笑)2人の間には絆を結ぶ風が吹き,「風はエルデにも吹いているんでしょう」…自立の覚悟ができているゼクティには,「頑張って!」なんて励ましなんか本当は必要ないんだろうなぁ.
帰り道はやっぱりあの光風館.池に究極心剣を刺せばエルデに続く門が開く! …マオさんの鏡のこととかもう誰も覚えてないな(苦笑).生徒会長たちが帰らず,ゼクティもついてこないとなれば究極心剣はキリヤが出すしかない.でも「頼んだぞ,俺の聖杯!」と帰還に備えて制服姿に着替えたソウマに言われ,変に困惑しているあたり…やっぱしゼクティはソウマに負けたのか(笑)?
そういやフィリアスの紋章に似てる,と自分の学校の校章が気になるソウマ.もしかしてこれもリーベリア繋がり? 人間界に戻った奴って学校の関係者? 「ぐ,偶然じゃろう!」とホウメイは思いっきり狼狽しながらごまかして怪しい(笑).でもソウマはバカなので「だよなぁ!」とあっさり納得し,きっと内心ソウマに惹かれてならないキリヤもこれに同調.
シーナさんとクレハさんも既に制服に着替えを完了.あの露出度高めのコスチュームとはようやくお別れ.でもヒロインの座からはそれよりずっと前にお別れしたっきりってのが切ない…(苦笑).世話になったフィリアス王族とドワーフたちが見送りに来てくれるのはうれしいけど,国をあげて見送られるのは勘弁.…クレハさんの「恥ずかしい」を聞くのも久々だ.
あの頼りなかった弟君も戴冠式間近.壊滅状態だったフィリアスも着実に復興しつつあるようですが,まだまだ先は長いんだから無理しちゃダメなのになんだろうあの大量の「おみやげ」と言う名の財宝の山は(笑).人間界にミスリル武器なんか持ち込んだら銃刀法違反とかで捕まるな(苦笑).「どんなに感謝しても,感謝しきれないほどですから!」と気前の良すぎる姫様にシーナさんは1つだけでいいと遠慮.…君らの国ぼろぼろなんだから,無駄遣いしている場合じゃないぞ….
ヴァイスリッターの皆様からしげしげと制服姿を眺められているソウマとキリヤ.珍しく,どこかの貴公子みたいとソウマを率直に褒めるエルウィンに続き,賢そうに見えるってのをやたらと強調した上に別に今までがそうじゃないって意味じゃないと余計なことを被せるリュウナさんたち.…まあ,確かに賢くはないんだけども(笑)間抜け揃いのリーベリアの連中に言われたらそりゃむっとするよな(苦笑).
しかしマオだけはちょっと違う.彼女にとっては制服姿のこっちこそソウマ.…人間界で最初に出会ったときにこの服だったから.あの日ゼロを探しに来たマオは,ゼロに見込まれたソウマに出会った.なぜか耳を見たことで双方赤くなり(笑),それから色々…本当に色々あったのだ.再登場は思い切り遅れたものの,ゼロの因縁をソウマが断ち切ることで絆を深めたふたり.時間不足で究極心剣の域までは達することができなかったけれど,彼女が現在ソウマに一番近い女性であることは間違いないはずです.
鈍いソウマとすっかり自覚しちゃってるマオの間を,タイミングよく邪魔しにきたのがロウエン王と五獣将.特に亀のじいさんは祝い酒で大変なことになっており,ヒョウウンがひょうたんでぼこぼこ叩かれて気の毒.…酒を飲めば狂乱し周囲の皆さんを命の危機に巻き込むじいさんなんだから,笑ってる場合じゃないと思う(苦笑).今日は苦労した恩人たちがやっと元の世界へと戻るめでたい日…けれどマオだけが少し暗くて.
自分たちの世界へと戻る制服姿の4人.生徒会長とヒルダが居残る以外も,彼らより前に神隠しに遭った連中は死んでしまったり行方不明のままだったりと相当悲惨な状況なので,本来はあんまり晴れがましくはない(苦笑).心剣士ソウマが聖杯キリヤから究極心剣を抜き放って水に刺せば,水面に波紋が伝わり赤く染まって,建物ごとの転移がはじまる…異世界から来た恩人たちとの永い別れのはじまりです.
見送られて旅立つソウマたちは,一生忘れない思い出をくれたエンディアスにさよならを.「忘れるもんか」「ていうか,忘れろってのが無理だ!」…ゼクティにとってのセレスティアたちの記憶と同じで,失われても心の中に一緒にいるから,きっといつでも逢えるのだ…リュウナも,ラザラスも,号泣してるエルウィンも,それを支えるブランネージュも…けれど「元気で,ソウマ」と背を向けて離れたマオが見当たらない.
ソウマはこんなところで身をもって気づく.マオはもう我慢しきれず,いつも強くて明るかったはずなのに声を上げて泣いている…! 別れても心の中にいればどこまでも一緒かもしれない.けれど今泣いているこのマオは,ここで別れたらもう慰められない! …本当にバカでいい奴のソウマは,仲間が苦しんでいるのを放っておけない! 「マオーーーッ!」 …今,誰よりも通じ合う聖杯を置き去りにしてリーベリアへと突っ走るソウマ! 「どこに行くんだ!」「忘れてた! 俺たちヴァイスリッターには,世界を危機を救うって大切な仕事があったのを!」
今誰よりも通じ合う心剣士に置き去りにされて驚き,引きとめようとするキリヤを止めるクレハさん.ソウマは自分のことなんか後回しにして周囲のために命を懸けるバカ.その上一度決めたことを曲げるような奴でもないことは,ソウマと一緒に時を過ごした誰もが身をもって知っている….「頑張ってね,ソウマ! 私たちも,元の世界で頑張るから!」とシーナ,「ああ,頼む!」と既にマオを抱き寄せているソウマ.最後の最後で心剣士は聖杯と自分の世界を捨て,未知の世界と獣人の少女を選んだのです!

…光風館が元の世界へと旅立った後のリーベリア.セイランでは,ヒョウウンとホウメイはすっかりコンビ化? あんまし役に立たなかったその他五獣将も元気.ロウエン王も船で世界を渡っております.元ベイルガルドでは未だ復興ならぬエルフの森をなんとかするべく…なぜかジャージとブルマで頑張っている生徒会長とヒルダさん(笑).なぜにそんな服でさわやかに頑張っているかはわかりませんが,きっとあれはただのジャージではなく,ヒルダさん作成のパワードスーツに違いない! …フィリアスでのカリスの戴冠とか,もうどうでもいいな(苦笑).
光風館が戻った人間界でもごく普通の日々が流れています.結局こっちに戻ってこられたのは3人のみ.先に行方不明になった後輩とかは死にっぱなしだからきっと失踪扱い(苦笑).…それでも平穏な日々に戻ったキリヤは,風の中からふいにゼクティの声を聞く.「森に最初の芽が出たって.気のせいかな」…それは彼の聖杯からのメッセージ.一緒に生徒会長の笑い声も…「でも,西園寺が笑うかな」「彼も変わったのよ」
結局生徒会の仲間のうち,わからないのはソウマの行方のみ.けれど「ソウマなら大丈夫だよ」と聖杯であったキリヤや仲間たちは信じる.きっと今だってあの頃と変わらず,ヴァイスリッターの仲間とともに世界を守るために頑張っているに違いない.…運命に負わされた重い荷を受け入れて,責任を思い出にして逃げることなく平穏を捨てて戦い続ける道を選んだ彼こそ,この珍妙で厳しい世界に完全に受け入れられた真の主役,突拍子もない英雄物語のヒーローに相応しいのです.

|

« モノノ怪#3 | トップページ | 古代王者恐竜キング#25 »

レビュー◆Shining Tears X Wind」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Shining Tears X Wind#13:

« モノノ怪#3 | トップページ | 古代王者恐竜キング#25 »