« モノノ怪#7 | トップページ | モノノ怪#8 »

古代王者恐竜キング#29

疾風舞うよなカメラワーク!

アフリカ・ケニアの動物保護区で密猟していたウンガロ一味は巨大なサイの化け物に襲われた.この化け物は恐竜カードから実体化した角竜・トロサウルス.恐竜の出現を知ったアクト団は早速ウサラパたちをロケットに乗せて現地に撃ち込む.相変わらず運が悪くて早速ライオンに襲われるアクト団がスピノでそれを退けたのを見たウンガロ一味は,サイの化け物を捕まえるためにウサラパたちを密猟団にスカウトする.
恐竜の出現に遅れて気がつき,Dラボからアフリカへと転送されるリュウタたちだが,密猟団と誤解されて野生生物保護のレンジャーたちに取り囲まれた.けれどレンジャーたちを率いる女性レンジャー,メアリーが投げ縄繋がりで古代博士と知り合いであったことが判明し,彼女たちがこの地にいるはずの恐竜探しにつきあってくれることになった.

常に画面の隅々まで気持ちのいい緊張感が保たれている「恐竜キング」.2Dと3Dの融合,しかも会社的に大得意のロボットではなく3Dの恐竜と2Dのキャラを一緒に動かすということで,普通のアニメ以上の手間がかかっているはずです.3Dの場合は一度モデルを作ればそれを再利用できるため,前回のような使い回しはやりやすいはずなんだけど,本作は大抵毎回別の恐竜が出てくるし,動きや表情も状況に合わせて変わるのでたぶん省力化にはあまり繋がってないと思う(苦笑).
で,このひたすら手間のかかる状況で,回を重ねるごとに映像の質が上がっているのが本当に凄まじい! 2Dと3Dで競争しながら作り上げている緊張感がテレビ越しに伝わってきます.特に今回のクライマックスは,自由自在なカメラワークとリアルで激しい恐竜の動きでとんでもなくリッチな画面に仕上がっており,結果的には明らかに2Dが負けちゃってる(苦笑).演出池野昭二,絵コンテ久保山英一.音楽と絶妙に調和したバトルは必見です!

前半.本日の舞台はアフリカのサバンナ.希少な野生動物の宝庫で勝手にシロサイを捕まえるような奴はもちろん悪党なので,最終的には酷い目に遭わされます(笑).今日はシロサイを捕まえた彼らは例の卵型カプセルも手に入れていますが,仲間を奪われたシロサイがテントに突進してきたため悲惨なことに.サイにカプセルが踏み割られ,テント内の壊れた明かりの電気に反応しカードが実体化.サイの化け物になりました!
サッカーに興じてるリュウタたちより先に恐竜出現に気づいたアクト団,あのがきんちょどもに先を越されないようにとドクターが作ったのはロケットというかミサイルだな.そしてこの間まで激しく金欠だったのに,偉く無駄に金をかけている気もする…(笑).もちろんそのまま目的地点に落下したら大惨事となること間違いなしですが,一応目的地点の上でパラシュートが開くらしい…けどどうせドクターの作るものだし(苦笑)!
これまでの実績を考えればまず間違いなく落ちるミサイルに乗りたい奴がいるわけない.ウサラパは遠慮して乗らない気満々なんだけど,トロイドに手下とともに押し込められた上で発射.いってらっしゃーい! …ドクターの作ったものがとりあえず飛んだだけでも凄いというのがロトたちの感想ではありますが,あのミサイルでどうやってウサラパは帰ってくるのか.「お気の毒」と笑ってロアが大変に可愛いなぁ.
発射されたミサイルは猛スピードで現地へと飛び!そのまま地面に突き刺さってからパラシュートが開く! …毎度ながら乗り物はことごとく流れるように壊れるなぁ(苦笑).その上ようやく這い出したウサラパたちの目の前には大量の肉食獣! ミサイルで地面に叩きつけられた直後に,ウェルカムライオンの襲来から必死で逃げることになるウサラパたちの体の丈夫さは異常.未来では人間の体は今よりずっと頑丈になってたりするんだろうか….
相当のバカどもではありますが,一応自分たちが恐竜を持っていることはなんとか忘れてなかったアクト団はスピノを召還しライオンを追い払う.こんだけ毎度ひどい目に遭ってるんだから,いい加減アクト団から足を洗うべきだと思うけど,どうも先祖の代から不毛なことをやってきてる連中なわけだしな…(笑).そんなアクト団を遠くから観察したのが昨夜の密猟団.ウサラパたちが使うスピノがあれば昨日のサイの化け物だって捕まえられると,アクト団への接近を開始します.
アクト団がつれてこられたのは「国際野生生物秘密狩猟販売促進団体」…要するに密猟団ののアジト.リーダーのウンガロはもちろんうさんくさいんだけど,悪い奴らっすよ!と警告し合うアクト団は自分たちを何だと思っているのか(苦笑).恐竜を無理やり捕まえるアクト団と動物を無理やり捕まえる密猟団は似たようなもの.けれど確かにアクト団は,そこらの密猟団とは訳が違う! 「さいざんす!」「やはりサイざんすか!」…ノラッティ~の口癖で変な方向に話がずれました(笑).
巨大なサイを追いかけるウンガロたちは,ウサラパたちの持つ珍獣の力を借りたい.巨大なサイこと恐竜の欲しいウサラパたちは,ウンガロたちの持つこのあたりの状況についての知識が欲しい.お互い不足を補い合える関係なのですぐさま組みたいところだけれど,ウンガロたちはスピノにも並々ならぬ興味がありそうで,組んでる間に取られちゃったらどうしよう…「そんなドジは踏まないよぉ」とウサラパは言うけれど,そういうありえないドジを踏むからこその毎度の敗北ではないのか(苦笑)?
さてその頃,主役のリュウタたちは学校でサッカーに興じておりました.マルムさんまで借り出されてキーパーなんぞやらされておりますが,レックスがシュートなんかさせないとエースのように素早くカット.そしてリュウタのヘディングは,勢いつき過ぎでボールだけでなくネットに体ごと引っかかるほどでガブそっくり.飼い主が飼い恐竜に似ているのか,あるいは逆か,それとも両方か…遊んでる間にディノホルダーが反応してるんですが,当然リュウタたちは気づいていません.
恐竜出現を教えてくれたのはわざわざ学校まで呼びにきてくれた古代博士.出現先はアフリカのケニア.子どもたちは早速Dラボの装置から転送されて,アフリカの大地へと送られます.博士の知り合いがそのあたりにいるらしいんですが,カバじゃないですか?というリアスさんの一言が果てしなく適当過ぎる(笑).結果的にはその知り合いのおかげでリュウタたちは逮捕されずに済んだわけだから,もうちょっとちゃんと聞いてやればいいのに….
サバンナの全土が草原ってわけではなく,森の部分に降り立ったリュウタたち.さあ恐竜を探そう…としたところで野生生物保護団体に取り囲まれた! 動物保護レンジャーたちをかっこいいお姉さんが率いて登場し,こんなところで何をしてると詰問されても,恐竜のことは一応秘密だし,信じてもらえない気もするので凄く話しにくい.さらに動物の専門家相手では,ガブたちを犬呼ばわりするのは無理!…むしろ普段ごまかせている現状が激しく間違っているからなぁ(苦笑).
ごまかそうとしてごまかしきれない.その不審な態度からリュウタたちは密猟団ウンガロの一味と誤解されそうになりますが,窮状を救ったのがディノホルダーに入った博士の通信.偶然リーダーのメアリーさんが博士の知り合いであったことから活路が開けます…でも学会とかではなくて,世界投げ縄大会で優勝を競った関係というのが古代博士らしい(苦笑).仕事柄か,投げ縄世界一の腕前なんですねメアリーさん.
いつものゲストキャラたちとは違いまともな動物知識のあるメアリーさん.博士がディノホルダー越しに状況を説明してくれたおかげで,リュウタたちの仲間になってくれました.ガブたちについて「この動物たちは,犬です!」と見え見えの大嘘を言い切るところが妙にかっこよかったりうれしくなったりするのは,冷静に考えなくてもおかしい(苦笑).何はともあれメアリーさんたちが密猟団退治の名目で管轄外の恐竜探しに協力してくれることになって一安心.…知り合いは幅広く作っておくもんだなぁ(笑).
同じ頃,打算で組んだアクト団とウンガロ一味は恐竜を使って動物狩りを開始.もちろんウサラパたちは恐竜について本当のことは言わないけれど,ウンガロも動物を日々扱う者なのでそれなりの知識があり,珍獣呼ばわりしているスピノたちは恐竜ではないかと疑いはじめてます.ウサラパは巨大なワニととぼけるけれど,スピノが上から落としてくる本物のワニとはサイズも形もかなり違っておっぺけぺー(笑).

後半.メアリーさんの車で早速サバンナ捜索に向かうリュウタたち.壮大で美しい大地には希少な野生生物もまだのびのびと暮らしております.この地の平和は地球の宝.それを自分たちの利益のために傷つけるような密猟団は許せるもんじゃない.野生生物たちも自衛のために人間嫌いになってしまい…そんな状況を悲しむメアリーさんの車の背後からサイが突進! これは昨日ウンガロに仲間を奪われたシロサイですかね.その衝撃でリュウタのディノホルダーが落ち,踏まれて壊れてしまいます.
悪いことは重なるもの.今度は前からスピノまで来た! 恐らくサイを追ってやってきたウンガロ一味とアクト団の合同チームは当然恐竜で迎撃したいところですが,さっきディノホルダーが壊されてしまってガブはでかくなれない…となればレックスとエースの出番.メアリーさんの前でちび恐竜はカードに戻されでかくなる,本物の恐竜,カルノタウルスの現実離れしたサイズと光景に,説明を受けていたメアリーさんもびっくり!
象とかキリンレベルででかいエース.けれどスピノに比べるとどうしても小さく,まともに当たっては体格差で勝てない.その上スピノの狙いはでかくなれずに困っている小さいガブに変更! 別に余裕ぶっこいてでかくならないわけじゃないのに(苦笑).…アクト団曰く,恐竜をでかくすることは「成体化」なんですね.カード恐竜なので普通に成長するかどうかはわからないけれど,小さいガブもこのまま成長するとでかいガブになっていくってことか.
小さなガブとそれを抱えるリュウタに迫るスピノ! けれどガブは小さくても頼りになります.リュウタを守るように前に出て鳴けば,唐突に現れたサイの化け物がスピノに頭突き!…サイの化け物ことトロサウルスはガブに良く似た角竜.恐らくガブとは親戚みたいなものなので,その鳴き声を聞いて助けにきてくれたのだ! そして倒れたスピノを早速エースが踏みつけにしている後ろで,ガブとトロサウルスは勝手に現場を離脱していきます.
残されたスピノはなんとか体勢を建て直しショックウェーブを放つんだけど,エースは素早く避けて当たらない.技カードを消費して状況が不利になった上,トロサウルスたちが現場から消えたことにも気づいたアクト団側は戦いを中断.エースやDキッズを置き去りにして後を追う! …ガブが化け物サイの子どもではないかと感づいた上,化け物サイが恐竜であることも看破したウンガロは手にも入れてないのに大喜び!「億万長者どころじゃねえぞ!」
ガブたちとアクト団たちに置き去りにされたリュウタたち.メアリーさんは恐竜のでかさに改めて驚きます.古代博士の説明はあまりに現実離れしたものだったはずなので,それが掛け値なしの現実と知れば冷静じゃいられなくなるよなぁ.ここでガブも一緒にいなくなっていることに気づいたリュウタたちは,トロサウルスと一緒に逃げたのだろうと推測.…毎度ながら,ガブは仲間が見つかると勝手に行動しがちだよなぁ(笑).
トロサウルスと水辺に来ていた小さいガブ.この2頭をしっかりと追いかけてきたアクト団はティラノを放つ! ウンガロは億万長者どころか世界征服も…と哄笑してるけど,たぶんアクト団と組んでいては一生無理だ(苦笑).ガブを横にどけるような動きをするトロサウルスはティラノを一頭きりで引き受けるつもり! …ここでホルダーが壊れたままのリュウタたちもようやく到着.到着早々リュウタが助手席から転がり落ちているのが地味に愉快.
トロサウルスをフォローするべくマルムさんがパラパラを出すけれど,対抗するアクト団もスピノを出して2対2.パラパラ自身よりもサポートに出てくる恐竜が怖いので,スピノで牽制し呼ぶ隙を与えないようにするのは実に正しい.…いつも以上に激しい時空の歪み.スピノ以外の3頭は白亜紀後期・末期に北米大陸にいた恐竜なので,集まった頭数が影響してるんだろうなぁ….そしてはじまる4頭入り混じっての肉弾戦.このあたりから3DCGの気合が尋常でないレベルへと上り詰めていきます!
これまでのバトルの中でもなかなか激しい肉弾戦が背景と一緒になって展開開始.パラパラはスピノを後ろ足で蹴り飛ばし,しかしそれをフォローするように向かってくるティラノ! トロサウルスが横から体で止めるんだけど,逆にティラノに首を噛まれて振り回され吹っ飛ばされる! そこには運悪く小さなガブ.トロサウルス落下の衝撃に吹き飛ばされたガブを狙うのは恐竜が欲しいウンガロ! 危機一髪のガブを間一髪でメアリーの投げ縄が救う!
必死でディノホルダーを開けようとしながらもまだ開けられないリュウタのところに小さなガブが戻ってきた.頼りになるガブは早速ディノホルダーを角で壊して中の石版を出してくれたので,これでようやく参戦できる! …最近新調されて使い勝手が上がったばかりだってのに,もう壊されてるディノホルダーとリアスさんが哀れだ…(苦笑).レアな石版召還によってようやくでかくなったガブは,トロサウルスを救うべく横からティラノに頭突きをかます!
ここから先が3Dバトルの真骨頂.メアリーはウンガロを投げ縄で捕獲,マルムは素晴らしい技バンク(笑)によってメタルウイング発動.プテラを召還してスピノをカードに戻す! ティラノはダメージの貯まってるトロサウルスを狙うけれど,逆にトロサウルスに全身を跳ね上げられて宙を舞う! …このあたり,視点は風のようにぐんぐん変わりながらも,見せ所はきっちり描かれていて状況がわかりやすく,さらに音楽とも一体化しているところが本当に素晴らしい!
ラストは二頭がかりで放たれる必殺技・ギガライディーン! とっておきの威力を持ちながらも,案外効果的に使われてない(笑)ことでもおなじみの大技.けれどトロサウルスと2頭一緒の発射ならティラノに耐えられるわけもない.電撃で宙高く跳ね上げられたティラノは終了.トロサウルスもここで力尽き2枚のカードに戻ります.

見ごたえありまくりのバトルの末に,お約束として完敗しちゃうアクト団.…もちろんこれが当然だと慢心するのは危険.なんかそろそろヤバそうな気がするんだよなぁ(苦笑)….トロとガブの連携を食らって攻撃手段を失ったんだからすぐカードつかんで逃げればいいのに,ぐだぐだ現場で怒ったりしていちゃDキッズの思う壷.子どもだからこそ,結構容赦がないんだぞあいつらは(笑).
パラパラが音波で野生生物を呼び寄せ,縛られてるウンガロとアクト団に向けてけしかける(笑).パラパラに追わせるのではなく,仲間を殺されたり奪われたりして復讐したい気持ちで一杯の動物たちに追いかけ回させるあたりがなかなか厳しい(苦笑).ウンガロは改心する程度に踏み潰されたくらいなのでついている,本当は殺されたっておかしくないもんな.作品の都合上改心できないアクト団なんか,崖から川に落ちて滝行きだもの!
リュウタたち…というかガブとトロサウルスの大活躍によって救出される野生生物たち.それぞれ仲間がちゃんと迎えにきてますね.助けを求めている恐竜たちを救おうとするリュウタたちと野生動物を守ろうとするメアリーさん.守るものは違うけれど心意気は同じ! 「ありがとう.あなたたちもね!」 …動物と人間と恐竜と,皆で力を合わせれば,怖いものなんかないのかもしれないなぁ.
頑張ったガブたちが見るのは仲間と一緒にいる動物たち.この世界に同種の仲間がほとんどいないガブたちはやはり孤独.同種の仲間に囲まれて「僕は,レックス・オーエンです」とやればこの世界で生きていくこともできるレックスに比べると,現状のままでは孤独に生きて子孫も残せないガブたちは,なんとか元の世界の仲間のところに戻してやりたいんだけどなぁ….次回に続きます.

|

« モノノ怪#7 | トップページ | モノノ怪#8 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/16483340

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#29:

« モノノ怪#7 | トップページ | モノノ怪#8 »