« モノノ怪#8 | トップページ | 古代王者恐竜キング#30 »

2007年9月終了アニメ雑感・1

大型改変期目前.番組終了シーズンに突入した昨今,皆様いかがお過ごしですか? 自分は3連休を「.hack//G.U.」のクリアと溜め込んでた録画の消化に使い果たしてしまいましたよ(苦笑).…今片付けておかないと,もう次が来るからなぁ.
MOON PHASEさんのアニメ予定表によれば次期はこれまでより本数少なめらしいのが総チェック派にはありがたい.御大脚本の「Kawaii! ジェニー」,「アカギ」の夢再びの「逆境無頼カイジ」,監督石山タカ明に期待したい「メイプルストーリー」,原作ファンな上に川崎・池田コンビな「レンタルマギカ」,全11話で間に合うの?な「もやしもん」あたりに期待していますがさてどうなることやら….

写真は「鉄子」完結記念.北見のふるさと銀河線駅.もう廃止になったけど….


銀河線でなくても,北海道の小さい駅って確かにあんな感じだ(笑).

---
今回短評を出した作品は以下の通り.

---
[終了短評] ※私見:一般:電波で各5点ずつ

4:3-:2 ななついろ☆ドロップス
要領悪くて不器用で、伝えるべきことを上手に語ることすらできなくて…けれどその笑顔はどうしようもなく愛しい.「Φなる」で既に確立していた山本監督の強味がきっちり引き出された佳作。とても原作がエロゲとは思えない、素朴で優しいキャラたちの織り成す純愛ドラマが素晴らしい! 異世界設定もそれほど複雑ではないため、要領のいい脚本ならちゃんと本編に織り込めたはずなんだけど…でもそんな不器用ぶりが可愛いんだから許してしまおう(笑)。
口下手な主役・石蕗と恥ずかしがり屋のヒロイン・すももの恋には、本人たちの特徴とこの作品世界が課す試練以外の障害はほぼなしという安心設計。色気もごく可愛いレベルだし、何よりも登場人物たちが何事にも真剣に取り組む様はまともで爽やかで…どっかの放映中止高校の連中はこいつらの爪の垢を煎じて今すぐ飲みやがれ(笑)。
絵柄は現在主流のキャラに比べると丸っこく、作画も抜群というわけではない。けれど最後まで真摯なドラマを短い話数の中できっちりと描ききろうとし演じ切ったことだけでも称賛に値します.前述の通り冒頭は今ひとつ要領を得ないものの,クライマックスに向けてきちんと盛り上がり気持ちよく終了してくれる佳作.面白かったです!

4:2+:4+ School Days(~#11)
扱っている内容の凶悪さを別の話とすれば,品質は今期中でも上位クラス.丁寧にしっとりと描かれた女の子たちの質感は極上で,そりゃこんな女の子たちなら,特にヒロインの二人は誰だって喜んでお相手していただきたいほどの魅力に溢れ…制服という清楚に包まれた魅惑の花は,それを守り愛することを誓いそれを着実に実行する男にこそ相応しいんだから伊藤誠は即刻死ね(苦笑)! …いやぁ,あれほど共感できない主役は前代未聞だ!
一見凡庸な男の子にしか見えない伊藤誠.1話冒頭ではただのエロゲ主人公であった彼は人の形をした鬼畜へと覚醒していきます.寄せられる思いにはめんどくさいと答えず,快楽を維持するため自身の保身にのみ邁進するこいつにもし感情移入できるなら,あなたは自分自身についてもう一度冷静に見直した方がいいと真剣に思うほど最悪!
人の姿をした化物の意図に毒され変質する世界は,クライマックスに向けてまったく救いの見えぬ状態に.視聴者が主役を呪詛する心は溜まりに溜まって,最終回の場で浄化されるのを待つばかり…だったのになんであんなネガティブな奇跡が起きるのか(笑)! 浄化直前に放映休止,全国ニュース沙汰になるミラクルは今後も稀な珍事に違いないため,内容はともかく今後のアニメ史に確実に残る一作.仮最終回「Nice boat.」の超展開ぶりも保存必須です(苦笑).

3:3-:1 地球へ…
「妖奇士」の打ち切りで急遽登板となった古典SFマンガのアニメ化.相当激しく今風のアレンジはなされていますが,物語の骨子であるテーマの部分は原作のまま.今よりもずっと見た目でわかりやすい公害問題が身近にあった頃の作品が歌うものは,あの頃よりもずっと見えにくい環境問題に確実に悩む現在にも通じる普遍的なもの.この作品を今アニメ化しようとしたことは絶対に間違っていないはず.原作は決して悪くない!
ただし原作の良さを生かすも殺すもアレンジ次第で,肝心のアレンジぶりは…まず映像の質は抜群.テーマの語りぶりは作風なので横に置くことにしても(苦笑)話数は今時2クール確定で余裕があったはずなのに,最後の方がどうしても詰め込みすぎに見えてしまう.ジョミーとキースの両方を立てるには時間はどうしても必要だけど,クライマックスに時間を取るためにはキースをもう少し諦めた方がよかったかなぁ….絶対に悪くはないけれど,最後まで枠の良さには勝てなかったようです.

3+:3-:3 結界師(~#38)
これも決して悪くはないんだけれど,枠の格に勝てなかった作品.テレ東夕方なら文句なしに継続できたはずなんだけど,キッズ枠でもアニオタ枠でもない,国民枠でやるにはやっぱしどうしても地味だったんだろうなぁこれは…(苦笑).つくりは凄く誠実で,キャラの描写も焦らず丁寧.作画の平均値がいい作品ではないけれど,ここぞのアクション回ではかなり頑張っていました.個人的にはこの枠の前作よりも好きだったんですが….
ゴールデンタイムに耐えられなかった一番大きな原因は恐らく,アクション部分が夜中心となるために色彩が地味で,どれほど派手にまともに動かしてもどうしても地味に見えてしまったこと…これはモノクロで展開される原作には無関係な問題なので結構深刻.明るい画面で展開するウロ様のあたりとかは凄く見やすくてよかったからなぁ.…いつの間にやら真ヒロインの座に上り詰めた限君のツンデレぶりは凶悪かつ可憐でありました.11月の枠移動後も追いかけていきますよ!

3+:3+:3 さよなら絶望先生
およそ2作に1作は失敗するためバクチ味の強い新房昭之作品ですが…これは概ね成功か? 普通のストーリーギャグではなく,マンガの形をしたネタ帖の内容を紙面でじっくり読んで楽しむ作品だったので,黒板ネタを得意とする監督との親和度は抜群.ついでに原作レベルでは派手な動きはまったく要求されていないので,作画すら好きなところで頑張ればいい,頑張りたくないところは得意な紙芝居で十分という緩さだったのも幸いしたようです…あの祭の紙芝居は,省力化もあるけど主に効果として選んだ手法だと思うなぁ.
内容は相当どうかしてますが,まずオープニングが過激なので本編のヤバさなんかどうでもいいくらい麻痺してしまうね.そのくらいオープニングは今期随一と思えるくらいに過激…これ,本当に怒られていませんか(笑)? 本編は特に演出福田道生回のキレっぷりが素晴らしかったと思う! …つうか,現実がアニメを追って切りつけてくるような昨今,最後まで無事に逃げ切れて本当によかったと思います(苦笑).面白かったので続編を希望!

3+:3-:3 鉄子の旅
エロも萌えもアクションも美麗作画もなく,そのかわりとして山ほど詰め込まれているのは電車と駅と日本の頂点レベルで病の深い「鉄」! どマニアを主役に置いたアニメは最近の定番ではありますが,実録ドキュメントをベースとした作品は大変珍しい.…とてもドキュメントベースとは思えないほどの横見さんが凄まじいですが,この手の作品の常として,こんだけ現実離れしていると恐らく現実はアニメよりもさらに凄いことになっているんだろうなぁ(苦笑)!
自分は電車に詳しくないので,描写がどこまで正確なものなのかはわからないですが,いつもなら適当な背景として処理されがちな電車や駅がしっかり観察された上で描かれた作品も珍しいと思います.…特にくりはら田園鉄道回は,電車に思い入れがなくても泣ける出来! ドキュメントらしく最初はキャラが今ひとつ噛みあってないものの,中盤以降で横見さん役の檜山修之に変なエンジンがかかってきてから本領となります.対象がなんであれ,何かを一心に愛しそのために生きる姿は滑稽だけれど愛らしい.面白かったです!

---
「.hack//G.U.」感想はそのうち!

|

« モノノ怪#8 | トップページ | 古代王者恐竜キング#30 »

「アニメ終了雑感」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/16563009

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年9月終了アニメ雑感・1:

« モノノ怪#8 | トップページ | 古代王者恐竜キング#30 »