« 古代王者恐竜キング#35 | トップページ | 2007年9月終了アニメ雑感・3 »

Kawaii! JeNny#2

まだ3話なのにもうこれか!

(A)エイブラン基地での会議中,シスターBがお洒落とスイーツを駆逐したい真の理由を知ったくまさんたちはその身勝手ぶりに驚いた.しかもその個人的な理由で自分たちをこき使って何の反省もないことに怒り,ついつい理性をなくし野生に帰ってしまう.街で暴れるくまさんたちを止めさせるためにMr.クラウンはジェニーたちを呼び出すも,行きたくないジェニーたちは寝たふりをして呼び出しに応じない.
(B)バスケット部のキャプテン・ハリーはジェニーの憧れの人.かっこいい彼を見つめていたら,アキラやなでしこがハリーの周囲で自分の得意技を披露しはじめる.友達がハリーに気があると気づいたジェニーは残り時間を丸々使う妄想をはじめた.自分がシンデレラ,ハリーが王子様,シスターBが悪い姉という妄想の中,アキラとなでしこは自分を助けてくれる妖精のはず…だったのに.

まさにアバンから予告まで全編がネタ.玄人受けするメタネタ極まる「かわいいジェニー」.おしゃれとスイーツを守るために悪のエイブランと戦えジェニー! たとえ口が動かなくても動きが不自然でも戦えジェニー(笑)! 主題歌は普通にいい歌なのに,背景の映像がアレだと面白くてどうしようもないなぁ….「カブトボーグ」が終了した今,浦沢御大作品の恐ろしさはこの作品でしか痛感できません.
15分一話の本作は今回で3話.そこでもう悪の組織の解散話になっているというわけのわからなさこそ,実に御大らしいストーリーテリングだってんだから困ります.最高! 敵相手以上に味方相手のときに容赦がないとか,ろくにオチもつけずに終了とかも本当に浦沢脚本らしくて敷居が高すぎです.ただでもわけがわからない上に,通常の深夜アニメならサービスシーンとなる水着も人形なのでまったくエロくないし…こんな作品を一体誰が見て喜んでいるんだ(苦笑).

前半はエイブランが内輪もめ.基地でゆるーくダベっているくまさんたちに「静粛に!」とシスターB.1人と3匹っきりで秘密結社全体集会をやらかすわけですが,特にテーマもないらしく無駄話の延長みたいなもの.くまさんからの質問は,なぜにシスターBはこの世界からお洒落とスイーツをなくしたいのか? これにお答えするシスターB曰く,お洒落を無くせば若い女の子が皆地味になる.そこで自分だけお洒落すればイケメンにモテ放題! そしてスイーツは以前食べすぎで太ったことがあったから! …本当にいいの? そんなんで?
あまりにもあまりなシスターBの個人的な事情にさすがに呆れるくまさんたち.しかもこの身勝手な女は「なんか文句ある?」と居丈高な上反省なし! こんなんに従うくまもくまですが,個人的な理由でくまを使うことに迷いのないシスターBの根性もどうかしています.さすがに不平を吐く幹部たちに「個人的な理由でこき使って悪かったなー!」と手にした「静粛に」ハンマーで殴りかかるひどい女に…さすがのくまさんたちもぶちぎれて,野生に帰って逆襲です!
エイブランで本当にどうしようもない内乱が発生していた頃,ジェニーさんたちはプールサイドで優雅なリゾートを楽しみ中.…人形の水着姿は本気で全然うれしくねえ.サービスになってねえ(笑)! アキラときたらこんなところでいびきをかいて寝ている始末.いくら疲れているからって,昼間っからホテルのプールサイドで若い女の子がいびきをかいて寝ているのはどうなのか.「あきまへんやろか?」と急に実家の京都弁を出してくるなでしこの意図も,なにもかもよくわからねえ.
ここでミスタークラウンからの出動要請.けれどわざわざ高い金を出してここに来たのだからと狸寝入りを決め込むジェニーたち…まだ3話なのに(苦笑)! 一度はヘリの音も止んで一安心するものの…すぐにヘリ帰還! そしてミスタークラウンが直接こっちに叫んでくるぞ! エイブランが暴れているので静かにさせろと命令されて,しかし狸寝入りを続ければそのうち帰る…かと思ったら「そうはいかない」.
とっくの前にプールサイドでサボっていたことすらバレているジェニーたち.「覗いていたからな…」というミスターは女子高生に対しかなりヤバいような気がするものの,どうせ人形だと思うとどうでもよくなるな(笑).ヘリの爆風に翻弄されたことでさすがにアキラも起床して「革命かー!」 …ええっと,なぜに革命と問うのもきっと無粋だね(苦笑)? ともかくジェニーはジャイロジェスパで現場に向かい,残る2人は自分の足で走りました.
空飛ぶ素敵スクーターのジャイロジェスパ.けれど予算の都合で1台しか装備されていないならタクシーチケットでも与えておけばいいのに….とりあえず戻ってきた街は静かで,誰も騒いでない…と思ったら認識が甘かった.悲鳴を上げてクマから逃げて来るシスターB!「うちの幹部たちが,野生に戻っちゃったのさ!」と3話にして正義の味方に助けを求める情けない悪の首領.でもクマって実際怖いから仕方ないよね(笑)! こいつらが騒動の原因だから,なんとかして黙らせなきゃいけないけれど….
「これはチャンスだ」とヘリから口を出すミスター.この期に乗じてエイブランを分散させ解散させる!…3話にして心理戦を選択する本作は明らかに生き急いでいる(苦笑).アキラたちはくまちゃんたち,ジェニーはシスターBを担当して分散,誘導….地味になでしこに野生に戻ったくま三匹がぶつかってひっくりかえっていますんで,生身のなでしこに任せればこの件だけでなくエイブラン自体を壊滅できそうな気もしますがまあよし.
喧嘩する二組を分散させて,それぞれの意見を聞いて同情した上悪口で盛り上がれば組織は壊滅するだろうという凄い頭脳作戦.くまは所詮くまだとジェニーはシスターBに同調,悪口を言われたくまさんたちにアキラやなでしこも同調.とりあえず正義の味方が取る作戦じゃねえ…(苦笑).けれどその先の悪口でジェニーたちは大失敗.くまはくまで,シスターBは指導者として失格なのは間違いなかったんだけど.
よく我慢したわね,臭くなかったかとジェニーに聞かれ,さすがにそれには同調できないシスターB,くまさんたちも底意地の悪い女の子は時々いると言われたところで,「それは違うわ」と反逆を開始! あのシスターBにもいいところとか優しい時があり,エイブランの幹部たちは毎日お風呂に入る綺麗好きだから臭わない!…仲間の悪口を言われたことに怒るエイブランたちは,ジェニーやアキラやなでしこを追っかけまわしているうちにやがて再会.決裂どころかむしろ感動の仲直り.
正義の味方の姑息な心理作戦は大失敗.エイブランにとってはよかったんだけど,仲直りのお礼として袋叩きにされちゃたまったもんじゃない.まだ3話なのに(苦笑)! 勝手に団結して帰っていく悪たちを,すっかりずたぼろにされたジェニーたちは見送るしかありません.…華麗なファッションよりもこういうぼろぼろの方が見慣れない分面白いけど,純粋なジェニーファンはどう思ってるんだろう…そもそも見ないか(笑)!
余計エイブランを団結させてどうするってミスターに怒られたって,こちとら言われた通りにやってぼろぼろにされちまったわけで.上から怒るばかりのミスターの身勝手に腹を立てたなでしこは変身の上,凄い矢でヘリを爆破,撃墜…まだ3話なのに(苦笑)! なんかなでしこさえいればエイブランは確実に壊滅できそうな気がしますがとりあえず横に置き,あまりに生き急ぐ浦沢節の全開っぷりにビビりつつ後半へ!

後半はジェニーが恋に暴走.バスケットに一人勤しむハリー先輩を見つめるばかりのジェニー.彼はジェニーの王子様で,ついつい馬に乗ってるかっこいい姿を妄想したくなるらしい.ところがその王子に接近してくる影1つ.ジェニーの盟友たるアキラが,わざわざシャドーボクシングしながらのランニングで近づいては離れ…さらになでしこまでわざわざこんな場違いなところでも琴を弾いてる.要するに仲間全員で恋敵ですか?
恥ずかしげもなく自分アピールに努める盟友たちの姿を見て衝撃を受けたジェニーは,ついつい妄想の中へとトリップ…この妄想で後半のほとんどが費やされる構造というのも,とても4話でやっていいようなものではありません…やっぱり御大は凄いぜ! 走りだすシンデレラ妄想ではもちろんジェニーがシンデレラ.でも意地悪な姉がアキラたちでなくシスターBなのが深いような浅いような.
彼女に似合いのダークなドレスを自慢する姉に似合うかと聞かれて肯定するジェニー.「またまたまた,自分が着ればもっと似合うと思ってんじゃないのかい?」と問われると「はい!」とよいお返事…ジェニー率直過ぎ(苦笑).そりゃ姉からハリセンで殴られても仕方がないでしょう.…ドレスを着た人形がボロ着た人形をハリセンでばんばん殴るという映像そのものが無性に面白く,一体どんだけメタなんだ(苦笑).
シスターBに叩かれるジェニーの信条.どこかの国の漫才師いわく,「正直は貧乏人の財産だ」から,素直と正直を大事に生きている…気持ちはわかるが怒りに油を注いでいるだけだし,その格言より先に「口は災いの元」とかを信条にしとこうよ(苦笑).まさに己の口が招いた災いにめった打ちにされるジェニーとめった打ちにするシスターBのところに,くまさんたちが舞踏会のお知らせを持ってきました.
お城の舞踏会は今晩で,シスターBは王子様のお嫁のお姫様になる気満々.でも正直なくまたちは「えー」とびっくり,正直過ぎるジェニーも「無理だと思います!」…だからお前(苦笑).自業自得で当然のように打ちのめされるジェニーさん,なあ,全然正直は宝じゃなくね? 本当のシンデレラとは違って,ジェニーの場合は適当におべっか使えればお城にも行けたんじゃね(笑)?
夜.シスターBは出陣するけど,くまたちもまた正直者全開で,シスターBがお嫁になるのなんか無理,世の中そんなに甘くないと激辛採点.…周囲に正直者揃いのシスターBが気の毒になってきた.目指すお城は「リカちゃんキャッスル」…伝説のレジェンドラ王の居城ですか(笑)? この先リカちゃんも友情出演したりするのかなぁ….ちなみにシスターBの食いっぷりに王子は出会った直後にドン引き.「この子だけは絶対に嫌だ!」
王子様に逢いたーい! お城に行きたいと泣いてるジェニーさんのところには,アリの巣コロリに引き込まれるアリのように2人の魔法使いが登場…ピンクの正直の妖精アキラさん,白い素直の妖精なでしこさん.素直と正直を権化のジェニーさんに,魔法の力で素敵なドレスにガラスの靴,白馬つき馬車を与えてくれます! お約束として12時になったら魔法が解けると警告されて,「知ってますわ」と返事するのは…本当にどうでもいいところまでメタなんだよなぁ.
舞踏会では予告の通り,ハリー王子がシスターBをばっさり断る.彼が踊りたいのは…たった今到着した美しい人ことジェニー.「僕はあの人と踊りたい!」素材がいいのか魔法の力か,顔と性格的な問題はあまり関係ないからなのか,すぐに王子様の目に留まって美しいくるくるダンスを踊るジェニー.着せ替え人形にとってはこういうのが本業なので実に手慣れたもの.…そうか,本作は美少女アイドルに恥ずかしい劇をやらせる構造なんだな(笑).
負けて悔しいシスターBは料理をやけ食い.おかげでぽんぽんを痛めて大変なことに.ジェニーシンデレラの幸せな時間もすぐ終わり,素直の妖精と正直の妖精との約束のとおりに城を去るジェニー.もちろんお約束として靴を残し,王子がその靴を手にシンデレラを探し始めるというのもお約束.…女の子の人形なんだから,着せ替えのためにも足のサイズに違いがあっては困るという常識には目をつぶっておこう(笑).
夜,案の定花嫁探しにやってきた王子様一行の前で必死に自分の足をガラスの靴に押し込もうとするもあえなく失敗するシスターB.そして続くジェニーには靴がぴったり! お約束としてシンデレラは再び見いだされ,幸せなエンディングを迎える…のかと思ったら急遽この事態に乱入するのが妖精ども.王子は自分の好みのタイプとアピールをはじめる時点でもう終了間際.本当にぎりぎりまで妄想する度胸が滅茶苦茶だ(苦笑)!
自分の味方の唐突な裏切りに「やっぱりあんたたちー!」と怒るシンデレラジェニー.要するに,お前ら脇役の癖して主役の男取ろうとするんじゃねえよという解釈でいいですね(苦笑)? 現実でも「やめなさいよ!あんたたちー!」と叫ぶジェニー,それに「なんなんだー!」とこけるハリー先輩…で終了するあたりがまさに非道! こんなオチならむしろ投げっぱなしの方が親切なので最高です(笑)! 次回に続きます!

|

« 古代王者恐竜キング#35 | トップページ | 2007年9月終了アニメ雑感・3 »

レビュー◆Kawaii! JeNny」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/16925492

この記事へのトラックバック一覧です: Kawaii! JeNny#2:

« 古代王者恐竜キング#35 | トップページ | 2007年9月終了アニメ雑感・3 »