« 2007年10月開始アニメ雑感・1 | トップページ | モノノ怪#12 »

古代王者恐竜キング#34

肉食忍者でコント全開!

古代博士について発掘現場にやってきたリュウタたち.わざわざ来たのに恐竜の化石でないことがわかってがっかりするものの,その帰り道に忍者村の看板を見つけた.最初は渋っていた古代博士も即座に夢中になる忍者村では,ペットと一緒に忍者修行をするイベントを実施中.リュウタたちもガブたちとともに苛酷な忍者修行コースに参加することにした.
最初は石跳び渡りや網登り程度だったのが,あっと言う間に苛酷さを増す忍者修行.最後の崖登りを制したのはリュウタとガブで免許皆伝の巻物をもらう.その直後に古代博士を追いかけて3頭のディノニクスが登場.しかもこの3頭はDr.ソーノイダの忍者修行を受けさせられたシークレット恐竜たち.小さな体で身軽な上に肉食だ!

完全に盤石なパターンを確立したので,逆にいつパターン崩しをはじめてもおかしくなくなった「恐竜キング」.いつこの均衡が壊れるかわからない状況でアニメを見るのは凄いスリル!…こういう楽しみ方は明らかに考え過ぎの賜物だ(笑).結論としてはパターンは今回も維持されますが,作画の不安定さは本作らしからぬレベルに達し…ここでパターン崩してどうする(苦笑).作画監督が外人というのはサンライズとしてはかなり思い切ったなぁ.
作画監督のみならず原画動画にも外人が並ぶ今回は,特に崩れ顔が凄い状態になっていますが(笑)絵コンテ菱田正和は伊達じゃなくてどうにも面白い(笑).ぜひ突っ込んでくれと言わんばかりの意図的にうかつで展開が続くんだけど,将来,この愉快な日々を懐かしく切なく思う日が来るのかなぁ? ちなみにこの週は4番組合同プレゼントをやったんだけど,キーワードを伝えたのはなぜかレックス.一応ヒーローはリュウタなわけだし…ヒロイン(笑)?

前半.今回は冒頭から無駄足でお気の毒な古代博士とリュウタたち.山中の崖から出土したのは恐竜の歯の化石…ではなくてイノシシの牙ですっかりがっかり.でも子どもたちはついてきただけなのに態度がでかすぎる(苦笑).帰り道に忍者村の看板を見つけたリュウタたちは無理やり博士を連れて直行.…忍者村があるってことは今日の現場は三重あたり?
村全体を忍者風の世界観で統一する時代村レベルのこの忍者村.主に江戸時代風の様々なイベントやアトラクションに真っ先に夢中になるのはもちろん古代博士というお約束(笑).真っ先に大の大人がリュウタたちとはぐれたところですたたたたっ!とやってきたのが忍者姿の…謎のじいさん? 顔は似てるけど等身がなんか違うような気もするしなぁ.
「なかなかいいペットをお持ちじゃ」という彼が渡すビラには,ペットと一緒に忍者体験というイベントのご案内.これについて聞こうとしたときにはもう姿を消している謎のじいさんは風のよう.面白そうなのでイベントに行くこと自体に異存はないものの,リュウタは忍者の顔に見覚えがあることにひっかかっております…もし同一人物なら,なかなか出ないセミレギュラークラスの出現頻度ではあるんだよなぁ.
上の幕にはでかでかと「ペットといっしょににんじゃしゅぎょう」…海外向けには翻訳されて別の文字が入るに違いない.そこに集うのは犬猫は当然,でも象とか豚とか蛇はどうなのか.確かにこんだけわけわからん面子の中なら恐竜だってまぎれるだろう…そもそもガブたちは凄く犬だしな(笑).このあたりからたぶん絵コンテの菱田監督のいたずら心が全開になっていくのが凄く面白い.いい大人が何描いてんだ(苦笑).
忍者装束に着替える3人.赤いリュウタに白?のレックス,そして紫のマルムさん…ここは作画もちゃんと頑張っているのに,馬子にも衣装とナチュラルに古代博士がひどいぞ.そしてそのマルムさんに「…可愛い…」と呟くレックスに全員がびっくり(笑).言った本人まで恥ずかしがって,たぶんマルムさんよりレックスの方が可愛い気がするんだけれどどうだろう(苦笑)?
かくしてはじまる忍者修行イベントという名の危険なアトラクション.泥沼石渡や網のぼりや水渡り丸太渡りあたりまではまだなんとかなったんだけど,大岩玉避けあたりからおかしくなってる(苦笑).でもきっとあの大岩は発泡スチロールの偽物なんだ.じゃないと危なすぎてダメだもの(笑)! ドジ踏んだリュウタはやや遅れ気味だけれど,ガブがしっかりフォローしているのでリタイアは免れています.
そして脱落せずにたどり着いた最後の関門は…崖上り.いくら下に分厚いマットが敷いてあるとしても,いくらなんでも過酷すぎると思うんだ(苦笑).途中でマルムさんが落下して,リュウタ組とレックス組の一騎打ち.ガブやエースも頑張るけれど,ちょっとガブがもたもたしてるかな…と思ったらエースが力みすぎてウンチをしたためにレックスごと落下(笑).…2話の衝撃に比べたらこれくらい可愛いもんですが,それでもほかほかを直接顔にされるのはさすがに辛いか.
子ども達の勝負が決まっていた頃,はぐれた古代博士は一人で村内を散歩中,忍者ヒーローショーを発見して見学中…これがまた無駄に映像的に凝ってる(笑).ショーの効果として爆発が起きると,その衝撃で埋まっていた卵カプセルが落下.忍者ヒーローが正義は必ず勝つ!と光の剣を突き上げ見栄を切ったところで剣の光がカードに当たり,ディノニクス3頭が実体化! 光に反応するってことはこの3頭はシークレットだ!
見事ガブと一緒に崖の頂上へ.「登ったどー!」 とどっかで聞いたような雄たけびを上げたリュウタには修行終了の証として免許皆伝の巻物が授けられました.一人だけ巻物もらったリュウタは当然上機嫌.でも開いたら「わんぱくでもいい たくましく育ってほしい by ジュラ三太夫」…ってまたネタが古いなぁ(苦笑).あの謎のじいさんがジュラ三太夫? とりあえず意味のよくわからんものをもらった子どもたちはドン引きです.
子どもたちの喜びがすっかり消えてしまったところで,全力で逃げる古代博士と追いかけるディノニクス3頭が登場! 早速この様子は広く報道されて,恐竜島のアクト団も恐竜の出現を確認.3頭でうろうろしているこの小さな恐竜たちはドクターが手塩にかけたディノニクス.その名もディーノ,ニック,スー! …ウサラパたちはコケました(笑).折角シークレットなのに,特にスーはあまりにひどい気がするなぁ(苦笑).
もちろんドクターの手塩にかけたシークレットとなれば無茶な虐待がお約束.他のとは違うとドクターは主張するけれど,たまたま忍者映画を見たという理由で厳しすぎる修行を課せられて,結果忍者恐竜にさせられた3頭はいい迷惑だと思います…きっとナチュラルにドSなんだろうなぁ.何はともあれ思い入れのある恐竜ということで,サンライズらしいかっこいい作画でウサラパたちとドクターは出撃していきます…やっぱり今回は全体的に力の入れどころがおかしい(笑).

後半.腹が減っているのか人の食い物を狙ってくる獰猛な肉食恐竜ディノニクス.ターゲットがいつ人にかわってもおかしくないこの状況を止めるのはやはりガブしかいないでしょう.本来はスピードタイプだからエースが出るべきなんだけど,今日は免許皆伝だし(笑)! 成体に戻された忍者恐竜ガブの上にリュウタが乗って,「NARUTO」のカラー巻頭みたいに見栄切ってますね(笑).
でもディノニクスは速いんだから,こんなところで遊んでいる暇なんかないはず.逃げる3頭は小さい上にすばしこく,その上忍者屋敷の中なんかに入られてはガブでは,無理じゃないんだけどたぶん屋敷が全壊する(苦笑).突進の途中であわててガブをカードに戻したリュウタは,門に激突&落下.…今日はここから先,作り手の思うがままにベタをやりたい放題だ(笑).
小さくなったとはいえあらゆる面で犬であるガブは,その鼻でディノニクスを追跡,近くの井戸に逃げたと判断.足跡も周囲にあって…推理の裏付けには免許皆伝が一番役に立ってない(苦笑).忍者屋敷の装置の一部か,井戸の中は通路になっており,紐を引っ張れば隠し通路も出現! すぐに屋敷の中で3頭を発見するんだけれど,小さなガブたちだけが先行して人間は置き去り…食われないように気をつけろー(笑)!
チビ恐竜たちだけで追跡がはじまるよりも少し前,本日はすっかり出遅れたアクト団はようやく目的地上空に到着.でもロケットにはろくなブレーキがついてない…特に意味もなくウサラパたちがくくりつけられた凧がロケットに引きずられるのがブレーキのつもり.でもそれで止まるわけがないよね(苦笑).バランス崩して絡み合ってぐるぐる回転するウサラパたちは本日一番の凄い顔.…なぜ今回はこんなところばかり頑張るんだろう(笑).
当然ながら絡んだ凧なんてブレーキにはならず,ドクターも一緒に4人してずびずばーっとロケット落下&墜落.すっかりぼろぼろになって忍者村に到着したアクト団は,忍者屋敷から逃げる人々にがしがし踏み潰されてさらにずたぼろ.…作り手の責めは毎度ながら容赦がなくて,さすがに可愛そうに見えてきたなぁ…(苦笑).けれどギャグキャラは丈夫なので(笑)あんだけ酷い目に遇わされてもなお恐竜屋敷に入っていけるのです.
手塩にかけたシークレット忍者恐竜を探し始めたドクターとその他3人たち.けれどこれをディノニクスたちはてぐすね引いて待っていました.障子の裏と天井裏に潜んでいたディノニクスたちはエドとノラッティ~を捕獲.ウサラパも廊下の下に声も出せずに引き込まれ,あっという間にドクターはひとりぼっち.…小さな3D恐竜と2Dの人間によって描かれるありがちなコントだけれど,これは映像として地味に凄いなぁ!
捕まえるはずの相手に捕まえられて追い込まれたウサラパたち3人.もちろんディノニクスは腹が減っているはずであり,このままじゃ自分たちが恐竜のご飯になってしまいそう.そんなところに都合よく落ちてくる紐2本…きっと物語の神が落としたものですね(苦笑).1本を引くとウサラパの頭に小さなたらい,もう1つを引くとどんでんとなり3人は壁の中へ!
忍者屋敷の中にはリュウタたちとガブたちとウサラパたちとドクターとディノニクスとついでに古代博士.それぞれにはぐれてしまって見つからない…という状況が作られたところではじまる今回最大のコント! 互いを探す一同が,1つの部屋のあちこちのギミックを使い顔を出しては隠れというのを繰り返します.ここはやってることはもちろんガチガチのベタなんだけど,芝居や箱庭を見ている感じで凄く面白い!
さっきの部屋でばらばらにはぐれ,ひとりぼっちで暗い通路を歩いていくリュウタ.その前後にはディノニクスがいるんだけど絶妙のタイミングで気づくことができず,小さなガブが駆けつけたために3頭は退散…食われなくてよかったなぁ(笑).屋敷の中で迷いまくる人間と恐竜たちを置き去りにして,ディノニクス3頭は屋敷の外へ.これをひとりで狙っていたのがドクター! 屋根に上がっていた彼は恐竜たちの前に華麗に墜落(笑)!
もちろん恐竜はドクターなんか覚えていないわけですが,「これを着るといい」と謎の忍者ジジイが忍者装束を渡してくれました…なぜ(笑)? リュウタたちからもアクト団からもとりあえず逃げるディノニクスには戦意などなさそうで,けれどそれが逆に捉えどころがなくて厄介.しかしお色直しを済ませたドクターを見るとさすがに様子が変わる…ドクターから愛の鞭という名目で受けた数々の虐待を忘れる恐竜はきっと滅多にいないはずです!
ドクター本人は愛の鞭のつもり.しかしディノニクス3頭にとってはひたすらいじめられた記憶.ドクターは両手を広げて泣きながら再会の抱擁を求めるけれど…当然ながらディノニクスはドクターをべしべしっと踏み付けに(苦笑).育ての親に向かって明らかに反抗的な目で喧嘩を売ってくる3頭にドクターは1億3千万年早いというけど,ディノニクスは容赦なくドクターを叩きのめしてあっという間にぼこぼこ…月日が過ぎるのは早いなぁ(笑).
ウサラパたちは気の毒なドクターを救うためにティラノを召還! さすがに体格のいいティラノ相手ではサイズが違いすぎるかと思ったら! 俊敏な3頭のディノニクスは一列となり,虹色に輝いてティラノを繋がった自分たちの体で殴りつける! さらに3頭で空中スピンしてアタックをかけるローリングアタックでティラノはすっかりグロッキー…そして高速移動で刺すように攻撃するクロスカッターを見舞われたティラノは轟沈! さすがシークレット,毎度ながらどうしようもなく強い!
強い上に肉食ですばしっこくて手先も器用.こんな危険動物を放っておくわけにはいきません! リュウタたちは惜しみなくガブたち3頭を一度に投入.さらにマルムさんはメタルウィングでプテラたちも追加! 素早い飛行でディノニクスの動きを封じたところでエースがニンジャアタック! プテラのために上に逃げられず,横はエースが高速分身で取り囲んでいるので身動きできないところにガブのギガライディーンでとどめ! 3頭まとめてカードに戻してバトル終了!

明らかに忍者屋敷でコントをやりたかっただけの今回(笑).バトルはさっぱりと完了し,ふらふらと籠で帰っていくアクト団.もちろんカードはDキッズのもので今日も無駄足.ドクターは師匠を超えおったかと泣いていますが,こんなの超えたってなぁ…(苦笑).夜になっても忍者屋敷から脱出できない上にタライに当たったりしている古代博士とか,本作の大人の男性は総じて心細い.でも,そういう奴こそ大事なところで子どものために身を投げ出したりすると絶対泣ける…とか思いつつ,次回に続きます.

|

« 2007年10月開始アニメ雑感・1 | トップページ | モノノ怪#12 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/16844486

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#34:

« 2007年10月開始アニメ雑感・1 | トップページ | モノノ怪#12 »