« 2007年9月終了アニメ雑感・2 | トップページ | モノノ怪#11 »

古代王者恐竜キング#32

恐怖は勇気に絶対勝てない!

水がどうしても苦手でシャワーからも逃げ出してしまうエース.水嫌いを克服するために磯遊びに出かけてみるものの,落ちたマルムを助けに海に飛び込むこともできない.水の傍ではとても戦力になりそうにもないエースだが,恐竜が出現したのはナイアガラの滝のすぐ近く.しかしエースだって水が克服できないままでは嫌なはずだとレックスは考え,リュウタたちとともにナイアガラへと向かうことになった.
一足先に恐竜反応を察知し,人間魚雷に乗ってナイアガラに到着したものの直後に滝壺へと落下していたアクト団.怯えるエースを気遣って,レックスとは別行動していたリュウタとマルムが遊覧船に乗っているのを横目に,ちゃちなボートで滝壺へと近づいたところでまたも滝壺に飲み込まれた.水中にいる彼らを狙って泳いできたのがバリオニクス.スピノによって妨害されたバリオニクスは,傍の遊覧船につけられた作り物の大きな魚に襲い掛かる.

長期作品らしく大らかに,しかし確実に歩みを進める「恐竜キング」.表面では恐竜が出てアクト団と戦って勝ち恐竜を手に入れるという単調な物語を繰り返しているように見えますが,実際はその中で登場人物・恐竜たちの内面的な成長が描かれていたりするので侮れない.脚本神戸一彦,演出いとがしんたろーで描かれる今回の主役はエースとレックス.これまで何度も描かれてきた,エースの水嫌いという弱点がある程度克服される物語です.
やや不気味にすら見える外見と,気が小さくて繊細な割には遊び始めるとすぐハメを外す上に魚にも目がないという内面の愛らしさのギャップが素敵なエース.そのエースが今回は2Dでも3Dでも,様々なツボに来る仕草を見せまくってくれます(笑)! 作画監督は鈴木幸江.映像はベストに近いレベルで安定.冒頭から少年たちの入浴とかリアスさんのモンローとか各方面へのサービスも一切怠りありません(笑).ちなみにこの回からEDが変更.ひろみちお兄さんがアニメになりました! …さようなら,転ぶサイカ….

前半.夜の古代家ではきっと毎度の大騒ぎ.水が苦手なエースはシャワーすらダメで飼い主のレックスも困っております…冒頭から風呂なあたりから,今回の大サービスぶりが伺えるなぁ(笑).お湯にも近づかないエースをなんとか洗おうと,レックスは湯船に魚のおもちゃを浮かべてエースを釣ってみるけれど…シャワーをかけられたのが嫌過ぎたのか大暴走,風呂場のガラス扉をぶち破って逃走…管理責任を問われる飼い主としては「エースの水嫌い,なんとかしなくちゃ」と嘆じ案ずるのも当然のことでしょう.
苦手ならばまずは慣れるための努力が必要.てなわけでエースのために磯遊びに出かける3人と3匹…子どもだけで海に遊びに行くのは危険なのでなるべく避けよう(苦笑).水の傍に近寄ることすら恐れるエースの水嫌いがこの程度で治るとは思えないけど,根の深そうな恐怖症だからこそ,楽しい思い出で地道に上書きするのが一番の早道かもしれないなぁ…単に自分たちが楽しみたいだけかもしれないけれど(笑).…マルムさんがカニに噛まれてるあたりが細かいなぁ.
ここでマルムさん,運悪く足を滑らせて海へと落下! 突然のことで慌てて溺れた彼女を救うため,恐竜2匹と少年2人は迷いなく海へと飛び込むけれど,エースはやっぱり水際でおたおたするばかり….今回は問題なくマルムさんは無事だったけれど,仲間が大変なことになっても助けに向かうことができないというのはかなり良くない.ただのペットならそれでまったく問題ないんだけど(笑)彼らは戦わないといけないからなぁ….
そんなエースに試練を与えるかのように,本日の恐竜は水に満ちたナイアガラの滝で出現! その出現をいち早く把握したのは恐竜島.…でもウサラパがシャワーでププッピドゥだったためにドクターは蹴られるわ着替えられませんとなじられるわ赤くなるわとどうしようもなく乱調.…たとえドクターがどんだけ偉くても,どんだけウサラパがへっぽこでも,あのプロポーションのサービスシーンには絶対に勝てない(苦笑).
本日の出動はサービスシーンの報酬なのかなかなかデラックスな潜水艇.けれどナイアガラの滝付近まで接近したところで無情の宣告.途中から移動用ミサイルで滝に向かえって…それどう見ても人間魚雷(笑).目的地に着いたら自動的に浮上するとは言うけれど,これまでそういうのがちゃんと機能した実績がない…けれど強制的に発射(苦笑).きっと普段の行いが悪すぎるせいだろうけれど,これはバッチグーとは真逆の状況.
水中で発射された魚雷に組みつくさっき実体化したばかりの恐竜…後ではっきりしますが,滅茶苦茶食い意地はってるこいつは魚雷を魚と勘違いしてるんですね(苦笑).思わぬ障害で軌道を逸らされた魚雷はすっぽ抜けて上流まで飛んでいきやっぱりばらばらに.…滝の落ちる崖に真正面から激突するのとどっちがマシかを考えると,案外幸運だった気もするけれど(笑).ここで泳げないのに滝壺へと落ちるウサラパたち….
同じ恐竜反応はDラボでも確認されて,ナイアガラに向かうことになるリュウタたち.けれどここで古代博士が妄想サービスを開始したために直行できない(笑).世界的名声の大女優マリリン・モンローをなぜかリアスさんに重ね,「ナイアガラ」のモンローウォークや「七年目の浮気」の地下街の風を妄想して見せるナイスサービス(笑)! たとえ主役だろうと物語の本筋だろうと,サービスシーンの邪魔は絶対にできない!
ナイアガラで問題となるのはやはりエースの水恐怖症.けれどエースだってこのままじゃ嫌なはずだとレックスは思い,多少無茶でも同行することに決定…このあたりから既にエースの仕草が素晴らしい! やってきた雄大な滝・ナイアガラは当然ながら水だらけ.エースはそれがやっぱり怖くてレックスにしがみつくばかり.そして壮大な光景の中でおばさんたちが川を流れていき…落ちていったね1回目(笑).一応「だいじょぶかー!」と呼んでも返事はなし.なのに悪運強いし意外とタフだから…と冷静なマルムさんが冷たいね(苦笑).
恐竜の気配は滝の上にはなし.滝の下を探した方がよさそうだけど,エースがすっかり怯えてしまって動くのが難しく,仕方なくレックスはこの島を探すと提案しリュウタたちも承諾.…水が原因で仲間についていけないのは,体が小さく1対1のバトルに向かないエースにとってかなりの大問題.「いいのかエース,このままで」とレックスに言われても,今のエースはまだ戸惑うばかり….
下の湖探索に向かったリュウタたちは,ひょんなことから遊覧船に乗ることに.ちょっと聞き込みしようとしただけなのに,船長が自分の経歴とこの遊覧船の凄さについて凄い勢いで勝手に話しはじめちゃって面食らう(苦笑).探し物しているわけだから他の船では無理なところに行けるのはいいかもしれないけれど,そもそも船に乗る気自体がないのにな(笑).ちなみに船長はまだ恐竜は見ていないらしい.
ここで暴走気味の船長はリュウタたちを勝手に勘違い.恐竜のことをでっち上げて金がないのに遊覧船に乗りたい子どもなのだと思い込み,子どもならただでペットも一緒に乗せてやると船に押し込まれちゃって困ったなぁ(苦笑).いつも現地のお金を持たされて送られているのか,これまで金を払うことに困ったことなんかないってのに….とはいえ無理やり乗せられてしまったら仕方がない.遊覧船の上から恐竜を探します.
そんな優雅な?がきんちょどもを見つけたアクト団.分解したミサイルで作ったみたいなちゃちなボートで恐竜を探しておりますが,滝に接近しすぎてまたも滝壺に飲み込まれ…2回目.しかもそんなアクト団を狙ってさっきの恐竜がやってきた! 食う気満々の恐竜,バリオニクスを退けるためにノラッティ~はスピノを召還.バリオニクスは上に逃げてリュウタたちも恐竜の存在を確認! 本当にアクト団はいい餌(笑)!
召還されたスピノは尾にウサラパたちがいるのも気にせず尻尾を振り…おかげでウサラパたちは上に吹っ飛ばされ(苦笑),振った尾はバリオニクスの首をしたたかに叩く.反撃されたバリオニクスはあっさり向きを変えて今度はリュウタたちの乗った遊覧船へと接近,よじのぼり,船についた大きな魚の作り物を食おうとして襲いかかる! …巨大な体を維持するためには相応の食い物が必要.ガブたちだって大きなままで食事をしたら,きっとすぐ古代家の家計は破綻するはずなのです.

後半.相当食欲旺盛らしく遊覧船の飾りを本物の魚と勘違いして襲うバリオニクスと,そのバリオニクスを襲うスピノ.お陰でひどいとばっちりを受けることになったのが遊覧船で,船を壊され操舵できない! コントロール不能のままで進行方向には大滝.このままじゃ滝に突っ込んでアクト団みたいに滝壺に沈んでしまう上に,リュウタたちも含め乗っている観光客たちはアクト団ほどタフじゃない!
このままでは激突必至.ゆえにリュウタはガブをでかくして船の前方に配置.そして…船目がけてギガライディーンを放たせるってどうなのか(笑).一応直撃しないように撃ってなきゃ嫌だけど,一歩間違えば船に穴が開いて沈むか乗員が電撃で死ぬ気がする…(苦笑).その後でガブが押して岸へと誘導しているわけだし,最初から押させてもよかったのでは….ともかく結果オーライ.ただしバリオニクスはまたいつ来るかわからない.この状況を能天気に喜んでいるのは航海記録に新たな1ページが加わった船長くらいだ.
さて,その頃の上流の状況.スピノに吹っ飛ばされたウサラパたちはなんとか岸へよじ登ることに成功.近くをうろうろしていたレックスたちを発見してティラノで襲う! レックスもエースをでかくして対抗しようとするけれど,あまりに体格差がありすぎる上に怖い水まで周囲にあって身動きとれず,結局追い詰められて水の中….水が怖くて売りのスピードがまったく生かせない状態では,エースの勝ち目はまったく見えません.
エースの怖がりっぷりは3DCGでもはっきりわかるように描かれており,さすがに鈍いアクト団も敵の異常に気づきます.残酷なウサラパはエースを川の中に突き落としてやろうと考えてネッククラッシャーを発動し,エースは哀れ水の中へ! …苦手なものに囲まれてもはや恐慌状態.パニックになって逃げるしか選択肢が見えないエースを,レックスはなんとかしたい.
このままやられて悔しくないのかと問いかけても逃げ出す弱虫のエースに,「今逃げたら,ずっと逃げ続けなくちゃならなくなるぞ!」と真っ向から説教するレックス.一応お互いになんとかしたいと思ってここまで来たはずだし,この気持ちが飼い主の一方通行でないことを信じたい.「水なんか,怖くないんだよ」と説得する,心を届かせようとするレックスの姿に,ついにエースがこれまで逃げて来た方向を向いた!
背後から迫るティラノの炎,ボルケーノバースト.これを真っすぐに見てかわし,炎はその後ろの橋を崩す…そこにはレックスとアクト団が! アクト団はもうどうせ3回目だからいいとして(苦笑)あれほど丈夫じゃないレックスまで滝の方向に落ちたのはまずい! 抗うこともできずに流されて落ちるレックスを救うため,あの弱虫のエースがついに自分から水へと向かった!
大嫌いな水,怖い滝の方向に懸命に向かうエース.ついにレックスを抱えるようにして滝から一緒に落下…3回目のアクト団は全然恐竜が助けに来ないけどまあよし(苦笑).仲間たちを救うためにマルムさんはパラパラを召還し直し,続けてメタルウイングでプテラを飛ばし! …しかし長い長い滞空時間の末,プテラが救えたのはレックスのみ.エースは滝壺に飲み込まれたか.
ここでようやくレックスのみリュウタたちと合流.でも自分の身よりもエースがどうなったのかが心配.ただし今は大事な友達の心配どころじゃない.バリオニクスはまたも遊覧船の魚を襲う! …ここで泳いで戦場に復帰し,大事な友達の命を脅かすバリオニクスを襲撃するエース! 水の中でも必死に戦うカルノタウルスは,ついに水恐怖症を克服したようでめでたい! 大事なものを守るために振り絞った勇気が,恐怖なんかに負けるわけがない!
水の中でも立派に戦えるようになったエース.しかしバリオニクスは好戦的ででかくて手ごわい.ガブがそのフォローに入ろうとするも,現在崖登り中のアクト団がスピノを投入.タイマンは3つ巴から4つ巴へと膨れ上がって,スピノのテイルスマッシュがアクト団の背後までガブを吹っ飛ばす!…さすが水のフィールド,水属性のスピノは絶好調です.
けれどすぐにアクト団のターンも終了.反撃のガブはエレクトリックサンダーで雷撃をスピノにお見舞い! 水に雷ではひどい感電は避けられず,好調のスピノでも一撃で撃沈.ついでにアクト団も一緒に感電(苦笑)…人間魚雷で特攻からはじまって,滝から落ちるわ電撃を浴びせられるわと今日のアクト団も別の意味で絶好調だったなぁ(笑).
残るはバリオニクス対エース戦.こちらにはパラパラがフォローに入り,バリオニクスは水の中へと.このまま広い湖に逃げ込まれると厄介なので,エースは見うしなう前にサイクロンで水ごとバリオニクスを跳ね上げた上,ガブのライトニングスラストが空中で見事仕留めてカードに戻す! …このシーン,ガブが船に着地し,バリオニクスが落水する直前にばっと見栄を切る様子が主役ロボみたいでかっこいいなぁ(笑)!

本日はマジックハンドまで持参していたリュウタのおかげで回収されるバリオニクスのカード.遊覧船が襲われたときはどうなるかと思いましたが,船長もこのハッピーエンドでお前たちを乗せて本当によかったと感謝して…そんな彼に無意味に噛み付くガブ,気に入ったのか(笑)? もちろん今日の功労者はエース.レックスは「無理させてすまなかったな」とねぎらいます.
4度目の滝壺入りを達成するアクト団を置いて日本へと戻ったリュウタたち.その夜からやっとレックスはエースと一緒にゆっくり風呂に入れるようになりました! けれど大喜びでリュウタとガブが乱入してきてもう台無し…エースの成長を示しながらも,ある種のサービスは決して欠かさないあたりが偉すぎる(笑).一応生物なので進化後の姿をあからさまに変化させたりしにくい分,内面の成長は丁寧に描いているなぁと感心しつつ,次回に続きます.

|

« 2007年9月終了アニメ雑感・2 | トップページ | モノノ怪#11 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/16697676

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#32:

» 恐竜キング#32「ナイアガラの対決!」 [むいむい星人の寝言]
 日曜朝のお楽しみ「恐竜キング」。ダ・ガーン組+ゼーガ組だとスタッフ買いしてたら大当たり。9/23放送の#32はバトルたっぷりで、でもエースの水嫌い克服って筋はきっちり通して、風呂ネタでお笑いもありでおなか一杯。新EDでは、ひろみちおにいさんが2D化してましたよ。... [続きを読む]

受信: 2007.11.15 22:28

« 2007年9月終了アニメ雑感・2 | トップページ | モノノ怪#11 »