« 古代王者恐竜キング#36 | トップページ | 古代王者恐竜キング#37 »

Kawaii! JeNny#3

よく出来すぎてナンセンス!

(A)シスターBの誕生日を祝うエイブランのアジトに,飛んでいったシャンパンのコルクが当たった宇宙人が落ちてきた.見た目は不気味で可愛らしくとても強そうには見えない宇宙人だが,頭からビームを乱射する凶暴ぶりを発揮する.困ったシスターBたちはジェニーたちに宇宙人を押しつけて逃走.ジェニーたちがMr.クラウンに相談すると,彼はとんでもないことを言い出した.
(B)ISP主催で行われるスイーツエンジェルスとエイブランの交流戦.正義の味方と悪の結社の間で親睦する理由は不明だが,壮絶な観客との場外乱闘の末,2組織はハリー先輩も交えた4組に分かれてトーナメントを行うことになった.緒戦はジェニー&ハリー組とクマくん&クマちゃん組の戦い.けれどジェニーはついハリー先輩にみとれてしまい,まともに試合をすることができない.

歴史ある女児向け玩具にとんでもないキャラをつけるチャレンジャー番組「かわいいジェニー」.アバンの過去回想に妄想や内輪もめをしれっと混ぜ込むのは捏造だと思うぞジェニー(笑).とうの昔に完成し枯れたキャラにとんでもない毒とトンデモを盛り合わせることで息を吹き返させるという手法は実は「マイメロ」と一緒なんだけど…いくらなんでも浦沢脚本で実写というのは極端すぎるにも程があるだろ(苦笑).ちょっと過激なスパイスどころか,ジェニー人形がハバネロの山に埋もれているぞ!
てなわけで今回も浦沢脚本が冴え渡ったためにひどいことになっている本作.御大の脚本には他の作品にはない典型的なパターンがいくつかありますが,物語の世界観を完全無視して宇宙人とか地底人が唐突に出てくるのもその1つ.意味もなく宇宙人が出てきて物を投げたり同士討ちをしたりしはじめたら,ほぼ御大脚本と断定しても大丈夫!…そんな超展開を好むのは御大くらいしかいないんだよな,そもそも(苦笑).

前半.今日はシスターBの誕生日! いつもはお洒落とスイーツ撲滅のために動くエイブランですが,自分たちが食う分は別勘定なのでケーキもあり.調子に乗って子ども用シャンパンを抜いたなら,抜けたコルクが地球の遥か上空を漂うUFOにぶち当たって宇宙人が落下…地上で丁度乾杯したところに上から乱入! 誕生日ケーキはもちろんぐちゃぐちゃ.このプレゼントじゃないサプライズにシスターBは怒ります.
大事な日を台無しにした宇宙人に弁償しろとシスターB.けれど宇宙人はぴーぴー言うのみ.…ここでクマたちは宇宙人の言うことがわかってるみたいなので,もうちょっと対話できればよかったんだけど…思った以上に宇宙人が凶暴だった.弱くて善人っぽく見えるのに,いきなりキレてぴぴぴぴ言いながら頭からビームをアジト中にふりまく大暴走! おかげでエイブラン基地は混乱の渦.シスターBと幹部たちは大慌てでアジトから逃げ出します…宇宙人が強すぎるのか,エイブランが弱すぎるのか(苦笑).
泡食って外に逃げてゴミ捨て場に隠れるエイブラン.…見所はこのゴミのディティール! ごみ袋のプリント文字まで精緻に再現する作り手の根性が素晴らしいやらおかしいやら! 天気予報にもない宇宙人に降られて弱るエイブランたちですが,御大作品に出ているだけで宇宙人確率は80%くらいはあるんだから油断をするな.しかもこの宇宙人は大変狡猾で,素どおりと見せかけてビルの上からエイブランを狙い撃ち!
今日は例のバス基地バスバスでのんびりしているジェニーたち.そこに逃げ込んでくるエイブラン! 悪が正義のスイーツエンジェルスに助けを求める理由はただ1つ.宇宙人はジェニーたちにも容赦なくビームを撃つので,これを取り締まれとジェニーたちに押し付けエイブランは撤収! こんなビーム撃ちまくりの宇宙人なんか押し付けないでほしいもんですが,彼は唐突に弾切れを起こしたらしくビームが止まり,泣き崩れる…ジェニーたちには宇宙人の意志は到底推し量れなくてわけわからん(笑).
とりあえず生きてることが残念なミスターに相談してみると,「宇宙人の生造り」とか唐突に言い出してジェニーたちはびっくり! …宇宙人の船盛を本気で造ってくる本作の造形チームは優秀すぎる(笑).どうやらミスターからすれば宇宙人なんてのはクジラやイルカ程度の扱いらしく,ジェニーたちはその言い草に激しく反発! 最近の若い女の子はユーモアがわからない!とミスターは逆切れしていますが,それはあんたのユーモアセンスが間違ってるんだと思う.
宇宙人はISPが預かるとミスター.お断りします!ときっぱりジェニー.…顔なんかカケラも動かないのに,ジェニーが怒り軽蔑してる雰囲気が出ているところが凄い.宇宙人の生造りという一言でスイーツエンジェルスの信用を失ったミスター.なでしこなんか自分たちは芸者がわりにされるとかイメージ広げちゃって大変なことに.…不潔なイメージのはずだけど,ゲイシャガールジェニーはかわいいなぁ(笑).「勝手なイメージするなぁっ!」
宇宙人を返さないならISPの総力で奪うと言われ,そんなものには負けないと宣言するジェニー! …内ゲバが多いのも御大作品の特徴ですね.「宇宙人は私たちが守る!」と逃走するジェニーたちを狙うISPの総力.公道を走る戦車とか迫るヘリが無駄にリアル.…川北監督の過去の実績も技術力の高さも知った上で,まず,ジェニー人形が好きな層と特撮ミリオタには微塵も接点がないと思うんだ(苦笑)!
ISPの総力に取り囲まれて宇宙人を渡せと勧告されるジェニーたち.もちろん内ゲバで手心を加えるような生易しいキャラは御大作品には存在せず,ジェニーたちに向かってがんがん撃ち込まれるミサイル.しかし内ゲバに手心を加えないのはスイーツエンジェルズも同じ!迷わずフェアリーテクターを装着したアキラは飛んでくるミサイルを逆流させる!
飛んでくる赤白のミサイルを華麗にかわしてミサイル同士を激突させ,さらに向かってくるミサイルの向きを変えてISPの総力に当ててしまうアキラ.一瞬にしてISP総力の上には自分たちが放ったミサイルが降り注ぎ,爆発!炎上! …自分たちが撃ったもので壊滅するおかしさを表現するシーンのはずが,無駄に爆破がリアルであるため洒落になってねえ.多分ISPの総力の中の人達はかなり死んでるよ(苦笑)!
味方の総力を壊滅させた上でなおも逃げる3人.既に夕方,川べりまで逃げてきたジェニーたちは今後について相談.これからどうしよう…「飼いましょうよ」と提案するなでしこ.宇宙人をペットにしていいかどうかはわからないけれど,生造りよりはマシではないか.それになんか可愛いし…そうと決まればとなでしこは勝手に「ピーちゃん」と名前をつけちゃって,この女相当強引です.
こうして凶暴な宇宙人ペットが誕生するのかと思ったら,上空に宇宙人のUFOが到着.ピーちゃんは3人に別れの握手の上でUFOへと戻っていきました.…今でもわけわからん状態なんだから,いくら本作でも宇宙人をレギュラーにする余裕まではさすがになかったらしい.それでもUFOをふいにUターンさせた上,ジェニーたちの上にゴミを捨てさせ逃走させる御大脚本のカオスっぷりは本当に最悪で最高.最後の最後でそんなことするもんだから,ジェニーたち同様,視聴者もこの物語をどうしていいのかすっかりわからなくなりました(苦笑).

後半.なぜか唐突にビーチバレー大会が開催されることになったとしても,御大なんだから仕方がありません(苦笑).ISP主催のスイーツエンジェルスとエイブランの交流戦で親睦を深める理由も結局不明のまま終わるんだけど,細かいことは気にするな! ともかく客の入りは凄いんだから活動資金集めの合同イベントくらいに思っておけば問題ないはず.…でもジェニーたちは既に大人気だなぁ.ISPは一体どんなマスコミ操作をしてるんだろう?
出場チームはジェニーハリー組.アキラナデシコ組.シスターBクマさん組,クマくんクマちゃん組の4組.エイブラン側の不人気ぶりもなかなかのもので,歓声どころかブーイングされ,やかんやら鍋やら投げつけられたり,見ただけで暑いと文句を言われ….視聴者的にはハリー先輩の着ているものに大量についているひょっとこが気になって仕方ないのですが,そんな余裕はないのか誰もツッコんでもらえない(笑).
観客に暑いと言われたクマくんクマちゃんは,やられる前にやっちまうでちゅとさっき投げ込まれたやかんやら鍋やらを観客席に投げ返し,ミスターの言う「ものを投げないでください」という制止は一切受け入れられることはなく乱闘へ発展.そもそも観客の数が半端なく多いのでエイブランはむしろ袋叩きで…もうビーチバレー大会じゃなくて,格闘技興行の一種だな(苦笑).
乱闘はおやめください! 話し合えばきっと解りあえるはず,と制止する言葉が一々うざいミスターにもついに物が飛び始め,いい気味だとジェニーたちが喜ぶのもつかの間.乱闘をやめさせないとISPの総力を出動させるとミスターが脅迫するもんだからあわてて乱闘をやめさせる…やっぱりミスターも人形なので,サングラスの下はつぶらな目だなぁ.
ようやく整った試合会場で開催される1回戦.ジェニー&ハリー組対クマくん&クマちゃん組の戦いは比較的平穏.…でも,動かしにくいジェニー人形をよくここまで動かすもんだなぁ.中学テニスに代表されるように球技において回転は大変重要な要素ですが,ハリー先輩は回転レシーブの方向を間違っている(笑).
しかし本当に恋は盲目.勘違いハリー先輩に見とれるジェニーは折角の絶好球をヘディング! おかげでクマ組に1点入ってしまい,すぐ対策を取ることになります.先輩がかっこよすぎてつい見とれてしまうという,本当にどうでもいいことで競技に支障をきたしている彼女をなんとかするためには…先輩が顔を隠せばいいのだ.ゆえにタイムを取って覆面をかぶってくるハリー先輩!
どっかのテニス部もお笑い対策として覆面をかぶっていましたが,味方の集中力を維持するために覆面を装着するのは新しいというか無茶というか…この世界にはまともなツッコミが存在しないため,「これなら見とれないだろう」「確かに!」と本人たちが納得しちゃうとそのまま放置するしかないのが切ない.誰でもいいから作中でこの状況にばしっとツッコミを入れてくれ! お願いだから(苦笑)!
ジェニーが集中力を取り戻せば,砂浜には暑苦しいクマたちに勝ち目などありません.クマたちのプレイはあっと言う間に乱れ,しまいにはくんとちゃんの中間に落ちた球を拾わなかったことで本性丸出しの激しい喧嘩がはじまって試合終了! プレイ続行不可のためクマの負け,ジェニーたちの勝ち! もうこの時点でビーチバレー勝負からなんか外れているけど見ないふり!
第2試合はシスターB&クマさん組とアキラ&なでしこ組.こちらは最初から順調にアキラたちが点を重ねておりますが,卑怯なエイブランが対抗手段を準備していないわけがない.さっきの負けすら計算のうちで,試合中にクマくんたちに球をすり替えさせ,知らずにアキラがサーブしたなら大爆発! いきなり毛が増えて(笑)アフロになるほどのダメージに「俺はもうだめだ…がくっ」と潰れたアキラは,品川ナンバーの救急車で搬送されていきます….
ついに犠牲者の出たこの大会.中学テニスのように球技に犠牲はつきものであるわけですが,なでしこ一人きりでは一人と一匹に勝てるわけもない.「ビーチバレーは,一人では無理だ」とミスターにまで当たり前のこと言われ,分身で着ないなでしこは悔しいけれど敗北だ! …シスターBたちとの頂上決戦を前に,控え室に入ったジェニーたちのところに戻ってきたアキラ曰く…ってもう戻ってきたんですか(笑)? …曰く! シスターBの反則に気をつけろ!
まだまだ全身が痛いらしいけれどわざわざジェニーのために蘇ったアキラ.そんな彼女の,そして負けて悔しいなでしこの気持ちを背負って決勝に挑むジェニーたち! 試合は激しくまともな応酬が続き,しかしジェニー側がやはり優勢…ここでシスターBが再び作戦を発動.球をクマちゃんたちの方に送ってすり替えようとしたところをアキラとなでしこが強襲! 「二度と同じ手は食わないぜ!」と車椅子のアフロキックが炸裂.ボールを潰してしまったクマたちは爆発!そして救急車!
自分たちを傷つける者は自分たちの手で始末する.アキラたちの逆襲によってすっかり気力の萎えるエイブラン.唯一の勝つための手段を失いパニくり未来の見えないクマさんに,「こうなっちゃうのよ!」とジェニーがアタック! シスターBの顔面だって容赦なく狙うスーパーヒロインの残虐なプレイによってあっという間にエイブランはぼろぼろ,そして倒れたので会場中でカウント開始!
中学テニスでおなじみの通り,球技は最後まで立っていた者が勝者です.ボクシング張りのテンカウントでジェニーたちの勝利が決まり,いつのまにか完全復活したアキラも観客やなでしこたちと一緒に祝ってくれる! …対してエイブランの皆さんは満身創痍.シスターBなんか足まで折れちゃっていますんで,ジェニーのアタックは波動球並みの威力だったのか(笑)? ともかくこんな中学テニスみたいな試合は絶対に親善じゃねえよとツッコミを入れながら,次回に続きます.

|

« 古代王者恐竜キング#36 | トップページ | 古代王者恐竜キング#37 »

レビュー◆Kawaii! JeNny」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/16999405

この記事へのトラックバック一覧です: Kawaii! JeNny#3:

« 古代王者恐竜キング#36 | トップページ | 古代王者恐竜キング#37 »