« 古代王者恐竜キング#38 | トップページ | 古代王者恐竜キング#39 »

Kawaii! JeNny#5

余程の腕でも手に負えない!

(A)最近疲れが抜けない上に,小遣いの減り方も激しいジェニーたち.ただ働きどころか交通費すら自腹なスイーツエンジェルスとしての活動が原因だ.待遇の悪さに我慢しきれず労働争議をはじめたジェニーたちだが,スーパーヒロインはお金のために戦うわけではないし,衣食住は自宅住まいの学生なんだから不自由ないだろうとMr.クラウンにボランティアを強制されてしまう.けれどISP全てがボランティアではないことに気づいたジェニーたちは,即座に戦闘を放棄した.
(B)突然ISP飛行基地へと呼び出されたジェニーたちを待っていたのは,MR.クラウンの用意した専用飛行機とハリー先輩そっくりのバリー教官だった.大人の魅力にやられたジェニーたちは,教官の指示に従って格好も気にせずで体力作りに勤しむ.それを監視していたクマさんの報告にエイブラン基地は激震する.ジェニーたちが自分たちの領域であるミリタリールックに踏み込んできたのだ!

いい大人の酷すぎる悪ふざけこと「かわいいジェニー」.ここまでに浦沢御大が見事作り上げた世界はあまりにも壮絶な出来栄えとなっており,さすがの千葉克彦でもいきなりこの異様な世界での本領発揮は無理.むしろちゃんと2話作っただけで偉いので褒めたい…つうか千葉さんはノーマルな脚本でも抜群に熱くてバランスのいいものが書けるわけだから,もうちっと仕事を選んだっていいのに,なんだってこんな滅茶苦茶なところに喜んで飛び込んで行くかなぁ…やっぱし大和屋氏と「カブトボーグ」のせいなんだろうなぁ…(苦笑).
てなわけで基本的なコンセプトは当然イカれているものの,さすがに御大の高みにまでは達せずに終わっていく今回.それでもいろいろと必殺技が炸裂するあたりはさすがキッズ作品の名手!…これキッズ向けの作品じゃないけど(笑).ラストでは好き勝手に思い込むけれどちゃんとオチがついて納得できずに着地する真面目なところが実に千葉氏らしくて,御大脚本に比べるとざらつきの残る視聴後の後味もなんだか魅力的.

前半.一応今回も暴れるエイブランは楽器型の武器を投入.クマたちにはでかいホルン.シスターBには指揮棒.何をするのかと思ったら,秘密兵器のスイーツとおしゃれを奪い取って攻撃するバンドなんですね.こういうのを開発できる組織を背後に持つエイブランだけれど,幹部にシスターBたちを配するあたりがダメ組織(苦笑).ただし,まだ全然吹けてないクマたちも「少し練習」するだけであれだけ吹けるわけだから,無能なのはやっぱしシスターB….
新兵器の投入なんか当然知らずにスイーツ食っているジェニーたち.最近ちょっと疲れ気味.お小遣いの減り方も激しいというのはアキラもなでしこも同じなら理由ははっきりしてる.3人揃ってやっているスイーツエンジェルス活動のせいだ! 最初は話の流れで引き受けたものの,時間を取られてアルバイトもできない上に給料もないどころか交通費が出ない.改めて考え直すとひどい自分たちの待遇に,ジェニーたちは労働争議を起こすことに決めました.…決めるなよ(苦笑).
3人で即席の労働組合を作ったか,例のバスバスの中で3人揃って鉢巻締めてシュプレヒコールを上げるジェニーたち…女児向け玩具のやることじゃねえ(苦笑)! 我々は断固要求する!と労働者たちは雇用主との直接対話を求めるものの,ミスターは当然出てこない.都合の悪いことは聞かないつもりの親父に怒るジェニーたちは,こうなったらこの部屋をぱぴー以外全部ネットオークションにかけちゃおう!と話が進んだところであわてて交渉の場に出てくるミスター.…スタッフより設備の方が大切ですか?
備品を売り払われるのはまずいとあわてて出てきたミスターを黒幕扱いするジェニーたち.可憐な乙女にただ働きをさせる奴は悪代官だ! しかし荒ぶる労働者にミスターも必死.これはただ働きとかそういうことじゃない.スーパーヒーローやヒロインはお金のために戦うのではない.平和のため,守るべきもののため,悪に対する怒りのために戦うというのが由緒正しい伝統なのだ!
それでもヒーローだってカレー食べるしヒロインはおしゃれをする!なおも食い下がるジェニーたちに,君らは学生だから衣食住に不自由はないだろうと痛いことを言うミスター…それとISPでの待遇はもう別の話のはずなんだけど,「これからも悪の秘密結社エイブランと戦ってくれ!ボランティアで!」とジェニーたちは気合で丸め込まれてしまう.
ただ働きをつい受け入れてしまったジェニーたちはオープンカフェでがっかり.あまり頭の良くないジェニーたちにおっさんの相手は荷が重い….でもスイーツエンジェルス業はただ働きに見合わない危険があるし,ボランティアを強制するミスター自身にはISPからお給料が出ている気もしてきた.あのおっさんも正義の味方じゃないのか? なのにあいつはもらえて自分たちだけもらえてないんじゃないのか?
ちょうど良くミスターからミッションを告げる連絡が入ったので「ミスタークラウンのお給料はおいくらですか」…凄いところで凄い話を始めたジェニー(笑).街の平和よりもお給料の方が大切! 国際科学警察はボランティアなんですか?と問い詰めたなら,一応給料制だけど大したもんじゃなくてね,管理職だから残業代も出なくて…とかミスターが言い出した! 聞くべきは「給料制」のみ.他の言い訳は全部スルー!
「ボランティアは終了!」と通信をぶっちぎったジェニーたち.遠くからはエイブランが起こしていると思われる音楽と爆発音が聞こえるけれど,そんなもんは無視を決め込みたい…けどできない.ちょっと無視するのは難しそうな川北氏らしい激しい爆発エフェクトだし,エイブランは自分たちの大好きなスイーツとお洒落を今まさに台無しにしているわけだし!
ジェニーたちが来ないのをいいことに街を闊歩し破壊活動に勤しむシスターBたち.楽しいマーチに乗せて行進,クマさんたちの楽器の力でスイーツやお洒落や迫ってくるパトカーや軍の車だって消し去ってしまう! エイブランの脅威の侵攻によってスイーツとファッションは無駄に浪費され消し去られる…許せない!と我慢しきれず飛び出したジェニー!
今日こそお前たちを倒し…と武器つきなので強気なシスターBの前に出たのに,邪魔なんかしないわと言い出したジェニー.「私を,エイブランに入れてください!」…まだシリーズの半分も消化してないのに寝返ろうとする主役(笑)! 時給も交通費も出ないISPに残る気はない.スイーツとお洒落をもらえるならあなたに協力します! …完全に私利私欲で動く,正義の欠片もないひどい主役だ!
気に食わない組織にはきっぱりと別れを告げてすっかりエイブランに寝返る気満々の主役.しかしシスターBの返事は「ノー,サン,キュー!」…やめたお前はただのハイスクール2年生! 「何の役にも立たぬ小娘など,いらんわー!」…まあそりゃそうだろう(笑).でも敵の主力を仲間にするだけで無力化できるなら,ここは嫌でも仲間にしときゃよかったんだよなぁ.
折角仲間入りを申し出たのに,これは遊びじゃない,馬鹿な小娘と言われて泣き崩れるジェニー.エイブランには置き去りにされて…「なんだろう,この気持ち,私の中に,はじめて生まれたこの気持ち…」…屈辱とか憎悪とかそういう奴に身を震わすジェニー.「お金なんかいらない! ただ,奴らを倒してしまいたいというこの気持ち…これがひょっとして悪を憎むという気持ちなの?」…たぶん違いますよ? ジェニーさん.
けれどここでその通りだとミスターが無理やり被せてくる! その悪を憎む気持ちでスイーツとおしゃれを守るために戦ってくれジェニーと乗せられたジェニーさんは「わかりました!」と勝手に承諾! 勢いに乗せられたアキラたちも仕方なく同調して変身.エイブランは仲間入りを断ったばかりのジェニーに喧嘩を売られます.だって,悪と戦う理由はお金じゃないってわかったから!
正義…ではなく怒りや恨みや屈辱でエイブラン攻撃にかかるスイーツエンジェルス.エイブラン音楽隊は間が悪く吸い込みを忘れて弾切れするから,その隙を突き,もやもやした気持ちをパワーに変えて必殺のフラストレーションアターック! 3人が通り過ぎる際に発生した大暴風によって楽器武器は崩壊し,エイブランはやっぱし敗走….これで真のスーパーヒロインとなったジェニーたちだけど,結局勝っても気分はすっきりしないまま.悩んでも理由はわからない…馬鹿なので(笑).

後半.スーパーヒロイン業は続行させられているものの,学校では普通の恋する乙女であるジェニー.今日も一人バスケット練習に勤しむハリー先輩をうっとりとストーキングし,練習終了したところでタオルを差し出し…アキラとなでしこも同じタイミングで「どうぞ」と差し出すので,三人揃って惚れてるのは間違いないのか.タオル3本をそのまま受け取るハリー先輩.彼にとってはきっとどれでも同じなんだろうなぁ(苦笑).
練習後はスイーツやステーキや懐石料理はいかが? アルバイトで学費を稼ぐ苦学生でもさすがに腹が減っているらしく,ならばジェニーとアキラとなでしこのプランのうちで先輩が選ぶのはどれか…が検討される重要場面なのにISPからの無粋な呼び出し.しかもここでハリー先輩の出番は終了だったりもするんですが,すぐに同じ顔の人形が出てくるよ!
ISP飛行基地へと呼び出されたジェニーたち.オープニングにも出てるラブリーな飛行機3機が既に待機中ですが,そんなもんいいところで邪魔されたジェニーたちの知ったことじゃありません.軍服姿のミスターが来て貰ったのはほかでもない…と言いかけると「ほかでもないなら帰ります」と3人とも即座に退席するつもり満々.せめてまともに給料くらい出してれば,彼女たちもこれほど反抗的ではないだろうに.
他でもなくてこれは訓練.エイブランの活動を阻止するためにimpossible!と言わないための技能を習得するための…もちろんジェニーたちにとっては訓練こそが不可能&不必要だから一昨日来やがれ! けれど面食い…というかハリー先輩と同型の人形には目のない三人は,教官役の顔を見てびっくり! ハリー先輩と同じ人形…同じ顔!
同型の登場に三人はびっくり.彼はハリー先輩とそっくりのバリー教官.同型だけど先輩とは違う軍人の精悍な魅力があるようで,あっさり夢中になったジェニーたちは早速質問攻め.スイーツ,ステーキ,懐石料理は好きですか? 「食事の前に,まず訓練だ!」「はい!」…相手の顔であっさり態度の変わるジェニーたちだから,ミスターも整形すれば全てがうまくいくと思います.
教官について基地内をランニング.お約束のあの節回しで,ファーイトスイーツエンジェルスー,大空目指して頑張るぞー,エンジェルだーもの空高くー…相当間抜けな新兵訓練だって,バリー教官のためなら耐える! …むしろなかなか耐え難いのは着せられた訓練用の服の方.そもそもミリタリーはキュートでお洒落な彼女たちの趣味ではないのです.
ブートキャンプは激しさを増し,腹筋に勤しむジェニーたちだけれどさすがに体力の限界に.これでは操縦訓練ではなく体力訓練だとなでしこがクレームを入れたなら,体力訓練はミスターの余計な差し金だと判明.でもバリー教官は話がわかるいい男なので,すぐに体力訓練をやめて飛行訓練に切り替えてくれます…このあたりで話を進めないともう時間が足りないもんな(笑).
ジェニーたちの訓練を偵察していたクマさんは,かなりヤバいという感触を持ってアジトへと帰還.だってあいつら「ミリタリールックに身を包んじゃったわよ!」…報告すべきところが明らかに間違っていますが(苦笑)ミリタリーをコンセプトとして掲げるエイブランにとってカブられるのは大問題.酸いも甘いも噛み分けた大人のエリアに侵入してきやがった奴は撃滅するべし! 似非ミリタリーのスイーツエンジェルスを倒すべし!
気に食わない服装でエイブランの怒りを買ったとは知らぬジェニーたちは,今度はパイロットスーツに着替えて登場.しかし近未来SFらしいつるっとしてかっこいいデザインでないツナギを着るのは大変不満.それでも飛行訓練に出るのはバリー先輩の顔が好みだから.バリーの乗る赤い複葉機に続いて出るスカイスワロウ,サブマリンCF,グランドリル,デザインのモチーフはツバメに金魚にリスですね.
アホでも乗れるように相当操縦は簡単になっているらしく,ジェニーたちは離陸をあっさりと成功.このまま海上に出ようとしたところで突如他機からの発砲! これにやられてあっさり落下していくバリー教官! もちろんこんなことやらかすのはシスターB率いるエイブランしか考えられない.ミリタリーだけは絶対譲れないシスターBは,仕方なく着ているジェニーたちを打ち落とすべく空中戦スタート!
ミリタリーなんてお洒落じゃないと言い張るジェニーたちに,お洒落じゃないなら脱げとシスターBは逆切れる.初訓練のジェニーたちにはまったくテクニックなどなし.それでも戦おうとして急速上昇してみるアキラはすぐさま失速し…回転しつつ落下する金魚は死なばもろともの精神でクマくんの飛行機に特攻し2機で落下! クマちゃんとなでしこも正面衝突の上,一緒に落下…残るはクマさんとシスターBとジェニー,2対1では勝ち目はない!
あひゃひゃ笑いも邪悪なシスターBに後ろから撃たれまくるジェニー…桃井さんは本当にハマり役だなぁこれ(笑).もうだめ!と諦めかけたジェニーの耳に不意に聞こえてくるバリー教官の声…君のパッションに従えと,既に倒れた教官の声が聞こえる! 己の中に耳を澄ませば,大好きなスイーツとお洒落を失いたくない自分のパッションが響いてくる…恐らく幻聴だろうけど細かいことは気にするな!
不意に不規則に動いてジェニー機は消え,一瞬後には太陽を背に降ってきてバリアラモード・アッソーを炸裂しクマさん機を撃墜!…なんでパッションに耳を澄ますことで必殺技が出るのかとか気にしちゃダメ(笑)! 続いて狙うシスターB機が旋回するも,ジェニーは旋回にがっちり食らいついた上でスイーツエンジェル・キャンディードロップという名の銃撃を容赦なく叩き込む! …スーパーヒロインは気合こそ力! 細かいことは絶対気にするな(苦笑)!
不条理な覚醒展開によってシスターBは敗北.ただ一機残り空を舞うジェニー機では,「バリー教官,アキラ,なでしこ,私,みんなのこと,決して忘れないから!」…散っていた仲間を想って誓う.しかしその散ってったはずの三人は当然ぼろぼろの状態で生きていて,すっかり悲劇のヒロインを気取るジェニーが青空に描く「君たちを忘れない」に地上からツッコむしかない(笑).もちろん君たちのことは忘れず,次回に続きます.

|

« 古代王者恐竜キング#38 | トップページ | 古代王者恐竜キング#39 »

レビュー◆Kawaii! JeNny」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/17115147

この記事へのトラックバック一覧です: Kawaii! JeNny#5:

« 古代王者恐竜キング#38 | トップページ | 古代王者恐竜キング#39 »