« 2007年10月開始アニメ雑感・2 | トップページ | Kawaii! JeNny#5 »

古代王者恐竜キング#38

やっぱり人外だったのか!

アンコールワットに恐竜が出現したことを知ったリュウタたちは早速現地に向かったが,既に恐竜はジャングルに逃げ込んだ後だった.現地の人々は出現した恐竜・ステゴザウルスのことを神話の怪物と呼び,追い込んで落とすために落とし穴を掘る.完成した穴に恐竜を追い込もうとしていたところで遺跡のすぐ傍に割烹着を着た女神様が降ってくる.神話の怪物を見事鎮めた女神の正体はあのアクト団のタルボーンヌだ.
恐竜の出現を知ったアクト団ではロトとロアがカード集めに行こうとするも,タルボーンヌに妨害される.勉強のためと嘘をついたロトたちについてきた上,勉強の邪魔になる恐竜を片付けるために地上に落ちたタルボーンヌは,雄叫びを上げつつ現地の人々とともに恐竜を追い立てる.ステゴザウルスの頭をお玉で殴って落とし穴に落とす女神様の所業は,とても人間技とは思えない.

正しいキッズアニメとして,年末年始に渡ってクライマックスを演じ子どもたちの購買欲を誘わねばならない「恐竜キング」.でもサンライズは季節的な盛り上げは案外苦手で,割とどうでもいい時期に凄く盛り上がっていたりするのがお約束(笑).本作もついに盛り上げの萌芽が見えてきてますが…なんだろうこの回は(苦笑).決して作画がいいわけじゃなく,主役以外の面子は顔が崩れまくっているものの,女神様の暴走っぷりが凄いために地味に異常な話です.
脚本神戸一彦,演出杉山慶一,絵コンテ藤原良二とベテランの支える今回,アクト団のタルボリンコさんの真相が明らかとなります.あの身のこなしと融通の効かなさはただ者ではないと思ってましたが…やっぱりか(笑)! 疑り深い視聴者こと自分はアクト団全員が人間ではないかもしれないと疑っておりましたんで,人外が含まれていたことが判明したのである意味一安心.…でもまだ他の面子の正体は疑っていますよ(笑)? ちなみにこの回から予告の音楽が変わったみたいです.

前半.今日の舞台はアンコールワット.内戦の傷も癒えぬ…あたりは子ども向け作品なのでさらっと流し,遺跡にはまっていた卵カプセルが開いて恐竜が実体化したところからスタート! 恐竜・ステゴサウルスを神話の怪物と思い込んだ現地民たちは銅鑼などの鳴り物で恐竜を牽制.ステゴサウルスは遺跡の壁をぶっ壊してジャングルへ逃走.…その神話の怪獣に女神に滅された伝承もあったために大変なことに(笑).
まさか女神様に全部持っていかれるとは知らないリュウタは,今日も今日とて「まあまあ」ことろくでもないテスト結果を持って帰宅中.恐竜の出現を知ってDラボ経由でカンボジアへと向かおうとしたところでバレちゃったテストの点数,45点(苦笑).そりゃ怒る父の前でお気の毒な点数の答案を丸めて自分のポケットに押し込めるリュウタ.…押し込めたからって解決するような問題じゃないんだけれど.
早速到着したアンコールワットで,現地の人々から神話の怪物が蘇ったとの証言を得るリュウタたち.過去一夜にして村を滅ぼした怪物は,神の化身に倒されたらしい.もちろん怪物はやはり恐竜なわけですが,この1年の間に集中して卵カプセルが開きまくった現況もかなり異常だと今更ながら思います.他の時代で実体化した恐竜はアクト団が既に回収しているはずですが,それにしてもこの一年に開いたカプセルの数と種類はきっと異常.…この時代に開くようにカプセルに細工でもされているんだろうか?
今日も海を快調に走る恐竜島…こんなに速かったっけ? ドクターが動けないのをいいことに好き勝手しているノーピスは,恐竜出現をロトたちに伝えて出陣させようとするんだけれど彼らは子ども.タルボーンヌの監視下にあって勉強しなければなりません.こっそり部屋から抜け出そうとしてもタルボーンヌの目を盗めないロトたち.歴史の勉強にアンコールワットに行くとごまかそうとしたら,タルボーンヌが御一緒しますと言い出した!
腰が未だ癒えず寝付いたままのドクターにおかゆをふうふうしているウサラパ.なんせ食べてもらえないとタルボーンヌに怒られる.出撃どころか夕飯抜きにされるのは勘弁してほしいダメ3人組.出撃させるには食うしかないドクターだけれど食べたら冷まし足りずに熱くて吹き出し,おかゆを浴びてアジジと慌てるウサラパの言葉から「ジジ」という言葉に反応して怒り…揃いも揃って,お前らそんなに真実を言われるのが嫌ですか? 格納庫からはいい飛行艇が既に飛び去り,ウサラパたちに残されたのは嫌な予感満載の古い奴しかない.
村人の神話の怪物退治を手伝うという名目で恐竜に近づくことにしたリュウタたち.でも村人がどでかい穴を掘り怪物を落とすという計画はさすがに疑問(苦笑).それでもジャングルの水辺でステゴサウルスが発見されれば,リュウタたちなどには任せず落とし穴めがけて追い立てはじめる村人たち! …あれは神話の怪物で,あれを倒せるのは神の化身しかいないらしく,リュウタたちはその神の化身とは思われない…だからってあれを神の化身に祭り上げるのは,絶対村人の頭がおかしいよな(笑)?
恐竜を騒音で追い立てるアンコールワット近郊までやってきたアクト団の飛空挺.タルボーンヌという余計な保護者に困ったロトは,勉強の邪魔になるからあの恐竜を退治しようと話を持っていこうとするも,タルボーンヌが「私が追い払いますから,二人は勉強してください」とか斜め上のことを言いだした上に飛空挺から地面へとジャンプ&降下! 当然はためく割烹着はパラシュートにはならず…ずどんと墜落! これでタルボーンヌが潰れる展開は…キッズアニメなのでないですよ(笑).
落下によって舞い上がった土煙の中から元気に出てくるタルボーンヌ.村人たちは彼女のごつい割烹着姿に女神を見てなぜか称え始める(笑).リュウタは相変わらず彼女をタルボリンコさんと間違えており,この先「タルボーンヌです!」とタルボリンコさんは訂正を続けることになります.ちなみにどうでもいいタイミングで出た「おばさん」発言にぼろぼろ飛行機のウサラパ様が反応してますが,落ちる場所とタイミングを失った3人に今週もいいとこはなし.普通にジャングルに墜落しております(苦笑).
村人に囲まれてきょとんとしているタルボーンヌはあっと言う間に神話の怪物退治の旗頭にされ,女神様と一緒に怪物退治するつもりの村人の先頭になり,雄叫び上げてジャングルに突撃…タルボーンヌの真意がまったくわからないリュウタたちはあまりにも度外れた展開に呆然.「神話の怪物と神の化身か」「それだけ聞いたらファンタジーなんだけど」「タルボリンコさんとステゴサウルスだからなぁ」…「タルボーンヌです!」
先行するタルボーンヌたちを追ってジャングルに入るリュウタたちに合流するロトたち.落ちたタルボーンヌのことを一瞬心配したものの,丈夫なので落ちても大丈夫,象に踏まれても大丈夫という結論に瞬時に達しております(笑).恐竜カードを取り合う2組は恐竜目指してせっせと走り…リュウタがポケットに突っ込んでいた45点の答案が落ちてロトたちに拾われ,45点はひどいと年下に率直に評価される(苦笑).
その悪さから恐竜並みの頭脳とバカにされても,恐竜大好きなリュウタは言葉の真意を理解できない.…この理解度の低さでは,確実に国語もできないなこいつ(苦笑).日頃の激しい勉強の成果で賢いロトたちは,掛算ができればそう難しくもない問題を出題.10分間に2.2キロ走る恐竜の時速は?
時速は1時間に走る距離.つまり60分走ったときに走った距離を求めればいいわけで,10分の距離に6を掛ければ時速になる.正解は毎時13.2キロとなるはずですが,リュウタはバカなので考えているうちに置き去りにされます.…ガブもこんな人間並みの頭脳と言われるのは不本意だろうなぁ(苦笑).
主役たちを置き去りにして村人たちに追い立てられるステゴサウルス.落とし穴の前にはタルボーンヌが立ちはだかり,向かってくるステゴの頭を手にしたお玉でひと殴り! その一撃は見事にクリティカルヒットしたらしく,ステゴは哀れ穴の中へと転がり落ちる! …すたっと着地してかっこいいタルボーンヌはお玉を宙に振り上げて,この女神様の勇姿には身内のロトたちもびっくりです.

後半.女神様ことタルボーンヌの大活躍で大穴に落ちたステゴサウルスにロープをかける村人たち.障害がなくなりこれでゆっくりロトたちを勉強させられると思ったのもつかの間.ステゴが逆襲!タルボーンヌを遥か遠くへと吹っ飛ばす! この不意打ちにはさすがのタルボーンヌも対応しきれず見事な放物線を描いた上,ようやく近くまで来たリュウタの前にどかんと落下.またももうもうと土煙が上がり,その中でリュウタが手にしたのは…タルボリンコさんの生首!
…もちろん本作は健全なキッズアニメなので,早朝とは思えない猟奇展開に唐突になるわけもない(笑).首だけ取れた女神様の正体はロボット! 首はあっさり元の場所へと戻った上,そのままタルボリンコさんは今まさにティラノと戦おうとしているステゴの元へと爆走して戻る!…加速装置(笑)? 少なくとも今ではない時代から来たアクト団なんだから,人外が混ざるのは当初から予測していたけど,タルボーンヌは特に異常だったからなぁ(苦笑).でも,彼女の正体をロトたちやウサラパたちは知ってるんだろうか?
落ち着きのないステゴと獰猛なティラノのバトルは激しい.ステゴの尾を避けて後足に噛み付くティラノ,それを振りほどきまたも尾で狙うステゴ.実力伯仲のバトルの中で,ロトたちの技カードを使うタイミングが遅れたのが敗因.技・ラッシュスパインを発動して尾から無数の針を放出するステゴ.それがざくざく刺さったティラノはカードに戻され,自分たちを守るもののないただの子どもになってしまったロトとロアのピンチに駆けつけるタルボーンヌ!
ロトたちの前に雄叫びを上げつつ登場し,今のうちに逃げなさいと体を張って2人を守ろうとする不死身の女神様.その様に村人はすっかりエキサイト.ティラノをあっさり倒しているステゴは相当の難物で,いくら同じ手は2度と通用しないタルボーンヌでもあの巨体を倒すほどの力はないはず.けれど使えるものはなんでも使うのが女神様の流儀! 遅れて参加したリュウタがガブを召還したので,颯爽とガブに飛び乗るタルボリンコさん…なぜだろう.かっこいい(笑)!
首が取れたあたりからすっかりおかしなことになっている今回は,このあたりからクレイジーぶりが最高潮に! 僕の怪物ことガブを従え,神話の怪物ことステゴサウルスの討伐に挑む女神様ことタルボーンヌ.この女神様と僕のタッグは予想以上に善戦.ティラノでも勝てなかったラッシュスパインを,お玉で全て跳ね除ける女神様が凄すぎてどうしよう(苦笑).一体誰が作ったんだろうこのロボット.きっと主力のカード恐竜たちよりも有能だと思うぞ!
ガブを庇ってラッシュスパインの針を一発肩に食らったタルボリンコさん.それでも「タルボーンヌです!」と訂正しながら前へ前へと進む男前ぶり…ここまで突拍子もない展開になるなら,もうファンタジーでOKだと思います(笑).リュウタは精一杯かっこいいバンクでサンダーバズーカを発動し,ガブはステゴに見事ぶつけてカードに戻すことに成功しますが…当然ながらリュウタのことなど誰も顧みるわけもなく,村人に胴上げされるのは女神様!
おいしいところを本当に全部持って行くタルボーンヌ.なんせステゴのカードをしっかり拾って自分たちのものにしちゃってますからねこの女神様は.狙いの恐竜を手に入れたロトたちはすぐに撤退.一応止めを刺したのはガブなんだけど,女神タルボーンヌのラッシュスパイン無効化がなければこれほど楽には勝てなかったような気もするしなぁ(苦笑).ちなみに前半の答えは毎時12キロじゃないですよリュウタ.なぜそんな回答になるか想像できないような間違い方をしているリュウタは,確実に満遍なく勉強ができないはずだ…(笑).
完璧にタルボーンヌに蹂躙され倒した今回.それでもまだ物語の本筋に絡むことができた分だけ,Dキッズはさすがに主役なので優遇されてます.ダメ大人三人ことウサラパ様たちなんか,墜落してジャングルで迷子になって恐竜もカードに戻って反応しなくなって密林の中で一生迷子になれとドクターに見捨てられるという不幸フルコースを味わうだけだ(笑).陸にはトラ,でも逃げ込んだ川にもワニとかいそうで,無事に帰れるといいですね…(苦笑).

恐竜島では予想外のタルボーンヌの活躍によって強力なカードを入手できたノーピス.しかしタルボーンヌのファンタジーな活躍ぶりを聞いて,今後私の計画の邪魔にならなければいいが,なんて考えるノーピスがどうしようもなく黒い.自分の野望のために周囲を利用することにまったくためらいのない彼は本当に倉田だ.歴史改竄の上,恐竜が絶滅せず人類のいないifの世界を興味本位で作り出すとか普通に狙ってそうで大変に怖いです.
常軌を逸した古代博士とかオーエン博士とか,そのまんまマッドサイエンティストなDr.ソーノイダとか真っ黒で倉田なノーピスとか,本当にこの作品にはろくな研究者が出てこない.話が通じそうなのはリアスさんくらいだけれど,あの人も古代博士と一緒に仕事している時点で変人のような気もするし,古代博士の息子は急に勉強する気を出しても直後に寝てるし(苦笑).…そして,大きな転機を迎える次回に続きます.

|

« 2007年10月開始アニメ雑感・2 | トップページ | Kawaii! JeNny#5 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/17092990

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#38:

« 2007年10月開始アニメ雑感・2 | トップページ | Kawaii! JeNny#5 »