« Kawaii! JeNny#3 | トップページ | Kawaii! JeNny#4 »

古代王者恐竜キング#37

これが正しいDキッズ攻略!

早く家に帰りたいロトとロアは,ウサラパたちからアクトホルダーを取り上げてノーピスの恐竜カード集めを手伝うことにした.ヴェロキラプトルの三角カードを持たされた2人が向かったのはアメリカ・オクラホマ.西部劇の街に出現した恐竜を捕まえるのだ.そこにはもちろんウサラパたちだけでなく,リュウタたちも恐竜を救うためにやってきていた.
ロデオ大会の会場で出くわしたリュウタをロトたちは挑発し,結局リュウタははじめてロデオに挑戦することになってしまった.もちろんろくにロデオなどできないリュウタは,会場から逃げ暴走する馬の手綱に必死で掴まっているくらいしかできない.そんな馬の動きを止めたのは前から迫る牛の群れ,さらにその牛たちを追いかけてくるサウロファガナクスの姿だった.

3クール目も終わり間近で,クライマックスへの道をどうやら登りはじめた「恐竜キング」.ここまでキッズアニメに飽きもせずにつきあってきた者からすると,ここまでの伏線がこの先でどこまで機能するかと,現時点で予想される事態がどこまで裏切られていくかが本当に楽しみ! 1年かける物語に相応しいハラハラと感動を視聴者に見せつけてもらいたいものです.
1クール先の見せ場に向けて動き出したノーピスと,早く帰りたいという理由で彼の手先になったロトとロア.ロトたちはリュウタたちを乗せて騙して調子に乗ってますが,自分たちがノーピスに乗せられ騙されてるっぽいことには気づいてない様子なのが気になる….作画監督は石川てつや.安定した作画で,特にロデオで気の毒なことになるリュウタの動きが無駄によく書き込まれているのが面白い.

前半.まさかドクターのぎっくり腰がきっかけで物語が急激に動き出すとは思っていませんでしたが(笑)今回はちび恐竜で輪投げをしたりおかゆを持ってきたウサラパたちを怒ったりしてるだけのドクターが,これまでノーピスの行動を抑止していたのは間違いないようです.…ということは,ノーピスはドクターの意志に反するようなことをやろうとしてるってことか?
おかゆを使って貧乏家族コントを軽くやったあと,ウサラパたちの露骨な媚に気づいて怒り,輪投げの輪で3人の動きを見事封じるドクター.それは言わない約束でも,おかゆも食べ飽きた,カード持ってこいとウサラパたちを蹴り出す(笑).今日も冒頭から哀れな3人の大人の懐から転がり出たアクトホルダーを,ロトたちがさっと取り上げます.
ダメ大人に比べたら自分たちの方が頼りにできる…生意気だけれど真実を語るロトたちの言葉はウサラパたちには相当痛いはず.もちろんロトたちも宿題させようとするタルボーンヌには勝てないけれど,それはウサラパたちも同じというか,いい大人3人がかりでおかゆひとつまともに運べないと叱られる方が圧倒的に負けているような…(苦笑).
寝室に戻ったロトとロアが見ているのは,どうやらロトが撮影したある日の自分たち.祖父のところに出かけていくロトたちを両親が見送り,その後親と離れて子どもたちだけでこんなところに来てしまったらしく…事故にでも巻き込まれたんだろうか? とりあえずロトたちの両親は物語の核心にはいない.けれど親から離されて帰りたくて仕方ない子どもたちの心に,ノーピスが抜け目なくつけこんできます.
ノーピスに言われたとおりにアクトホルダーを手に入れたロトたち.早く帰れるかは君たちの働き次第と,ノーピスの言葉に乗せられる彼らはカード集めに参加することになります.…確かにあの3馬鹿にやらせている限り,カードは絶対に集まらないだろうしな….恐竜カードを全部集めることがロトとロアの当面の目標となり.ノーピスはピンチ用としてヴェロキラプトルの三角カードも預けます.
てなわけで今までの緩い考えでは勝てない強敵が本格的に立ち上がったとも知らないリュウタは,今日はガブと一緒に西部劇に夢中!…こういうのが好きなのは父譲り? 「先に吼えた奴が負け.それが荒野の定めだ」という台詞にいたく感銘を受け(笑)ディノホルダーを持って真似しようとするリュウタの手からガブっと奪って逃げていくガブ…先に咥えた奴が勝ち.
その頃オクラホマではカウボーイたちの焚火によってカードが実体化して恐竜に.逃げる牛たちを追いかける大型肉食恐竜の反応はすぐディノホルダーにも現れて,リュウタがさっき影響されたばかりのカウボーイの町へ行くことに! …舞台に合わせるためとはいえ,あのいいとこ稀な古代博士のカウボーイハットを奪っていったあたりから,今回のリュウタの惨状が決まったような気がしてなりません(苦笑).
牛の暴走には気をつけろと言われ,古代博士愛用の鞭まで渡されるリュウタ…どんどん縁起悪くなっていくなぁ(笑).子どもたちの行く西部劇の世界はいい大人の古代博士にとっても憧れ.馬とカウボーイ! 見渡す限りの荒野! 「あと…ガラガラヘビ」とリアスさんがクールに交ぜっ返すのがおかしい.ガラガラヘビについてはラストをお楽しみに(苦笑).
カウボーイハットを装備したリュウタとその他2名は現地に到着.街はお祭りで沸き立っており,恐竜の気配はまだなし.本場なのでロデオ大会をやってますが,暴れ馬の背から振り落とされて踏まれたら子どもはすぐに死んだりしそうで怖いため,間違っても参加なんかしちゃいけないと思ったらロトたちが余計なことをする(苦笑).一瞬彼らが参加するのかと思ったら,リュウタは日本のロデオチャンプだと推薦してきた!
子どもの柔らかい体でこんなものに参加するのはまさに自殺行為.しかもロトたちはリュウタの扱いも手慣れてる.怖いんだろと挑発されたり,恐竜を飼ってる癖にお馬さんにも乗れないのなんて言われたら…短絡的なリュウタが売り言葉に買い言葉にならないわけがない(苦笑).この先こういう手をロトたちに頻繁に使われたら,まず勝負にすらならなくなりそうだ….
よく考えればリュウタは命の危機に瀕しているのに,こんなことしている場合じゃないと恐竜探しを勝手に続行するレックス.…久々のDキッズらしいチームワークのなさが素敵だ(笑).マルムさんはさすがに会場に残り,持って2秒とか1秒とかひどいことを言うロトたちと一緒に観戦.実際にロデオがはじまるとリュウタは驚くほど頑張るんですが…体は軽いし力もないし,当然ながら馬に振り回されることに(苦笑).
馬の大暴れにやられまくって,後ろ向きでやっと掴まっているくらいしかできないリュウタ.苦し紛れに父から借りた鞭を打ったら馬が痛さで暴走開始(笑)! それでも馬から落ちないリュウタは偉いというか,もはや落ちることもできないだけか(苦笑).そんなリュウタを心配して追いかけるマルムさんと面白がって追いかけるロトたち…このあたりは作画も面白い!
さて,ロトたちの出陣で既にすっかり忘れ去られているウサラパたちの動向ですが,荒野に3人,中身がトロイドのはりぼて馬にまたがりご満悦.ウサラパ本人は余計だと言ってますが,その様はまさに「札付き」カウガール(笑).そんな札付きどもに向かってくるのは…大量の牛! そしてサウロファガナクス! このままで蹂躙されっぱなしで終わりそうな事態にスピノが召還されますが,ゲストのサウロは本当にでかくて強かった!
大型肉食恐竜のサウロファガナクス.体格のいいスピノですらも吹っ飛ばし,口からは強力なマグマブラスターを放出! その一撃だけでスピノはカードに戻されてしまってどうしよう…ここで馬の中から覗いているトロイドがとても可愛い(笑).スピノのカードだけは回収できたけど,そのままサウロにトロイドもろとも吹っ飛ばされてずびずばー! …やっぱりこいつらにカード回収は無理だ….
街では未だに暴走馬に乗ったままのリュウタ.投げ縄で街の人が馬を止めようとしてくれるけれど止まらず…ところが急に馬が勝手に止まります.なんせ向こうから爆走してくるのは牛の群れ! 「父さんの言ったとおりだ!」とか感動してる場合じゃないですよリュウタ.あわてて横の建物の間に逃げ込んで避けると,続いてくるのがサウロファガナクス! …大型肉食恐竜にとっては,前を走る牛は全部食いものに見えてるんだろうなぁ(苦笑).

後半.サウロファガナクスの襲来を前にリュウタたち3人は合流.そんな彼らを「いいもの見せてもらったよ!」と余裕の笑みでまたも挑発するのはロトたち! リュウタを無様なロデオに仕立て上げた張本人の癖に,まるで人ごとのような言いぶりで,馬から落ちて腰の痛いリュウタはなんだか気の毒になるばかり….ここでカードは僕たちがもらうとロトが言い,36種類でコンプリートという重要な情報がさらっと出てきた!
たった36種しかなかった恐竜カード.リュウタたちが集めたのが現状で26種ということは,既にアクト団所属と判明している4種と今週のサウロを外すと,未出はあと5種しかいないのか.その情報の吟味に戸惑うリュウタたちを置き去りにして動き出すロトたち.ここでガブが場にいないことが判明しますが,犬は飼い主に似るもの.建物の上から一匹で飛び降りたガブはサウロの背中に捕まって…ロデオのつもり(笑)?
子どもたちが恐竜確保に動き出したその頃,さっき吹っ飛ばされたいい大人のウサラパたちは祭りのダンス会場に到着.オクラホマと言えばフォークダンス! 懐かしいねえ!と喜ぶウサラパ様をかっこいい男が誘いに来て,恐竜探しをあっさり放棄するあたりがダメだ(笑).エドたちも踊れとウサラパに言われるけれど,男同士のフォークダンスは青春の暗いメモリーが蘇るだけで悲しいね! …未来でも運動会ではフォークダンスを踊るんだなぁ.
そんなコントに乱入してくる牛の群れ,さらにそれを追うサウロファガナクスとサウロの背中に食いつくガブ! …カウボーイのつもりとかのんきな解釈がされていますが,どう見てもあれは食う気だろ(苦笑).ガブはついに振り落とされてリュウタと合流.やってくるサウロに対しウサラパたちはティラノとサイカを出そうとするも…ない.持ち去られたアクトホルダーの中に2頭とも入っていて手元になく,スピノも既に動けず…「相変わらず役立たずだな」とロトたちが登場.
頼りない大人に替わって恐竜は任せとけってな勢いのロトたちは生意気.いいとこを持っていかれそうなウサラパたちは,こうなったら腕づくで…と投縄を投げたら牛に引っかかって引きずられていく.…ウサラパたちは一体何をしに来たんだ(苦笑).場に残るは子どもたちのみ.サウロをアクト団に渡すわけにはいかないリュウタたちに,折角だから1対1の決闘はどうだとロトが持ちかける!
もちろんそんな言葉は無視して総力でサウロを押さえるべき場面.けれど「俺にやらせてくれ!」とまたもリュウタがノセられた! 本場で決闘という状況はリュウタにとってあまりにも魅力的.ノリが良すぎて仲間の忠告も無視して決闘を受け入れてしまうリュウタの姿に,ロトはひっかかったとほくそ笑む….かくしてはじまった荒野の決闘.サウロファガナクス対でかくしたガブ.互いに背を向けて歩き…先に吼えた方が負けなのにガブ,吼える(苦笑).
それをきっかけに技の打ち合い! でもガブが放ったのが命中率の悪いギガライディーンなあたりで…ああこれ当たらないな.ほら当たらなかった(苦笑).逆にマグマブラスターは発動も早くてがっつり当たり,頭突きから尾で打たれまくってすっかり劣勢.それでも反撃して逆に相手を倒すガブの根性はさすがですが,当然ながらロトたちはこの状況を狙っていた.2頭が疲れたのを見計らって乱入し両者を倒す.それが正しい悪のやり方だ!
ロトたちはアクトホルダーでティラノとサイカを召還.ここでようやくレックスたちがロトたちの狙いに気づいて増援を出そうとするも,エースのサイクロンもパラパラのメタルウィングもヴェロキラプトルの必殺封じによって不発に終わる.…なんて正しい技カードの運用! 最終的にはガブを無視してティラノのボルケーノバーストでサウロをしとめ,カードの取り合いも飛行スクーターで先行! 最後まで無駄な戦いをしないロトたちは,本当に強い!

さっさと飛行機で逃げていくロトたちを悔しく見上げるしかないリュウタたちは完敗! あのウサラパたちと同じカードを運用しても,扱う人間の頭によってこれだけ戦果が変わってくるんだなぁ….とりあえず一番悪いのはリュウタの軽挙妄動なので,レックスとマルムに思い切り叱られる(苦笑).確かに36種という情報は大きな収穫ですが,奪われたサウロがアクト団でどんな目に遭わされるかわからないのでリュウタは猛省すべきです.「くっそー! 今度こそ!」
勝って島に戻ったロトたちは,ドクターではなくノーピスにカードを渡します.ノーピスはまた改造しちゃうんだろうか? カードを集めれば両親のところに早く帰れるし,カード集めも面白いとすっかりご機嫌なロトたちだけど…率いるノーピスの顔が極悪.この倉田が本性を現す日もそう遠くないに違いない.で,その時にロトたちを庇ってくれそうな大人のウサラパたちがガラガラヘビにやられそうになったりしているのがまた不安なんだよなぁ….次回に続きます.

|

« Kawaii! JeNny#3 | トップページ | Kawaii! JeNny#4 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/17027117

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#37:

« Kawaii! JeNny#3 | トップページ | Kawaii! JeNny#4 »