« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

Kawaii! JeNny#11

強き者,汝の名は女

(A)街にゴミモンスターがまた出現した.ジェニーたちスイーツエンジェルスはISPの特殊メカ3機で戦ってみるがまったく歯が立たず,蠅たたきで落とされるようなふがいないスイーツエンジェルスに市民たちは落胆し罵倒する.続いて出てきたのはシスターBが操縦するイタズランII.人気取りにやってきたシスターBの善戦を見たジェニーたちは馬鹿馬鹿しくなり,うどん食って寝るためにバスバスへと戻った.
(B)荒れ狂うシスターBの下から樹海へと逃亡したエイブランのクマたち.自立を目指す3匹はそれぞれに森の中で家を建てるのだが,森の中で迷子になり水と食料を求めるジェニーたちが次々に家を襲って破壊していく.クマちゃんの藁の家はなでしこの合気道で吹っ飛び,クマくんの木の家はアキラの空手で粉砕された.残るはクマさんの建てた鉄の要塞のみ.果たしてクマ達は恐ろしい山賊どもの攻撃を退け自立することはできるのか.

巷を席巻する「スイーツ(笑)」ブームの斜め上を行く「かわいいジェニー」.今回の脚本は御大&千葉克彦氏.御大はいつものアレな調子でうどん食って寝るの大好きだよなー.冒頭の菓子をがつがつ食うところとか,新マシンにミスターを無視して勝手に乗り込んだときとか,御大脚本ならではの独特の間が映像として見事に再現されていることが凄い.最初は完全に御大に振り回されていたけれど,今は余裕を持って演出できている映像側の成長ぶりが大変に微笑ましい.
後半は女たちの悪っぷりが十二分に発揮されている怪作.もちろん面白い,凄く面白いんだ!…でもなぁ.確かに野放図な話は掛値なしに面白いんだけれど,元々伏線を駆使しながらの愉快で小気味よくて緻密でシリアスなドラマ作りに十二分な適性のある人なんだから,無理にここで頑張らなくてもいい気がしてならない.ここでしか生きられない御大とか,様々な試行錯誤の末に一番の強みがここにあると自ら見出した大和屋氏に比べると,シリアスドラマで一流な千葉さんの場合は,本作では明らかに才能の無駄遣いに見えてしまうんだ(苦笑).

続きを読む "Kawaii! JeNny#11"

| | トラックバック (0)

古代王者恐竜キング#44

舞妓は20歳くらいまで!

フクイサウルスの化石を京都の大学に運び,オーエン博士と一緒に調べるはずの古代博士とお伴のリュウタたち.けれどオーエン博士も古代博士もフクイサウルスより京都の舞妓さんの方に夢中で,リュウタたちを置き去りにして茶屋に遊びに行ってしまう.仕方なく京都観光をはじめようとしたリュウタたちのディノホルダーに現れる恐竜反応.この京都に出た恐竜を探すリュウタたちは,うずくまって泣いている舞妓さんと,その舞妓さんの花簪を盗むフクイサウルスに出会った.
恐竜反応を捉えた恐竜島からは,ウサラパたちに加えてようやく腰の治ったDr.ソーノイダとロト・ロアが一緒に京都へやってくる.Dr.ソーノイダは舞妓を追いかけるのに夢中.残るウサラパたちとロトたちが京都で恐竜を探しはじめる.リュウタたちの仲間がフクイサウルスに綺麗なものを集める習性があるという話をしているのを聞いたウサラパは早速舞妓に変装.自分が美しい囮となって恐竜を引き寄せようとするのだが,先に釣れてしまったのは厄介なオーエン博士だった.

これまでに積み上げたものを消化しながら終盤突入中.先読みの楽しみが増している「恐竜キング」.真面目に考えてこうじゃないか?と思ってたモノが当たったり外れたりするのを確かめながら見るのは本来のターゲットのキッズには確実に無理な楽しみ方.自分も時々前に書いた感想を確認しつつ,あの時あいつがあんな行動を取っていたのはなぜだろうとか思い直したりしています.年末年始の休止期間にそういう未回収の部分を整理しておくのもいいかもしれないな.
一時期崩れていたもののすっかり復調した作画は今回も美麗! 演出池野昭二,絵コンテ菱田正和,作画監督鈴木幸江という抜群の布陣で京の名所を爆走します.普段から史跡や名所を次々に描き出さねばならない背景も,今回は恐らくいつも以上に大変であったに違いない.神戸一彦脚本は,展開はちょっと強引だけど映像になると凄くいいシーンになるんだよなぁ.そして詩乃役の天野由梨! とんでもないベテランがぽんとゲストに投入されたことにびっくりですが…ええっと,特に年齢の面ではウサラパ様と同類では…(苦笑).

続きを読む "古代王者恐竜キング#44"

| | トラックバック (0)

Kawaii! JeNny#10

投げっぱなしが気持チイイ…

(A)宇宙人ピーちゃんが地球に戻ってきて,宇宙のゴミが気持ち良く合体して生まれたゴミモンスターが宇宙で暴れていると言う.一体誰が宇宙にゴミを捨てたのか.Mr.クラウンに確認すると人間ではないと言う.悪の秘密結社エイブランにはそれがやれる資金力がない.ゴミモンスターは宇宙を汚す奴は人間しかいないと断言するし,ゴミを捨てたのは結局誰なのか.
(B)お腹の空いたなでしこは仲間を誘ってラーメンを食べようとするがすげなく断られてしまう.もしも自分がお姫様ならジェニーたちも自分をないがしろにしたりしないだろうに….なでしこはあっという間に自分の妄想の中に没頭していく.自分が姫でジェニーとアキラが家来でMr.クラウンがじいやで,仲間たちは自分を守るために一所懸命.そしてもちろん,なでしこ姫を狙う悪の組織もなでしこ姫を狙っているのだ.

素晴らしいイカれっぷりも見せたこのシリーズも終盤目前.回を重ねるごとにどんどん投げやりの目茶苦茶になっていく「かわいいジェニー」! 普通の人間の許容範囲を遥かに超えるふざけっぷりは,例の「カブトボーグ」と並び今年のバカ作品の双璧を為すんじゃないかと思います.今回前半からはじまるゴミモンスターシリーズは一応連続モノのはずなんだけど…いつもながら,あんなぶん投げかたを連続モノでやっちゃダメだろ御大(苦笑)!
脚本は前半が浦沢御大で後半が下山氏.人類とか女性に対して非常にシビアな目を向けつつも流行のネタは迷わず拾い食いする御大の間違った貪欲さはなかなかですが,ひたすら妄想世界を突っ走ったあげくにあの一言で強引に落とす下山氏の悪乗りっぷりも気持ちいい! この作品でなければ当然許されない反則技を嬉々として実践する脚本家たちの何かに憑依されたかのような笑顔を妄想すると,視聴者の頬もやっぱし緩んでしまうなぁ….全てが許される自由って素晴らしい.そしてこの自由をそのまま飲み込める視聴者はきっともっと素晴らしい(笑)!

続きを読む "Kawaii! JeNny#10"

| | トラックバック (0)

古代王者恐竜キング#43

計算高い天使のテーゼ

シベリアで暴れたのが原因で風邪をひいてしまったガブとエース.けれど獣医であるマルムの父が抱える注射器の餌食になるのが嫌で逃げ回り,仕方なく飲み薬が処方される.同じ頃恐竜島でも恐竜たちの間で風邪が蔓延.タルボーンヌの看病もまったく期待できない今,島外から医者を呼ぶしかないと瞬間移動装置で建物ごと島に転送した「竜の動物病院」は,実際は竜野動物病院,マルムの家だった.
恐竜たちの治療をマルムの父に強制しようとするアクト団.しかし注射器を使いたかった竜野医師にとってこれは最高の機会だ.早速サイカたちを追いかけて,タルボーンヌの協力の元で注射器の餌食を増やしていく.その傍らでリアスは以前一緒に行動したノラッティ~と再会.彼がアクト団の一員と知ったリアスは,島を脱出するために彼の恋心を利用するのだった.

伏せられていた設定が明らかになるのと同時に現状も大きく変化をはじめ,過去ののんきな定型にどんどん戻れなくなっていく「恐竜キング」.頭の悪い3悪党が子どもたちに負けてカードを取られるという黄金パターンももはや過去のもの.そもそも恐竜カードの残りはごくわずか.それが尽きればレギュラー恐竜の取り合いかカードを保存している施設の強襲しか残されていないわけで…そういう意味で今回の転送の意味合いは非常に大きい.家ごと,Dラボごと,あるいは学校ごと島に転送されてしまえば,リュウタたちは最終決戦を回避することはできなくなるのです.
てなわけで予測される決戦に向けて緊迫感の増す今回は…リアスさんへの気合の入り方が尋常じゃない(笑).ダブ回らしく作画・演出面はきっちり安定.脚本神戸一彦,演出河村智之,絵コンテ伴山人が純情なお兄さんを冷静にたぶらかす天使を描きます.…そういやこれまでエド回ってないなぁ.これは単に彼が割食っているだけなのか,それともこの先重要な役割が割り当てられているためなのか?

続きを読む "古代王者恐竜キング#43"

| | トラックバック (0)

[雑記]最近の大事件が書けない

師走の忙しい中皆様いかがお過ごしですか? 自分も例に漏れず忙しく,昨晩も忘年会でオールで今日はもう何もできない…(苦笑).忙しさゆえに感想2本だけ書き続けることしかできなくて,とうとう放映に追いついた(笑).自分の感想は確実に毎度全編の内容を書いてしまうので,読む人のためにも1週以上開いてからのアップをこれからも貫くつもりなので,普通の感想は今日はお休み.…そろそろ改編とか帰省があるので,ずるずる感想が遅れていきそうな気もするからなぁ(苦笑).

最近は「ガッシュ!の本誌連載最終回目前!」とか「唐突に.hack//G.U.が劇場公開決定!」とか結構な大イベントが立て続けに起きているんだけれど,これは両方とも終了後・視聴後にたっぷり書きたい気がするので手がつけられない(苦笑).「ガッシュ!」なんて本誌連載1話でファンになったから,相当感慨深いものがあります.とりあえず全員サービスのトランププレゼントは今週号までなので,忘れずに応募しておこう.
…あ,「恐竜キングにとっても見覚えのある背景が!」というのは個人的には凄まじく大事件だった(笑).あの時に横の拍手を連打してくれた人は,自分と同じ幸せな気持ちを共有してくれたのだと思います…ハリウッドに同一の背景画像があったってことは,あの世界で「陰陽大戦記」はハリウッド作品なんだろうか?

写真は,会社の近所で売っていたのでつい買ってしまった段ボール肉まん.


やっぱり段ボールの匂いはちょっと移っちゃいましたが,おいしかったですよ.

---
今回短評を出した作品は以下の通り.

続きを読む "[雑記]最近の大事件が書けない"

| | トラックバック (0)

Kawaii! JeNny#9

師匠は夕食,弟子はぶん投げ

(A)給料が安くて血圧の高いMr.クラウンに依頼というか脅迫をされて性能強化されたISPマシンを試すことになったジェニーたち.それぞれの機体に乗り込んで早速テストしてみるのだが,3機とも大暴れで使い物になる操作性ではない.こんな危ないものに自分たちを乗せようとしたことに怒ったジェニーたちはISPの経費でスイーツを食べに行き,残された機体にエイブランたちが近づいた.
(B)アキラとなでしこが頭をぶつけて人格が入れ替わってしまったものの,2人とも案外落ち着いている.男女の入れ替わりと違って問題も少ないので,記憶が戻るまで気長に待つことを決めたからだ.エイブラン退治も3人がかりなのでスイーツエンジェルスとしての活動にはまったく支障なし.ハリー先輩へのアピールでも先輩が戸惑うくらいの問題しか起きない.けれどエイブランの追加により人格入れ替わりの規模が一気に広がったところから現場は混沌の渦と化す.

回を重ねるごとに混沌の度が増して飽和点に達しつつある「かわいいジェニー」.後先を一切考えない自由すぎる物語はまるで真夜中の白昼夢.意味や教訓やメッセージなどというお高い物は一切含まれていない,純度100%のジャンクフードです(笑).本来典型的なスロースターターの浦沢御大作品が,この短期間がここまでぶっ壊れるのは本当に珍しくて素晴らしい.比べてみると「PPGZ」も「パンシャーヌ」も相当まともな作品だったんだなぁ…(苦笑).
今回は前半が御大で後半が大和屋氏.相変わらず御大はやりたい放題の斜め上に展開.とりあえず夕食のメニューが決まれば十分だろと言わんばかりの御大イズムが溢れまくり.そして後半では現状復帰糞食らえという家風も堂々,大和屋氏のぶん投げ発動(笑)! カオスと化す終盤から気持ち良くぶん投げへと繋がっていくためにその飛距離は相当のもんです! …こうやって毎週バカ話を見ていると,段々無表情なはずの人形の顔に様々な表情が見えてきちゃうなぁ.

続きを読む "Kawaii! JeNny#9"

| | トラックバック (0)

古代王者恐竜キング#42

やっぱり関係あるのかよ!

恐竜島に戻って来たタルボーンヌはすっかり調子を崩していた.ウサラパたちに勉強させようとしてみたり,ロトたちに遊べと言ってみたり.ハリウッドのスタジオで感電するより先に,ノーピスが横浜で彼女の背後から与えた電撃の影響が大きいのだろう.未だにロトたちに恐竜を集めさせているノーピスは,ニュースの中で探していた者の顔を見つける.それはこれまで何度もリュウタたちの前に姿を現していた,謎の老人だった.
ロシアのモスクワで恐竜が出現したことを知ったリュウタたちは,早速現地へと向かう.既に出現していたアンペロサウルスはシベリア鉄道の貨物車に潜り込んで眠りだし,リュウタたちがそこから出してカードに戻す前に特急が発車してしまう.狭い貨車の中で大きなアンペロサウルスが暴れれば車両が脱線するから,パラパラの歌声で眠らせたまま,次の駅で止まるまで待つことにした.

物語はそろそろ終盤に突入,どんどんネタばらし中の「恐竜キング」.ここまで緩やかに積み上げてきたものを全部使った,メインスタッフリストに恥じぬ案外ハードな展開がこの先で展開するはずで…今回もまた黒いノーピスによる犠牲者が発生! 謎のじいさんことジュラサンが大変なことに….前からひょっとしてそう来るかなーとは思ってたけどやっぱし関係者だったのか(苦笑)! 今回も作画は比較的安定してますが,作画監督金栄範なのでリュウタの顔がときどき怖い.
キッズアニメのクライマックスは本拠地と地球を守るための戦いというのが世のお約束で,そろそろDラボが直接狙われてもおかしくない時期にも突入.逆にここまで引っ張っても時間移動をしてこないってことは,恐竜カードを全て集めることが時間移動の鍵になっている可能性が高そう.あの時空の歪みを移動して時間を越えるつもりかな? でもドクターたちの行きたい時間と,ノーピスの行きたい時間は違う気がする….

続きを読む "古代王者恐竜キング#42"

| | トラックバック (0)

Kawaii! JeNny#8

基本に戻るとなんか地味

(A)ジェニーの宝くじが1億円当たった! アキラとなでしこはこれまでのバスバスでのお菓子と紅茶費用を盾にして分け前を要求するが,ジェニーはシスターBからもらったくじだからと拒否する.1億円を全部ハリーに貢いでお嫁さんにしてもらうことしか考えていないジェニーは,明らかにシスターBに騙されているに決まっているのにスイーツエンジェルスを脱退する.
(B)スイーツの食べ過ぎで肥えてきたジェニー.このまま太ればハリー先輩の記憶から消え去る日もそう遠くはないかた,1カ月間アキラとなでしこの監督の下でダイエットに励むことを決める.案外ダイエットマニアだった仲間たちの指示を受けて順調に体重を落としていくジェニー.しかし目標達成直前に,どうしても空腹を我慢できなくなったジェニーは盗み食いでリバウンドしてしまう.

浦沢御大の敷いた,いい大人の悪ふざけ道を堂々と歩む「かわいいジェニー」.予想通りに順調に,映像的にも内容的にも他では絶対に見られないような壮絶な作品と化しております(笑).今回のゲスト脚本は川端信也.他の超脚本家たちに比べると新人と言って良さげなキャリアで…これまでの参加作品はガチでまともなわけだから,よりによってこんな人外魔境で仕事しなくてもいいのに…(苦笑).
今回は基本に忠実.エイブランは悪役でジェニーたちも比較的仲良し.しかしここまで毎回のようにみっともない内輪もめに次ぐ内輪もめを見てきていると,基本に忠実なことに退屈さを覚えてしまう,そんな現状が怖い(苦笑).掴みは結構いいんだけれど,特に後半はオチを映像的に把握しにくいのも難点.ハリー先輩のバイト一直線な姿勢は凄くよかったんだけどなぁ(笑).ちなみにこの回よりオープニング変更.なんかでっかい人が増えた….撮影協力の大佛次郎記念館は「おさらぎじろう」って読むんだぜ!

続きを読む "Kawaii! JeNny#8"

| | トラックバック (0)

古代王者恐竜キング#41

思い通りにならないことが多い!

アメリカ・ハリウッドの映画撮影所でペンタケラトプスが出現.現場ではたまたまレックスの父,オーエン博士がアドバイザーを務めるはずの恐竜映画が撮影されていた上に,港で拾われたロボット・タルボーンヌまで運び込まれた上,落雷の衝撃で不完全ながらも再起動を果たしていた.恐竜出現を知ったリュウタたちやアクト団のロトたち,さらにウサラパたちも早速撮影所へと駆けつける.
広い撮影所でリュウタたちは即座にガブたちとはぐれ,恐竜探し以前に相棒を探すことになってしまった.迷子のガブたちはスピノバーグの撮影現場に紛れ込んでリアリティのないはりぼて恐竜を壊した上,角竜のはりぼてに乗って暴走を開始.ペンタケラトプスはその角竜の後を追いかけはじめ,いつの間にやら月面のセットでロボット軍団を従えるタルボーンヌと真っ向から対決していた.

クライマックスに向けてテンションが上がってきている「恐竜キング」.ここまで溜めに溜めた伏線が次第にほどけてきている最近は1話も見逃せないわけですが,今回は単独の作品としても最高の出来.作画は最良,動きも2D3Dともに抜群,緩急の効いた構成も絶妙! 三浦浩児のダイナミックゆえにツッコミどころも激しい脚本を,絵コンテ演出の菱田正和監督が好き放題に膨らませまくり,作画監督の平岡正幸が細かいところまで遊び倒した一大娯楽回! 最初から最後まで年末大サービス(笑)!
主役が3人3匹,敵が2組5人1匹,ゲストがオーエン博士とパンチョ,スピノバーグ監督と助監督,ジョニー・デッパ,ペンタケラトプス,タルボーンヌ…あまりに大量すぎる登場人物たちがあちこちで絡み合っては離れていった末に訪れる最終決戦が…あんなことになってしまうとは(苦笑).裏テーマは「報われぬ恋」に違いなく,ガブの賢さや名演技ぶりにも呆然.そして決して見逃せないのが最終決戦で次々に合成される映像の中の1枚…あの桜咲く背景には凄く見覚えがあるぞ(笑)!

続きを読む "古代王者恐竜キング#41"

| | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »