« 古代王者恐竜キング#46 | トップページ | 古代王者恐竜キング#47 »

Kawaii! JeNny#13

男としてもゴミモンスター

シスターBの乗るイタズランIIを唆し,仲間割れさせることでダイカイテンを倒したゴミモンスター.しかし敗北の許されないISPは最後の希望,超天使ロボカシマCを準備していた.ダイカイテンを倒したことで思い切り浮かれ,ついでに恋に落ちそうになるゴミモンスターとイタズランIIの仲は愛らしいカシマCの登場によりあっさり破局.ゴミモンスターは邪魔なイタズランIIを攻撃し破壊してしまう.
己の恋路を邪魔するものを消したゴミモンスターはカシマCへの求愛を開始.けれどカシマCはゴミモンスターがゴミで臭いために彼のキスから逃げ回っていた.失礼なことを言われたゴミモンスターだが,正直は貧乏人の財産ということでカシマCを許し,かわりに消臭剤を自分にふりかけて臭いを消した上でさらに迫る.もちろんカシマCも,中に乗っているジェニーたちもゴミモンスターにキスされる趣味はない.かくなる上は戦ってゴミモンスターを消滅させるしかない…という物語がなぜかミュージカルで展開する.

映像的にも内容的にも斬新すぎる「かわいいジェニー」もついに最終回! やりたい放題を最初から最後まで貫き通して描いた軌跡は…これは本当に誰にも真似できないというか,真似しようと思う奴がいないというか…(苦笑).とはいえこんなNHK教育みたいな映像を30分1クール作り上げられた意義は大きい.造形の質も映像の質も悪くない,問題は脚本と悪乗りだけである作品をコンスタントに出せたこと自体が凄い.それはNHK教育にも「マイキー」にもできなかったことで…「モノノ怪」総評と同じようなことを書いている自分にびっくりです(笑).
崩れた効果をわざと狙っている場合以外は,基本的にギャグはシリアスより作画・演出の質は良くなければ面白くなりません.これは,たまには素人の苦し紛れの崩れっぷりが面白いこともあるけれど,繰り返し見続けていくならば事前に練られきっちりと作り上げられたプロの芸の方が面白いのと同じこと.そういう意味で本作は徹頭徹尾見事なプロの仕事,プロの芸でありました!

前半は前回のあらすじからスタート.ダイカイテンに負けて宇宙に戻ったゴミモンスターですが,すぐに戻ってきやがった上にイタズランに乗るバカなシスターBを唆してダイカイテンを倒すという意外な策士っぷりを発揮しやがりました…「わかった,聞くわ」じゃねえよシスターB(苦笑).けれどISPには敗北は許されない.アフロで戻ったジェニーたちを待っていたのは…史上最強の巨大ロボット,カシマC! なんか中の人のシルエットがばっちり出すぎな気もするけれど,こいつを使ってゴミモンスターを倒すのだ! しかも歌って踊りながら(笑)!
勝ったゴミモンスターとイタズランは共犯ゆえの共感からかすっかりいい雰囲気になり…なぜかミュージカルがスタート! 力を合わせれば世界を征服できるかもしれない巨大ロボ2機が,都市の真ん中で気安く触ろうとするのを手ひどくひっぱたいたり,内心惹かれつつあったり…映像的には完璧にNHK教育の領域(苦笑).「もしかしたら,愛してるのかもしれない.もしかしたら,愛されてるのかもしれない」…ゴミの甘いラブソングにイタズランの中のシスターBもうっとり.で,いきなり調子が変わります(笑).
「俺はー恋するゴミモンスター!」…花持って何やってんだ侵略者が(苦笑).ゴミモンスターとシスターBのデュエットに花を添えるコーラスはクマさんたち.相手がゴミだってのにすっかりいい雰囲気になっちゃってるシスターBの度量の広さが凄まじい.ゴミに惚れられるのならば,クマを部下にするのなんかそりゃ朝飯前だよなぁ.2機の世界では都市は虹色,頭上にも虹が輝き…そんな夢の空間に飛び込んできたカシマC!「冗談じゃない恋なんて,してーる場合じゃなーい!」…2人に比べると歌がやっぱしちょっと下手(笑).
「冗談じゃないミュージカルなんてしてる場合じゃなーい!」…その通りだ.でもカシマCも加わってビルを見下ろすような巨大ロボ3機が繰り広げてしまうミュージカル.…これやっぱり深夜番組の絵じゃねえよ.NHK教育だよ(苦笑).やってる場合じゃないのにミュージカルをやめられないカシマCには,何らかの強制力が働いて…いるわけないなぁ.きっとただのノリだなぁ(苦笑).けれどカシマCは抜群に可愛く,敵のゴミモンスターまで思わず見惚れてしまうほど.この機体はその外見から心理戦を仕掛けているわけですね.
ゴミモンスターは美しいカシマCの外見にハマってすっかり惚れこみ,心を変えた薄情な男の態度にシスターBは怒る! しかも引きとめようと頑張る以前に「待てない!」「どういうこと!」「こういうこと!」と邪魔なイタズランを殴ってくるというDVぶり! …こいつさすがゴミだけのことはあって,男としてもまさにゴミ.思いきり恋人?からの暴力を食らったシスターBは,本性はドSなのでさらに厳しい攻撃をゴミモンスターにお返しで浴びせかけるんだけれど,やはり男で体格もいいゴミの方が腕っ節は強かった.
ゴミモンスターに殴られるたびにぐるぐる回るイタズラン.中のシスターBは目を回し,そのままイタズランはばったりと,狙ったようにクマたちの方に倒れていった上に爆散! …因果応報,裏切りの罪が裏切りによって罰された形でイタズランは退場.残るはカシマCなんだけど,もう誰も邪魔するものはいないとゴミが本気で迫ってきて大変にうざい! もはや誰にも止められない状況をいいことに,いきなりキッスを迫ってくるあたりも男としてゴミ(苦笑).カシマCも中のスイーツエンジェルスも悩んでいる場合じゃない.アキラ曰く「逃げる場合だ!」
てなわけでキスを迫るゴミモンスターに帽子を投げつけたりなどしつつ,可愛らしい仕草で逃げるカシマC…そのわざとらしさがなんか視聴者的には腹立つ(笑).せっせと逃げるカシマCだけれど,ゴミモンスターから逃げる理由はとても言えない.それでも聞きたがるゴミに怒らない?と確認した上でカシマC…の中のジェニーたちが言うことには.「それはあなったーがゴミだからー」「それはあなーったが,くさいからー」…あまりにもそのまんまな上に大変失礼な理由に愕然とするゴミは花火背負って大ショック! 「俺は傷ついたゴミー!」と絶叫!
ゴミモンスターのことを有毒ガスだわと臭がる主役美少女ロボットカシマC.作り手の意図がわからなくなるくらいカオスな状況となって参りましたが(苦笑)いくら事前に約束していてもここまでやられて怒らないわけがないけれど…「正直に言っちゃってごめんなさーい!」と謝るカシマCの頭上にまた開く花火.2人で歌うのは「正直は,貧乏人の,財産だー」「ゴミに,そんなこと,言われたく,ないわー」…ゴミモンスターは惚れた弱みでカシマCに怒ることができないらしく,けれど,どんなに心が広くてもやっぱりゴミはダメだった.
いかつい見た目に反して,カシマCに対しては意外と素直で照れてるあたりは可愛いゴミモンスター.しかしもちろんキスはダメ! だったら,とゴミモンスターは周囲をきょろきょろ,「俺の臭さが,なくなればいいわけだ!」と大量の消臭剤を全身にまぶす!…御大は本当に奔放だなぁ(苦笑)! 臭くなくなったからキスさせろと追いかけてくるゴミモンスターはやっぱり男のクズであり,「冗談じゃ,ないわよーっ!」とカシマCはゴミクズの頬を張る.とんでもないのに惚れられた.臭いだけ消せばいいってもんじゃないだろう?
さすがにここまで激しく拒否されてしまっては,ゴミモンスターも怒らざるを得ない.逆に憎さ100倍で向かってくるゴミモンスターをなんとかするため,ジェニーたちは地球防衛軍の出動を要請して体勢を立て直すことに…さっきベタ惚れしていたところで不意打ちすれば良かったんじゃないかとか考えちゃダメだ(笑).独特のポーズで後ろに下がるカシマCは,今度こそゴミモンスターを自然に帰すと心に決める.後半こそが最終決戦,ミュージカルも抜きで「やったるわよ!」

後半.恋に負けたゴミモンスターは怒りに任せてゴミを吐き,そのゴミは街を埋めていく.市民は避難し地球防衛軍がゴミモンスターを止めるために押し寄せ,報道するテレビ局も避難していく…いかにも川北監督らしい軍事系の特撮も無駄にレベル高くて面白かったなぁ(笑).戦闘機乗りの中にはバリー教官やリナが混じっており…リナって誰(苦笑)? けれどゴミモンスターは陸空から押し寄せる地球防衛軍の武力にゴミを吐き爆散させる…バリー教官は「君たちを忘れない」状態? ともかくこの世界では通常兵器は無力すぎる.
とはいえ本作の場合,登場人物は全て「忘れない」状態に陥ったとしても人形なので死にません(笑).役割として死ぬことはあっても次週にはあっさり生き返ったり死んだことがなかったことにされるあたりは人形遊びと同じなんですね.イタズランの爆散で明らかに「忘れない」状態だったはずのシスターBたちも瓦礫の中からアフロとなって復活…人形とぬいぐるみだから(苦笑).彼らの願いは裏切ったゴミモンスターをカシマCが倒すこと! とんでもなく虫のいい話ではありますが,あいつらは悪なのでどんなに自分勝手でもおかしくはないのです.
で,エイブランすらも望みを託す人類の希望,カシマCが一時撤退して態勢を立て直しているのかと言えば…巨大箒で都市のゴミ掃除という外れっぷりで,ミスターが何をしているんだとツッコミを入れるのも当然.しかしジェニーたちは激しく反論.元々悪いのはゴミを捨てたのを隠していたISP,だからこそ今掃除をしているのだ! 「反省していただきたいものですわ!」となでしこに激しく糾弾されて「反省しよう…反省するから早くゴミモンスターを退治しなさい!」…命令するだけして消えるミスターこそがやっぱしラスボスなんだよね(笑).
「これ以上街は,汚させない!」といつになく真剣なジェニーさん.その真剣ぶりになぜかゴミモンスターは「勝手なことばっかりしやがって!」と愚痴りはじめます.モンスターになんかなりたくなかった.まだまだ使えるのに捨てられたことが無念で,恨んで,集まってこの姿になったのだ.決して自身が悪いわけではなく,周囲の状況で勝手に悪の側に落とされてしまっただけ…最初から,人間が真面目にゴミを捨てていればこうはならなかった! 「俺たちは,人間が作り出したモンスターだ!」…男としては最悪だけど気の毒なゴミモンスターの叫び!
倒すべき敵は純粋な悪ではなく,むしろ同情すべき気の毒な存在…こんな作品なのに物語の決着の難易度を上げる判断がクレイジーですが(笑)人間として恥ずかしくなったジェニーたちは防戦一方.カシマCは箒バリアーで攻撃を牽制するばかり.…世界は確かに救いたい,けれどここでただ倒したら,人類が犯してきた罪を,繰り返すことになっちゃうよ! ゴミは捨てられてから,ずっと苦しんでいたんだよ! 悲しんでたんだよ! そんなゴミモンスターをまた倒したら,苦しみや,悲しみや怒りは,もっと大きくなるだけだ!…とまでは盛り上がってないね(苦笑).
とはいえ51話に準えれば,ジェニーたちは単にゴミモンスターを倒すのではなく救ってあげなきゃならないはず.この世界の運命を背負うカシマCをシスターBもクマさんたちも応援開始…避けてばかりじゃ勝てないぞ! けれどカシマCのお洒落なロボットというスペックがここで裏目に出てしまいます.ゴミモンスターが気の毒とかそういう話以前に,元々汚いものは苦手だったようです(苦笑).ロボットの癖に本能的にゴミ攻撃を避けてしまっては勝負にならない.ゴミ抱きつきされ,至近距離でゴミを浴びせられたらコックピットにもゴミが侵入だ!
中の人も含め「わーもうダメー!」なカシマC! なでしこの脳裏では過去回想が走馬灯状態.妄想の中のシンデレラ,水着がまったくサービスでなかったビーチバレー,絵が斬新過ぎてビビった工事現場,君たちを忘れない飛行訓練,呪いのトゥシューズのためにラインダンス…「楽しかったわね」「天国へ行く,いい土産になるぜ」…まあ,土産は珍しくてネタになる方がウケはいいからなぁ.ジンギスカンキャラメルとか.「私たち,死んでしまうのですか?」と淡々と問うなでしこに「ああ,ゴミにまみれてね…」と絶望的な声でジェニー.さすがに絶体絶命か!
しかし「せめて,分別したゴミにまみれたかったですわねー」というなでしこの軽口が奇跡を呼んだ! 分別という言葉にひらめいたジェニーさん,「ゴミ攻撃を,分別するのよ!」とか言い出す! もちろん分別すればどうなるかなんてわからない.「でも,分別するのがスイーツエンジェルスの努めなのよ!」…そうなの(笑)?.いきなり気力を取り戻し分別を開始.ゴミにすっかり埋もれつつもなんだか逞しいジェニーさん,確かに成長したんだろうけど…正確に言えば,成長してやっとまともな人並みになれたんじゃないかと(苦笑).
カシマCは猛然とゴミモンスターの分別を開始! 苦手なモンスターに近づいてバットを引き抜いたり,カシマCキャッチとやらで本格的に分別! 燃えるごみ,燃えないごみ,ペットボトル,細かな区分はそれぞれの自治体で決まっているはずですが,なんとなく東京都区部っぽいルールで分別しているに違いない.ただしそもそも家庭ごみじゃないかも(苦笑).ともかくジェニーたちは分別に励み,この状況で分別する意味がわからないエイブランも巻き込んで分別の輪,適正処理とリサイクルの輪が着実に広がっていきます….
意味はわからなくても分別することが成長の証,正義の味方でも悪の秘密結社でも,理屈なんかどうでもよくて分別することこそが成長の証であるという超理論になぜか同調しゴミを片付けるエイブラン.カシマCはスイートハートズバッシュ・ダブルでゴミモンスターのゴミをふっ飛ばし,分別して資源に戻し無限再生を封印! さらにエンジェルジェットカッターで体を切り裂き完全分解したならば…ゴミモンスターが消えた! それは体を構成する素材不足によるものか,はたまた人類が正義と悪の垣根を越えて分別する心意気を見せたからなのか….

消えてしまったゴミモンスターを探しカシマCを降りるジェニーたちに,ミスターは言う.ゴミモンスターは成長を見届けて消えたのだ…分別さえしていれば生まれなかったものが,命をかけて分別するスイーツエンジェルスとエイブランの成長を見届けたから消えたのか.ゴミモンスターは正義と悪にゴミを分別する大切さを教えてくれた.「ゴミモンスター,ありがとう」…最終回のラストシーンで語られる教訓が分別の大切さ…クレイジーとしか言いようがない(笑)! しかもこのどうしようもなさこそ御大らしさなんだからたまりません.いいぞ,この先ももっとやれ!
真実はどうかは不明のまま.しかしゴミモンスターがもういないことだけは事実のはずが,「いや,いる」とミスターが唐突に言い出した.ゴミモンスターは君らの心の中にいる! …本来はゴミを分別しない人間の心の中にこそゴミモンスターが住むのだと解釈すべきなんですが,えええー!冗談じゃない,不潔!変なこと言いやがって!と派手に嫌がるその他の皆さん.エイブランがモニターの中のミスターにゴミをぶつけにかかったので早速スイーツエンジェルスも同調.やっぱしスイーツエンジェルスの宿敵はミスターなのか(笑)!
人間としてゴミは分別しなければならないけれど,気に食わない奴に物をぶつければすっきりするのもまた人間.高尚となるも卑近となるも行動次第なのだと人形やぬいぐるみが暗に語っていると思うのは…たぶん考えすぎですね(苦笑).とりあえず,こんな深夜にこんな珍妙な作品を作りあげた川北監督+浦沢御大の伝説が今はじまったことだけは間違いありません!

|

« 古代王者恐竜キング#46 | トップページ | 古代王者恐竜キング#47 »

レビュー◆Kawaii! JeNny」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/17735244

この記事へのトラックバック一覧です: Kawaii! JeNny#13:

« 古代王者恐竜キング#46 | トップページ | 古代王者恐竜キング#47 »