« 2007年12月終了アニメ雑感 | トップページ | Kawaii! JeNny#12 »

古代王者恐竜キング#45

不幸も幸せなクリスマス!

クリスマスを迎える古代家では,パーティを前に子ども達よりもリュウタの父母が浮かれていた.マルムがサンタ風のドレスでやってきたことから今晩のパーティもコスプレでやることが決まってしまい,リュウタやレックスまでやりたくない仮装をさせられる.そんな恥ずかしくも幸せな古代家の様子をアクト団のロトとロアが庭から見ていた.Dr.ソーノイダに頼まれて,Dキッズから恐竜カードを奪い取りにやってきたのだ.
未来からこの世界に望まずやってきて帰れないロトとロアは,両親と一緒で楽しそうなリュウタたちのクリスマスを壊してやろうと考えた.最初はケーキを取りに行った母親を足止めしている間にリュウタたちをおびき出し,恐竜カードを取り上げてやろうと思ったのだが失敗.なぜか古代家のパーティに加わることになってしまう.亜紀さんだけは何も知らないものの,ロトたちの正体を知っているリュウタたちがロトたちと一緒に仲良くパーティするのは凄く難しいことだった.

4クール目もそろそろ後半.クライマックス目前だからこそしみじみと心情を語る物語を投げ込んでくる「恐竜キング」.最終決戦時の構図は未だ見えないけれど,ここでわざわざ敵側に親近感を持たせるエピソードを投入してくるってことは,やっぱりそういう構図に持っていくつもりだろうなぁ.脚本は繊細な丸尾みほ.演出が杉山慶一で絵コンテが藤原良二ならば手堅い布陣のはずだけど作画は大荒れ.これは作画監督の江上夏樹・村上直紀の責任というよりは,動画の大観アニメクオリティでしょう(苦笑).
いかにも悩みのない主役らしく,両親健在で愛される幸せな境遇にいることをよくわかってないリュウタの行動は,その境遇に戻りたくてたまらないロトたちから見れば贅沢で横暴.そりゃ嫉妬したり空回りするのも当然で…でも自分たちよりもさらに不幸なレックスのことはさらりとスルーしちゃうあたりが,子どもって本当に残酷だ(苦笑).視野が狭くて自分の周囲の都合のいいことしか見えない,ただ可愛いとか素直とかではない,上っ面だけでない強欲な子どもらしさが描かれているのがとても面白い.

前半.雪降る中,古代家では博士と亜紀さんがいきなり浮かれまくっており,一人息子のリュウタは逆に冷めちゃって困ってます.毎年この調子ってのは結構辛そうですが(苦笑)一緒に喜べているだけでもとても幸せなんだけどなぁ….お呼ばれのマルムさんも「楽しまないとつまらないわ!」と少年たちにクリスマス歓迎コスプレを披露.パラパラもトナカイ役で巻き込まれており…この大サービスに男子2人はがっくり.…まだ思春期には早いからなぁ(苦笑).
クリスマスなんだかららしい服を着ろというマルムさんの注文.リュウタたちは当然御免被りたいわけですが,テンション上がってる古代博士夫妻はこの提案にノリまくり.両親たち自らコスプレする気満々で,完全に雰囲気に乗り損ねた少年2人もコスプレパーティに巻き込まれてしまうのでありました.…唐突に用事を思い出したと一人でも逃げようとするレックスを掴んで逃がさないリュウタ.仲間を捨てても逃亡しようとするあたり,相変わらずあんまり仲がべったり良くないところがいいなぁ(笑).
古代家が愉快なクリスマスを繰り広げていた頃,恐竜島では通常よりも荒んだ日常が流れていました.子ども部屋にこもったロトたちが見るのは過去の映像.家から祖父のところに出掛け,そしてすぐに帰ってくるつもりだったのに…彼らが両親と別れてから少なくとも9カ月以上の時間が流れているはず.繰り返し流している過去の映像からは遥かに遠くなり,しかも今日が家族揃って過ごしたいクリスマスとなれば…どうにも泣けてくるのです.
小さな心を痛めている子どもたちのことに気づいていない恐竜島の大人たち.出てこない子どもたちよりも壊れが悪化しているタルボーンヌの方が大問題! あれだけ拘っていたロトたちとウサラパたちを間違って認識しているらしく,強制的に食事の世話を焼いてくるけど…作るものは料理の形にすらなってねえ(苦笑).ちゃんと食べないとダメダメという口ぶりも前よりも明らかに悪化.どうやらここまで壊れた原因はドクターが手を入れたせいらしく,まったく直ってないどころか正直悪化しているとしか思えないのがドクターらしすぎる.
欠陥アンドロイドことタルボーンヌは大切な家政婦さんだと主張するドクター.でもドクターに向かって「あんた誰」とか聞き出すあたり,記憶装置がすっかりイカれているのは間違いない…あの時のことを思い出されると困る犯人には願ってもない壊れっぷりってとこか.下手に思い出されると巻き込まれるので通りすがりとごまかすドクターとやってきたロトたち…でもウサラパたちがいくら恥ずかしげもなく通りすがりの18の小娘とか青年とかイケメンとか言い張っても3バカのことだけはやっぱり覚えてて,口に野菜を詰め込んでくるんだよなぁ(苦笑).
こんな間抜な大人たちにロトたちの悲しみや寂しさなんか伝わりはしない.それでもロアは何か言いたいんだけれど,この状況でクリスマスどうこうは無理だとロトは判断.なんでもないと部屋から去ろうとするところで祖父のドクターが孫の2人に頼んできます.子ども同士のほうが油断するかもしれないから,リュウタたちからまとめて恐竜カードを奪って来るのだ! …ウサラパたちも行きたがるけどあまりにも信頼がおけないので却下,というかもうちょっと早目に3バカを見切っておけばここまでやられっぱなしにはならなかっただろうに(苦笑).
2人きりでさみしいクリスマスを子ども部屋で過ごすのに比べたら,恐竜カードを奪いに出かけるほうが楽しいに決まってる! ロトたちは喜んでクリスマスに浮かれる日本に向かいます.上空から見ても浮かれてる街の様子に素直に喜ぶロアと,そういうことには斜に構えているロト…それでも少しは気が晴れたはずの2人を待っていたのは下手すれば部屋にいるよりもずっと厳しい光景.恐らくはテレビ出演の関係で既に住所バレちゃってる古代家では,ロトたちが願っても手に入らない楽しそうな家族の光景が繰り広げられていたのです.
段ボールから出される様々な仮装衣装は…「昔友達の漫画家とコミケ通いしてたことがあって,その時作ったの」って亜紀さんが地味にシュートな時事ネタを突っ込んできた(笑)! 古代博士はロビンフッドをやるらしいけど,あのおっさんは普段からコスプレしてるような気が(苦笑).もちろんリュウタにもレックスにも仮装衣装が与えられた上に逃亡も禁止! …そんな間抜けで切ない,けれど幸せなクリスマスを外から見ている2人はひどく傷ついてしまう.この回の作画は微妙なんですが,ここぞという時には頑張っているので視聴者になんとかしてやりたいと思わせるほどです.
あまりにガラスの向こうが楽しそうなのが悲しくて…「ぶちこわしちゃおうか」と言い出したロト.パーティを壊した隙にカードを奪ってしまえばいいと方便をつけて,クリスマスに喜んで悪いことしようとする2人は本当に可愛そうだ….あの家の母がケーキを取りにいくところをロアが足止めし,その隙にロトがリュウタたちを呼び出して恐竜カードを取り上げようと計画.無関係の母親に仕掛けるのは気が進まないロアも,恐竜カードはDr.エンシェントと祖父が作り出したものだから,それを返してもらうのだと説得する…これも新情報だなぁ,怪しいけど.
恐竜カードを集めれば帰れる.2人は今すぐにでも帰りたい.だから…アクトボードで店から出た亜紀さんのケーキを奪って逃げて,アホのように追いかけていく亜紀さんを神社へと誘導,雪が降る.でもロトが「これを返してほしかったら,この子とここに…」と脅迫しようとしてんのに,亜紀さんはケーキが食べたかったもんだと思いっきり勘違い! …亜紀さんが間抜けな分もありますが,恐竜を背負ってないロトたちが脅迫してもまったく迫力がないのが主な原因でしょう(苦笑).なかなか買えないおいしいケーキを食べたいのなら…「うちにいらっしゃいよ!」
で,息子たちの敵とも知らずにパーティに誘ってくる亜紀さんの誘いに乗ってしまうロトとロア.雪降る街で自己紹介しながら家に戻るわけですが…家で待ってる博士とリュウタとレックスとマルムは,間違いなくこの珍客に別の意味で驚くだろうな(苦笑).ロトとロアは古代家に侵入してカードを奪うという方便でこのような行動を取っているわけですが,両親は旅行に出かけているというのは嘘でも,今日は2人きりというのは真実.そんな子どもたちの寂しさはきっと亜紀さんも伝わってしまうから,一緒にわあっとやりましょう!なんて言ってくれるのでしょう.
亜紀さんの連れてきた思わぬ客にやっぱし別の意味で呆然,口あんぐりで固まるリュウタたち…仲良くやれって言われてもなぁ(苦笑)! 亜紀さんの前では大変礼儀正しいアクト団の2人を断るのはかなり難しく,散々困った末に古代博士が出した結論は,今日はクリスマスなので仲良くやろう.普段は喧嘩していても今日は特別だ!…母にはこの言葉の真意は伝わってないはずですが,「ロト君たちと喧嘩しちゃだめよ」とか念を押されてしまうと本当にどうしようもない(苦笑).
あまりの事態にもごもごするリュウタの頭を撫でる亜紀さん.敵の前で完璧に子ども扱いされるリュウタは当然,そんな恥ずかしいリュウタの仲間も恥ずかしく…敵が優しい親に可愛がられている様子にロトたちはなんだか怒りを覚えてしまい,亜紀さんたち大人が台所に行ったところで早速リュウタたちをつつき,サディスティックに遊び始めます.目的は恐竜カードだろうとリュウタたちは狙いを既に看破しているわけですが,喧嘩してはいけないという制約下で家捜しするロトたちを止めるのはなかなか難しい.
島のアジトで暮らしてる連中からすれば狭い古代家で勝手にカードを探しはじめるロトたち.ロトたちも亜紀さんが恐竜について何も知らないことを既に看破.ばらしてやろうかと脅してくるから大変にやりにくい! ちびティラノたちまで召還し,場を混乱させたところでリュウタの部屋に勝手に侵入,家捜しをしても出てくるのはおもちゃばかり.勝手に行動するロトたちについに耐えかねて手を出すリュウタは,ついさっき禁止されたばかりの大喧嘩をはじめてしまって…「やめなさーい!」と亜紀さんに怒られる.
さて,その頃恐竜島ではドクターが本に挟んでおいたレアカードのメガロサウルスを発見.レアカードと言えば調教失敗でおなじみですが(笑),メガロの場合はあまりにも無邪気に強力すぎて本の間に挟んで封印していたってんだからどうしようもないな….現状恐竜カードは37種ってことになってるんだけど,これで全38種になったってこと? それとも枚数は増えてない? 結局集めるべきカードは一体何種あるんだろう.

後半.楽しいホワイトクリスマスの夕方だってのに,母からリュウタは叱られるし,ちびティラノたちのことは変わったワンちゃんだとまた誤解しているし…自分たちを最優先する様子は今は遠い自分たちの母に似ていて,庭でちび恐竜たちと遊んでいる古代博士も今は遠い自分たちの父の姿に見えてきて…無性にさびしくなるロトたち.リュウタからすれば即刻お帰り戴きたいロトたちは,可愛そうな自分たちを追い出そうとするその態度も気に食わなくて居座るつもり.…リュウタたちがロトたちの事情を知らないことをわかっていてもなお.
てなわけで,水面下では大荒れながらもはじまった楽しいクリスマスパーティ.コスプレはリュウタがスノーマン,レックスは海賊,亜紀さんは白雪姫なんかやってますね…最後のは版権厳しいけど世界展開する作品として大丈夫なのだろうか(苦笑).さすがにお客の2人はコスプレさせられてないけれど,楽しそうな様子が偵察用アクトロイドから恐竜島に送られててしまってさあ大変!
子どもとはいえウサラパたちに比べたらずっとしっかりしているはずなのに,古代家潜入に失敗して捕まったのだとか適当なことを言われたもんだから,心配したドクターはウサラパたちにロトたちの救出をレアカードつきで命令.…実際はウサラパたちは壊れてるタルボーンヌから解放されたかっただけっぽい(苦笑).実際のロトたちは古代家でおいしいケーキを好きなだけ頂くほどの見事な潜入ぶりを発揮しているんだけれどなぁ….
ただしロトたちも完全に感情を殺して古代家に潜入できてるわけでもない.2人の正体を知らない亜紀さんが頬についてるケーキを指ですくって舐めるなどの暴力的なまでの優しさをフルにぶつけてしまうもんだから(苦笑)「もう少しここにいていいですか?」とロトが聞いてしまうのも…カードとかどうでもよくて,亜紀さんの傍にいたいのとリュウタに嫌がらせしたいという私情だけにしか見えない(笑).もちろん亜紀さんは当然のように承諾しちゃうため,リュウタはどうにも反抗できない.
かなりのバカップルぶりを発揮しながらも,どうしようもなく暖かい古代博士夫妻.そんな2人をうちとは違うけどいいと思ってしまうロト.さすがに敵のリュウタたちに現状について率直に話せるほどには心を許していないから,両親について問われても黙り込むしかないけれど,そんな気の毒な2人にもっと気の毒なレックスが大サービス! 自分が拾われ子で天涯孤独なのだと暴露.…でも,折角の重い告白なのにあんまりロトたちの心に響いてないなぁ(苦笑).かわりにロトが気にしているのは置きざり状態のディノホルダー.きっと中には恐竜カードが!
ここで子どもたちに古代家からのクリスマスプレゼントが贈呈されます.絵本作家の亜紀さんは,リュウタたちだけでなくロトたちにも本を準備してくれました! …ちび恐竜たちが描かれているのがうれしい絵本.ロトたちの分はいきなりだったからきっと表紙くらいなんだろうけれど,それでもうれしいのにかわりはないよね.ちなみにリュウタにだけは親心の算数のドリルも付属.算数の成績が悪いという自業自得で与えられたものなのに,怒ったリュウタがドリルを天井に投げつけたら運悪く母の顔に当たってしまって…これに誰よりも怒ったのがロト!
自分のためを思ってくれたものに何をするんだと怒るロト,なんでそんなことを言われなきゃならないんだと怒るリュウタ.ここまでずっと我慢していたリュウタはついに爆発して「帰れ!」とキレた.この言葉を買ったロトは丁寧に礼を言い妹と一緒に家を出て,亜紀さんには悪いけれどやっとほっとできるかと思ったら…さっきまであったマルムさんのディノホルダーがない! あの状況で,あの感情で,それでも抜け目なく去り際に持っていったのだ!
恐竜カードを集めて家に帰るため,ディノホルダーを持ち去ったロトたちは街を逃げる.恐竜を救いたいリュウタたちは必死に2人を追いかけて,クリスマスの街で互いに恐竜を召還! 暖かい家に帰るためにも必死なロトたちのティラノとサイカは見事な連携でガブとエースを吹っ飛ばす.2頭は街頭のデコレーションに突っ込んで…都合よくクリスマスデコレートされてしまってサンタ恐竜2頭が誕生(笑).展開的には相当苦しいけれど,これがお約束ってもんだよね!
サンタエースはアクト団の2頭にいきなりカゲロウをプレゼント! 命令するロトたちのテンションが足りないか,あるいは折角とっておきの秘密を暴露したのにスルーされたレックスの気合がいつもより乗っていたせいか(笑)瞬く間にカードに戻されるアクト団の2頭.このままディノホルダーを取り戻されて終了するかと思ったら,都合のいい曲解で島を出てきたウサラパたちことサンタさん登場! …このままならアクト団側に被害は出なかったはずなのに,わざわざDキッズにレアカードをプレゼントしてくれるのです(笑).
冷静じゃないおばさんであるウサラパ様が実体化するシークレットのメガロ.重力を操る強力な能力を持ち合わせてはいるものの,敵味方周囲を問わず技を放ってくるのが厄介! ゼロジースローでエースを持ち上げ落としてカードに戻す大暴れ…ここでガブ,まずはよく当たるサンダーバズーカで態勢を崩し,勢いでメガロをデコレーションのソリに載せ滑らせ岩にぶつける! 結局体勢を立て直せなかったメガロはここで退場.連携は完璧に決まりすぎ,ウサラパたちがズビズバーっと飛ぶだけでなくロトたちまで吹っ飛ばされてしまいます.

メガロの恐竜カードはDキッズのものに.マルムのディノホルダーもリュウタが確保して,ロトたちは一体何をしているのかと思ったら…勝って調子に乗ったリュウタが見たのは,亜紀さんにプレゼントされた本を大切に回収している2人の姿.恐竜カードよりも先に敵の親からもらったものを大切にしている敵の姿にびっくりするリュウタ,そしてしっかりと本を持って逃げていく2人….今度は正々堂々と!と再戦を予告するロトに「来るなら来いってんだ!」と明るく叫ぶリュウタ.敵味方だし相手の事情もわからないけれど,それでも心はなんとなく通じ合うのです.
戦い済んで母と父のところに戻るリュウタ.亜紀さんはロトたちのことも心配してますが,帰ったけれど仲直りは一応できたということで話を収めます.実際は共感はしたけど仲直りはできてない気が…(苦笑).リュウタはロトが大切にしてくれた自分の母に,さっきはごめんと素直に謝り,「俺,問題集やるよ」と心を入れ替え,皆で楽しいクリスマスの家へと帰還.今日くらいは世界はどの子どもにも優しくて…けれどこれで2週連続.終盤だってのにノーピスを野放しにしたのはまずかった! 激震の次回に続きます!

|

« 2007年12月終了アニメ雑感 | トップページ | Kawaii! JeNny#12 »

レビュー◆古代王者恐竜キング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/17601488

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング#45:

« 2007年12月終了アニメ雑感 | トップページ | Kawaii! JeNny#12 »