« 古代王者恐竜キング#47 | トップページ | 古代王者恐竜キング#48 »

2008年1月開始アニメ雑感・1

年度末に向けて加速度つけて忙しくなっていく昨今,皆様いかがお過ごしですか? 自分は…プロジェクトが1つ本格的に動きはじめたために,感想が2本きりなのにずるずる遅れまくって困っております(苦笑).その上今期は本腰を入れて視聴できる作品がどうにも見つからなかったので,「恐竜キング」以外の感想の書き方を変えて繋いでみようかと悩み中.とりあえず今期だけ,面白かった作品に片っ端から短評つけていこうか?

写真は最近ときどき行く神田明神.

会社からそんなに遠くないので,よくIT情報安全守護を買いに行ってます.すべからく機械は壊れる原因があって壊れるものだけど,どのタイミングでどう壊れるかを支配しているのは運なので神頼みは大切!

---
今回短評を出した作品は以下の通り.

---
[開始短評] ※事前の期待→数話視聴後の印象

○→○ 俗・さよなら絶望先生
原作既読,前作視聴済.スタイリッシュで反道徳的な悪ふざけ再び.DVD売上からするとシャフトの稼ぎ頭になってしまったけどそれってやっぱしまずいだろ…な奇作がもう帰って参りました(笑).原作既出の数多いキャラのうちから女生徒たちに目線を絞り込み,またいかにもアニメ映えする展開をわざと選んでいた前期に比べると,今期はより原作らしさが増しているのが好印象.最初からいきなり見返しネタを持ってくるあたり,原作が相当好きでないとできないよなぁ(苦笑).
簡潔なデザインに極端すぎて過激な性格づけ.総じて記号的な登場人物たちが繰り広げる凶悪な社会風刺がこの調子で続けば,恐らく前作に比べても遜色のない,むしろ原作のテイストがより生かされた作品に仕上がるはず! …気になる点があるとすれば,アニメ化された上に続編まで作られてしまった原作者の久米田先生の精神状況くらいですが…アニメで1話ぐらい不祥事を起こしてあげるとか,放映中もマガジン本誌では徹底して冷遇を続けるような形で精神のバランスを取ってあげるべきだと思います(笑).

-→△ 破天荒遊戯
原作未読.お洒落かつ芝居がかった強引展開が魅力であるらしい作品.ビジュアル的には結構頑張って視聴者にサービスしてくれるんですが,物語は語るべき部分が語られないのに饒舌…この妙な舞台感覚が凄く「バーテンダー」だなぁ(笑).とはいえ「バーテンダー」も当初は不親切&不自然ながらも,最後まで見続けることで最初から設定された仕掛けが見事にハマって凄くいい味の出た作品.ゆえに初期段階で切り捨てるのは大変に勿体無い予感もします.回を重ねるごとに映像と物語の一体感は増してきているので,尻上がりの展開を期待しながら視聴を続けていきたい.

△→△ ロザリオとバンパイア
原作既読.原作は,相当動きが堅いけど端正な美少女たちの愛らしさとバトルを楽しむための作品だったはずなんですが…なんだろうこのパンツ祭りは.生き生きと動く美少女たちからは,手に取るには恐れ多い,絵画的な美しさはすっかり薄れた上でパンツ祭り…だがそれがいい(笑)! もちろん映像的にはこっちの方が全然格上なんですが,自分が大好きだったあの迷作「いちご100%」を彷彿とさせるのは…一般的にはよくないことのような気がするなぁ(苦笑).視聴者に対する媚びっぷりは露骨ですが,その露骨さが屈託なくて凄く可愛い.クライマックスさえシリアスにやりすぎて失敗しなければ,案外ちょっとした佳作に化けるかもしれません.

○→○ 君が主で執事が俺で
原作未プレイ.地上波的には「ハヤテ」によって拓かれた執事コメディの後追い作品で…でも,なんか凄い勢いで「ハヤテ」以上にオタネタを拾い食いしてるんだけど大丈夫か(笑)? 今期開始の作品では一番勢いが良く脱ぎっぷりも良い作品なので,特にエロスを求める男性視聴者ならば見逃せないところでしょう.主に超人たちが繰り広げる非日常で無軌道なコメディは純粋に楽しい上に色々エロくて,視聴者を一切悩ませないエンターテイメント性の高さが魅力的.新エンディングまでサービスしまくりだもんなぁ.
メインヒロインとなるのは完璧超人である森羅様…のはずなんだけど,あまりにも主役の遥か上にいる彼女は大変に漢らしくて,踏まれたいタイプにとっての理想のタイプに違いなく…けれど基本的には純粋に踏まれたいタイプは少数派のはず.実際はそんな高慢なご主人様がふと見せる弱さとか,肝心な時に自分を頼ってくれる状況がうれしいというタイプが大勢を占めるはずなので(笑)そのサービスだけはクライマックスで怠りなくこなしておくと良いと思います.森羅様以外のヒロインたちも大変魅力的.見て損しない良い作品です!

○→○ ARIA The ORIGINATION
原作既読,前シリーズ視聴済.監督の力量が並ではなく,調子を崩さず2シリーズ目も滞りなく終わらせた実績のある作品なので3期に入ることにもまったく不安感がありません.むしろこの先ずっと時々休みながらも続いていってもおかしくないように思えますが,実は原作は終了間近.さすがに漫画と同じ終局をアニメでも展開するのは難しいだろうけれど,2月号掲載分までの内容ならばぎりぎり行けるか…?
他の作品にはない,上品で穏やかでゆったりとした雰囲気が最高の売りである本作.さすがに1作目の頃に感じたフレッシュさは薄れてきましたが,それこそが彼女たちの成長の証でもあるので問題はなし.今期である程度本作に決着をつけようとするなら原作11巻の大きな内容も消化しに来るはずなので,どこまでドラマティックに見せ場を作ってくるかも楽しみ.…はじまった直後はアリスちゃんが凄くタマちゃんでしたが,最近は落ち着いてきたのできっと大丈夫だと思います.前シリーズまで追ってきているなら必見の作品です!

---
「きみある」はエロくて面白くて本当に素晴らしい.

|

« 古代王者恐竜キング#47 | トップページ | 古代王者恐竜キング#48 »

アニメ開始短評」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/17854857

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年1月開始アニメ雑感・1:

« 古代王者恐竜キング#47 | トップページ | 古代王者恐竜キング#48 »