« ひよこ短評 2/19-2/22 | トップページ | ひよこ短評 2/23-2/25 »

古代王者恐竜キング 翼竜伝説#4

勝手に動いて捕まるのはヒロインの仕事です

剣闘士にさせられた兄,スパルタカスを救うために家宝の宝玉を渡そうとしているソフィアの旅に同行することにしたリュウタたち.ソフィアを狙う宇宙海賊から,さらわれた両親たちの情報を掴むこともできるかもしれない.彼らが目指すローマの闘技場には,既にウサラパたちとティラノが運ばれていた.檻に閉じ込められたウサラパたちはティラノをカードに戻すこともできず,明日ローマ軍との戦いを控えたティラノは,餌も与えられないまま檻の中で暴れて次第に弱っていく.
ローマに到着したリュウタたちは,既にローマ軍がティラノを捕まえていることを知った.ソフィアとともに闘技場に侵入したリュウタたちは,囚われのスパルタカスとティラノを探す.ティラノとローマ軍の戦いの後,圧倒的に不利な戦いを強いられるはずの剣闘士スパルタカスは,その戦いを計画した残忍な独裁官スッラから最後の勇姿を見せろと宣告されていた.

1話完結からショートシリーズへと鞍替えし,その最初のシリーズのクライマックスが近づいてきた「恐竜キング」.今回は脚本丸尾みほ,演出菱田正和,絵コンテ仙山人,作画監督石川てつやで…で,作画美麗! 演出が菱田監督なので動きもいちいち良いわけですが,作画も下手したらここまでの4話で一番良いかも…これは作画監督とすたじお牙鳴の力だろうなぁ.元々映像のレベルが高めの作品の中でも,今回は無駄に頑張りまくりです!
前回から悪い意味でヒロインらしい活躍を見せているソフィアさん.リュウタたちと一緒に兄のところまで行くはずなのに,隙あらば単独行動を取ろうとする困ったさんで(苦笑)兄の命がかかってるんだから早く逢いたい気持ちはわかるけどあまりにも自分勝手.余計なことし過ぎじゃないですか? …まあ,自分は最終回で包帯を外すような燃え状況に,決戦直前に怪我なんかしてんじゃねえとツッこんでしまうタイプなので余計そう見えるのかもしれませんが.ちなみに恐竜図鑑では,次回登場のヤンチュアノサウルスが先行紹介されてます.

前半.宇宙海賊を退けたのもつかの間,今度は市民に化物使いとして網をかけられ捕まえられてしまったリュウタたち,ローマ軍に4人揃って引き渡されそうになってしまうけど…ガブが網をあっさり破ってリュウタたちは脱出.でかくして人々を追い払ってしまえばあっと言う間に危機回避…本当に新シリーズのヒキの危機は大したことないなぁ(苦笑).前シリーズのヒキでの危機は,割と深刻だったことが多かったんだけど,このシリーズでは毎回冒頭からちょっぴりがっかりさせられていて,ヒキと引き換えに作品全体の満足度が落ちているかもしれない.
逃げ出して,ローマ時代の美しく整備された街道の脇で一休みするリュウタたち.カプア潜入の結果,剣闘士仲間が兄はローマに連れていかれたことがわかり,ローマに着けばすぐ戦わされて殺されるとソフィアさんは絶望.ローマ軍の実力者,独裁官スッラはスパルタカスのことが嫌い.なぜならば「元トラキアの王子,スパルタカスだから」.Dキッズの皆さんはここでソフィアさんの本当の素性を知ってびっくりです.
王子と言えばただでも反逆しがちなサンライズ作品(笑).ローマの支配したトラキアの王子スパルタカスが中心となって起きる反乱を軍が警戒していないわけがなく,騒乱の種はさっさと殺そうとするのも当然の話.…ソフィアさんが元王女様ということも明らかになりマルムは「素敵ー!」と叫んでいるけど,ソフィアさんは立場なんかどうでもよく兄を助けたいという一心しかない.そして恐竜反応.ローマで恐竜が出現しているようですが,これは宇宙海賊のもの? それとも….
結局雷電の宝玉ことイエローコスモストーンとやらを手に入れることができずに母船に戻ってきたザッパー.その様を情けないと仲間のグーネンコが喜んでいるけれど,グーネンコの頭上に登場した新しい女翼人・ミハサは「それはあんたも同じかもね」と足で乗ってる頭をぐりぐり.子どもたち相手にお宝を奪ってこれないなんてだらしないったらなくて「恥かもね.」…最後は「ハサミ」でジャンケンが揃ったから当面の敵はこの3人か.
このジャンケンたちを率いるのは…六角形のモニターに浮かぶのは,謎の歌を自分で歌ってる(笑)恰幅のいいチビ恐竜を膝に乗せた壮絶にボスらしいボス.「あんまりいじめちゃ可愛そうよ」とおカマ言葉で言うボスに,ザッパーはリュウタたちに邪魔されたことを報告.確かにソフィア一人ならもう仕事は終わっているはずだろうけど,敵を普通に騙しにくる主役つきでは,相手が悪すぎるというものだ(苦笑).
リュウタたちが逢いたがっている両親たちをさらっているのは確かにこの宇宙海賊たち.人質にして宝玉を奪うこともできるけど,エンシェント夫妻にエレメントを探すレーダーを作ってもらわねばならないため,当座は人質なしで頑張らねばなりません…てなわけで「お使いなさいな」とボスから落ちてくる新しい恐竜カード! そして,子ども相手なんだから「ひと捻りでやっつけられるはずでしょう? そうよねぇ?」…あの顔でオカマ言葉でドス効かせられると,部下たちでなくても怖いなぁ(苦笑).
新3悪党がボスからハッパをかけられていた頃,旧3悪党はローマのコロセウムで檻に入っておりました(苦笑).当時の世界最大規模の都市には整備された道を通って地方からの様々な物品が集まり,その中には各種の猛獣たちも運びこまれており…そのなかにウサラパたちが混ざっているのが情けない(苦笑).食料調達に出てローマ軍に捕まった上,与えられるのは生肉…ではなく堅いパンくらい.未練がましくピッツアピッツア連呼するウサラパ様の胸が無駄に繊細に揺れているのは,技術力の無駄遣いだと思います.
しかもウサラパたちはただのおまけで,ローマ軍が欲しかったのはでかいティラノの方.別檻に隔離されて食事も与えられない彼は怒って暴れ,いたずらに体力を消耗させています.こんなところアクトホルダーさえあればすぐさま脱出できるはずなんですが,武器かもしれないと取り上げられてしまっているのが悲しい.で,ここで登場するのがいかにも偉そうな恰幅のいい男.彼こそがスッラ,このローマ編での敵役です.
ティラノを見て「素晴らしい」と悪い顔でご満悦なスッラは,ティラノを明日の戦いの前座に出させてローマ軍の士気を鼓舞することを決める.もちろん普通に戦っては士気鼓舞どころか全滅の惨事となるでしょうが,必ず勝つように仕向けるつもり.「餌を与えず弱らせてある.後は鎖で身動きできないようにし,何百もの槍と弓をぶちこめばひとたまりもあるまい」…ただの嬲り殺し計画をうれしそうに語られてしまい,ティラノの命の大ピンチ!
まさかウサラパたちがそんなことになっているとは知らないエンシェント号.ローマでの恐竜反応は出っぱなしのはずなのに,既に1日放置されているウサラパたちが哀れ過ぎる.タルボーンヌは戻ってこないとソーノイダに報告するけれど,どうせいつものように遊び呆けているだけと断定されちゃって…「心配するだけ無駄無駄ですね!」…悲惨だ(苦笑).ちなみにソーノイダは仮アーマーのアタッチメントを開発中.うまくいけば武装化恐竜が作れるらしいけど,妄想の武装化タルボーンヌは,それどこの勇者王? また無駄に気合を入れて…(笑).
いつの間にか時間は過ぎて,リュウタたちがローマに到着したのはティラノとスパルタカスが戦わされる直前.ローマ市街に恐竜の姿はないけれど,住人たちは既にスパルタカスがでかい化け物と戦うとか噂をしています.…しかしもしそうなら餌を与えず弱らせる必要はないはずで,実際に化物と戦うのはローマ軍.スパルタカスはその次の試合だ.話題の化物はでかくて尻尾が立派で手が小さいらしく…でもそれだけの情報で「ティラノだ!」と断定してもいいのだろうか(笑)?
捕まったティラノと,ついでに一緒に捕まっているであろうあの3人組の身をろくに案じている暇もなく,ソフィアさんはスパルタカスに会わせてほしいと真正面から闘技場の門番に頼むという暴走ぶり.もちろん大事な試合を控える剣闘士との面会が許されるはずもなく,むしろ一緒にいるリュウタたちの格好が未来過ぎて(笑)警戒されてピンチ! しかしこの苦境も冒頭と同じくガブが噛むことで包囲を脱出.どさくさに紛れて闘技場の中へ入ることに成功します.
リュウタたちの侵入を知らないウサラパたちは,このままではティラノが殺されてしまうと脅え中.けれど同じ戦いを前にしても,第2試合出場予定の剣闘士…スパルタカスは至って冷静.そんな彼のところにやってきたのはあのいけ好かないスッラ.「今日のお前の相手はローマ1強い相手を用意した.しかも3人,相手に不足はなかろう?」「最初から私を葬る狙いか」…スパルタカスの最後の勇姿を観衆に見せたいと言うスッラは殺る気満々!作画の気合も素晴らしい!

後半.ついに開幕する闘技場での残酷なショー.群衆を見下ろすスッラはいかにも偉そうで,意地悪そうとマルムさんが中身を看破しています.リュウタたちが探しても場内ではスパルタカスたちは見つからず,どうやら出場者たちは隣の建物にいるらしい.そこではティラノに鎖をかけ闘技場へと引っ張っていく真っ最中.いくら暴君竜でも多勢に無勢な上に技の支援もなく,その上一晩腹ぺこではさすがに逆らえないか….
ここで動いたのが檻の中のスパルタカス…と作画.歩かされるティラノの尾に向かってフォークを投げつけ,刺さったことでティラノが暴れ,都合よくスパルタカスが閉じ込められた檻が壊れて脱出路完成! …このシーン,投げてるのはほんの一瞬なんだけど気合入ってるなぁ.ティラノがあまりに暴れたのでウサラパたちもアクトホルダーとともに闘技場に出されたことも好材料.うまく暴れてくれればアクトホルダーを取り戻すこともできるかもしれない!
リュウタたちや観客たちは闘技場のティラノやウサラパたちに集中,その隙にソフィアさんが駆け出した!…本当に勝手だよなぁこのお姫様(苦笑).彼女は運良く奴隷たちを率いて逃げる途中のスパルタカスと再会し,雷電の宝玉を渡す機会が到来.「これさえあれば,トラキアの再興も夢ではない!」…奴隷に過酷な労働を強い,剣闘士を見世物にするローマの圧政は許せない.「私は,全ての奴隷たちのために戦う!」…紀元前73年はまさにそういう年なんですが…この演説は長すぎた(苦笑)! スパルタカスたちはローマ軍に発見されてしまいます,
闘技場では鎖をかけられたティラノをローマ軍が包囲.このままでは嬲り殺しにされてしまう! …いつの間にか入口で時間稼ぎしてたパラパラたちも合流してんな(笑).仲間のピンチを救うためにリュウタはガブを召還,「戦ってでも,カードにして助けるんだ!」…ティラノの鎖を取ってやるとか,ウサラパたちを解放させてカードに戻させるんじゃないんだな(笑).確かにティラノをただ助けたらローマ兵士たちが皆殺しだろうけれど.
ティラノをカード化するにはウサラパたちの解放も不可欠.マルムとレックスは早速助けに行きますが…おばさんおばさんと連呼したなら「許さないよ,うきー!」…ウサラパ様,大暴れの末に包囲していた兵士たちを全員蹴り倒してしまう(笑).「やるじゃない,おばさん」とそんな様を上からにっこりと眺めている2人.「僕らが助けなくても大丈夫だね,あのおばさん!」…無駄につやつや作画(苦笑).激しい怒りと悲しみに心をやられ,ついに恐竜より暴れん坊のウサラパ様も昏倒.「あれ?」とか子ども達が不思議そうなのが余計酷いぞ.
リュウタはティラノを救うためにガブで攻撃.一応弱ってるはずなんだけどティラノはやっぱり強くて…「なんでこんな戦いをしなくちゃならないんだ.戦いたくないもの同士が戦うなんて…せめて,少しでも早く戦いを終わらせなくちゃ!」…珍しく主役が主役らしい仕事をしてますが,ガブを使ってウサラパたちを先に救い出せば,こんな戦いにはならなかったと思います(苦笑).ティラノにガブのギガライディーンが決まり,ようやく解放されたウサラパたちも合流.ティラノはカードに戻って回収されます.

同じ頃,闘技場の裏ではスパルタカスとローマ軍が激しくバトル.ソフィアさんが捕まりそうになったりと順調に足を引っ張ってますが,彼は素手で兵士たちを相手にできるほど強い.周囲をローマ軍に取り囲まれての肉弾アクションが映像として凄いなぁ! しかし多勢に無勢なのには変わりなく,その上またもソフィアさんが人質にされて大ピンチ.妹の首に剣を向けるのはもちろん悪役のスッラです.
妹の命が惜しければ剣闘士として華々しく散れと命令するスッラ.強いスパルタカスもさすがに諦めざるを得ません.リュウタたちができるのは一瞬ノーマークとなったソフィアさんをこの場から連れて逃げることくらい.しかも「…見つけた,かもね」とミハサが見下ろすローマの街を逃げるリュウタたちは行き止まりに入ってしまい…さあどうなる? スパルタカスの命は,そして雷電の宝玉の行方や如何に.ローマ編クライマックスの次回に続きます!

|

« ひよこ短評 2/19-2/22 | トップページ | ひよこ短評 2/23-2/25 »

レビュー◆恐竜キング 翼竜伝説」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/40343918

この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング 翼竜伝説#4:

« ひよこ短評 2/19-2/22 | トップページ | ひよこ短評 2/23-2/25 »