« 【感想4コマ】仮面のメイドガイ#8 | トップページ | ひよこ短評 5/23-5/26 »

古代王者恐竜キング 翼竜伝説#17

我慢が足りずに好機は飛び去る!

コスモストーンと家康とともに三方原へと向かう半蔵だが,すぐにリュウタたちに追いつかれる.家康の影武者を務めているのがマルムの父であることがわかり,コスモストーンのことはとりあえず横に置いて,リュウタたちも家康とともに徳川の本陣に向かうことにする.三方原までもう少し竹林の中,武田のくノ一たちが再び家康の命と八岐大蛇の勾玉を奪うために襲いかかり,リュウタたちはガブとエースで対抗した.
ガブの力で武田の女忍者たちの囲みを突破するリュウタたちだが,記憶を失い女忍者たちとともに行動しているミハサがディノニクスをけしかける.ガブたちを置いて家康とともに戦場に入ったリュウタたちだが,史実の通り家康軍は劣勢だ.マルムの父がいるはずの本陣に向かおうとするリュウタたちを再び女忍者たちが追いかけてきた.パラパラで女忍者たちに対抗しているところを今度はザンジャークが襲来し,恐竜をけしかけてくる.

折角のクライマックス回だってのに作画が荒い「恐竜キング」.ローテーションの都合なんだろうけれどもうちょっとなんとかならないものか(苦笑).脚本平野靖士,演出杉山慶一,絵コンテ藤原良二,作画監督江上夏樹…とメインスタッフが悪いわけではないのだけれど,問題なのは太観アニメ回だということ.以前に比べれば相当マシになったとはいえ,太観アニメが逆の意味で常に外れがないってのは…本当に困ったことだなぁ(笑).
ヒキの危機が長期化したり,ザンジャークに捕われているはずの親が一人で脱出したりと数々のパターン破りをはじめた戦国時代編もこれで終了.結果的にはこれまでのパターンへと事態は回帰していくわけですが,にしてもここまで大きくパターンから外れる可能性を見せるようになったってことは,キッズシリーズ作品で最も実りの大きい時期に突入したってことなのでこの先も楽しみ! ちなみに恐竜図鑑は次回のアフロヴェナトルを先取りです.

前半.前回のヒキでリュウタたちはクマに追われましたが,クマたちの狙いはウサラパたちだったので素通りでどうということはなかったぜ!…毎度ながらぞんざいだなぁ(苦笑).好きだから追いかけるのかというレックスの突拍子もない思いつきも実は図星だったりと,この重要な回の重要な場面で,しかもシリーズ構成なのに平野氏は奔放が過ぎると思います.自分の父がこの世界にいるらしいと知ったマルムさんなんか,転ぶほどテンパってるのに(苦笑).
逃げる家康を背負った半蔵,それを追うグーネンコ.半蔵の隠れ身の術でグーネンコはあっさりやり過ごされるも,今度は家康が唐突にもよおして大暴れし半蔵大ピンチ…ここでもらすってひどいなぁ(苦笑).さすがの半蔵も「しょうがないなぁーもう!」と思い切り叫んでおりますが,この後の展開を考えると家康はわざと半蔵の足を止めさせたのかもしれない.半蔵には「すけべおやじ」も「まるむ」も鬼やらカラス天狗やらと同じ妖怪の類いとしか思えないでしょうが,家康は違う風に感じているはずなのです.
半蔵に背負われ運ばれつつもマルムを気の毒に思う家康は,影武者が彼女の父ならば彼女たちを連れて行ってやるわけにはいかないかと聞くけれど,半蔵はもちろんそれどころではない.既に合戦がはじまってるので,本物に指揮を取ってもらわねば合戦に負けてわやになってしまう….けれどさっきの足止めが即座に効いてきやがりました.気配で岩に化ける半蔵たち.けれどその化けの皮をあっさりエースがはがします(苦笑)…もしかすると匂いだけの問題ではなくて,コスモストーンに反応していたのかも.
ついに追いつかれ見抜かれてしまった半蔵たちは,さすがにもうマルムたちを置き去りにすることもできません.半蔵が言っていた家康そっくりの大男の影武者については,注射器らしきものを持っていたことからマルムの父である竜野医師であることが確定.ザンジャークに捕まっているはずの竜野医師が単身脱出しているのはさすがに妙な話で…まさかあんな風に脱出するとは誰も思ってなかったからなぁ(苦笑).
竜野医師の他に不審者はいなかったらしいけど,他の両親たちは隠れているのかもしれない…ともかく竜野医師と合流しなければ話ははじまらない!「家康さん,一緒に連れていって!」 マルムのお願いに家康も即座に同調.宝玉探しを手伝い命を助けてくれた恩人と口副えしてくれた上に,主君として「連れてゆく,よいな」と命令して駄目押し.ここまでされたら半蔵も従わないわけにはいかないでしょう.なおここでも子どもたちは,コスモストーンよりも両親を優先しています.
森を突っ切りやってきた竹やぶ,その向こうでは既に合戦がはじまっている声がする! さらに襲い来るのは武田の女忍者たちの手裏剣の雨! もちろん記憶喪失のままのミハサも一緒! 家康の命と八岐大蛇の勾玉を狙われ,小太りの家康を背負い連れながら空中戦をやってのける半蔵はたいしたもんですが,もちろん劣勢なのでリュウタとレックスが恐竜で加勢! ガブをでかくして向かわせようとするけれど,「刀相手に生身だと危険だ!」…正直今更なことを言い出すレックスがどうにもおかしい(苦笑).お約束として武装は必要なんだろうけれど,この間は鎧なしで戦ったじゃないか….
何はともあれスポンサーとのお約束なのでディノテクト・オン! 女忍者たちは恐竜たちに細かく攻撃を加えてくるけれど,当然ガブたちの方が力は圧倒的に上なので囲みを突破! けれど背後では「はさみ」がディノニクスを召還.すばしこいディノニクス2体がガブたちを翻弄し,残る1体が家康たちに迫るのを半蔵が単身引き受けて戦って,マルムたちと家康はそのまま逃げる! …人間の小さな体で小型とはいえ俊敏な恐竜と戦う半蔵の身体能力は凄いけれど,さすがに追いつかなくてガブに救われてますね.
現在まさに敗北中の家康の陣.本陣では影武者の竜野医師がトイレに行けないためにうずうずとしておりますが,西から東から陣が破られたと報告が入って大ピンチ.本陣に攻め込まれて殺されそうだし腹具合も悪いし,毅然としてなんかいられないけれど厠退場は禁止…なんてコメディがやれるのは今のところ安全な場所にいる彼くらいのもんで,戦場の兵たちはまさに命がけの争いを続けており,そんな様子をグーネンコがぼうっと見ております.ザンジャークからすれば合戦はありんこの縄張り争いのようですが…顔を歪めて見ているグーネンコには,何か思うところがあったりするのだろうか?
家康を連れて本陣を目指すマルムたちだけれど,またも妨害してくる武田の女忍者たち.ここでようやく出されるのがマルムさんのパラパラ.ディノテクト・オンで武装してせっせと忍者と戦っているところをザンジャークたちに見つかってしまいます.…相変わらずザッパーはチョイキモはよくてもオヤジは嫌なんだなぁ(苦笑).彼らはトゥジャンゴサウルスとペンタケラトプスの2頭を召還.さらにジャークアーマーで武装させてきてパラパラが完全不利に!

後半.ザンジャークの恐竜に追われてもう逃げるしかないリュウタたち.目の前では合戦をやってるし,どうしようもないリュウタたちはガブたちに助けを求めるしかなく,恐竜たちは悲鳴を聞いてそれぞれの戦場を放棄し飼主のところに向かうのでした…出来の悪い主人にペットがせっせと尽くしてる感じがおかしい.武田の女忍者たちは半蔵に戦力を集中,ディノニクスと女忍者たちが襲いかかるのに一人で応戦! ガブはペンタケラ,エースとパラパラがシャントゥンゴに対抗して激しい戦いが継続します.
マルムは家康とともに本陣に向かいたいものの,よりによってここは武田軍側.家康が見つかったらわや…というかすぐさま殺されてしまう可能性が高い.それでも恐竜たちが合戦場で大暴れしているために場は混乱.さらに上空のザンジャークたちに兵士たちが矢を射掛け,ザッパーはシャントゥンゴでクエイクセイバーを発動して大人気なく武田軍に反撃! 混沌の増した場に乗じて,家康たちは徳川の本陣を目指す!
しかしこの混乱の中でグーネンコがマルムたちを発見.コスモストーンを狙ってくる彼に接近されるのを…「パラパラ助けて!」の声に従ったパラパラに,実にあっさりと遠くに吹っ飛ばされるグーネンコ(笑).ザッパーはクエイクセイバーを放たせますが,マルムさんはパラパラにグリーンインパルスで対抗させる! 翼竜でばしぱし,パラパラが持ち上げてばしばし,落ちてきたのをパラパラの尻でどついて終了という大技に負けて,さすがにシャントゥンゴもカードに戻ります.ついでにザッパーも翼竜で吹っ飛ばすあっぱれな働きぶり!
一方半蔵と女忍者たちですが,半蔵は単身奮戦しつつも背嚢を切られて宝玉を持ってることがバレてしまいました.そのまま合戦場にこいつらも乱入してきて,事態はさらに大混乱!…こんだけ目まぐるしいバトルに次ぐバトルは本作としては凄く珍しい.リュウタはレックスにディノニクスを任せ,ガブのサンダードライバーでペンタケラを狙う! 相手を持ち上げて飛ばし,帯電して跳ね上がって上から錐揉みで激突して真っすぐ地上へ! 同属性とはいえこの威力には耐え切れず,ペンタケラもカードに戻ります.
レックスはエースにニンジャアタックさせてディノニクスを2頭までふっとばすものの,残る1頭が半蔵を狙い,ついにコスモストーンの入ったケースが落ちました,それをミハサが掴んだところに,エースが攻撃して飛ばされたディノニクスが当たってしまい,またも落ちて倒れてしまうミハサ.ディノニクスはカードに戻り,女忍者たちに回収されながらも「あたしは…」とか呟くミハサの記憶も….
既に夕方.武田の騎馬軍団がついに徳川の本陣へと攻め込み,家康…の影武者は史実の通りにさっさと本陣から逃げ出しました(笑).飛んできた矢が肩の甲冑に刺さって「ひええええ!」さらにショックで尻のあたりがもにゅっとなって「ああああー!」…いい大人なのに大きい方を漏らしながら馬に乗って逃げる竜野医師.史実通りで,影武者として死ぬよりはずっとマシなんだろうけれどこれは気の毒だ(苦笑).
竜野医師は単身城まで戻ってきて「トイレ,トイレー!」…いい大人なのに既に大幅に手遅れで気の毒です.殿が戻ってきたと思った門番たちは門を閉めようとするけれど,「だめです」と拒否する竜野医師.諸葛孔明の計略をベースとした作戦で,史実では開けたままにすることで武田軍を追い返したんだから門は開けておいてと強く言って厠に急ぐ竜野医師,ここで漏らすこともまた歴史的事実で避けようがないわけですが,一番格好悪いところばかりを担当させられて…「なんで僕なのー!」
リュウタたちはガブたちの力でついに武田の陣を突破し,家康もようやく徳川軍に帰還! 真面目に合戦やってたら恐竜に引っ掻き回されることになった武田軍も結構気の毒で,信玄が化物のせいで攻め切れないと報告を聞いて怒るのも無理のないところ.けれど現在大変元気そうな信玄を襲うのは…ついさっき半蔵から奪ってきた宝玉.手にすれば天下を取れるというやまたのおろちの勾玉を,素手で掴んでしまった信玄公は!
状況的には敗走なんだけれど,ガブたちに乗って戻ってきたのであんまり悲壮感のない家康たちも影武者から少し遅れて城に帰還.後ろには武田軍が追いかけてきてるんですが,竜野医師が開けておくように言ったので閉めることもできず…おかげで追ってきた武田軍は困ってしまいます.いつでも攻め込める状態だからこそ武田軍は罠を警戒してしまって攻め込むことができず,ノーガード戦法に幻惑されて動けなくなった武田軍には凶報…親方様が!

素手で掴めば痺れたりするコスモストーンを素手で掴んでしまった信玄公はそのまま倒れてしまった! ようやく記憶を取り戻し状況を見守っていたミハサはこのどさくさに紛れてコスモストーンを回収.これでまたもコスモストーンが敵の手に渡ってしまったことになります.史実では信玄がこの後死去してしまうのですが,もちろん史実での死因がコスモストーンのわけがなく(笑)…戻ったら史実になっちゃってたらどうしよう(苦笑).
武田軍の撤退によって家康は命拾い.門を開けておくように命令した影武者は褒賞ものの働きですが,さっきトイレに行ったきり姿がなく…リュウタたちがトイレに駆けつけたら既に竜野医師は窓から逃げ出した後.着させられた鎧も放り出して逃げたマルムの父を,リュウタたちと家康は急ぎ追いかけるんだけど…一歩遅かった! ここまで酷い目にあわされた竜野医師は,通りがかりのザンジャークの飛空挺に助けを求めてしまうのです.
記憶を取り戻したミハサもしれっとコスモストーンを持って集まり,母艦に戻るところのザンジャークたち.ミハサに本気で攻撃されていたザッパーは複雑な気分だろうなぁ.…強いし丈夫だしぶつかると記憶が飛ぶし,ミハサたちもロボットだったらどうしよう(笑).そこに竜野医師が仲間のところに連れて帰ってくれと飛空挺にすがって乗り込んだ…直後,家康やリュウタがようやく追いついて,間に合わなかった!
失敗したと竜野医師が後悔してももう遅い.飛空挺が戻るわけもなく,「マルムに,皆元気だと伝えておくれー!」と竜野医師は言葉を残すのでやっと.すれ違いで顔を見ることもできなかったマルムさんは涙ぐみ,「元気そうだったなも.それだけが,救いだなも」と家康が肩に手をやり慰めるのでありました.…そしてその頃!洞窟ではクマに凄い気に入られたウサラパたち.もはやそれはヒキでも危機でもなんでもないと思うのですが(苦笑)! 次回に続きます!

|

« 【感想4コマ】仮面のメイドガイ#8 | トップページ | ひよこ短評 5/23-5/26 »

レビュー◆恐竜キング 翼竜伝説」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング 翼竜伝説#17:

« 【感想4コマ】仮面のメイドガイ#8 | トップページ | ひよこ短評 5/23-5/26 »