« 【感想4コマ】仮面のメイドガイ#11 | トップページ | ひよこ短評 6/8-6/12 »

古代王者恐竜キング 翼竜伝説#20

美人は好かれて得だよなぁ

街近くのオアシスにジニーを隠してから,リュウタたちはサルターンの街に入った.街は既に盗賊たちに占拠されていて,シェーラ姫も指名手配されている.盗賊たちから逃げる途中,盗賊の味方をしているウサラパたちに見つかってしまうリュウタたちだが,ソーノイダを人質に取られ嫌々盗賊を手伝っているウサラパたちはわざと見逃してくれるのだった.
ザンジャークの母艦では地上から連れ戻されたエンシェント博士が,ボスにコスモストーン探知機を直すように命令されていた.完成させたはずの探知機がもう殴り壊されていたことにエンシェント博士は驚くが,殴り壊したボスは強く修理を迫り博士に有無を言わせないのだった.

レックスの見せ場が続いているはずなのにバトルではエースがちっとも活躍できてないのが不思議な「恐竜キング」.レックスの初恋に焦点が当てられているはずなのに,前回なんか序盤で負けて終了って,それはさすがにひどいだろ(苦笑).そんな前回の失態を取り戻すためか今回はラストバトルでエースが活躍.ただし恋愛模様では新たなライバルが登場して割を食ってしまうあたりが…一応主役の一角なのに,なんでヒーローにさせてもらえないんだろう.
脚本前川淳,作画監督竹内啓・大野勉,絵コンテ演出高橋順,サニーサイドアップ&三艾動画回で,やや不安定ながらも重要なシーンはきちんと整えられ動かされているのが太観アニメ回とはさすがに違う.物語は相当豪快で,一応メインヒロインのはずのマルムさんが窃盗を褒められます(笑).恐竜図鑑はレクソヴィサウルス.

前半.前回のヒキで流砂に飲み込まれたリュウタを救ったのはジニー.あっさり咥えられて救われて…リュウタはコスモストーンのすぐ側まで近づいているんだけれど,もちろん気づくわけもなく(苦笑).確かに小型のコスモストーン探知機は必要なのかもしれないな.そんな危機とも言えないような危機を越え…要するに凄く順調にリュウタたちはサルターンの街の近くに到着.急いで街に入りたいところではありますが,さすがに恐竜出しっ放しで街に入るのはまずいということに.
戦国時代編では恐竜に乗って戦場を駆けて城まで戻った癖に(笑)町がびっくりするという理由でジニーを近くのオアシスに隠すことにしたリュウタたち.地面に体を半分埋めて,長い首は木のふりをして隠れるように! …全然隠れてない気は凄くするものの(苦笑)まさかこんな生き物が存在するとは誰も思わないのだろうから,心理的盲点って奴に隠されそうだからこの程度でもいいのか.
そしてリュウタたちはシェーラさんとともに街に入るわけですが,街では昼間から盗賊がやりたい放題の荒れっぷりにまず驚き,さらにシェーラさんが指名手配されてることにもびっくり…単位がドルなのは見なかったことに(笑).あの盗賊のボスが踊り子さんを無理に連れていこうとしているのに,「おやめなさい!」とシェーラ姫様は一喝! 指名手配されてるのに堂々過ぎるのは育ちが良すぎるせい?
探してた姫が自分から出てきて,これはこれはと盗賊のボスは喜びます.早速大臣のラシードのところに連れていくつもりだけれど,連れて行かせるつもりはないレックスが前に立ちはだかる! 小さいエースが素早く盗賊の腕に噛みつき,レックスがタックルかけて駄目押し,ボスを倒したところで姫を連れて逃げ出す一同を,盗賊は当然追いかけてきます….飛び出したのは完璧に失策なので,せめて踊り子さんが逃げ延びていればいいのですが.
町中の至るところで姫様が指名手配をされながら,一旦は盗賊たちから逃げ延びることができたリュウタたち.もちろん盗賊は総員揃って捜索を行い…その中にはソーノイダを人質に取られたウサラパたちの姿も.恐竜バトルをするわけでもないので完璧役立たずな3人組だけれど,たまたまウサラパの特性が不運にも役立ってしまいます.ウサラパたちを見かけたマルムさんがうかつにも「おばさん」と言ってしまったせいで発見されちゃう.…どんだけ離れてても反応しますからねあのおばさんは(苦笑).
とはいえリュウタたちを発見しちゃったおばさんたちも,一応同じ船の仲間だってのに前回リュウタたちを攻撃しまくった件があるのでどうしても弱腰.ああするしかなかったと膝をついて泣く…けどギャグ調なので本気で詫びてはいないのか(苦笑).この国は既に大臣のラシードと盗賊長のザイードが手を組んで乗っ取っており,国王は王宮の地下に幽閉.ついでにソーノイダも隣に幽閉.頼りのアクトホルダーも盗賊たちに取り上げられたウサラパたちは長いものに巻かれるしかなかった…そんな処世術にすがるしかない上に失敗してるだなんて,本当にダメ大人たちだなぁ(笑).
大臣が欲しがっているシェーラ姫を差し出せば盗賊たちの仲間にしてもらえると,一応リュウタたちを唆そうとするウサラパ.もちろんそれをキッズアニメの主役たちが受け入れるわけないんだけれど,今回は特に冗談じゃないとレックスが強硬に反対.「そんなことできないよ!」ときっぱり言い切り,自分が守ると決めたからと精一杯の態度で愛情を示すレックスの気合が…さすがに姫様にも少し届いたようでよかった! もちろん鈍そうなウサラパたちから見てもモロわかりな雰囲気で,説得は空振りに終わります.
やっぱしリュウタたちとは一緒にやれそうにもないウサラパたちは再び別れ,その直後に盗賊たちに出会ってしまう運の悪さが凄いなぁ(苦笑).きっとウサラパたちが喋る,姫がここにいるとバレてしまうと隠れているリュウタたちはすっかり困ってしまうけれど,ウサラパたちは別方向を指差して捜査を撹乱してくれました! 恋路の邪魔にならないように逃走を手助けしてくれたことに,いいとこあるじゃん!とリュウタたちもダメ大人たちを少し見直します.
さて,前半でのザンジャークの動向ですが,母艦ではボスが鼻歌を唸りつつコスモストーン探知機を操作中…エンシェント博士たちが完成させた奴ですね.開発した装置には地上でジニーが吐き出したコスモストーンが反応.しかしジニーが再びコスモストーンを口に戻すと石の反応も消えてしまい,装置が壊れたと思い込んだボスは完成直後の探知機を殴り壊してしまいます.飛空挺で砂漠を探していたミハサもコスモストーンは発見できませんでしたが,聡い彼女は広い砂漠を当てもなく探すより生意気ッズを探した方が早いと考えを切り替えています.
前回脱出するも砂漠の星空を眺めていたところであえなく母艦に連れ戻されたエンシェント博士は,ボスから壊れたレーダーを直すように言われてびっくり! 完成直後の新品がいきなり殴り壊されているのは酷いよなぁ….自分が壊したとは決して言わず,例のオカマ言葉で直して直してとエンシェント博士にボスは迫って,宇宙海賊のおっさんに迫られる気持ち悪さにエンシェント博士は悲鳴を上げます.「言うとおりにするから,この顔をどけてくれ!」

後半.既に城は大臣と盗賊たちに占拠されているという事実を,高みに隠れて城を偵察することで理解するリュウタたち.王様とかを救い出したいけれど恐竜をでかくしないと突破できそうにない.リュウタはガブたちを成体化させて突貫させようと簡単に言うけれど(笑)それは最後の手段だとレックスに止められる.人質を取られている分,最初は良くても詰めで人質を出されたらそこで動けなくなってしまうから….
まず人質の解放が先.なんとか王宮に潜入して王様とその他一名を救いたいリュウタたちに,シェーラさんが王宮に繋がる秘密の通路があると言いだします…とはいえあるってだけで具体的な所在は不明.情報としては役立たずで,行き詰ってしまったリュウタたちは腹が減ってきました.ここまで全然食事してない上に現地の金もない.…指名手配を考えると,レックスがドルでも持っていれば使えたような気もしなくはないのですが(笑).
せめてあの盗賊のお宝がここにあればよかったのに…とないものねだりする話の途中,マルムさんの顔色がいきなり変わる.あまりの様子のおかしさにリュウタがマルムさんをジャンプさせるとポケットから宝石がこぼれて…カツアゲか(苦笑).綺麗だから盗賊の宝物をポケットに失敬していたマルムさん.ヒロイン的には相手がどうであれ窃盗はアウトのような気がするのですが,本作は緩いので盗んだことを褒められる始末.もちろん正統ヒロイン道を歩むシェーラ姫には呆れられますが(笑).
マルムさんの盗んだ宝を使い,リュウタたちは相当の食い物と変装用の衣装を併せて購入.余った食料はタルボーンヌさんにあげようなどとのんきなことを言っていますが,そんな余裕は絶対ないぞ…(苦笑).盗賊たちが姫とリュウタたちを探し回っている街の一角.そこには大臣によるクーデターが勃発してんのに状況を完全無視して呑気にも商売している2人の大物がいたのでありました.
アラジンが売る魔法のランプ.ランプの煙の中からぼわんと大男が出てくるのを見てリュウタは本物のアラジンの魔法のランプだと大喜び! もちろん不思議なランプはよく売れて…けれどこれはけむり草を使ったインチキ.それがわかったリュウタは騙してお金を取るなんてと腹を立て,しかしランプ売りの詐欺師たちは騙される方が悪いとあっさり言い切るのでありました.
生意気なリュウタがランプの精を演じていたジャジャーンから教育的指導を受けそうになるのをアラジンは止めて…などやっていたら目立ち過ぎたのか,盗賊たちがリュウタたちを発見.顔を改められそうになったのでこの場から逃げようとするものの,姫様が捕まってしまって逃走失敗! 隠されていたシェーラ姫の顔を見たアラジンは,彼女にかかっている懸賞金なんかどうでもよくなってしまいます…「きれいな娘だ」
姫を人質に取られたリュウタたち,逃げられんぞと周囲を取り囲まれて…かくなる上はとあっさり最後の手段を取るリュウタ.ガブを召還して盗賊たちを追い払い,見ていたアラジンは本物の魔神の迫力に呆然.人質の関係でこのまま宮殿突入とはいかないリュウタたちはこの場を逃れ隠れねばならないわけですが,「ちょうどいい隠れ家があるぜ,ついてきな!」となぜかアラジンがリュウタたちを誘導するのです.
アラジンの案内でやってきたのはぼろい無人倉庫.相方のジャジャーンが外を見張ってくれてます…もうリュウタたちの服がいつものに戻ってら.唐突に助けてくれたアラジンが考えていることはひとつ.「一目ぼれって奴かな?」と軽口を叩くアラジンに,もちろんレックスは尖った敵意を向けます(笑).リュウタも軽いし調子いいし人を騙して金儲けしてるし,本当は懸賞金目当てではないのかとアラジンの素性を怪しみますが,レックスほどの必死さはさすがになし.とはいえついさっき助けてくれた相手を全力で疑うのはどうなのか,どんだけ君らシェーラさんが好きなんだ…というマルムさんが一番冷静なところかも(苦笑).
アラジンとシェーラさんを巡ってもめる3人にストップをかけるシェーラさん.こんなところで仲間割れしてる余裕なんかない.一刻も早く宮殿に向かう秘密の通路を見つけないと!…なんて話に「知ってるぜ俺」と絡んでくるアラジン.町の外の洞窟で盗賊たちが出入りしているのを見たと言い出すアラジンの言葉なんかもちろんレックスは信じられない.アラジンも信じる信じないは勝手だと言い切り,「どうする? 俺についてくるかい?」とレックスではなくシェーラさんに尋ねると…「ええ,そこへ私を連れてって!」とシェーラさん即断!
余裕のない姫様は一刻も早く父を救い出すにはこうするしかないと危険な橋を渡ることを選択.自分のことを真剣に心配しているレックスの考えと反することを,後ろめたくても選んでしまう姫様がレックスは悲しい…とはいえこのチームは主に姫様のものなので,彼女が決めてしまえばレックスも抵抗はできず,2人がそうしたいならリュウタもマルムも反対できない…というわけで話は決まり.早速アラジンは一同を,盗賊の使っていた洞窟の前へと連れていくのでありました.岩戸の向こうにトンネルがあると案内したけれど…盗賊たちが待ち伏せていた!
やっぱりアラジンに騙されたのかと思ったら,実際はアラジンではなくジャジャーンが盗賊に買収されてました.大臣のラシードが正式な王になるために欲しがっている姫を捕まえるため,盗賊のボスのザイードが手を打っていやがったのです.盗賊に連れ去られるシェーラ姫を助けたのは…もちろんこっちも敵のカモ姉ことミハサ! シェーラ姫がコスモストーン探しでの重要な手がかりと判断するあたりやっぱし勘がいいなぁ….ミハサはレクソヴィサウルスを召還.リュウタもガブを召還! 無力な盗賊たちはもう逃げるしかありません….
シェーラさんを捕まえたミハサを追い払うためにレックスがエースを召還.ミハサはエースに追い払われて姫様はマルムさんが保護.盗賊が姫を狙って来たのでマルムはパラパラを召還! 盗賊は手出しできず逃げるしかない…なかなか激しい乱戦ぶりがめまぐるしい.ミハサはジャークアーマーをレクソヴィサウルスに装着し,そのレクソヴィにガブが高々と吹っ飛ばされてカードに戻る! 激突の衝撃で岩戸の前が崩れ,さらにミハサはサンドトラップでパラパラたちの周囲を流砂に変えて…大ピンチ.ここまでアラジンは完全に蚊帳の外,レックスが活躍するならば今ここしかない!

ようやくやってきた活躍の場面.ディノテクト・オンで鎧を装着したエースはハリケーンビートでレクソヴィを風で巻き上げ連続攻撃しカードに戻す! 危機を救った騎士たるレックスは姫に駆け寄り,それを遠くで見ているしかなかったアラジンは本物の迫力に呆然….「約束したからね,シェーラさんは,必ず僕が守るって!」と気負いまくりのレックスがナチュラルにマルムさんを無視してんのが微笑ましいなぁ(苦笑).
最終的にはレックス大勝利で終わりそうな今回.お前たちにコスモストーンは渡さないかもね!とミハサが手裏剣を投げてきてますが…これがヒキなのできっと大丈夫だ(笑).問題は牢に閉じ込められたままの王様とソーノイダの安否.特にソーノイダはいい年なんだから調子に乗って無茶してないといいんですが…次回に続きます!

|

« 【感想4コマ】仮面のメイドガイ#11 | トップページ | ひよこ短評 6/8-6/12 »

レビュー◆恐竜キング 翼竜伝説」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング 翼竜伝説#20:

« 【感想4コマ】仮面のメイドガイ#11 | トップページ | ひよこ短評 6/8-6/12 »