« 2008年6月終了アニメ雑感 | トップページ | ひよこ短評 6/21-6/23 »

古代王者恐竜キング 翼竜伝説#21

欲しかったのはこれじゃない!

アラジンのおかげでリュウタたちは盗賊たちから逃げ切れたものの,王宮へと続く秘密の抜け道は崖崩れによって埋まってしまい,リュウタたちはアラジンに裏切られたのだと憤る.大胆なシェーラ姫はもはや穏便にやっていられないと判断し,最後の手段としてオアシスに置いて来たジニーとともに正面から王宮に乗り込むことに決め,レックスもリュウタもシェーラ姫を守り抜くと誓う.
ウサラパたちはソーノイダを助けるためにアクトホルダーを取り返そうとするのだが結局失敗し,恐竜とともに王宮に攻め込んでくるシェーラ姫たちを迎え撃つのに参加させられる.シェーラ姫をジニーに任せリュウタたちはウサラパたちとの恐竜バトルに専念するのだが,乱入してきたミハサがジャークアーマーでジニーを操って暴れさせ,シェーラ姫を奪っていった.

主役2人が完璧にシェーラ姫にかまけてしまい,コスモストーンのことも両親たちのことも気がついたら脇に置かれていた「恐竜キング」.世界や両親の危機よりも身近にいるきれいなお姉さんの方が重要…というのは,少年としては結構正しい気がするし,恐らくこの旅をはじめてからそろそろ3週間が経過するはずなので,たまには少し気を抜かないと精神的に持たなくなる気がするのでちょうどいい気分転換になったのでは…そんなリラックス効果が出たのか,この回でようやく大きなパターンが1つ破られます.
2クール目後半の重要回は,脚本平野靖士,作画監督田中ちゆき,絵コンテ演出渡辺正樹の中村プロ回…作画は抜群とはいかないものの,なぜか大人の色気が満載で(笑)シェーラ姫だけでなくウサラパ様も頑張って動いてますよ? 今回でこのアラジン編は終了となるはずですが,エンディングではサイカ前転,ティラノがピースくらいと変化は地味.恐竜図鑑ではティタノサウルス・コルバーチが紹介されてます.

前半.前回のヒキでミハサがリュウタに向かって手裏剣を投げたわけですが,どうせヒキなので当たらない…という予想はちょいと裏切られます.ミハサは実は投げたふり.実際はシェーラさんを狙ってきたから危機続行! この危機を止めたのはアラジンの活躍.体を張ってミハサを倒してシェーラさんを逃げさせます.盗賊たちもやってきたのでリュウタたちは姫を連れて崖へと隠れ,ミハサと盗賊たちはあっさりリュウタたちを見失ったのでありました.
コスモストーンの手掛かりと思い込んでいる姫を見失ったミハサはザンジャークの母艦に戻って恐竜カードを補充しようとするものの,また小僧どもにやられたのかと笑う相変わらずのノーピスは対抗する手段はあると教えます.前のバトルのときにザッパーがティタノサウルス…ジニーを確認しているので,「そいつを探し出して,利用するんだ」…もちろんノーピスもジニーがコスモストーンを咥えているとは気づいてないので,格好つけてるけど間抜けですね(笑)!
盗賊たちとミハサから逃れたリュウタたちは,ジニーを隠したオアシスに戻ってきました.さっきの展開についてはリュウタもレックスもアラジンに裏切られたのだと憤ってますが,シェーラ姫はアラジンは助けようとしてくれたと冷静な見解を出してます.もちろん恋敵候補という理由でもアラジンが嫌いなレックスとリュウタは,悪党・詐欺師とネガティブキャンペーンに余念がないわけですが(苦笑)シェーラさんは今ひとつ煮え切らず…そして何より,こんなところで言い争っている余裕がそもそもないのです.
シェーラ姫は「もう忍び込むなんてやっていられません」と唐突にふっ切れました(笑).レックスが最後の手段だからと前回リュウタを止めていた手を自ら選択し,ジニー,お前の出番です!と強行突入をやらかすつもり満々で…人質の王様の身柄については,もしもの時は仕方ないくらいの覚悟は既に完了してそうだ(苦笑).せめて夜間に翼竜を飛ばして王宮に忍び込むとか,そんな配慮もまったくない,実に豪快なお姫様です.
さて,いい度胸で盗賊に捕らえられたアラジンの動向なんですが,王宮の地下,ソーノイダの隣の檻に閉じ込められてしまいました.独房なので横の様子は見えないんだけれど,ソーノイダは天井の黄と黒の蜘蛛一杯を見つけてしまって「ぎゃー!」と悲鳴.それに驚いた横の王様は思わず脛をぶつけて悲鳴を上げて,そんな悲鳴満載の牢屋がアラジンは怖くて仕方ない…実際は何も起きてないはずなのに,やたらうるさい牢屋だなぁ(苦笑).
そしてそんな悲鳴を聞いていたのがもう3人…牢屋の上あたりにこっそりと居るウサラパたち.ソーノイダが蠱毒の壷にでも入れられるような拷問に遭っているのではと心配しております.なんとかしないとソーノイダが帰らぬ人になってしまいそう.けれど今の彼らには状況をひっくり返すだけの力がない.せめてアクトホルダーさえ取り戻せれば…「やっぱそれだわね」とウサラパは考え,残り2人とともに奪還に挑むのでありました.無駄に(苦笑).
王の間を自分のものにしている大臣はシェーラ姫に逃げられたと聞いて怒り,盗賊のボスは姫を手引きしようとしていたアラジンに場所を吐かせると言い訳し…まさかアラジンが何も知らないとは気づいていない(笑).アクトホルダーはこの部屋の中にありまして,ウサラパはノラッティ~にこっそり取りに行かせます.でもこっそりのはずが音を立ててしまい,それを像のふりをしてごまかし…きれてしまうことが凄いノラッティ~.人間離れした体格がプラスに働いたんでしょうか?
ウサラパの横の恐竜たちが重なってバランス取ってたりと,無駄に細かく遊んでいる中(笑),余計なものを発見しちゃったのがエド.大臣の後ろの壁に赤い大きな宝玉が埋まってる! 「コスモストーンじゃないのさ!」とウサラパ様が思わず叫んでしまったために大臣たちに見つかって,ついでにノラッティ~も見つかって…一瞬注意を逸らしてアホは見るぶたのけつとアクトホルダーを持って逃げようとするけれど,後の展開を見ると結局すぐ捕まったんですねこいつらは(苦笑).
同じ頃,王宮の外にはジニーに乗って真正面から殴りこみをかける姫様とリュウタたち! 「最初からこうしていればよかったわ!」と大胆すぎるシェーラさんを,レックスもリュウタも守る気満々…完全無視されるマルムさんは大変面白くありません(笑).そんな一行を待ち構えるのは,あっさり捕まったウサラパたちと盗賊たち.ウサラパはドクターの身柄だけでなく赤い玉も報酬として大臣に要求し,あっさり通ったのでへいへいほーと即3頭投入,なんて大人気ない悪者たち!
国を乗っ取る悪者のために行動するダメ大人が許せないリュウタたちは,シェーラさんをジニーに任せてガブたち3体をでかくする! ウサラパたちはドクターと宝玉のために退く気はなく,リュウタたちももシェーラ姫を助けるためだから譲れない! 3対3の味方同士の本気バトルがはじまっている横,ジニーとともに王宮へと近づいていたアクティブなシェーラさんを乱入してきたミハサが襲う! しかもミハサはジニーにジャークアーマーを装着.ザンジャークの支配に落ちて操られるジニーは乗っていた姫を振り落とし,その姫をミハサが抱えて確保!
ジニーを操って暴れさせ,コスモストーンの隠し場所を話さなければもっと大変なことになるかもねと姫を脅迫するミハサ.盗賊たちは恐竜バトルの間ではもう何もできないので無視できるけれど,ウサラパたちはさすがにジニーをそのままにしてもおけずエレメントブースターをつけてジニーに向かわせ…あっさり吹っ飛ばされる情けなさ! 捕われたシェーラ姫を助けるには果たしてどうすればいいのか,リュウタたちはこの混戦に困惑するのです.

後半.たとえエレメントブースターがついても活躍できるわけもなく,あっさりジニーに吹っ飛ばされたスピノとサイカ.けれどさすがにティラノはジニーと押し合いとなり,その衝撃が地面に伝わって地下牢も大混乱.番人が逃げた隙にアラジンが牢を破り,王様だと騙されてソーノイダを救い(笑)さらに本物の王様をも救う.…恐竜キングも王だろうけれど,ソーノイダはまだ恐竜キングじゃないから王じゃない(苦笑).
ウサラパのティラノは火属性のヒートイダクションを放ち,ミハサのティタノは水属性のハイドロカッターで対抗.ティラノは飛んで来た水の刃を見事に避けるけれど,水刃自体がお城に当たってただの膨大な水へと戻り,宮殿の地下へと流れ込む! 間接的な水責めによって地下の王様たちを人質に取ったつもりのミハサは,コスモストーンはどこなのとシェーラ姫を脅迫.真実を知らない姫はお父様の部屋よと素直に答えますが…もちろん本物ではないんだよな(苦笑).
ミハサはジニーを使ってティラノたちをカードに戻し,シェーラ姫とともに宮殿へ.カード回収に行ったウサラパたちは地下の水に落下して活躍終了(苦笑).リュウタたちは姫の安全確保が最優先で!ジニーをおとなしくするのはマルムに全部任せちゃって…いくらマルムさんが普段バトルを静観しているからって,この扱いは男らしすぎてひどい(笑).王の部屋には壁に埋まったあの赤い宝玉が待っているものの,「嘘言っちゃいけないかもね! こんなのはコスモストーンじゃないかもね!」と怒るミハサ!
偽物を地面に叩きつけて割り,本物の場所を教えろと強硬にシェーラ姫に迫るミハサ.本物なんか知らない姫は逃げ出して外へ.そんな姫を救いに行ったリュウタたちは途中でこっそり立ち聞きし,姫と結婚しないと王になれない大臣の事情を把握.姫にとっては害にしかならない大臣を成敗するため,外でパラパラとともにジニーを止めようとしていたガブとエースを呼び寄せてしまって…マルムさんさらに孤立無援が悪化(苦笑)! 仲間が消えてパラパラが驚いてるのが芸が細かいぞ.
大人気なくも子供たちが恐竜2頭を投入,さらに牢から脱出した王様たちも兵を連れてやってきて「この反逆者め!」…この状況では大臣も盗賊も成す術なしで,クーデターもおしまい.残るはミハサに追い詰められているシェーラ姫とジニーだけ.ソーノイダたちは何したってどうせ生きてるから放置でも問題ないでしょう(笑).シェーラさんはミハサに塀の上に追い詰められており,コスモストーンの場所に心当たりもないので「覚悟するかもね」とミハサに手裏剣を向けられて…この危機を救う者こそヒーローだ!
「おいカモ姉!」と屋根の上に登場したのはアラジン! これでもくらえと投げ縄を放ち,見事ミハサを絡めて宙から落とします.あの小さな羽根でどうやって浮力を得ているのかはよくわからないものの(笑)さすがに羽根が広がってないと十分な浮力を得られない彼女は見事に転がり落ちてリタイア.行動を制限できる上に高さがそのままダメージになるから,ザンジャークと戦う時は最優先で羽根を狙うと良さそうだ.古代博士がいれば投げてくれるんだろうけどなぁ….
最後の最後,レックスたちの前でおいしいところを盗んでいったアラジン.自らを救ったヒーローに,あなたのおかげです!とシェーラ姫はキスを捧げ…レックスたちのこれまでの思いも気合もあっさり全て砕け散りました.しかも実は自分もキスされたのだとここでリュウタがカミングアウトしやがりまして,レックスは特別悲惨なことに.その上結論として「もしかするとシェーラさんて,誰にでもキスするんじゃないか?」なんてところにたどり着いてしまう少年たちはほんとお気の毒….
さて,宮殿内で仲間が悲惨な心持ちになっているとも知らないマルムさんは,現在エレメントブースター装着の上,メタルウィングでプテラも呼んでジニーと戦闘中.しかしジャークアーマーとコスモストーンの相乗効果が出ているのか,ジニーはプテラもパラパラもカードに戻してしまいます.さらにジニーは姫とアラジンの方へと向かい,あんなに好きだった姫の説得もジニーにはもう届かない.だからリュウタたちはまたもガブたちを手元に戻してディノスラッシュ.もはや絶望的となった恋のため!
エレメントブースターを装着し,「たとえシェーラさんが,誰にでもキスする人だったとしても,僕の思いに嘘はない!」…壮絶にかっこ悪い状況の中,切ない覚悟を固めたレックスとリュウタはシェーラさんを守るために連携! アルティメットサンダーとアルティメットウィンド,大技2つの贅沢な合体攻撃は,ジニーの鎧を吹き飛ばした上,カードへと戻す…ジニーの口の中にあったコスモストーンは,絡められ転がったままのミハサの前に!
本来ならさっと奪って飛び去るところなんだけど,今は芋虫なのでできないミハサ.いつものクライマックスなら仲間と連携しているだろうけど,今日は1人きりなのでそれも無理なのです.赤いコスモストーンは地中へと転がり落ちて,今まさに脱出しようとしていたアクト団の4人のところへ.すぐ近くにコスモストーンがあることにマルムさんに言われて気づき,ソーノイダが素手で手にしようとした…ところにタルボーンヌさん降下!コスモストーンを踏みしめる(笑)!
バックランド号で洗濯中だったタルボーンヌは,砂漠で着たきりのドクターたちを着替えさせるためにわざわざこのタイミングでこんなところに落ちてきやがっただけですが…ソーノイダが素手で触ったら信玄みたいに死んでいたかもしれないので実は命の恩人です.汚いウサラパたちは回収され,足元のコスモストーンも軽くポケットに入れて颯爽とバックランド号にタルボーンヌは帰還.怒涛の展開に負けたミハサは縄から逃れて飛び去って,結局リュウタたちは両親も姫の心も手に入れることができないまま終わっていくのでありました(苦笑).

アラジン編のエピローグ.盗賊も大臣も捕らえられ,ありがとうと感謝するシェーラ姫はガブたちにもキス,マルムにもリュウタにもレックスにもキス…アラジンが遅れて愕然としてんのがおかしい(苦笑).姫様お気に入りのジニーはカードに戻ってしまいましたが,悪い魔物になったから封じられたと彼女は解釈しているようです.今回初めてコスモストーンを手に入れたわけですが,少年たちは言いようのない敗北感とともにこの時代を去ります.「僕たちの使命は,パパたちを助け出すことだから」と己に言い聞かせるレックスは,「キスをありがとう」と晴れやかにシェーラさんに告げ,悔しさを握り締めつつ旅立っていくのでありました….
こうしてコスモストーンを手に入れながらも姫の色香とキス魔属性に完全敗北したレックスとリュウタは,タルボーンヌに裸に剥かれたウサラパたちを叱ります.一応主役側レギュラーなんだから,ゲスト敵の部下になったりすんなよ(苦笑).でも状況によってはザンジャークに寝返ってもおかしくないのがアクト団の個性だからなぁ.…さて,ついに手に入れたコスモストーンをリュウタはうっかり素手で触ってしまって感電…というのがヒキの危機になりますが,次回冒頭,どうしようもない展開で解決されますのでお楽しみに(笑).次回の新章・三銃士編に続きます!

|

« 2008年6月終了アニメ雑感 | トップページ | ひよこ短評 6/21-6/23 »

レビュー◆恐竜キング 翼竜伝説」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代王者恐竜キング 翼竜伝説#21:

« 2008年6月終了アニメ雑感 | トップページ | ひよこ短評 6/21-6/23 »