« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

古代王者恐竜キング 翼竜伝説#24

いくらダメでもそりゃ逆らえないか…

リシュリュー枢機卿の乱暴な宝玉探しを止めるため,アンヌ王妃の指示でルイ国王は王宮へと戻り,王妃はコンスタンスや少年銃士隊とリュウタたちとともにリシュリューの後を追って幽霊城との噂のある城へと向かう.早速出発した王妃一行を,ウサラパたちが道の途中で待っていた.少年銃士隊が孤児だと聞いたウサラパは,ソーノイダの命令を無視してでも彼らを助けてやりたいと思ったのだ.
しかしウサラパたちを先に見つけたのはリシュリュー配下の騎馬兵たちだった.先に行かせまいとする騎馬兵たちを退けるためにウサラパはサイカニアをけしかけるが,やってきたザッパーの放ったアンキロサウルスにあえなく吹き飛ばされてしまう.遅れてやってきたアンヌ王妃の一行も騎馬兵たちに行く手を妨害され,王妃はリュウタたちを解放するのと引き換えに,騎馬兵とともにリシュリューの元へ連れて行かれることとなってしまった.

この章がどうなるのかはなんとなく見えているものの,次の章でどうなるかについてはまったく見えない「恐竜キング」.この時代で「ガイアの碧眼」と呼ばれているコスモストーンは,地で緑なんだからきっと草属性.となればパラパラが物語の中心で大活躍しておかしくないはずなんだけど…なぜか今回の主役はウサラパ様たち.ここまで6クールくらい付き合ってきた愛すべき悪役?の知られざる過去が明らかとなります.…確かにあんな存在ならば,一緒にいれば酷い目に遭うとわかっていてもウサラパたちも逆らえないか.
キッズアニメとしては結構重い設定の割にあんまり湿っぽくない過去語りの今回は脚本三浦浩児,演出杉山慶一,絵コンテ藤原良二,作画監督江上夏樹の中村プロ回.作画的にはまあまあですが,一応綺麗どころである王妃様にだけは変に気合が入っているのか他のキャラに比べて無駄に濃い気が(苦笑).エンディングではスピノ逆立ち,サイカ尻尾立ち,恐竜図鑑では恐竜と鳥の関係が紹介されてます.

続きを読む "古代王者恐竜キング 翼竜伝説#24"

| | トラックバック (0)

ひよこ短評 7/6-7/11

涙や感動一切なし,原点に戻って笑いを追及した今年のFNS27時間テレビ.自分も飛び飛びですがすっかり堪能させていただきました.数々の問題,放送事故を巻き起こしつつも走り抜けたのが素晴らしかったなぁ.笑うのは,笑われるのは子どもでもできるけれど,沢山の人間を狙って笑わせるのは大人でなければ無理.低俗と切り捨てるのは簡単だけど,そんな視聴態度は大人としてはあまりに浅薄に過ぎると思うんだ.
さて,短評では夏シリーズスタートの狭間に「ギアス」13話が….

続きを読む "ひよこ短評 7/6-7/11"

| | トラックバック (0)

ひよこ短評 6/30-7/5

やらないと何もできないけれどやればできる子としての評価を確立しつつある,今一番熱い人柱マシン,Willcom D4.自分も他のユーザたちと同じくハード極まる人柱&調教ライフを楽しませて頂いております.小さい画面では感想書いたりしにくいので,わざわざでか文字・でかボタンのエディタまで作ったり….
さて,短評ではようやく色々第1話がスタートしてますね.

続きを読む "ひよこ短評 6/30-7/5"

| | トラックバック (0)

古代王者恐竜キング 翼竜伝説#23

合わせた力もまだ足りない!

秘宝,大地の碧眼を手に入れるため,リシュリューたちは若い国王夫妻が滞在しているデュマ伯爵の城を目指す.リュウタたちとコンスタンスも同じくデュマ伯の城を目指し,さらにリュウタたちを信頼できないダルタニアンと子分たちもついてきた.ノーピスによって更に強化されたカードを持ったグーネンコとリシュリューたちに追い抜かれたダルタニアンの気は逸るばかりだ.
一刻も早く城に着こうとするあまり,リュウタたちの乗った馬車は脱輪を起こしてしまった.脱輪はすぐに修理できたものの,苛立つダルタニアンが子分を怒鳴りつける態度が許せないリュウタは取っ組み合いの喧嘩をはじめて仲間たちに止められる.そんなことをしている間にリシュリューたちはデュマ伯の城に到着して宝玉の探索を開始し,城の外ではコスモストーンを探しにきたウサラパたちとグーネンコの恐竜バトルがはじまった.

2クール目もそろそろ佳境,まったく先の見えない次章以降の伏線が張られてきてもおかしくなさそな恐竜キング.この回から敵側がパワーアップを開始するので,主役側の強化もそろそろ? ただし強化にコスモストーンが必要ならば,入手する手間を考えると主役3頭の強化される時期はそれぞれずれてくるかもしれないなぁ….逆に強化を急ぐために,一気にコスモストーンを入手するようなイベントが発生したりとか,強化恐竜を鹵獲して,そこから味方側が一気に強化されていくかもしれないけれど.
今回は脚本前川淳,作画監督高橋晃和田喜彰,絵コンテ演出工藤寛顕のダブ回…の割に微妙な顔が散見されるのがちょっと寂しいのは上海ダブのせい? 見どころは本当にどうしようもないダルタニアンと激しく怒るリュウタの実に子どもらしい喧嘩っぷり.ダルタニアンに比べれば,リュウタはリーダーとしてまだまだマシであるという事実がちょっと怖い.恐竜図鑑は恐竜の糞の話です.

続きを読む "古代王者恐竜キング 翼竜伝説#23"

| | トラックバック (0)

ひよこ短評 6/28-6/29

実家から東京に戻ってきたら温度差が10度以上あって外に出られません…そんなインドア派の新しい友達であるWillcom D4ですが,U101以来これまで何台もUMPCと一緒に暮らしてきましたが,ここまで癖の強い機械ははじめてです(苦笑).遊んでいると壮絶に面白いものの,バッテリの持ちが悪すぎて見せびらかしにくいという仕様もどうかしています.ああもう可愛いなぁ(笑)!
さて,短評では「PERSONA」最終回まで一気見.むとう脚本最高.

続きを読む "ひよこ短評 6/28-6/29"

| | トラックバック (0)

古代王者恐竜キング 翼竜伝説#22

建物壊しは悪の仕業

ついにリュウタたちはコスモストーンを1つ手にいれた.人間は素手では触れないが機械や恐竜たちは触っても平気な,凄まじい力を秘めるこの宝玉をザンジャークはこれまで捜し求めていたのだ.コスモストーンが全部で7つあるならば,7つ集めれば宇宙が崩壊するとしても,この宝玉1つなら両親たちと引き換えにしてもいいとリュウタたちは考えている.未だ恐竜キングを目指すソーノイダは,宝玉の力で恐竜を強化できると考えてコスモストーンを研究のために借りていくのだった.
新たなコスモストーンを探すザンジャークは1613年のフランスに到着した.当時のフランスは幼いルイ13世を傀儡として,マリー皇太后が国の実権を握っている.実質的なフランスの支配者である皇太后のところに枢機卿リシュリューが宝玉の噂を持ち込んだ.フランク王国時代のある建物に隠されているという秘宝探しの話に,コスモストーンを探すミハサが乱入し,まずは彼女の力でフランシスコ寺院を壊して宝玉を探すこととなった.

まだ2クール目の終盤なのに宝玉はもう残り2つしかない「恐竜キング」.時期的にはそろそろ主役側敵側の更なるパワーアップが欲しいところ.あのノーピスが未だ空気のまま,コスモストーンもついに1つ手に入れたということで,そろそろこのシリーズ全体に影響を及ぼすでかいイベントが訪れそうな予感.コスモストーンと引き換えに両親たちを取り戻すというのが順当な気もするけれど…既にザンジャークかそれに近い人物が,残る1つのコスモストーンを手に入れてたら,この章終了後にいきなり最終局面になりそうな気もする(苦笑).
ルイ13世の時代を舞台とした「三銃士編」のプロローグを描き出すのは,脚本丸尾みほ,作画監督平岡正幸,絵コンテ演出池野昭二のサンライズ作画室&中村プロ回…なので作画についてはまあまあだけれど,作画そのものよりもゲストキャラであるルイ13世の大変に思い切ったデザインの方にびっくりしてしまうかもしれません(笑).恐竜図鑑はラジャサウルス.

続きを読む "古代王者恐竜キング 翼竜伝説#22"

| | トラックバック (0)

ひよこ短評 6/25-6/27

先週より早めの夏休みに突入中.とはいえ実家なのでだらだらと休んでいるわけにもいかず,快調に視聴が滞ってしまって…全然夏休みじゃねえなぁ.さて,某方にそっくりと言われている元祖・癒し系キャラが20周年記念で復活!エコロジー中心に活躍されるとのことですが,動くとすればFlashアニメとかを「ファイテンション」内で…とか普通にありそうな気がしてきました(笑).
さて,短評では「ドルアーガ」最終回でGDHを心配しています.

続きを読む "ひよこ短評 6/25-6/27"

| | トラックバック (0)

ひよこ短評 6/21-6/23

情報が出始めてから様々な紆余曲折の末にようやく発売日が7/11に決定.世間の熱狂の中で自分も買いました Willcom D4を(笑)! 元々iPod Touch(川井憲次サイン入り)があるのでiPhoneは欲しくなかったし,爆安サブノートPCはスペックがあまりにも物足りなかったので…とはいえD4の標準バッテリ持ち時間=1.5時間はいい加減にしろとは思いましたが,小さいものは正義だ(苦笑).
さて,短評では「紅」を最終回までまとめ見しています.

続きを読む "ひよこ短評 6/21-6/23"

| | トラックバック (0)

古代王者恐竜キング 翼竜伝説#21

欲しかったのはこれじゃない!

アラジンのおかげでリュウタたちは盗賊たちから逃げ切れたものの,王宮へと続く秘密の抜け道は崖崩れによって埋まってしまい,リュウタたちはアラジンに裏切られたのだと憤る.大胆なシェーラ姫はもはや穏便にやっていられないと判断し,最後の手段としてオアシスに置いて来たジニーとともに正面から王宮に乗り込むことに決め,レックスもリュウタもシェーラ姫を守り抜くと誓う.
ウサラパたちはソーノイダを助けるためにアクトホルダーを取り返そうとするのだが結局失敗し,恐竜とともに王宮に攻め込んでくるシェーラ姫たちを迎え撃つのに参加させられる.シェーラ姫をジニーに任せリュウタたちはウサラパたちとの恐竜バトルに専念するのだが,乱入してきたミハサがジャークアーマーでジニーを操って暴れさせ,シェーラ姫を奪っていった.

主役2人が完璧にシェーラ姫にかまけてしまい,コスモストーンのことも両親たちのことも気がついたら脇に置かれていた「恐竜キング」.世界や両親の危機よりも身近にいるきれいなお姉さんの方が重要…というのは,少年としては結構正しい気がするし,恐らくこの旅をはじめてからそろそろ3週間が経過するはずなので,たまには少し気を抜かないと精神的に持たなくなる気がするのでちょうどいい気分転換になったのでは…そんなリラックス効果が出たのか,この回でようやく大きなパターンが1つ破られます.
2クール目後半の重要回は,脚本平野靖士,作画監督田中ちゆき,絵コンテ演出渡辺正樹の中村プロ回…作画は抜群とはいかないものの,なぜか大人の色気が満載で(笑)シェーラ姫だけでなくウサラパ様も頑張って動いてますよ? 今回でこのアラジン編は終了となるはずですが,エンディングではサイカ前転,ティラノがピースくらいと変化は地味.恐竜図鑑ではティタノサウルス・コルバーチが紹介されてます.

続きを読む "古代王者恐竜キング 翼竜伝説#21"

| | トラックバック (0)

2008年6月終了アニメ雑感

皆様湿気が多い上に暑いという最悪の気候の中,いかがお過ごしですか? 自分はここまで来ると何年ぶりかというレベルの業務で現在忙殺され中です.さすがに毎日23時帰宅だともうアニメ見るだけで精一杯だ(苦笑).今期はぜひ扱いたい作品が既に2作あるんだけれどどうしたもんだろう.「恐竜キング」を入れて2作までならなんとか回るんだけど,3作は現状の長文だと難しいなぁ…でも好きなものはやっぱり書いてみたいので,なんとかやれる形を模索しているところです.

写真はスターケバブでランチ.牛肉たっぷりでお安いな.

---
今回短評を出した作品は以下の通り.

続きを読む "2008年6月終了アニメ雑感"

| | トラックバック (0)

ひよこ短評 6/17-6/20

折角の改変期なのに現在設計の大詰め中.大変に忙しくて今週は感想を書くのが遅れております.忙しいのがここ3週間くらい継続してるので,睡眠を優先させないと厳しいです.さて明日の「いいとも」に押井監督が出るようです.正直なところ監督が一体何を言い出すのか大変に不安なので(苦笑)しっかり録画しておきましょう.
短評では「図書館戦争」と「xxxHOLiC継」の対比くっきり.

続きを読む "ひよこ短評 6/17-6/20"

| | トラックバック (0)

【感想4コマ】仮面のメイドガイ#12

Maidguy12s

最後まで巨乳絶対主義を貫いて終了.再会の日を楽しみにしてます!

続きを読む "【感想4コマ】仮面のメイドガイ#12"

| | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »