« ひよこ短評 6/17-6/20 | トップページ | 古代王者恐竜キング 翼竜伝説#21 »

2008年6月終了アニメ雑感

皆様湿気が多い上に暑いという最悪の気候の中,いかがお過ごしですか? 自分はここまで来ると何年ぶりかというレベルの業務で現在忙殺され中です.さすがに毎日23時帰宅だともうアニメ見るだけで精一杯だ(苦笑).今期はぜひ扱いたい作品が既に2作あるんだけれどどうしたもんだろう.「恐竜キング」を入れて2作までならなんとか回るんだけど,3作は現状の長文だと難しいなぁ…でも好きなものはやっぱり書いてみたいので,なんとかやれる形を模索しているところです.

写真はスターケバブでランチ.牛肉たっぷりでお安いな.

---
今回短評を出した作品は以下の通り.

[終了短評] ※私見:一般:電波で各5点ずつ

4-:3-:3+ 仮面のメイドガイ
徹頭徹尾巨乳礼讚.しかも礼讚っぷりが常軌を逸しているために嫌みにもならない.巨乳が何よりも貴いというファンタジー世界で繰り広げられたギャグは最後までマイペースを保ってくれました! 変なシリアス展開にならずに終了できた時点で大勝利は確定.折角のネタの割に映像的エロス的な冒険は抑え気味だったものの,やりすぎて放映中止になるよりは全然マシ…というか,そんな無謀な冒険はこの作品には似合わないよな(笑).
メイド分がやや抑え目な分,乳は嫌ってほど増量で,現実世界での価値観とまったく食い違う部分(巨乳)で神のごとく崇められ,しかしなえかさん当人は「乳はないよりはあったほうがいい」程度の現実世界寄りの価値観を持っているがゆえにひどい厭味にならないバランスがうまい.なえかさん自身が現実世界ではマイナスな「バカ」とか「算数できない病」を患っており(笑)それを本人が時折に苦にするところも,なえかさんを身近に感じさせてくれるんだよなぁ.
雑誌でぎりぎり小さい単行本ではもう読みにくいという原作の密度が生かされたアニメは,ちょうどいい感じにハイテンション.ちょっと離れた2話を繋ぐという豪快な再構成も成されていましたが,原作未読者でも十分楽しめるコメディに仕上がってました.…フブキさん信者の自分としてはほるすたいん制服とかどじっ娘返上のためのファインとかを外さずやってくれただけで全ての作画の乱れを許してもいい(笑).面白かったです!

3:2+:2 ドルアーガの塔
作画は最後まで驚くほど安定.とても深夜U局とは思えないくらいの高品質.物語も核心を暴露する爽快感は最後まで得られなかったものの,キャラはジル・ニーバ側は皆それなりに良く立っていていたと思います…が,1クールかけて結局リセット.まったく完結できてない上に次期は来年ってどんだけ生殺しですか(笑).作品の出来はもっと先を見たいと思わせるに十分なものだったけど,達成の爽快感まで全部取り上げられて放置されるとやっぱり複雑な気分です.某「ブレイブストーリー」のように時間不足で語るべきところが語られないよりは数倍マシではあるけれど….
単なる現実遊離のファンタジーではなく,ゲームという元ネタのパロディでもなく,昨今のRPGをアニメ化した作品の中でもそのあたりのバランスは飛び抜けて良く,ゲーム未プレイでも一応の最終話まで楽しく見ることができました…気になるのは「俺,来年この作品の次期をやるんだ!」ってのがGDHの死亡フラグでないかどうか(苦笑).本当に死んでしまうと全く笑えないので,ふてぶてしく来年続きを見せてくれることを期待しています.面白かったです!

4-:3+:1 xxxHOLiC◆継
1話完結であった前シリーズに対し,前後編をベースとした今期はよりじっくりとメインキャラが掘り下げられていた感じ.もちろん主役の四月一日は最もよく掘り下げられていましたが,クライマックスでのひまわりちゃんの黒さは凄かった…四月一日という存在にとって堂目鬼は正でひまわりは負,しかし彼の心にとってはそうではない…という決着のさせ方が穏やかながらも素晴らしかった.今期終了作品中,最も満足できたクライマックスだったと思います.
作画は全体的に安定.手足の長い独特のシルエットが生み出す映像の魅力も当然健在…最終回の四月一日は面白かったなぁ(笑).ゲストキャラは今期から登場の小羽や祖父が目だってましたが,前シリーズから続騰の面子もいい賑やかしぶり.存在感が一番薄まったのはゆう子さんのような気がしますが,あの人はただ立ってるだけでも濃いからこれで十分なのかもしれない(笑).
原作既読者にとっては同原作者の「ツバサ」とのリンクがどうしても気掛かりだったものの,最後まで匂わせることすらせず完全無視したのは正しい判断だと思います.「ツバサ」とのリンクがないと四月一日の危うさや悲しみは描き切れないけれど,そもそも四月一日は元々十分不幸だし(苦笑)もし「ツバサ」とのリンクがなければこのようになっていたかもしれないという,ifの世界の差の面白さを感じることもできました.原作をなぞるならさすがにこの先「ツバサ」無視は難しい気がするものの,それでもぜひ続編を見てみたいと思います.面白かったです!

3:3-:2 紅
さすがに「RED GARDEN」よりは視聴者に優しかったプレスコアニメ.間口が狭すぎるという松尾監督の特質を原作のキャラの魅力で突破した後は…やっぱし監督の大好きなスタイリッシュな女子肉弾バトル方向へとやりたい放題(笑).原作の流れは大まかなところだけ使い,瑣末?な設定はさらりと無視して再構成.無茶な流れやツッコミどころは山ほどあったものの,原作とは違うラストまで含めて1つの作品としてきちんと成立していたと思います.
そんなわけでアニメから入ったよく訓練された視聴者としては,「だって松尾監督だから」という言葉を支えにして1つの作品として楽しむことができたわけですが…この状況,原作ファンは面白くないんじゃないかなぁ(苦笑).自分たちの大好きな原作がここまで徹底的に松尾監督色に染められて,しかも世間の評価はそう悪くなくて…となったらきっとどうしていいかわからなくなってるはずなので,DVDを売るためには原作ファン向けのサービスを今からでも手厚くする必要があると思うのです…何をどうすればいいかは想像つかないけど(笑).とりあえずミュージカル回万歳.面白かったです!

4:3-:2 PERSONA
この作品がベースとしている「3」を未プレイなのでよくわからないところが色々ある上に,パッと見ではわからないものを暗黙のうちに穏やかに匂わすむとう脚本が炸裂したため敵味方の構図を把握するだけでも一苦労.繊細な絵柄を扱う割に作画が残念なことが多く,ともかくアラは山ほどあるんだけれど…作品としてはまったく憎めない(苦笑)! むしろその様々なアラが独特の魅力に見えてくるぐらいの歪んだ魅力を持つ作品です.
細かくツボを押さえた描写によって登場人物たちには血が通い,そんな生きた彼らに訪れる様々な物事とそれに対する彼らの反応を見守っているだけでも非常に楽しい! そして何よりも,見ていてこんなに原作ゲームをプレイしたいと思った作品は久しぶり.作品を読み解くために原作に手を伸ばさせるという,販促作品としての役目を果たしたところが本当に偉かったと思います.
何もかも背負ってしまいその重みに潰される長兄,運命ゆえに不自然な存在となってしまった弟と妹,そして真実から切り離されたがゆえに健全で不自然な次男とメイン3人は皆相当の不幸者,そんな彼らの側にいる友も敵も関係者もそれぞれに不幸を抱えているわけですが,その不幸よりも彼らの楽しくてさわやかで切ない日常の方が最後には強く印象に残るあたりも独特でした.確実に人を選ぶ,しかも完璧なスロースターターではありますが,とりあえず黙ってまず1クール見てほしい.話はそれからだ! 面白かったです!

3-:2+:1 ダ・カーポ2SS
実はこれまでなんとなく全部見てしまっていたこのシリーズ.でもこうやって感想を一応書き留めておきたいと思ったのはこの物語がはじめてです.中盤まではまったりで,時折思わせ振りな描写が出てくるものの機能しないまま.しかし終盤に入ってからの展開はお約束とはいえ怒涛.何よりもこんなに女の子たちが切なく激しく泣く作品は見たことがなかった! あの凄い泣きキレ描写を見るためならば,10話待つ価値は十分あると思います.
ギャルゲ原作作品を見る際にしばしば苦しめられる「なんでこいつこんなにモテるんだろう」という問いにはあまり答えが戻ってこないけれど(笑),全員にモテてるわけではないからまだよし.作画は安定していて別の意味でひやひやすることも少ないので,「お前またか!」と思うには違いないけれど(苦笑)中盤までをまったり楽しんでいれば,ちょっとびっくりするくらいの凄い涙が見られるんじゃないかな.面白かったです.

3-:2+:2 あまつき
1クールで全部回収は無理だと最初からわかっているとしても,本当にやりっ放しだなぁ君ら.恐らくは原作準拠でこうなったんだろうけれど,1クールアニメとして「ドルアーガ」を越えるやりっ放しは果たして許されるものなんでしょうか(苦笑).いや,さすがに「BUS GAMER」ほどはひどくないけど,あれはまた特別だったからなぁ….そんなわけで1つの不幸はなんとか解消されたものの,その他は全部放置.主役はともかく,先にこの世界に来ていた彼なんか一体何のために出てきたのやら….
とはいえ1クールで完結させるためにこの作品に松尾監督レベルの大ナタを振ったとしたら,余程適切な舵取りがなければ各話の質は現在のものと大幅に違ったに違いないし,そんな改変を原作ファンが喜ぶとはあまり思えない.あくまで原作を読んでいる人のための作品だと割り切ればこの構成はアリ.ただし原作をどうしても読みたいと思わせる強いフックもなかったし…もしこれで続編がないと本当にやりっ放しの恥ずかしい作品になってしまうので,製作はこれから頑張ってください(苦笑).

---
今ひとつ合わなかった6月期.でも本番はこれからだ!

|

« ひよこ短評 6/17-6/20 | トップページ | 古代王者恐竜キング 翼竜伝説#21 »

「アニメ終了雑感」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/41745319

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年6月終了アニメ雑感:

« ひよこ短評 6/17-6/20 | トップページ | 古代王者恐竜キング 翼竜伝説#21 »