« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

古代王者恐竜キング 翼竜伝説#28

前シリーズに引き続いてまた!

ザンジャークのボス,ジャークが成体化させたアパトサウルスは凄まじい力を持っていた.ガブは尾の一振りで吹き飛ばされ,技・ジャークデストロイは山に大穴を開けるだけでなく,衝撃で火山を噴火させる.ザンジャークもリュウタたちも火山に埋まっているはずのブラックコスモストーンを一時的に諦めて逃げるしかなくなったが,ソーノイダは逃げる最中にブラックコスモストーンを群れからはぐれたマンモスが飲み込んだのを目撃していた.
噴火の中でコスモストーンを見失ったリュウタたちは,ソーノイダの目撃情報からマンモスを探す.幸運にもリュウタが3年前北海道の発掘で見つけていた化石こそがさっきの噴火に巻き込まれたマンモスの化石であることがわかり,バックランド号は3年前の北海道の山中へと向かった.バックランド号の機能で小さな地震を起こして過去のリュウタと古代博士を退避させ,早速化石の中からコスモストーンを取り出そうとするリュウタたちのところに,ジャークベースが横取りにやってくる.

クライマックス突入中.話をさくさく進めるためのクライマックス補正も惜しげもなく発動中の「恐竜キング」.舞台も展開も非常にめまぐるしい中で,ついにあいつがまたも動き出しました(笑)! 科学者の本分は正確なデータを積み上げた上でその先を正確に予測するところにあると思うんですが,あいつは己の過去の失敗というデータをまともに分析してるんでしょうか.前シリーズの敗因は明らかに「仲間不足」.仮初でも仲間であったアクト団を切り捨てたところから全てが崩壊していったので,今回も裏切るならばせめて一番邪魔なリュウタたちを倒してからでないと危険なんですが…何かちゃんと考えていたりはしないかなぁ,しないだろうなぁ(苦笑),
ハイテンションで豪快な展開を見せる今回は脚本三浦浩児,作画監督田中ちゆき,絵コンテ演出渡辺正樹の中村プロ回で全体的な作画としては大崩れはなし.この期に及んで投入されるあいつの新作バンクはもちろん見どころですが,終盤の作画の気合も素晴らしい.なぜ塩撒きにそこまで気合いを入れるのか,意味はまったくわかりませんが(苦笑)! 恐竜図鑑はクリオロフォサウルス.

続きを読む "古代王者恐竜キング 翼竜伝説#28"

| | トラックバック (0)

ひよこ短評 8/12-8/16

佐賀にカミーユ.そのときの様子を想像すればするほど,もちろん洒落にならない話なんだけど異常に面白い….とりあえず店員さんに怪我がなくてよかったなぁ.
さて,短評では「銀魂」の超再現ぶりに震えています.

続きを読む "ひよこ短評 8/12-8/16"

| | トラックバック (0)

【感想4コマ】夏目友人帳#3

こっちの方が怖いです.

Natsume03s

続きを読む "【感想4コマ】夏目友人帳#3"

| | トラックバック (0)

ひよこ短評 8/10-8/11

下手すれば傘下のゴンゾで制作しているアニメよりもゾクゾクする株価でおなじみのGDH.ゴンゾは最近だと「ドルアーガの塔」で来年の2期を宣言し困惑させてくれましたが,09年放映として今回告知されたのが「スラップアップパーティ」…キャラもたいがいなんですがそれ以上の大問題はシリーズ構成.この状況で凄いバクチを打ってくるなぁ(苦笑).
さて,短評では「モノクローム・ファクター」のギャグを堪能しています.

続きを読む "ひよこ短評 8/10-8/11"

| | トラックバック (0)

古代王者恐竜キング 翼竜伝説#27

翼竜は最初にリュウタたちを現代へ導くべきだったので文句言うな

謎の巨大植物と巨大昆虫にDラボのある現代は覆われた.唐突に大異変が起きた原因は,バックランド号がジュラ紀を去る時に修復光線を使わなかったために違いない.あるべき森林が焼けてしまったために進化の歴史が変化してしまい,正史にはない生物が現代に出現してしまったのだ.しかも過去の影響はこれに留まらず,人類が消滅してしまうかもしれない.リュウタたちは一刻も早くジュラ紀に戻らねばならないが,バックランド号の時代設定装置は壊れたままだ.
一刻も早くジュラ紀に行きたいけれどどこにも向かえないバックランド号を救ったのは,かろうじてDラボと繋がっている通信回線だった.ジュラサンは回線を逆探知して現代に向かうことを提案し,子どもたちはすぐその案に賛同する.失敗すれば時空をさ迷うことになるかもしれないが,今,他にできることがない.ジュラサンは現代に向かって航行を開始し,緑のジャングルに覆われた現在へと無事到着する.

クライマックス突入中,これまで以上のペースでテンションの高い展開を畳みかけてくる「恐竜キング」.バックランド号が自由に移動できない原因だった時代設定装置がやっと今回で修復されたので,リュウタたちの時代移動も今まで以上に激しくなって…小さいお友達はちゃんとついて来ているんでしょうか.サンライズのキッズものはこのあたりから振り切れて,完璧に子どもを置き去りにする悪癖?があるのでいつものことですが心配です(苦笑),
動きの激しい今回は,脚本前川淳,作画監督小田武士・大野勉,絵コンテ演出高橋順の三艾動画回だけれどメインスタッフは日本人揃いで作画はまあまあ.現在のところザンジャーク側が圧倒的有利なのは間違いないんだけれど,リュウタたちにはこの差を取り戻す手はあるのか,そして悪の道をまっしぐらなザンジャーク側は…そろそろ改心フラグを立てないと最後に救われなくなるぞ(苦笑)? エンディングではサイカ尻尾立ちスピノ逆立ち.恐竜図鑑はアパトサウルス.

続きを読む "古代王者恐竜キング 翼竜伝説#27"

| | トラックバック (0)

ひよこ短評 8/5-8/8

既に書き終わってアップする直前だった「恐竜キング」のレビュー2話分がマシントラブルで消えてしまって愕然.しかも上書きでバックアップまでダメにしてしまったので復旧までには時間がかかりそうです.…データよりも何よりも心が折れました.1本書くのにどんだけの時間をかけてるかを考えると(苦笑).
さて,短評では「恋姫無双」の董卓に愕然としました.

続きを読む "ひよこ短評 8/5-8/8"

| | トラックバック (0)

【感想4コマ】夏目友人帳#2

逆ならばこうなるわけですか?

Natsume02s

続きを読む "【感想4コマ】夏目友人帳#2"

| | トラックバック (0)

ひよこ短評 7/29-8/4

コミックマーケット74無事?閉幕.1日目2日目の猛暑は人間を倒すくらい洒落にならないレベルでしたが,3日目は雨のおかげで随分と涼しかった.ただし雨のおかげで折角の本がやられちゃった人も結構いたみたいだけれど…とりあえず皆様今日は暖かくして寝て,明日からの出勤に備えましょう.
さて,短評ではルルーシュさんの逆境ぶりに息を飲んでます.

続きを読む "ひよこ短評 7/29-8/4"

| | トラックバック (0)

ひよこ短評 7/23-7/27

コミックマーケット74開幕.刺すような直射日光の下をちょっとずつ進んでやっと会場に入ったと思ったら正直外の方がマシかもしれないという人の群れに巻き込まれるという苦行はまだまだ1日目.明日も明後日も頑張ろう(笑).…あ,手荷物検査の一因が逮捕されてますね.また無職か….
さて,短評ではボケに囲まれた新八の真骨頂を愛でています.

続きを読む "ひよこ短評 7/23-7/27"

| | トラックバック (0)

古代王者恐竜キング 翼竜伝説#26

クイズにするのはおかしいだろ

ついに2つのコスモストーンを手に入れたリュウタたちは,まだ1つ発見されていない今がザンジャークとの交渉時だと考えていた.莫大な力を持つコスモストーンを集めてザンジャークが何をするつもりなのかは気がかりだが,自分たちの両親たちを全員取り戻した後で,最後の1つをを手に入れることができれば綱渡りでも宇宙の危機は阻止できる.そう考えたリュウタたちはザンジャークとの通信を繋ぎ,交渉をはじめた.
時空の流れの中,ザンジャークのボス・ジャークとリュウタたちは通信を交わす.ジャークの気持ち悪さに辟易しながら,両親たちとコスモストーンを交換したいとリュウタたちは申し出るが,通信中にジャークベースはバックランド号に攻撃をはじめる.まともな交渉をする気などなかったザンジャークに攻撃されたバックランド号は近くのジュラ紀に墜落し,それを追うようにザンジャークの飛空挺でノーピスがやってきた.

約束されていた激動展開がついにスタート! ここまでは予測できてもこの先がまったく予測できなかった「恐竜キング」! サンライズの男玩販促アニメは途中から対象年齢完全無視のシリアス展開をやらかすことでおなじみですが(笑)1話完結の縛りもなくなったこのシリーズもとうとう終盤なので,そろそろ全力でやらかしてきそうな予感.元々宇宙の危機とかビックバンとか馬鹿でかい風呂敷を広げる準備はされていたので,ここから数話でどこまで話が広がり,そしてどう畳まれていくのかが途方もなく楽しみで…大丈夫か?畳めるか?
激震開始,あっさり騙される子どもたちにツッコミ入れたくてたまらない今回は脚本丸尾みほ,作画監督和田喜彰・高橋晃,絵コンテ演出河村智之,ダブ+中村プロ回で作画は安定してますが…ノーピスに気合が入ってるんだか逆に抜けてるんだかわからん(笑).恐竜図鑑は翼竜について.さらにラストにプレゼントクイズがついてるんですが,自分たちの大失態を明るくクイズにしているリュウタが凄すぎる….

続きを読む "古代王者恐竜キング 翼竜伝説#26"

| | トラックバック (0)

【感想4コマ】夏目友人帳#1

今期一番気に入っているので,遅ればせながらはじめます.

Natsume01s

続きを読む "【感想4コマ】夏目友人帳#1"

| | トラックバック (0)

ひよこ短評 7/20-7/21

ついにはじまったオリンピック.これからしばらくは高校野球の影響も含めてタイムテーブルががたがたになるはずなので録画派は覚悟が必要そう.来週の東京放映で気になるのは木曜日の「ToLOVEる」.「ひだまり」と一緒にオリンピック中継のため無制限に繰り下げられる可能性…ってどう録画予約すればいいのやら(苦笑)
さて,短評では新番組をまとめて消化中.

続きを読む "ひよこ短評 7/20-7/21"

| | トラックバック (0)

2008年7月開始アニメ雑感

7月改変期からもう1ヶ月.これまでにない忙しさに負けてかなり遅れてしまったけれど,開始短評は記録として残しておきたいのでここでやっときます.バランスの良さで一番気に入っているのが「夏目」,原作ファンなのでどうしても気になるのが「スレイヤーズ」と「バーディ」…今期も自分にとっては全体的に原作つきが強いです.定評のあるいい物語を満を持してアニメ化しているわけだしなぁ.

写真は日曜に見た花火.

---
今回短評を出した作品は以下の通り.

続きを読む "2008年7月開始アニメ雑感"

| | トラックバック (0)

古代王者恐竜キング 翼竜伝説#25

友情パワーより暴走パワー!

リシュリューたちやザッパーを川の向こうに置き去りにして,アンヌ王妃やダルタニアンたち,そしてウサラパたちと一緒にリュウタたちはコスモストーンがあるらしい城へと向かう.幽霊城の噂のある無人の城に到着すると,パラパラが勝手に門の中へと飛び込んでいく.ここにあるコスモストーンの存在にパラパラが反応しているのではないかと思ったリュウタたちは,ダルタニアンたちとともにパラパラの後について城へと入り,ウサラパたちだけが見張りとして外に残った.
怖がりながら見張りをするウサラパたちのところに,ミハサとグーネンコが現れた.グーネンコの召還したギガスにはスピノとサイカが当たり,城の中に侵入したミハサを追ってウサラパは城の中へと入り,外の異変に気づいたリュウタたちとすれ違う.サイカとスピノの合体技ではギガスを抑えることもできず,サイカはカードに戻されてしまい,リュウタとレックスは劣勢のスピノとともに戦うためにガブとエースを召還する.

三銃士編クライマックス! ここまでは毎章クライマックス回に作画がへたれてがっかりしてきたものの,今回は良スタッフがずらっと揃ってくれた「恐竜キング」! 脚本平野靖士,演出池野昭二,絵コンテ菱田正和,作画監督高橋晃・和田喜彰のスタジオダブ回…相当うれしい面子が揃ってコスモストーン取り合いの行方を描きます.敵側には強力なカードが投入された直後なわけですが,その威力が最終目的に繋がらないあたりは,前シリーズラストバトルをチビ恐竜の活躍で終わらせた本作らしいかも(笑)!
前章ラストではザンジャークがコスモストーン確保を失敗することでパターンが崩れたわけですが,今回はさらに大きなパターンが崩れます.前章のラストではザッパーたち3人がラストバトルに揃ってはいなかったのですが,今回は3人が揃っている上でなおかつこの結果となったのが非常に面白い.もちろんDキッズ側のチームワークの良さ…ではなくて(苦笑)恐竜がコスモストーンに反応するという知識面の充実が結果に結びついていくのです.ちなみに恐竜図鑑は翼竜について紹介しています.

続きを読む "古代王者恐竜キング 翼竜伝説#25"

| | トラックバック (0)

ひよこ短評 7/13-7/17

いよいよ本日公開の「スカイ・クロラ」.自分も早く見に行きたいと思ってはいるんだけれど,今週末はさすがに混んでいるだろうなぁ….押井作品らしからぬ宣伝広告ぶりも珍しかったけれど,どうも内容的には「Avalon」に一番近そうな気がしなくもなく.いや,さすがに「天使のたまご」みたいな目も当てられない状態にはならないと思うんだけど…大丈夫か?
さて,短評では「RD」でハルさんが美味そうだったのに萌えました.

続きを読む "ひよこ短評 7/13-7/17"

| | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »