« ひよこ短評 9/7-9/9 | トップページ | ひよこ短評 9/10-9/13 »

2008年9月終了アニメ雑感・2

現実の天気以上に大荒れな経済界.横から見ているだけならばきっと面白いだけなんですが,規模がでかくなれば自分自身もそれなりに巻き込まれていくはず.アニメ業界も短期では海外売りの依存度が大きい会社がまず足元を揺るがせそうなので,業界大手の動向が結構気になります.長期に渡れば今度は広告の減少という形で業界全体に影響が出てくるはずだけれど,アニメ自体は廉価なビジネスで,実際に失われた10年にもアニメを大量に作ってたわけだしなぁ,この国は(笑).

---
今回短評を出した作品は以下の通り.

---
[終了短評] ※私見:一般:電波で各5点ずつ

3:2+:2 薬師寺涼子の怪奇事件簿
横暴で有能な女主人公が大暴れするのを脇が支える作品が今期はやたらカブってました.よりによってジャンル元祖でネタ元のリナも最新の狂華もいたんだからもうちょっとずらせばよかったのになぁ(苦笑).とはいえコミック連載中の雑誌がもうすぐ廃刊予定なので,メディアミックスの効果を得るには今やるしかなかったわけであり…優雅な見た目もこの時節的な逆境の中ではどうしても沈んでしまい,折角の奮闘ぶりがうまく一般視聴者に伝わらなかったであろう気の毒な作品…凄くいい仕事してたんだけどなぁ!
原作のエピソードは最後まで温存,オリジナルの短編でラストまで繋ぐという今時大変な贅沢をした上,絵コンテ・演出に時折凄い人材をさらっと投入,優雅でリッチなフランス語に雰囲気満点の音楽,そして抜群の声優陣! 贔屓目でなく,単純な作品の質の比較ならば「スレイヤーズ」より上でしょう…しかしきっちりまとまりきってしまっているため,視聴者に対する押し出しがまったく足りないという事実が切ない(苦笑),続編ならいくらでも行けそうな出来ですが,商業的にはかなり厳しそう.面白かったんだけどなぁ.

3:3:3+ 恋姫無双
三国志演義の武将たちがなぜか美少女・美女として登場!となれば思い出すのは「一騎当千」のはずなのですが,本作は「ブレイド三国志」ですらない(笑).現代への転生とかには逃げず武将たちが全員本当に典型的な萌え絵美少女として描かれている様が壮絶にクレイジー.たとえ原作がエロゲでも,この企画を考えた奴は明らかに正気ではありません,素晴らしい! しかも内容が三国志を知っているほど,そしてオタネタに博識であるほど笑えるという壮絶なサービスぶりに呆然.ジャンル的には女体化って奴なんだろうけれど,明らかに本作はその範疇を超えてます!
見た目も中身もあんなことになっちゃてるわ世界まであんなことになっちゃってるわでもはや三国志である意義がわからない状態.彼女たちの本質にあるのも我々が抱いてきた三国志の武将たちであったりまったく別物であったりと実に不安定.でも彼女たちは皆魅力的でその心根にも愛すべきところが多い.物語も三国志演義が好きなんだなぁと思わせるオマージュたっぷりの展開と丁寧で美しい作画で,三国志をまったく知らない視聴者でもファンタジーとして楽しんで見られるレベルに達しているのが本当に素晴らしい.電波も今期中では相当濃い目.面白かったです!

3:2:2- 鉄腕バーディー DECODE
一応アニメ化もされた往年の佳作がリメイクされてまたもアニメ化.元々は「ウルトラマン」オマージュな作品なんだけれど,パロディもオマージュも何でもありな現在のアニメ界ではオリジナルの誠実さでは薄くて…でもだからってキャラデザのリファインはともかく,グラビアアイドルを混ぜる必要はまったくなかった(笑),設定自体は既に告知されている次期で活かせるのかもしれないけれど,少なくとも今期の展開ではアイドルはいらんかった.予告以外は(笑).
ツトム君とバーディは2人で1人でヒーロー役,ヒロインが誰だったかと言えば当然彼女なわけですが,長髪で謎めいた悲劇性を孕む聖少女というのはゆうきまさみというよりは完璧に出渕裕なモチーフだったのが変に面白かった(笑).中盤の宇宙編が変に長かったりとか同じく中盤で作画がヘタレたりとか勿体ない部分も多く,原作ファンが楽しみにしていた日常の中でのツトムとバーディの悪戦苦闘があまり描かれなかったのは残念だったけれど,全体としては十分楽しめる作品だったと思います.終盤の追い詰めっぷりはなかなか圧巻.面白かったです!

3:2+:2- 乃木坂春香の秘密
庶民とお嬢様を繋ぐのはある秘密.庶民は彼女を守るために身分にも負けず戦うのだ!…今更これほどベタなボーイミールガールをやってしまう根性がまず凄い.しかも内容について一切パターンを外さず,その上高品質にやってのけたのがさらに凄い(笑),演出になぜか凄い気合いが入っており,あまりにベタすぎて1話の時点で最終回の展開まで読めても(笑)それでも最終回まで引っ張っていかれる,今期中では「恋姫無双」に比肩する質の高さが凄かった!
キャラの内面はその配置と顔つきに完璧に一致しており,視聴者側で変に内面を勘繰る必要もない親切設計…というかあまりにガチガチすぎて慣れた視聴者は疑心暗鬼に襲われる始末(笑).物語と併せてある意味ガチガチに硬直した世界の中で,黄金パターンを一切外さず演じきったアニメスタッフの割り切りと技術力を褒め称えたい.バリエーション的に咬ませ犬がもうちょっと頑張らないと続編は難しそうな気がしますが,制作会社を代えたらどうなるかってのは見てみたいかも.面白かったです.

3:2-:2 ブラスレイター
3DCGでのクリーチャーやメカ造形でアクションが主体.近未来の海外で特殊なチームが謎と敵を追う…面白いアニメになりそうに見えて実際は大失敗する作品的死亡フラグがこんだけついていて,よくちゃんと完結させたなぁ! 作品的にはまったく別物だけれど「光と海のダフネ」や「スピードグラファー」を髣髴とさせる中盤以降の化けっぷりが最大の魅力.クライマックスの仕掛けを考えると地味な序盤を見ていないと全てを楽しみきることができないというマゾい構成になっているので,ぜひ最初から最後まで視聴してほしい作品.7話くらいまで頑張れたらなんとかなるから!
誰が主役かわからないくらいに出てくる奴らは全員不完全で不安定.そんな不安な連中に人間では御しきれない力を与えたら,そりゃ世界も破滅の危機に瀕するってもの.早速力に飲み込まれたゲルトが破滅していったのは当たり前の話で…だからこそラストでのあの展開は熱い! 回想でも現状でも人の生死が絡む場面では相当泣けるので,ぜひそこを楽しみに見て頂きたい…でも隊長は許さないけどな! 面白かったです!

3-:2-:3+ To LOVEる
「カブトボーグ」「ジェニー」で鳴らした超脚本家集団がそのイカレっぷりで定評のある原作に挑戦! でも今回はどうにも食い合わせが悪かった! 原作の凄さが長谷見氏のなんでもないシーンを唐突にエロ状況へと変化させる,DT的妄想力に溢れたフェティッシュなお約束ぶりから生まれているのに対し,今回のアニメ脚本家陣の性的指向はあまりにもストレート.規制の厳しい地上波キー局であることを計算に入れても,物語の展開は変態でも性的に健全すぎて原作の強みが生かせてない!…なんか熱弁してんのが恥ずかしくなってきました(笑).
大和屋氏を筆頭とした脚本家陣の個性は無駄に全開.特に浦沢御大は本当に好きなように書いていやがったなぁ…(苦笑).フェティッシュ減量宇宙人ドタバタ大盛りとなった結果,誰がどう見ても「うる星やつら」に限りなく近い作品に変じた末に,ラストはそのオマージュを思わせる展開へとなだれ込んでいきます.時折輝くエピソードもあるものの全体的には作画も含めて低調なマニア向けの出来なので自分には面白かった…あと千葉さんはもうそろそろまともな作品に戻ってください(笑).

4+:4+:2 コードギアス(第2期)
07~08年のテレビアニメを代表できる傑作! 社会の色々に喧嘩を売りまくり(笑)盛り上げまくって終わった1期の勢いを殺さず,むしろさらに勢い増して展開していった2期は駆け抜けるジェットコースター.多少の矛盾は勢いで流して,ルルーシュの心と世界を代わる代わるに容赦なく揺さぶっていく構成が凄まじかった! 1期に比べルルーシュの心情に影響を与える要素の描写に集中したため,本来ならもっとじっくりと描くべき設定描写がごく薄くなってしまったけれど,戦記でもSFファンタジーでもロボットアクションでもない,浅薄で不器用な少年の物語としてはこれで十分なのでしょう.総集編やら実写やらも交えつつ計4クールを走り切り,物語を閉じたところも見事です!
CLAMP原案のきらきらしいキャラに,福山櫻井を筆頭とした豪華な声優陣,そして少なくとも「銀魂」よりは恵まれているはずの資金(笑).投入された金と力はサンライズの柱である「ガンダム」と同等のはずで,逆に言えば絶対にこれをコケさせるわけにはいかないというプレッシャーもバカでかかったに違いない.もちろんこのアニメ供給過剰な昨今,必ずアニメをヒットさせる方法などあるわけもないのに!そんな無茶を目一杯の手駒と手間を惜しみなく投入することでやってのけた監督の手腕を褒め称えたい!
ごくささやかな希望を叶えたかったはずが,特殊な立場と周囲の思惑によって翻弄されまくるルルーシュ.時には流れに上手く乗ることができるものの,大抵は予想もつかない方法からド突かれてよろめいてばかり.頭は切れるものの情に流されやすく,最後を除けば完璧に計画を最後までコントロールすることができない.運動神経のない朴念仁のヘタレ様の精一杯の悪巧みは確実に世界の構図を変えていきます.物語を支え対立するキャラたちも一々魅力的.1期1話を見たときに感じた期待に応えてくれる稀有な作品なので,今からでもラストを知っても未視聴者にはぜひとも視聴を勧めたい.面白かったです!

---
忙しいのから逃げたいんだけれど,なかなか難しい…

|

« ひよこ短評 9/7-9/9 | トップページ | ひよこ短評 9/10-9/13 »

「アニメ終了雑感」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5112/42719416

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年9月終了アニメ雑感・2:

« ひよこ短評 9/7-9/9 | トップページ | ひよこ短評 9/10-9/13 »