練馬大根ブラザーズ#12

「ここで歌っていいですか?の巻」

これまでヒデキの畑を狙ってきたドナベナベとユーケルは,時の総理大臣大泉のチルドレンだった.任期とかの都合で事を急ぐ大泉は国会議事堂ビームで2人を焼いて解任し,ヒデキとマコは彼らの突然の死にショックを受ける.大泉は練馬の民営化を断行し,軍や警察を大根畑に投入.一人で畑を守るイチローを街頭テレビで見た逃亡中のヒデキとマコは,何よりも愛するイチローのために勝ち目のない戦場へと舞い戻る.畑と仲間を守るために戦う練馬大根ブラザーズと,民営化ならぬMINEIKAのためにチルドレンどもを投下する総理大臣.練馬区の畑の真ん中で,パンダとライオンは血で血を洗う激闘を繰り広げるのだった.

たった1クールに時代と目茶苦茶を詰め込んで前のめりに倒れていく「練馬大根」もようやく最終回.監督や御大の真骨頂に達するにはあまりにも短いシリーズでしたが,最後まで歌って踊ったんだから目標完遂と言っていいんじゃないかな.最終回はメンバー総出で大バトル.この総出っぷりがなかなか徹底していて,まさかあいつらまで一緒に戦うことになるとは思いませんでした(苦笑).この世知辛い世の中で大人はいつまで夢を見てバカを続けることを許されるのか…本作がぼんやりと呟いてきたうわ言にも一つの結論が語られているような気もしますが,たぶん考えすぎの気の迷いに違いない.

前半はオープニングなしで前回の続きから.どっかで凄く聞いたことある曲調のバラードを流しつつ,夕焼け空の中をやってきたニュースとかでおなじみの建物こと国会議事堂型飛行機.それを飛ばせたのはもちろんあの人.国は私のものでおなじみ,現総理大臣の大泉首相でございます! …もちろん首相の名前はかの大泉学園から取ったものであり,現実とは何の関係もないんだよね(笑)? 首相が好きなあの歌をやるなら,曲のサビに無茶な超高音が欲しかったなぁ….
例の金ライオンバッチでモロばれしていた通り,ドナベナベもユーケルも首相シンパの大泉チルドレン.ラスボス大泉がマドンナどもを従えているのがいかにもらしいですが,「マドンナ議員」って言葉は本当のマドンナに大変失礼ではないかと思う今日この頃です.特に見た目とか失礼じゃないか? 任期もラストな大泉首相は無駄に拙速で,成果が出せないチルドレン2人はあっさりビームで解任粛清….自分の子分を人間扱いしない非情なやり方にさすがの練馬大根ブラザーズも驚きます.しかもこの総理は「練馬を,民営化します!」とかほざきやがってわけがわからない.
たとえその正体が総理の手先であったとしても,マコもヒデキも2人が消えたのが大変に悲しい.マコさんは公園の端に金魚のお墓なユーケル墓をつくり,ヒデキは野球場のホームベースの上にちんまりとドナベの墓を作ります.公園があって野球場があって…となるとつい連想してしまうのはやっぱり石神井公園かな.自分たちをどうやら騙そうとしていたドナベだけれど,ドームを建てる夢については自分と同じものだったんじゃないかと感傷に浸るヒデキはバカゆえに純真.
さてその頃,ひとりぼっちで可哀想なイチローを励ますためにパンダはカラクリに練馬大根コスプレセットを贈呈.いくら愛するものの頼みでも公僕がギャングにクラスチェンジは無茶.でも本作は無茶と冗談でできているので(笑)パンダに着せられてしまえば変態らしくその気になっちゃう.あれだけ生真面目で空気読めない奴がここまで堕ちるとは…警官としては失格でも,女性としては圧倒的に可愛い.おばさんだけど(笑).てなわけでステージのすみっこで膝を抱えてずんどこなイチロー誘ってオープニングなどおっぱじめてみようとするも,タイトルのシルエットの時点で退場.底無しです.
国の横暴と通じ合わない気持ちに落ち込むしかない練馬の空には,再び国会議事堂が飛来.例のバラードとともに軍と警察を動かしてまで民営化を断行!…明らかに民営化というよりは弾圧とか押井守に見える政府の方針.確かに痛みは伴っているように見えますが,方向性は間違ってます.
あっと言う間に戒厳令下に置かれた練馬区.たぶん既に始まっていてもう遅い戦争の中,一民間人で地主のヒデキと元アイドルのマコは段ボール箱で潜伏.しかしテレビが彼らをあっさり燻り出す.画面の中には,あの場に留まってしまった哀れなイチローの姿が! 数で押し潰される元仲間&折角育てた大根.ドームを建てることやデビューすることに目がくらみ,3人なりに積み上げてきた大切なものが今まさに失われそうになっている…となれば,助けにいかなきゃ主役じゃない!
超アイドルの地位よりもドームよりも大切なのはイチロー.夢がどれだけ叶っても,あいつがいなきゃ意味はない.…特にマコさんにとってイチローは練馬や大根やパンダよりも愛の対象.最終回だからとヤバい画も交えて大変に個人的な情愛を熱唱です.ヒデキは自分のことも顧みずもっと人類愛を歌えとかぬかしてますが,そもそも自分たちの卑小な欲のために犯罪すら厭わないお前らには人類愛はまったく似合わないし,必要ですらないと思うよ(苦笑).
官警の端くれであるカラクリはイチローを助けたいけれど国には手が出せない.イチロー自身もぱしーっと向かい来る敵の頬を叩く魅了攻撃を繰り出すものの,離れて放水されてしまうと手が届かないからもうだめっぽ…というとこでやってくる,本作主役のバカ2人! 「よくも俺のイチローをいじめ嬲ってくれたな!」ってなヒデキのおふざけとともに,練馬大根ブラザーズは立ち位置が間違ってるのを地味に修正しつつここに復活(笑)! 本作は深夜ではあるけれどその構造は監督や御大が得意とするキッズアニメそのものなので,少なくとも最終回には再結成させなきゃだめ(苦笑).相変わらず一方通行の愛情と緩すぎる友情で結ばれている3人だけど,絆の強さは絆の有無に比べれば小さい.今ここで3人でいることが何よりも重要!
舞台に主役が全員揃ったならば,敵もラスボスが出てこなきゃなりません.総理は例の議事堂機で空から攻撃し,民営化ことMINEIKAの真髄について語ります.MINなでEーかんじにIーきぶんでKAいかんを味わう,それがMINEIKA.…「EーかんじにIーきぶんでKAいかんを味わう」あたりは練馬大根ブラザーズはその体現者だと思うんですが,「MINなで」を満たすのが難しい.ヒデキたちはドームこそが「MINなで」の条件と考えていたのかな.でもこんなアバウト極まる方針を一刻の首相に全力で語られても国民は解釈に困るばかりだよ….
どうやらMINEIKAにはこの畑が不可欠らしく,ライオンの皮を着て名札のヤバい(笑)子飼いの刺客を送り込みます.ライオンの威を借るチルドレンなので着ぐるみのセレクトはもっともなんだけど,シゲルに「ライオンだー」と言わせたいだけのような気もするなぁ…(苦笑).ほんとにほんとにライオンは,大して強くはなさそうだけど数だけは多くて実に厄介.しかし練馬大根ブラザーズにだって野生の獣はちゃんといる.4人目のメンバーであるパンダが大量に増殖しライオンたちに襲いかかる! ライオン対熊.大根畑の争奪戦はまさに弱肉強食!

後半! 獣には獣で対抗する練馬大根ブラザーズ.しかしいくら熊でもパンダはあまりにも小さくふわふわのぽわぽわでラブリーだからライオンに勝てない.…これはパンダを愛するカラクリにはあまりにも酷な光景! がちがちのつまらない脇役を無駄に柔軟な変態に変えてくれたダーリンたちが倒れることで,ついにカラクリのリミッターが飛びました(笑).刑事でポリスな立場をかなぐり捨てて,ただのカラクリとなって恋人を苦しめるライオンを一気に砲撃! …その白と赤と青と黄を基調にしたパワードスーツと「覚えていますか」が他作に喧嘩を売っている上に組み合わせを間違ってるあたりもやりたい放題だ(苦笑).
普通ならライオンの着ぐるみがカラクリのまっとうな火力に勝てるわけがないんですが,彼女の背後がびんぼっちゃまでガラあきだったためにまたも大ピンチ.せっせと戦況をひっくり返しても結局数の差で押しつぶされてしまう練馬大根ブラザーズ.彼らに残された最後の手は…ヒデキが空に差し上げるNNBのカード! 金を借りてやるから助けにこいと,将来的なコストを支払うことで召還するのはあの金貸しダンサーズ! …てっきりこいつらラストは敵だと思っていたので,いきなり味方の切り札になったところに普通にびっくり(笑).でもその強さによって借金の怖さは間接的に表現されている気もするからまあいいか.ちなみに有名な会社ほど,追い込みってきついらしいよ?
ダンサーズの助力によって戦況大逆転,ヒデキは練馬を畑を舐めるなと空の総理を挑発.総理も総理でMINEIKAの暁には大根畑を毎年お参りすることを公約したりしやがるのでわけがわからん.…お参りしたいのでMINEIKAって,分けてお参りする例の場所を練馬区に作るという本当にヤバゲなネタじゃないよな(笑)? 畑に並んで育てられ社会を支える大根は,雲の上の政治家たちから見ればどうでもいい我ら一般人みたいなものかな.その大根の業績を称えるべく巨大なお大根様を崇める建物に参拝するのは,当の大根から見ればそんな施設は浅薄な人気取りだし無駄.むしろ大根は肥料とか土とか空気が欲しいです.
ヒデキの畑に作られそうなのは宗教施設でドームじゃない.宗教と政治の関係なんてのはまあこの際どうでもいいとして,その施設じゃコンサートなんかできそうにもない! 打たれ強さとバカでおなじみの練馬大根ブラザーズ,畑に勝手に生息して今ここで食客としての役割を果たそうとするパンダ隊.そんなパンダへの愛ゆえに主義すら曲げる年増の変態カラクリ.そして金のためなら何だってやる傭兵金貸しダンサーズ! イカれたレギュラー全員がついにライオンを倒そうとしたとき,総理のマジヤバなボタンによって発車されたミサイルによって,畑は紅蓮の炎に包まれた….
数の力をやっとひっくり返せたはずなのに,その喜びは炎の中で燃えかすに.舞台&自宅であったステージまでもがが炎上し,これまで地道に積み上げた夢は国の力で燃え落ちていく.やりたかったのは3人でドームをおっ建ててコンサートをやってビッグになる,たったそれだけのこと.なのに周囲は全力で邪魔する.ビッグになるのが嫌だから邪魔されるなら話もわかるんだけど,お大根様を拝める施設は3人の夢には何の関係もないじゃないか!
この世界の理不尽に打ちのめされる練馬大根ブラザーズ.目の前で燃える夢にヒデキは「なんでだー!」と絶叫…どうしてやりたいことを邪魔するのだろう.歌う場所を焼くんだろう.確かにギャングではあるけれど,ここまでされることなんか,これまで一度もやりたくてもできなかったってのに! さらにビームに撃たれたカラクリがライオンになって寝返ったりドナベやユーケルが突如復活して襲いかかったり.こいつはさすがに打つ手なし…?
しかしまだレギュラーは一人残っている! 担当した作品には必ず顔を出すおかしい方のナベシン監督ことおやっさんが,建物の一部とともに(笑)ご登場! …あまりにも戦況がごろごろ転がっていたのですっかり忘れていましたが,そもそも練馬大根ブラザーズはおやっさんという神の手を借りなければまったくの無力.しかし首尾よくレンタルできれば,何よりも強くなるのが本作のお約束! 歌う元気を失ったヒデキたちに金のマイクを差し出す監督.「お前らのシャウト,最高だぜ.歌え!」

畑もステージも焦土と化し,ヒデキたちに残ったのはただの歌だけ.しかしその歌は神に愛され望まれたもの.アカペラで全ての力を込めてシャウトしたなら,その歌は人の心に届く! 金では買えない果てしない夢を求めてここにいるだけじゃないか.その行為がどれだけ無駄で滑稽でも,こちとら好きでやっているんだ文句があるか!
…卑小すぎる夢は歌に乗り飛翔して,その衝撃は練馬の悲傷を見事に払う.見下ろす者の目線では分からない些細で重要な現実が人の心を正気に戻します.歌はいいもんで,夢もいいもんで,それを一方的にくじくのは悪いことっぽい.3人を逮捕するために出てきたカラクリがついには取り込まれてしまったように,3人の夢を潰そうと頑張ってきたこの世界も,ついに彼らの存在意義を考えはじめたようです.
本作は愚かな大人のモラトリアムの物語.数々の障害によってその続行が毎度妨害されまくってきたわけですが,12話かけてなんとか世界から手にいれたのは「とりあえず今はまだいいかな?」程度のごくわずかな許容と猶予.けれど世界から否定されまくるところから始まった彼らにすれば,この許しにはステージ兼自宅を失っただけの価値があったはずです.たぶん.きっと.
この先世界がカラクリのように彼らの存在を許すようになるかどうかは見えないけれど,ここには畑もダイコンも仲間も夢もあり,そして世界が与えてくれた時間がある.その時間が無駄に終わるのかはたまた花を咲かせる肥料になるかはわからないけれど,練馬大根たちはまだまだここで,あがいていけるのです.

| | トラックバック (0)

練馬大根ブラザーズ#11

「悪気はなくても嘘は嘘の巻」

ヒデキに続きマコまでもが甘い話に釣られて出奔.練馬区の大根畑のステージには,今やイチローとパンダが残るのみ.憂鬱に沈み込むばかりのイチローをなんとかするために,犯罪者グループを一網打尽にするという名目で一計を案じたのが部外者のはずのカラクリ.イチローがドーム建設のために銀行強盗をしたという設定で町中くまなく追いかけ回し,ヒデキやマコをイチローのところにおびき寄せようというのだ.この猿芝居にバカ2人は見事にひっかかり,イチローの作られた危機を救うために必死で追いかけて来るのだが….

割に最初から一致団結していなかったがためにすっかりばらばらに壊された「練馬大根」.元々大根なんて鍋で煮れば箸でも簡単に割れるものなので,ユーケル汁でドナベに煮られた3人があっさりばらばらになるのも無理もない.で,そんな割れた大根をなんとか元に戻そうと頑張ってみるのがあのカラクリ.元々大根を捕らえるために出てきたはずなのに今はすっかり取り込まれてしまった彼女は,どうしようもない3人のために割とけなげに頑張ります.
離散集合は当然の音楽業界.その上わがままなアーティストは一度決めたことをなかなか曲げたりしないわけですが,壊れ物を壊れぬように必死で守るためふんばる彼女は…もしかしなくても練馬大根ブラザーズの初めての熱烈なファンかつジャーマネに間違いなし.もちろん舞台下や袖から見ている者にはステージの演者に触れる権利はないけれど,このグループ大丈夫なのかといらぬ気を勝手に回し心配する権利くらいはあるはずです.

前半.ヒデキに続きマコまで離脱しちゃってひとりぼっちにされたイチローは食卓に座るも抜け殻.飯も喉を通らない.一応パンダはここにいて,しかも一生懸命励まそうとはしてくれるんだけど…そんなことでこの巨大な喪失感がなんとかなるはずもない.パンダの借りちゃいなマネーなんてどうやってカード作ったのかとか考えるとものすごい芸なんですが,「そゆ気分じゃないんだねー」なんて言われちゃパンダだって一緒に落ち込んでしまうよ.
さらにけたたましい年増ことカラクリも登場するわけですが,ローテンションツッコミはハイテンションボケを気分じゃないのでそのまま放置.最も激しいボケのカラクリにとっては中程度のボケのヒデキとマコはツッコミ扱い.そして最も厳しいツッコミのはずのイチローをボケ扱いしているところがさすがは大ボケ.食欲なしのイチローに無理に食を摂らせようとするも実際は彼女の方が腹が減っていて(笑)代理で日本男児の一食に食すべき量をいただきます.他人を心配する余裕がありちゃんと腹も減るカラクリはとても健全.すっかり塞ぎこんでしまったイチローとは対照的.
熱意はどうやらあるらしいものの行動力に欠けるイチロー一人ではため息の山が高くなるばかり.実際ここまでの大冒険はあのバカ2人の無駄な行動があればこそ.こんな湿っぽいままではいかんとカラクリは,必死でイチローを励ましたり檄を飛ばしたり…貴様それでも男か!と言う表現を回りくどく下品にやらかしたりもするけれど(笑)でもイチローに何かさせようってのが元々無理な話.このままじゃ自分のカラクリが錆付くし,3人バラバラじゃ犯罪組織を一網打尽ってのもできないわけで,今回は物語を動かすバカ役にカラクリが臨時で就任します.
さてその頃,イチローの悩みの種その1であるヒデキの奴は,例の練曲通信社で相変わらずハッピーカムカムとドームっており,悩みの種その2のマコさんはユーケルのところでNERIMAXで整形愛をフズバ!と歌ったりしているわけですが,肝心の土地の権利書がイチローの待つステージにあるので脱退したとはいえ未だ縁は切れていないご様子.けれどドナベもユーケルも権利書は欲しいけどステージには行きたくない.嫌な奴…同業者と顔を合わせるのが嫌なのです.
いくら夢のためとはいえ仲間を置き去りにするのは辛いこと.ヒデキだってマコだって,浮かれていても一人になれば元仲間のたちのことをつい考えてしまいます.ドナベの力を借りてドーム建ててイチローが納得してくれるかどうかに悩み,そして今頃何しているんだろ…と思いを馳せるヒデキの眼下で追いつ追われつ爆走する,自転車のカラクリと一輪車のイチロー! さらにパンダが来てこれまでのあらすじを説明してくれるわけですが,みゅーみゅー言われてもわからんよ(笑).何はともあれこれは元仲間の危機なので,ヒデキはドナベを置き去りにビルを脱走.そんなヒデキの脱走を見てドナベ大慌て.このドナベから見た走るヒデキがなんとも小さく可愛らしいなぁ(笑).
同時刻,ヒデキと同様に仲間(=イチロー)のことを一人考えていたマコも爆走するイチローとカラクリとついでに追うヒデキをリムジン内より発見.こっちにもパンダがあらすじ説明に参上するもののマコは勝手に解釈しちゃうのでやっぱし役立たず.そんなパンダでもヒデキよりはマシってんだから,ヒデキに対するマコの薄情ぶりがしみじみと思いやられます(笑).てなわけでマコさんもイチローのためにダッシュ.久々に3人が同じ方向に走ります.
パンダのあらすじ説明がまったく機能しなかったのでカラクリとイチローが追いかけっこをしつつ歌って事情をご説明.なんとイチロー,ドームの建設費用を手に入れるためにちょちょいと銀行強盗をやらかしたってんだからこりゃすごい.2人を畑に戻すためなら銀行で乱射もするし地声で叫んだりもするなんて,イチローってば実にけなげ…ってこんな猿芝居に騙されるのはあの2人くらいしかいないけど,2人さえちゃんと騙しきることさえできれば問題なし.どんな汚い手を使っても元仲間を畑に戻さねばならないのです!

後半は…なんだそりゃ.イチローとカラクリの逃走劇は1輪と2輪のタイヤつき.ただの足ではなかなか追いきれるものではないと判断し,ヒデキとマコは久々に組んでおやっさんにレンタルプリーズ! …ここにあとイチローが加わってくれれば….今日は使い方のわかりやすいバイクを貸してくれたおやっさんは,ついでに自分の頼みも聞いてくれと2人におねがい.本作の神である監督ことおやっさんがわざわざ登場人物に一体何を頼みたいのやら.
ヒデキとマコとイチローは小さな頃から3人一緒.ドームを建ててコンサートをやるという果てしなさすぎる夢を必死で追いかけてわざわざここまで来たんだから,これからも3人揃ってやっていきたい.今でこそ大人の壊れ易い友情ですが,彼らの根元には子どもの頃の純粋で硬い友情が未だに息づいています.力を合わせればなんだってできる!と最終回クライマックスみたいな歌を絶唱して追いかけるヒデキとマコ.で,その2人が求めてやまないイチローの方はカラクリに掴まれてひらひらと悲惨(笑).警察とギャングのスピードレースは激突によって完了.敗北したカラクリは川へと消え,これで3人は元に戻った…と思ったんだ.このときは.
こうして久しぶりに練馬大根ブラザーズの3人が揃ったステージ茶の間.自分勝手に家出したヒデキとマコにとっては,戻ってきた家は大変に居心地が微妙.しかしそれでもイチローが「助けてくれてありがとう」だなんて受け入れてくれたら,居心地の悪さも一気に軽くなるってもの.ヒデキもマコも銀行強盗は凄すぎると尊敬しまくるわけですが,そこを誉められるのはイチローにとって大変心苦しいのでもういいとごまかし,やっぱり3人でおっ建てようと再結成を決意する3人…というめでたい場面に乱入してきたのはあの2人.練馬大根をこれまで割ってきたドナベナベとユーケルが,カラクリを人質にやってきた!
カラクリがおばさんであり年増であるのは周囲の意見も一致するところ.そんな奴に囚われの姫役が当てられるあたり,本作の女性陣の薄さを如実に語っておりますね.しかもこのおばさん,川でドナベたちが秘密会議しているところに流れてきちゃって捕まっただけでは飽き足らず,さっきのがカラクリプロデュースの芝居だってことまで吐いちゃったらしいのでマジ最悪.…たぶんカラクリのことだから,聞かれてもいないのにペラペラ喋ったような気がするなぁ….てなわけで悪役2人はトリック大暴露.ちなみにテディベアはクマのぬいぐるみで,パンダはクマの一種ですがマイテディベアはマコさんのことなのでお間違いなきよう.
そう.テレビの前の皆さんは先刻ご承知なわけですが,さっきのあの逃走劇は全てお芝居.まさかあのイチローに銀行強盗なんかできると思っているほうがそもそもおかしい(苦笑).…けれど,ヒデキもマコも馬鹿だから鵜呑みにしてしまった.イチローがそんなに頑張っているならと思って戻ってきたのに,その期待が裏切られてしまったから…ヒデキはイチローをグーで,本気の本気でぶん殴る.「見損なったぜイチロー!」

一度ひびの入った大根はもはや元には戻らず,ぎゅっと握って力を入れたらばっきり割れてしまいました.これは土地の欲しいドナベやユーケルによっては好機.うまいこと下僕に戻ったヒデキとマコを操って,土地の権利書を手に入れようとするものの,それでも頑張るのがはりつけオバンことカラクリ.あんな見え見えの大嘘をぶっこいてまで2人を取り戻したかったイチローの気持ちをわかれと,敵味方に騙されてばかりの大根男と大根娘に叫びます.…イチローはカラクリにやらされたと言ってますが,君の嘘回想シーンは随分と楽しそうだった気がするよ(笑).
2人恋しさにイチローのやった猿芝居.確かに嘘は悪いこと.けれどイチローには他の選択肢がなかった.仲間に騙されて驚いて腹が立つのはわかるけど,2人にはイチローの辛い気持ちもわかってもらいたい…けどそんな時間はもはやない.ドナベもユーケルも土地の権利書を手に入れられないままでやってきたタイムリミット.たぶん永田町の方向から練馬区の空に飛来した国会議事堂飛行機と,そこに君臨する総理大臣の大泉首相!
ラスボスは顔を出しドナベやユーケルの正体がチルドレンであることが判明してついでに時間切れで総理に消されるあたりまではまともな最終回直前の盛り上がりなんですが!「練馬を民営化します!」ってラストの総理の言葉の意味がまったくわからねえ(笑)! 練馬区の一角を巡るこの闘いの先には,果たしてどんな未来が待っているのか.次回,最終回に続きます.

| | トラックバック (0)

練馬大根ブラザーズ#10

「仲間とドームとデビューと他人の巻」

ドナベナベの甘言に乗ってしまったヒデキがイチローとマコを置き去りにすれば,マコはイチローのいじましい貯金を持ち逃げし整形美人を目指して病院に駆け込む.そこで出会ったのが整形と小児愛で世界的に有名なユーケル・ハクション.練馬にネリマーランドを建てたいユーケルは大根畑を欲しがっていて,マコは畑を引き渡すかわりに世界デビューする約束を取り付ける.けれど3人でドームを建てて3人でコンサートをすることにこだわるイチローは,そんな契約お断り.ゆえにマコを叩きスパンキングの魔力で籠絡しようとするも,マコのデビュりたい欲は愛すらも越えて攻に転じるのだった.

この先に待つクライマックスのために,大人同士の脆く儚い友情をハンマーでぶん殴って割る「練馬大根」.大人の姿の子どもたちのモラトリアムの崩壊は前回からはじまっているわけですが,今回はそれがさらに進展します.いい年をしていつまでも好き勝手に馬鹿をやることは,たいがいの大人にとっては卑下の対象であるのと同時にそうしたくても叶わない夢でもあります.
夢の中を勝手気ままに遊ぶ練馬大根ブラザーズは,自分のかわりにできないことをやってくれるある意味理想の存在でもあるわけですが,根性の曲がった作り手たちはそんな理想を自主的に楽園から退去させてしまうってのが今回の話.ラストのヒデキの言葉が実に嫌な感じに聞こえるのは,きっとあなたが本当はそんなことを言いたくないからに違いないですよ?

前半.ドナベナベに心奪われたヒデキは大根畑に戻ってくることはなく,ぼろいステージの上にはイチローとマコとパンダが残るばかり.マコには好機のはずですが,さすがにメンバー離脱直後じゃそんな気分にもなれないか….夜,イチローは大切な貯金瓶を眺めます.こつこつ貯めたささやかなドームの資金.しかしこれっぽっちじゃドームなんか建つわけがないから,ヒデキを引き戻す力にはならない….
そして朝.パンダの悲鳴?で目覚めたイチローが見たのは,貯金瓶に頭を突っ込んでもがくパンダの姿,激しく振られるふわふわの白い尻が…たまらない(笑).でも放っておくと死んじゃうので,パンダがお尻振ってもだえてるーとか歌ってる場合じゃないですよ.空っぽの瓶の中にはどうでもいい奴の書き置き1枚.「もちーとキレイでゴーカな女に生まれ変わってくる」という名目で,仲間の金を勝手に持ち逃げしやがりましたよあの女!ギャングのくせに泥棒ですよ!
その頃,泥棒マコは整形美人となって再デビュるために追加で金を借りて病院へ.…まあ,確かに美人の方が色々有利だろうけど,お前らの場合は圧倒的な知名度のなさを補う方が先じゃないのか.ちゃんとオーディションとかマメに行ったほうがいいと思うぞ…って,今はメインボーカルがいないのか.ちなみに借りちゃいなマネーのお姉さんたちには整形疑惑が勃発.でも長時間踊ってるわけじゃないし特別に美人ってわけでもないから,目許重視の厚化粧でもあの顔は十分つくれそうな気が.…実写で踊ってるお姉さん達に失礼です(笑).
大根畑にドームを建ててデビューしてコンサートをやる.その中でマコさんの優先度が最も高いのはデビューすること.一度芸能界で甘い名声の蜜を舐めてしまった彼女にとって,大好きなイチローの願いを後回しにしたって構わないくらいに再デビューこそ最優先事項.ともかくデビュって一刻も早くちやほやされたい.ついでに金を稼いでイチローにドームを買ってあげられれば最高です.
ちなみにマコさんの未来地図には存在しないヒデキときたら,マコさんのためにドームをおっ建てたいと新聞配達勤労中.3人の中では一番真面目に働きそうなヒデキは,畑の大根を放り出してドナベナベの下で頑張ればドームが建つという甘言に乗りまくっております.…このままではヒデキが先にドームを建ててしまう.その前にドームをイチローにプレゼントせねば…と焦るマコにつけ込むのが今回登場の整形&少年マニアです.ちなみにビッグヒロインの衣装っていうかリボン,ちょっとずれただけでも地上は眼福だねえ.
てなわけでやたらと暗い練曲美容整形外科にやってきたマコさん.病院に関してはあんまりいい思い出のない本作ですが,今回も患者たちがゾンビでスリラーで尋常じゃない上にその中から出てくるのが「ポー」で「アウ!」な超有名人,ユーケル・ハクション! 最近はランドを捨てて外国に出奔中のアイツがモデルなのは明白なので,整形ネタとか小児性愛ネタからははもはや逃れようもありません.でも,なんだってあんなに整形するんだろうなぁ.あまりにもやりすぎて辻褄が合わなくなってきたりしてるのかなぁ….
ユーケルの夢はもちろん「ランド」.子ども&自称子どものためのワンダーランドがこの日本には必要なのだと主張して,ネリマーランドの建設計画を持ちかけます.練馬には豊島園という立派なワンダーランドがあるわけですが,ユーケルはあくまで練馬ラディッシュファームことヒデ兄ちゃんの畑をつぶしたところにドームを建てたい.…なんで誰も彼もあの畑にドームを建てたいのか.風水的にドームでもひきつけるような土地なのか.
ユーケルは土地が欲しくマコさんは再デビュりたいということで2人の間には同盟関係が成立.大根畑を代償にしてワールドデビューが手に入るだなんて,なかなか太っ腹な等価交換です.こうしてマコことティンカーベルは素敵な土地開発に魅了されてユーケルの軍門へと下り空を舞う.…ついに主役の3人はばらばらに.練馬大根ブラザーズは解散の危機を迎えたのであります.集合と離散はバンド活動の花であり絶対条件でありますが,彼らもまたその宿命を逃れることはできなかったようです.
まさか自分の知らないところでバンドが解散しているとは思わないイチローはマコさんの窃盗をカラクリに届けたようで,実況見分が行われているところにのこのこと戻ってくる小娘はいきなり捕まります.しかしマコさんはお金をいきなり返済.…まあ,返済したって犯した罪は消えないんですけどね.そしてユーケルがこの土地と引き換えにデビュらせてくれると朗報を伝え,うまいことイチローを自分の陣営に引き込もうとするものの…イチローはやっぱり嫌.3人でやる夢なんだから,そこに他人の手が入るのはどうにも承服できないのです.
どこだっていいからともかくデビュって歌いたいマコと,ここで3人でなければ意味がないイチローの心はすれ違い.他人の金でドームが建っても平気なところはマコはヒデキとよく似ているわけですが,さらにマコは練馬のドームにすらこだわっていません.ともかくデビューで有名でお金儲けでちやほや.そこさえクリアできればあとはどうでもいいドライな欲望.この欲望を前にしてしまうと,あのイチローのスパンキングすら効果なし…というか攻守交替,リバースに(笑).昼日中,警察官の面前で男に襲いかかるマコさん.猥褻物陳列罪とかもっとヤバイのとかですか?

後半.テレビでは放映できないヤバげなマコさんの犯罪はカラクリの奮闘によってどうやら未遂に終わったようで,乱闘終わって空しい気分.いくら拳をつきあわせても男と女じゃわかりあえない.ユーケルも登場してイチローを自分の陣営に引き込もうとするものの,もちろん畑は絶対売れない.スリラーこと包帯男たちやバットことゾンビたちをけしかけられたってイチローは首を縦には振らない.割とこわーいホラーな風景が練馬の大根畑に広がっておりますが,それでも一人で頑張ります.…頑張るなんてらしくないけど,そうしなきゃ我慢できないくらいに嫌なのです.
ゾンゾゾンゾーンとかバッババッパとかホラーテイストな連中に襲われ,必死で逃げるイチロー.しかし惰弱なホストの足では逃げ切るのなんか無理であり,増して権利書のあるステージを離れることはさらに無理な話であり,結局ステージの前に多勢に無勢で追い詰められる.マコさんは傍にいるけれど味方ではなく,腕の中のパンダはふわふわのぽわぽわだけど役に立たない….
このままでは土地権利書を取られて練馬大根ブラザーズは離散.そんなピンチを横で見ていたカラクリは,ついに耐えられず介入を決意.世話の焼ける3人の犯罪者のため,助け舟ならぬ自転車変形助け馬を出しました! …まあ,今更超変形したってカラクリなのでそんなに驚きはしませんが,馬が結局ペダル漕いでタイヤ回してるのは無駄だと思うよ(苦笑).悠々とバラードを歌いきって浸ったあとでカラクリが走るのはもちろんヒデキのところ.あ,たぶんイチローのパンツは黒だと思いますよ赤パンのカラクリさん.
さてその頃,イチローのピンチなんてちっとも知らないヒデキはドナベとともにドームっちゃう歌を能天気に熱唱.しかし突如飛び込む白馬くるまに逆向きにまたがるバカ.「ごきげんよう!」とカラクリ眼鏡から壁に向かって照射された映像はさっきのイチローの窮地を描き出し.これにヒデキは立場を忘れて立ち上がります! 自分の畑でイチローが大ピンチ.たとえ今は2人が仲間でないとしても,放っておけるほどヒデキは人でなしではないのです.
しかしヒデキ一人が加わったってやられるのは目に見えているから,まずはおやっさんのところに寄ってレンタルプリーズを絶唱…って,人数が足りないのでヒデキとカラクリとおやっさんの3人編成ですか.恐らくはこれまでで一番年齢高そうなこのトリオ.監督的にはあのシゲルと好みのユキカだから個人的に大満足だよね…(笑).おやっさんが出したのは青いパイ.程度の差こそあれ男はみんなパイは好きであり,そうでなきゃ人類はこんなにいないわけですが,それを年増とはいえ女性の前で言うのはセクハラなので,たとえ監督だろうと粛清されても仕方がないと思われます.…下品だねぇ(苦笑).
悠長に何曲も挟んでいるうちにイチローは変質者な超スターのユーケルの部下に痛めつけられてぼこぼこのずたずた.パンダまでもやられてしまって,さすがのマコさんも我慢できず,その拳を炎と変えてユーケルの鼻を吹っ飛ばす! 仲間の夢を踏みつけにして仲間の土地を売ろうとする勝手な女ですが,そんな女にも仲間意識はわずかに残っていたのです.けれどこの反逆に怒ったユーケルはもちろんマコに襲い掛かって….マコの悲鳴! そして飛んでくるパイ!
今は違うけど3人は仲間だったから,大ピンチなら助けなきゃならない! カラクリとともにヒデキは土の柔らかいところに参上し(笑)そのまま臨時で再結成プラスカラクリで反撃開始! 生き生きと全員がユーケル側を狙う…のかと思ったら,マコさんは本気で攻撃してない.今になってやっぱりユーケルとの契約が捨てられなくなってる模様です.ユーケルは黄色い肌を青くされたくないがために必死で逃走.青と黄色だから放映できるけど,白と黒だと限りなくヤバいなぁこのあたり(苦笑).しかも途中でドナベがチームを連れて畑に乱入し,旧知らしい2人の悪者大激突はユーケル側はさすがに敗北.

ヒデキを抱き込んだドナベナベ,マコを抱き込んだユーケル,そしてどちらにも組しないイチローとパンダとカラクリ.さっきの乱戦で一旦練馬大根ブラザーズが再結成されたものの,事が終わってしまえば結局元の木阿弥.バカだけど本人の意志でドナベやユーケルのところに行った2人は,バカゆえにその甘言が叶うものだと信じきっている.結局…助けに来てはもらったけれど,イチローはひとりぼっち.
3人でドームを建ててコンサートをやる.ごく単純な夢は揺るがないはずなんだけど,そこに至るまでの道が違いすぎて訪れた破局.夢の他にいろいろ無駄なことを考えてしまう大人だからこそ,たった3人の意志を統一することすら難しい…「僕達,3人の夢は?」と尋ねるイチローに,「いつまでも甘ちゃん言ってんなよ!」…「現実見てから,自分の道決めな」と無駄にかっこ良くてちっとも似合わない答えを返すヒデキ.一番現実が見えてない奴に現実を説かれるだなんて,居心地悪いし気持ち悪いし情けないし悲しいし!
3人のバカが世の中の常識を無視して大暴れするのを楽しみにしていた視聴者の期待を根本から裏切る意地悪過ぎるシリーズ構成.視聴者には泣くイチローの気持ちは大変よくわかり…そしてバッチにやたらこだわるユキカの気持ちも台無しだけどなんとなくわかる(笑).ドナベナベとユーケルのつけた金のライオンバッチは一体何を意味するのか.そしてそのバッチの裏側にいるのは誰なのか? もはや3人の気持ちが一つになることはないのだろうか.次回に続きます.

| | トラックバック (0)

練馬大根ブラザーズ#9

「メンバー離脱は突然にの巻」

ある夜突然,ヒデキの畑に天下の練曲通信社のドナベナベが絵に描いたようなうまい話を持ってきた.暴言や捏造や御用記事でおなじみの男の言葉など絶対に信用ならないマコはイチローに助けを求めに行くが,一人残ったバカなヒデキはあっさりドナベナベのドーム建設計画に心を奪われてしまう.根も葉もない風評を流して周囲の土地の買収を既に終了しているドナベナベは,2人でドームを建ててコンサートし放題という甘言でヒデキを自分の味方につける.そんな口約束が果たされる保証などどこにもないのだと,ドームの夢に惑わされてしまった愚かなヒデキにはわからない.

がらがらと崩れた末に別のものに変わっていく「練馬大根」.これまでは1話完結ながらも緩やかにキャラを壊しながら作ってきた本作ですが,今回からは連続モノとしてクライマックスに達するための道を走り始めます.そもそもこの練馬大根どもは,叶いもしない夢とごく緩い仲間意識と一方通行の恋愛感情で結ばれたモラトリアム続行中のダメ人間の集まり.しかし,一緒にいるからといって3人がまったく同じように考えているわけではありません.何を犠牲にしても優先したいことは3人3様で,その食い違いがラストの夕焼けへと続いていきます.
なお今回は作画がかなり乱れてるんですけども,そもそも毎週ミュージカルをやるという暴挙に挑戦した時点でこうなることは見えていたからそんな自爆を今更責める気にすらなれません(苦笑).どうかしている作品を見る方もやっぱりどうかしているわけであり,こんなものをわざわざ見ている自分を含めて全てを笑う.これは大人が浦沢作品やキッズ向けバカ作品を楽しむ際には必須のテクニックとなりますんで,皆様方にもぜひとも覚えて帰っていただきたいところです.

前半.話が大きく動いたのは夜.断固断行の凄い堅物,日本の首領である金色のライオンの指示により,練馬の例の計画ってのが動き出して練馬大根ブラザースが気の毒にも巻き込まれていくのがここから先のお話.今晩もイチローはバイトに出ており,ヒデキとマコとパンダだけが例のステージの上で寝ております.恋も寝言も夢もすれ違うヒデキとマコ.一度ふられた程度ではまったく諦めない往生際の悪さが2人の魅力です.
そんな夢を破るのが大根土鍋のいい香り.勝手に畑の大根を煮て近づくのがこれからの敵となる奸物,練曲通信社代表のドナベザワナベオ略してドナベナベ.名前とかナベとか新聞とかオレンジジャケットが物語る通りにナベツネをインスパイアするってことは,日テレに喧嘩売ってるような気がするんですがテレ東としてはどうなんでしょうか.しかも他局のボスの口が間に合わなくて動いていないのはどうなんでしょうか(笑).
ドナベナベの評判の悪さはあのマコさんも知るところ.口が悪くて愛もないのに殴るおっさんの襲来をマコさんはイチローに言いつけに向かい,取り残されたのはヒデキのみ.…頭のちゃんと動かない子を一人詐欺師の前に置き去りにした,この失策が今後の崩壊を導く引き金! 無駄に年を食ってしまったヒデキは成人だからどんな契約も簡単には反故にできない.まさにそれを狙っていたドナベは,妙にフレンドリーな態度でバカを懐柔していくのです.
さて,大失策を犯したことに気づいていないマコさんが向かったホストクラブの前では,今まさに公僕がさらにダメになる道を粛々と歩んでおりました.練馬区民のカラクリは逃避の末にイチローに入れ込み,素寒貧でもなお遊びたいがためについに借りちゃいなマネーに手を出した! 登場当初は強面の変態であったカラクリも今や立派なダメ公務員.この調子で確実に転落の道を歩んでいけば,金のために罪を犯す最低公務員にレベルダウンする日も間近です.
イチロー目当てのマコとカラクリ.他のホストは眼中になく,お目当ての彼を挟んで言葉と視線の刃をがちがちとぶっつけあうからおっかない.しかしカラクリの足元からは懐かしいあの芳香が.パンダは笹ばっかり食っているのでいい匂いがしそうですが,実際はしばらく洗ってない犬の臭いがするらしいですよ.しかしそんな臭さもカラクリにはフェロモンですね毛を触られただけで色っぽくはあはあ.パンダはカラクリを辱めるためだけにここに来たようで,随分な暇な奴ですな.
そして時は無駄に経過.2人のプリンセスはホストクラブの魔力でいい感じに酒が回ってダメなのがさらにダメダメに.けれど都合よく取り出された広報誌・練曲だよりによってさすがの酔いもわずかに醒めます.ヒデ兄ちゃんの丹精込めた大根畑にはパンダペストや天然ボケ痘やピロピロ菌がいるという.これは嗜好品は野菜ではないとかいうレベルのデマではなく,まさに根も葉もない! …天然ボケ痘だけは出てもおかしくない気はするわけですが(笑)ヒデキたちが地域コミュニティから浮いているのにつけこんだ,あまりにもひどい虚報です.
練曲だよりのデマに踊らされた畑の周辺住人たちは,不安な気持ちをつけこまれて住居ごと土地をドナベナベに売却.畑の周辺を防衛隊も含めて綺麗にしたあとで今まさに本丸であるヒデキの畑が堕とされそうになっているのだと,今更マコは思い出したのでありました.遅! イチローはマコに連れられて無理やり早退.今日のドンチャン騒ぎのツケは結局イチローのツケに変わってしまいましたとさ.
ヒデキの目はどうしようもなく曇っているからわかりやすい詐欺師すらも区別できない.最初はもちろん畑を売ることなんかおことわり.けれど偉そうな奴に親しくされて,仲間以外の誰にも本気にしてもらえない自分の野望を誉められた上に一緒にやろうだなんて言われたならば,ヒデキの心はまさに赤子の手をひねったようにくにゃっと変節.女子ソフトチームとお金を持つドナベナベと手を組みさえすれば,ヒデキの土地とドナベの金で念願のドームがおっ建ってコンサートもし放題!…という夢を目の前に吊り下げされ,ヒデキはあっさり堕ちてしまいます.

後半は終盤の畳みかけがすごいぞ! 仲間よりも恋よりもドームを建てることに執着していたヒデキはドナベナベの甘言にもう夢中.懐柔されて手をとりあってドームっちゃうつもりで胸いっぱいに夢一杯.泡食ってマコが止めにきたって時すでに遅し.あいつは狸なのだと急いで怒って諌めても,すっかりナベの虜となったヒデキはドナベとともに退場….こと頭の弱さに関しては定評のあるヒデキだから,あれは騙されてるとわかってないというのが残された連中の意見の一致するところ.その様子を目先のニンジンにひかれて走る駄馬と評するカラクリに対し,イチローはいつも自分たちのためにヒデキは必死だったと反論.ヒデキの無駄な努力は常に練馬大根ブラザーズのため.目先の欲に無軌道に従っているわけではなく,ドームのための手段を選んでいないだけなのです…駄馬だけど.
ヒデキに置いていかれたマコさんは,あれだけうざくてもいなくなれば寂しいものらしくすっかりすねている仕草が愛らしい.でも,ヒデキは抜けても仲間なんだから,政治的に怪しそうで黒幕が後ろにいそうな危険人物のところにおいておくわけにはいきません.ドーム建設は3人の約束,3人で力を合わせて建てると誓い合ったこと!…特にイチローは,ドームを3人で建てることに随分と深い思い入れがあるみたいですね.ヒデキはドームを建ててコンサートができれば良くて,イチローの場合は3人でドームを建てなきゃダメなのか.
何はともあれヒデキは悪に捕まっているから,悪を懲らしめてついでにお金を奪っちゃおうといつもの犯罪者の論理を振り回すマコにツッコミを入れずにいられない公僕のカラクリ.とはいえ目下ダメ人間への道をひたはしる女であるなら一足飛びに堕とすのも簡単.イチローがパンダをぺとっとつけたなら,カラクリの理性と本能が激闘&本能勝利.一度覚えた毛皮と肉球の快楽にはもはや逆らえない堕ちた淑女は,画面を散々占拠した上できっぱりさっぱり練馬大根の臨時メンバーとして「参戦いたし,ます!」
…練馬大根どものくだらないモラトリアムを閉じる終末の使者だったはずなのに,ついに法や国家を捨ててバカどもの一員にまで堕ちたカラクリ.怖い学校の先生がバカな生徒と一緒に暴れ出したようなもんだからこれは大変に面白い.登場当初の浮きっぷりは改善されてないというか改善する気もないだろうけど(笑)自分たちと一緒にバカをやってくれる先生というのは,もちろん生徒は呆れてしまうけど,それでもなんだか妙にうれしいものだったりするわけですよ.
てなわけで愛と平和のために戦う自己完結のバカ警官を加えた3人はおやっさんの前でレンタルプリーズを絶唱し,カラクリのセクシーさによっておやっさんは凄いの出しちゃう.さすがは人妻好み.未熟なマコの肉体よりも完熟なカラクリのほうがお好みです.…ビジュアル的には圧倒的にこの3人が勝利してるんだけど,歌声ではやっぱり一味足りない.ヒデキというかシゲルの歌唱力の凄さ,声の分厚さ,艶っぽさを逆に感じてしまうなぁ.
ちなみに不在が寂しいヒデキときたら,天下の練曲通信社でドーム模型を拝見中.夢が小さいながらも目の前にあるのは実に蠱惑的.理想のままの素敵なミニチュアを目の前にすれば,ついつい土地譲渡契約書にサインしてしまいたくなる気持ちは…わからんな(笑).どんな状況でも契約書は熟読すべきものであるし,可能ならば持ち帰って後日再度お伺いするべき.でも,そんなまっとうな理屈を自分の苗字すらわからなくなってるような奴にわかれというほうが無理だもんなぁ(苦笑).
何はともあれ今まさに訪れている練馬大根畑の危機.一筆入れて判を押せば本作終了という瀬戸際で,強襲し銃撃し恐喝しちゃう戦闘機! 凄いよおやっさん.戦闘機でヘリじゃないのにホバリング可能だなんて凄すぎだよ(笑)! しかしすっかり夢の虜なヒデキはドナベナベをかばってしまう.襲う気満々のマコさんたちの前に金を両手に姿を現し,そのまま回収されて大根畑には戻るのだけど….
いつもの3人が再び揃った大根畑.もちろん彼らの心は変わらないまま…のはずなのに,一つ狂った歯車は脆い絆を壊してしまう.ヒデキが持って来たのは真札ではなく裁断された練曲だより.いくら先制攻撃されたとしても,ドナベを救うために仲間を騙す片棒を担いだヒデキの覚悟は悲しいほど本物.これまでならば勢い余って仲間を攻撃するくらいは軽くスルーされてきたはずなのに,ヒデキはそれをわざわざ拾って自身の行為を正当化するための赦免状として使います.…そんなことをわざわざするような気の小さい男ではなかったはずなのに!
追って来たドナベナベは女子ソフト選手満載のバスで畑に乗りつけ,打球で舞台を混乱させている間に同志ヒデキを回収.いくらカラクリのキャッチが素晴らしくても,絶対に手放してはならないボールだけが逃げてドナベとともに逃げて行く! もちろんバスは言葉じゃ止まらないだけでなく,戦闘機の爆撃でだって止まらない.むしろバスから放たれた練曲だよりに視界を封じられた戦闘機が落下して爆発炎上! …おやっさんこと本作の神こと監督が貸してくれた特別な品物が,まさかカラクリとパンダのヨリを戻すためだけに使われただなんて,そんな間抜けな話って(苦笑).

仲間の乗った機体の落下に心揺らされたヒデキはさすがにたまらずバスを降り,マコとイチローの無事な姿を確認し…安心します.夕焼けの下,炎上する機体の前で自分のことを不安そうな目で見ている2人と,後ろで自分に向かって手を差し伸べるドナベナベ.自身を求める2つのちょうど中間にいるヒデキは…真っ赤な空の下,ドナベのバスへと走りだします!
練馬大根ブラザーズの目的は,ドームを建ててコンサートをやってスターになること.そしてドーム建設を仲間よりも恋よりも優先したヒデキは止める言葉も振り切って出奔! 毎度ノーマネーでフィニッシュな練馬大根ブラザーズでは,きっとドームなんか建設できるわけがない.だからといってドナベについたって,ケツの毛までむしられてほうり出されるのがオチだろう.…それじゃ,夢を叶えるには一体どうすればいい? ドナベナベのことがもし片付いたとしても,この先何をどうしたって叶わない夢だと諦めるしかないのか? 夢が叶う道はどこかにあるのかそれともないのか.先の見えない今だからこそ,どうにも切ない次回に続きます.

| | トラックバック (0)

練馬大根ブラザーズ#8

「そのスパンキングに愛はないの巻」

マコのイチローへの想いは頬を叩かれて以来ひたすら募るばかり.しかしそんなことすら察せないヒデキが指輪をエサにマコに結婚を迫っていると,カラクリがホスト大量失踪事件が発生していることを伝えに来る.パンダとナルトの板挟みに耐えられずイチローへの愛に逃げているカラクリはマコと衝突してなぜか岡山弁で戦うのだった.
愛ゆえにピンクのお父さん着ぐるみでイチローを護衛するカラクリ.しかし護衛中につい乱心したところを同じく護衛していたマコにやられ,その背景でまんまとイチローは激安販売店の車に連れ去られてしまう.

ついに色んなものがぶっこわれてきて大変にうれしい「練馬大根」.「練馬大根ブラザーズがドームをおっ建てるためおやっさんからアイテムを借りて悪人をやっつけるものの金は手に入らない」というのが本作初期の基本構造であったはずですが,現在は「ドームをおっ建てる」の部分が頻繁に「仲間を救う」に書き替わってきているのは皆様ご存知の通り.そして今回は「仲間を救う」物語の決定版! 緩い仲間意識と一方通行の恋愛感情で結ばれた3人ならではのバカで切なくて楽しい展開が腹一杯に堪能できます.作画も良好で動きもマコさんの唇も見事.これまでの最高傑作回だと思うんだけど…どうしてこんなときに限って12分も遅れてしまうんだろうなぁ(苦笑).

前半.今日の敵は住人訴訟や買収転じて業務提携でおなじみドンキ…をインスパイアしたコンチキマート.周辺住人からは大不評の深夜営業に火事になったときは絶対ヤバそうなジャングル陳列に一体どこから仕入れているのかわからないほどの激安ぶりでおなじみ.チャームポイントは特徴的なペンギンキャラクターとビル屋上のU字遊具(使えない).このコンチキにやってきたヒデキはNASUのロケット特価1980円(税込)にびっくり.この値段じゃ怖くて乗れません.
借金だらけのヒデキがなんでコンチキなんかに行ったのかと思ったら,それはもちろんマコのため.けれど当のマコさんはステージでイチローへの恋を歌いながら寝込みを襲おうとしております.バカでマゾな練馬大根ブラザーズの一員として見事ぶたれて恋に目覚めたマゾのマコ.今更ですが,スパンキングだなんて特殊なプレイ用語がろくに説明もされずふつーに流されていくあたりがさすが大人向けです.
特殊な性的嗜好を持つマコさんにテレ朝の特番ネタにさらりと触れつつヒデキは気持ちの結婚指輪をプレゼント.憲法を盾にマコは受け取りを拒否ろうとするも,この安っぽい指輪の価値をマコ自身が確信を持って判断できないのが悩ましい.でかくて軽くて怪しげな指輪,お安くゲットしたんでしょ?ばからしいと切々と歌うマコの唇は色っぽく,しかしヒデキはマコに見る目がないのだと頑張ってみる.宝石も大根も地面に埋まっているからわかるという超理論を振り回した上,彼がこの指輪にかけた金額で判断しろと言うのです.
値段は正直と指輪の価値をキャッシュで語り,その投資額は当社比数倍分の借りちゃいなマネーなんだぞと実に拝金主義な詭弁でマコさんを幻惑するヒデキ.ここでダンス画面が25分割まで行くのが画面映えしていいなぁ.大切な大切なお金で買った大切な大切な指輪!というヒデキの勢いになんとなく流されるマコさんも,練馬大根らしくやっぱりバカ,…掘り出し物は稀にしかないからありがたく,ほとんどの良いものには良い値段がついているのは世の道理.ただし良い値段がついているダメなものは山のようにあるわけだから逆は真ならずってのも世の道理なのにそれを知らないマコは指輪と結婚を天秤にかけて悩み…カラクリが自転車でステージに飛び込んで指輪話は一時中断.今回の前説終わりです.
カラクリがわざわざ来たのはイチローに関係しそうな事件のため.元々は練馬大根の敵で内偵者であった彼女も今や立派なダメ人間.パンダからイチローに乗り換え中の浮気な大年増でございます.同じくイチローを狙う者にとっては迷惑な競争者の登場にマコは怒り,角突き合わせて岡山弁での罵倒大会を練馬区で開催…なんで岡山? 岡山弁で真正面から言い張る2人の女とそれを半分寝ながら標準語に翻訳する親切なイチローと完璧に蚊帳の外のヒデキ.どうやら岡山弁は淑女の嗜みらしいですが,岡山には東京のハイソな街なんかよりも淑女がごーろごろってことですか?
さて,カラクリが伝える都内有名ホスト連続殴打誘拐事件.やってることは病院の回によく似てますね.一応江古田のナンバーワンであるイチローも狙われてもおかしくない.で,襲われるイチローを助ければきっとイチローとも親密になれるに違いないぞと煩悩を燃やし,わざわざこのド腐れ婦警はここまで来たわけです.もちろんそんな痴れ事をマコは絶対許せない.私のイチローは私が守る!と全力で歌い大アピール.けれど折角の歌も寝てるイチローには届かないしカラクリはイチローをお持ち帰りしようとするし(苦笑).ただし未だにパンダとの縁が切れていないカラクリは,彼の接近によってイチローを畑の真ん中に落とし強盗失敗.色男ってのは寝込みを襲われたり岡山弁の通訳をしたり誘拐されそうになったりと,なかなか大変そうなものであります.
物語が動くのは翌日の夜.懲りないカラクリは江古田の店で勝手に押しかけ,ピンクのダースベイカラクリとしてグオーパーグオーパーと店内店外問わずに護衛.あんな息がうるさい着ぐるみストーカーに夜道について来られたら,兼業ギャングでも振り向けないほど怖いのは間違いありません(苦笑).鼻息荒く監視しているうちに変質者となったカラクリを止めたのは,どこからともなく登場したマコの鉄拳ガード! たぶんカラクリとほぼ同じ事を考えたはずのマコはオバンの魔の手からは愛する人を救うものの,本命のイチローが画面の端っこで殴られてコンチキの車に連れ去られてます(笑)! 本作は推理モノではないので現場にはコンチキがやったという証拠がバッチリ残る安心構造.でもなんだって安売り店がホストなんかを殴って集めているのやら.

後半は怒涛だ! なぜに激安店がイチローを含めたホストを殴ってお持ち帰りなどしているのか.フツーの頭の持ち主にだって皆目見当がつかないんだから,バカな練馬大根たちが逆立ちしたってわかるわけがない.けれどヒデキもマコもイチローがいないのは嫌なので,おやっさんの前で歌います! ローテンションながらも彼は本作では貴重なツッコミ.いないと寂しいどころか作品が破綻しかねないので(笑)おやっさんこと監督は百万ボルトの単3電池を貸してくれました.一体中はどうなってるんだろう….
なぜにコンチキがホストを大量誘拐してやがったのか.それは屋上から大量のホストをパッケージングして激安販売しちゃうため.出荷先は宇宙を予定しもろに人身売買をやらかす気満々.日本で無理やり人材を調達して送るだなんて,まるでどこぞの国の支援組織みたいであり拉致られる方はたまったもんじゃありません.人権侵害で犯罪です.
夜,コンチキマートのU字の上には大仰な音楽とともに未知とのインディペンデンスな謎の円盤UFOがシャンデリアのごとく到着し,コンチキは屋上からパッケージング済の激安ホストを出荷開始.もちろん仲間を出荷されては困るヒデキとマコとついでにパンダは,宇宙大戦争覚悟でさっきの電池とコンチキの売り物をつかって突撃開始.乗るは冒頭に出てきた激安ロケット! ヤバげな値段のアレに百万ボルトを給電し,練馬の宇宙飛行士は激安店の屋上のU字の中から舞い上がる!
さらわれた仲間を助けにいくのにテンションが上がるのは当然の話.それが愛する人であるならなおのこと.マコさんは宇宙船のコックピットで宇宙一愛するイチローへの愛を思いっきしふりまいて…ここでついにヒデキはスパンキングの魔力を覚ったのでありました.遅! いくらなんでも彼女の心がどっちを向いているかくらいはヒデ兄だってわかってるんじゃないかと淡い期待を抱いてたんですが,期待した方がバカでした(苦笑).
仲間を助けに行くはずのロケットは己の恋敵を助けるためのロケットに変わり,当然それはできないヒデキは借りて来た電池を抜いてしまうからロケット地上へ急速落下.緩い仲間意識は恋心の重力には絶対に勝てない.それはこれまでの人類の長い歴史の中で,各種仲良しサークルが色恋沙汰で崩壊していったことからも既に証明されていることです.ヒデキはマコと結婚したい.マコはイチローを助けて結婚したい.そしてイチローは…結婚しない.「だってマコのこと,なんとも思ってねいもん」
この危機的状況の中,宇宙人にさらわれながらもソロでさらっと己の心情を吐露しちゃうイチロー.マコはただの同居人で同じバンドのメンバーでパンダやマリモ以下の存在でしかないのだと,拝金主義で若いだけが取り柄でもこもこもほわほわもしていない小娘をばっさり切り捨てる! …実際マコは自分の可愛さを鼻にかける嫌な女.そのプライドがイチローの歌でがらがらっとぶっ壊れていく様子に奇妙なカタルシスを感じます(笑).
マコをどん底に叩き込んだイチローの歌はヒデキにとっては凱歌と同じ.恋敵は一転仲間に戻り,現金なヒデキはロケットは再噴射でUFOへ特攻! 地上からコンチキの社長がマシンガン撃ってくる中でピンクの変質者ことカラクリの自転車と空中で合流したのもつかの間ブレーキ効かずにUFOに激突! もちろん壊れるのはコンチキの安物ロケットばかり.ただしUFOは意味不明のバンザイアタックに驚いたのか,ホストを返品して逃げ出してしまいます.
仕入れ値ゼロ円のホストたちはすかさず逃走し,コンチキビルの屋上に落ちたロケットの鼻先ではあの3人がいつものように揃って歌いだす.一方通行で報われない愛でおなじみ,練馬大根ブラザーズ! …一瞬かっこ良く見える3人だけど今回電池以外はもらってないので大変に無力.安売りバズーカ撃ってくるコンチキに比べるとその戦力は嬰児並み(笑).しかし練馬大根にはカラクリがつきもの.ホースとともにある一騎当千の彼女さえこの戦場に引きこめたなら,逮捕のどさくさに紛れてコンチキの金持って逃げるくらいは簡単なはず!…だったのに,宇宙船が戻って来て金を回収して飛んで行ってノーマネーでフィニッシュ.まあ,いつものことなんですが.

一騒ぎも収まって静かになった廃墟の中で,壊れたロケットの上でイチローの幻影に悲しい恋を歌うマコ.いかに若くてぴちぴちでもこの恋は一方通行出口なし.ヒデキの恋をいいように食い物にしていたマコに比べて,そもそもマコの恋を食ってもくれないイチローの方がずっと酷薄で涙が出ちゃう.もし3人がバンドのメンバーでなかったら,一緒にいることすらも許されないに違いない.これぞ所謂ひとつの嫌われ.マコがヒデキにするように,イチローはマコにするのです.
そんな哀愁の中にエンディング曲のイントロと共に登場したのが誰あろうヒデキ.前説の指輪とともに登場し,マコの価値は指輪なんかと比べられないと口説きます,最良のタイミングで最良の言葉を発したヒデキは一挙にトゥルーエンドになだれ込めるはずが!指輪の価値がコンチキの激安32円であったためにバッドエンドに直行だ(笑). …あの分岐の時点で借りちゃいなマネーさえ選んでいれば…かくして税込32円と比較もできないパンダやマリモ以下の乙女は,ヒデ兄ちゃんをけたぐり倒すのでありました.本当のエンディングはイチローが,「世の中,お金で買えないものもあります…嘘です」
涙は笑いというお汁粉に一つまみ入れる塩.普段いい目を見てばかりのマコの流す涙が見事にギャグを引き立てて,ラストの一言で見事に収まる,実に味わい深い仕上がりとなりました! 大人ってのは子どもと違いどうしたってただの友達や仲良しなんかではいられない.ヒデキたちの結束だって,子ども同士の友情のように無制限で無垢で堅いものなんかではないわけです.つまりは限度ありのちょっと汚れた脆い大人の友情を描いているわけだから,本作ってちゃんと大人向けじゃないかと思います.で,そんな脆いものにさらに大きな亀裂が入ってついでに作画も崩壊する(笑)次回に続きます.

| | トラックバック (0)

練馬大根ブラザーズ#7

「待ってた本領無意味な暴走!の巻」

ベッドタウンのど真ん中で時間構わず歌おうとするヒデキのステージは周辺住人から大変嫌がられ,ついには訴えられてしまった.このままでは音楽活動どころか趣味のギャング活動まで支障をきたすからとヒデキは有名なカクハマ弁護士の下へ相談に出かけ,マコと結婚できるように改憲してもらう契約まで結んでしまう.その費用はどんな愛より高い百万.もちろんイトコ同士は憲法改正しなくても結婚できるのであり,それすら知らないバカなヒデキが騙されたのだと悟ったマコは早速カクハマ弁護士を内偵.そしてその頃,カラクリとパンダの蜜月にはナルトが暗い影を落としていた.

いいおっさんたちのあまりにも自由な発想を堪能するべき「練馬大根」.ナベシン監督にしても浦沢御大にしても,一緒に制作する人たちが自由すぎるおっさんたちの意図に対応しきれないらしく7,8話くらいまで迷走するのがお約束なんですが,どうやらその迷走の時期がようやく終了したご様子です.1年経てば劣化する社会派ネタなどは大人をくすぐるためのちょっとした前菜であり,真に堪能すべきは時代なんか軽く越えるような純然たるスラップスティック.見る人間の年齢も性別もこれまでの経歴も全て乗り越えて,特定の電波を受信できるアンテナがあるかどうかで笑えるかが決まる超絶芸がついにはじまったようですよ! ここから先で見せるはずの大暴走こそ,我らがこれまで待っていた本当の快楽.無茶の積み重ねできしんできた物語の骨格が,ついにたわんで曲がりくねり,見る者の精神にぐねぐねと潜り込みはじめます! 特に後半の追走劇は圧巻!

前半.大根雲が流れる練馬の空の下,大根で愛を占う不毛なヒデキ.自分の愛をわざわざ占ったって結論はもう出てるじゃないですか.ついでに前回で散々占いは役に立たねえとわかっているはずなのに,なんで兄さんはこうも忘れっぽいバカなんだろう….マコさんの愛らしさに練馬大根を捧げる歌を熱唱するヒデキ.このソロが実にメモリーズオブラブで素晴らしい! やっぱし本職の歌手は違うなぁ.しかしヒデキがいくら惚れていてもマコとヒデキはイトコなので愛し合えない…という誤解は訂正されずに未だ継続しております.一応イチローが毎度ちょろっとツッコんではいるんだけど,ヒデキがバカな上に己の不幸に陶酔していて聞いてないのが悪いんだよな.
さて,大根抱えて愛にもだえるバカを今日も監視しているのがカラクリ.マコさんのことを好きなヒデキとパンダに熱を上げるカラクリだと変態度はカラクリの方が上なわけですが,練曲署に席を置いてちゃんと仕事しているカラクリの方が人間としてはずっと上なのは言うまでもありません.今日のカラクリ来訪の理由は事情聴取.深夜に歌おうとして近所にモノを投げて怒られる…というのはお約束のギャグとして繰り返されてきたわけですが,ついに近隣から訴えられてしまいました.普通なら軽く流してほしい繰り返しまでわざわざ拾って発展させてしまうところがいかにも本作らしい.
確かに練馬大根ブラザースは大変にやかましいグループで迷惑なのは否定もできない.でもだからって自分の畑をゴミ捨て場にするのはおかしいだろうとヒデキも主張.住宅街の真ん中にこんもりと一廃が野積みされてるだけじゃない.防衛隊までここを処分場にしちゃうだなんて横暴な! 練馬区の最下層にはゴミタメがお似合いという地域ぐるみのいじめです.地域住人は最高裁まで戦う構えだと不吉すぎるお知らせを残して,カラクリはカラクリハンドのラブ繋ぎでパンダとともに退場.すっかり良いおつきあいのようで見事に変態です.
このまま訴えられれば勝敗以上にヤバイものまで調べられて法廷に出ちゃう.趣味の練馬大根的ギャング活動までも露呈してしまって別件逮捕で収監されてしまったら,この時間帯を次回からどうしていいかわからない(苦笑).マコはここは一発弁護士に相談してみてはと提案し,CMでもおなじみのカクハマ弁護士のところへヒデキが出発.…四角いのが丸く収めるから法律相談になるのであって,手間を惜しんで四角く収めちゃだめじゃないか(笑)?
てなわけで今回のターゲットであるカクハマ弁護士のところに相談に行っちゃったヒデキことカモ.カクハマは絶対勝てなさそうなヒデキの訴えを安易に受け入れた上に,マコとヒデキの間の(幻の)大障害の撤去まで請け負ってしまう.例えば夜間の騒音とゴミ問題に関しては,現状では互いに条例違反してるんだから一刻も早く調停を図ることで事を荒立てず丸く収めるのが普通だろうし,イトコ同士は結婚できないについては即刻その誤りを正してやるのが人間の優しさじゃないかと思うんですが,改憲を請け負ってしまうあたりがどう見ても悪徳弁護士です.そしてそんな口車にあっさり乗って百万支払うヒデキもどう見てもバカです.本当にありがとうございました.
悪徳弁護士にとっては実にありがたいヒデ兄ちゃんは早速帰って事の次第をマコさんに報告.いつぞやのスパンキングでイチローへの愛に目覚めたマコさんにとって,ヒデキは黙って自分に金を貢いでくれればそれでいいのであり,さらに言うならばヒデキの金はマコの金なのであり,その自分の金から憲法を改正するために百万も支払われてはたまらないわけであり.それに憲法改正するからとできちゃった結婚を希望されるのも正直うっとうしいので,マコさんは自らカクハマのところに殴り込むのでありますが…なんだあのカクハマの途方もない防犯意識のなさは(笑).
するするっとマコがもぐりこんだ事務所の先には金庫つきのクルーザーが.その上でC調にこれまでの犯行に関し歌っている悪徳弁護士はまさに悪.歌はさすがに本職だけあってうまいです.被害者からも加害者からもバカからも絞り取る歌の上手い悪徳弁護士から練馬大根ブラザーズは金を絞り取ることは…実績からすれば絶対できないに決まっているんだよなぁ(苦笑).

後半の前にまずはカラクリとパンダの動向について前半の残りから.ヒデキの事情聴取を終えたカラクリはパンダとともに行列のできる生臭さラーメン屋にしけこんだわけですが,ここでカラクリにとって大変に深刻な事件が発生! 手も握れない熱愛しっぽりラーメンデートのはずが…パンダがラーメンの中のナルトを残しました.可愛いものフェチの変態であるカラクリのストライクゾーンにはパンダだけでなくナルトも入っていたわけですが,パンダはナルトがお嫌いなのだと勝手に思い込んだカラクリは石神井公園にパンダを連れ込みます.もちろんエッチなことをするわけではなく…そもそも触れもしない2人の場合は何をどうすりゃいいんだろ(笑).
さて,カクハマは悪い奴だからやっちゃうべきだとマコさんはヒデ兄ちゃんを熱く説得.確かに憲法が百万程度で変わるようなら日本はとっくに転覆しているはずで,それを安易に請け負う男は間違いなく詐欺師です.…日本ではイトコは結婚できるという事実についてはイチローのローテンションなツッコミとともにとりあえず横に置いておいて,あこぎな弁護士を倒すべくいつものレンタルプリーズをおやっさんこと監督の前で熱唱完了!
しかし! どんどんわがままになるおやっさんはろくに聞いてなかったのでもう1回歌えとのたまいやがり,神の横暴ぶりに練馬大根どもはぶーたれます.歌詞の入ってないヒデキに音を外すマコにキーの合ってないイチロー.ヒデキとマコは本人(というか声優)の責任だと思うんですが,曲のキーが合わないのは本人のせいじゃないから可哀想だ(苦笑).しかし歌わねばグッズは出て来ないしグッズがなければ練馬大根はいつまでも弱者のまま.てなわけで歌おうとしたら2度聞くと飽きるって事でアイテムが出てきました.ここのお約束も加速度増して壊れてきてますね.
こうしてはじまる練馬大根対悪徳弁護士の大決戦! 自分のクルーザーで軽薄に歌う悪徳弁護士を襲うのは晴天には似合わない陰気な音楽.練馬大根がおやっさんからもらった楽器で奏でる短調の調べ.いつもなら景気良く名乗りを上げてどたばたに持ち込むところなんですが,音楽が陰気すぎていつものアホな調子が出ない.けれど…短調の悲しみと苦しみと陰気とペーソスは弁護士を襲い,過去のトラウマの扉を開きます.
それはカクハマの幼き頃の思い出.同級生にハメられて大好きなミヨちゃんの給食費を盗んだことにさせられたり,ブルマを盗んだことにさせられたり.彼女は罪のないはずの彼に「訴えてやる!」と絶叫し,そんなトラウマが少年を弁護士という職業へと導いたのかもしれません.あるいはミヨちゃんの笛をなめてみたりスカートの中をピーピングしたり下着を盗んだり入浴をデバ亀った過去によって,己の性犯罪者としての資質を恐れるあまり弁護士というお堅い職業について己に枷を嵌めようとしたのかもしれません.…入浴はなんか凄くいい絵だな(笑).カクハマから噴出した性犯罪の思い出はぶよぶよと重くて船が傾くほどのもの.かくして過去の重みで沈み始めるクルーザーと,そのクルーザーから金庫を持ち出し逃げる練馬大根のシーチェイス開始!

こうしてはじまった待望の無意味なアクション! 思い出に重量を与えることも消火器を撒いて絵的に凄いことにするのにも特に意味などなく,増してや思い出に火がつくのにもその場のノリ以外の理由などない.思い出の重みで沈みそうな上に発火しているクルーザーに追われて泳いで逃げる練馬大根.この混沌を例の音楽に乗せて無理やり頭に流し込まれるのが真の醍醐味って奴ですよ(笑)! いやぁ,久しぶりに味わうなぁこのわけのわからない興奮と陶酔!
爆走する練馬大根とクルーザーは区民にはおなじみの石神井公園のお池に乱入.そこではボートに乗ったカラクリとパンダが別れ話の真っ最中.パンダとナルトの両方を手に入れたいカラクリさんはそれが叶わないからとタイタニックを気取って別れを告げる変態プレイの真っ最中.練曲署のアヒルボートもこんなことに使われて泣きだしそうな状況に突っ込んできたのが例のドタバタ組ですよいやっほう! もちろん巻き込まれたカラクリとパンダは練馬大根どもとともに逃走してみるもののアヒルボート30段の腕前もクルーザーの前には無意味であり,しかしクルーザーも炎の前には無意味であり.こうして石神井公園の池の中には大金が燃えて沈んで伝説となったのでありました.
…やっぱり御大の作品ならばラストはこう来なくっちゃ(笑).鮮度命の時事ネタとは違い,ラストの爆走部分は十年後に見てもちゃんと吹き出すに違いない.ここまで無理を重ねたおかげでついに物語が本格的にぶっ壊れたことに喜びつつ,区議会じゃ法律はつくれねえぞとツッコミつつ,さらにさらにぶっ壊れていく次回に続きます!

| | トラックバック (0)

練馬大根ブラザーズ#6

「名声は性悪な麻薬の巻」

各界に強い影響力を持ちマスコミを牛耳る占師・ゴクツブシホソヨ.その結果に従えばどんな願いも叶うという彼女が江古田のホストクラブに来るからと,マコは他人の金でイチローに同伴し金を取られたヒデキもそれについていく.歌手になりたいマコはホソヨの前で即席ソーセージ料理を作るも,その腕前では歌手としての成功は無理という判断.成功のために買いなさいと言われたマコはヒデキのカードで壷を買い,さすがに百万の借金を許せなかったヒデキはマコと喧嘩.その仲裁に呼ばれたカラクリはボウガンの見事な腕前を披露する.そんな騒動の傍らで仕事を終えたイチローは穏やかに眠り続けるのだった.

回を重ねるごとにいらない力もいる力も抜け,エピソードの積み重ねによって折角作った作品の型がぐらぐら壊れだした「練馬大根」.スロースターターのナベシンや御大の凄い本領が発揮されるのは半壊のその先.病の深い患者が見れば今回みたいなぐずぐずっぷりは作品のだめエンジンがかかって来た証拠以外の何物でもなく,その不安定感にどうしようもなく心震わされてたまりません(笑).
今回のターゲットはゴクツブシホソヨこと細木.特に対面の占いというのは第3者の視点から冷静に説教をしてもらうことに大きな意味があるわけだから芸能界でのあのポジショニングに関しても特に異論はないんだけど…女性で身を持ち崩す件はまあOKとして,5倍の方はどうするんだろう?

前半.てなわけで今回はゴクツブシ潰し.今時ならスピリチュアルカウンセラーのほうが楽しそうな気もするけれどまあ似たようなもんだしいいか.緑の顔で芸人に対し「ずばり言う! You死ぬ」と死兆星の如き結果をぶっつけるおばはん.ゴクツブシ自身の名声に便乗して鳴かず飛ばずの芸人が知名度アップのために行うのが改名行為だから,余程無理な芸名を言われても受け入れるのが芸能界のたしなみってもの.そういやX-GUNも改名したなぁ.
そんな茶番をたれ流すテレビを見ている,今日ものんきな練馬大根ブラザーズ.政治家やらスポーツ選手やらが夢を叶えてもらったというゴクツブシ先生の高名はマコさんですらも知るところ.占ってもらいたいのでその居所を掴みたい彼女のお耳に耳寄り情報.なんと江古田のイチローのバイト先でえぐい遊びを繰り広げてました,シャンパンだって嫌がるイチローに口移し.ババアにそれをやられるなんて相当臭かったに違いない.
で,辛くて臭いイチローの仕事ぶりにマコさん大ショック.「わたしのイチロー」の唇が…と勝手に所有権を設定するマコさんの態度にヒデキもショック.マコさんは横にヒデキがいても何も気にせずイチローへの恋を絶唱した上に口移しで飯を食わせようとするほど乱れまくり.しかし金ももらえないのにそんな行為をされるのはお断りであるイチローは,迷わずにマコさんの横っ面を張り倒すのでありました.前回マゾっ気に目覚めたマコにとって愛する人からのスパンキングは甘美そのもの.ただし財布とか奴隷に張られても痛いだけなので誤解しないでいただきたい(笑),財布は金だけ出してりゃいいんだとばかりにヒデキのカードから現金引き出し,イチローと一緒に江古田へ向けて同伴出勤に赴くマコさん.惚れたら負けの連鎖の業は,誰からも愛されぬヒデキに借金という形で刻一刻と降り積もります.
練馬大根ブラザーズとゴクツブシの第1ラウンドは江古田のホストクラブ.占いが当たらないと押しかけたクレーマーにすら「大最悪」というごまかしで壷を買わせる迫力を持つゴクツブシに対し我らが主役はどのように立ち向かっていくのか…って,おやっさんから借りてない練馬大根に勝ち目があると考える方がどうかしています.歌手になりたいマコさんのお願いすらもウインナーへの飾り包丁で片付けてしまうゴクツブシ.料理と占いの関係性は今一つよくわかんないんだけど(笑)とりあえず恐るべし.
料理もできない一人前でない女の明日は死ぬ日だ.料理と死期の関係性はやっぱりよくわかんないんだけど(苦笑)言われたマコは大変にショック.で,買えば死期も遠のき歌手にもなれると超お手軽に洗脳されてしまったマコは他人の百万円で変な壷購入.…なあ,料理ができないのが悪運の原因なら,百万のかわりに料理の修業するべきなんじゃないのか?
冷静に考えれば不条理極まりない要求すらも無理に飲まされてしまうのが洗脳の怖さ.そして宗教こそが力と人と金を集めるべく有史以来磨き上げられてきた高度な洗脳技法の結晶.神様はボッタクリかよというヒデキのぼやきはまさに真実で,それに巻き込まれた頭の弱いマコさんがあっさり金を絞り取られたのは至極当然.でもマコさん,理性が吹っ飛んだ状況でもヒデ兄ちゃんにタカることだけは忘れないんだ…(苦笑).
さすがのヒデキも壷代の百万の借金は我慢できずに心を鬼に.マコさんは岡山にいいつける歌を「デコでしばかれちょるのでたすけてつかーさい」と熱唱するもヒデキの愛は百万以下なのでチャラにはならない.貧乏なヒデキは金を巡って好きな相手と本気で喧嘩.あなたがその人のことを本気で好きならば,その人に金を貸すのはよしておいたほうがいいですよ.生臭い理由で喧嘩するヒデキとマコにうんざりしたらしいパンダは携帯でカラクリを呼び付けて,カラクリは区民の喧嘩をボウガンで止める.男性が女性に勝てるわけもなくヒデキが一人負けしているのはまあいいとして,パンダとカラクリの関係がなんだか気になるぞ.

後半.占い師に金を巻き上げられて喧嘩して迎えた空しい練馬の朝.ヒデキとマコは当事者だからいいとして,こんなのに一晩付き合ったカラクリが結構気の毒.そしてこの朝に明かされるマコさんの秘められた過去.なんであんなにデビューに必死なのかと思ったら,過去にアイドルやってちやほやされてたんですねこの女.名声は麻薬.若くしてこれをたっぷりぶち込まれたらそりゃ戻れないほど中毒するだろうし脳もがたがたに壊れるってもの(笑).間違いなく意志の弱いマコさんが自分から名声欲を断ち切れるはずもなく,再デビュリたいとこんなところで若い身をこのように持ち崩しているのでありました.…名声ダメ,ゼッタイ.
しかしいくら名声が欲しくても壷は役に立たないというのがカラクリがたらたら漏らす内部情報.被害届が出るほどに壷には効果がまったくなく,テレビに出ている有名人たちはゴシップをネタにゆすられて広告塔として活動させられているのであります.名声という麻薬に溺れる有名人にとってゴクツブシは今や薬のルートを支配するボス.中毒者にとって彼女は神より偉いのです.
おかしいのはそのゴシップの仕入れ先はちゃんと占いだったこと.確かに一見意味ないんだけど(笑)人間は喜びよりも恐怖によって強く繋がれるから,まともに当たる占いを頻繁にやるよりは1度の占いで弱点を握って延々揺するほうが効率いいんだ.そして最後に近日逮捕予定!と予告して去るカラクリ.かわいいものさえ側にいなければ冷静な彼女がここまで囀るのはなぜか?答えは5分後!
こうして決定したゴクツブシ対練馬大根ブラザーズの2回戦! もちろんアイテムなしの彼らに勝ち目なんかはないわけで,おやっさんこと監督に久々に3人で歌って舞ってレンタルプリーズ.けれど同じ歌と踊りは視聴者でなくても飽きるので今回はもうちょい何かつけてくれともーっとお願いされました.折角深夜だしマコさんが大サービスで脱ぐよ!と構えたとたんに出てくるグッズ.そうか,人妻好きですか.奥さんを心底愛していることは理解できますが,でもそんなのここで主張しなくてもいいよなぁ.
てなわけで貸し出されたコスプレグッズで入浴中のゴクツブシを襲う練馬大根ブラザーズ.上の階から仮装させたパンダを吊るしてここにパンダ神光臨! ただしこのグッズはこれまでにないほど役に立たない.あっさりはがれてしまうこの化けの皮は,ゴクツブシがいんちき占いをしていたという言質を引き出したのみ.…おやっさんの今回のやる気のなさが伝わってきますな(苦笑).
パンダの偽装がバレて怒るゴクツブシの前,浴槽に情けなく落下しても一応格好だけはつけてみせるダンディでボンクラな練馬大根ブラザーズ! とりあえずゴクツブシの占いに何の強制力もないことだけははっきりしたからあとは権威なき老婆を適当にぶっ飛ばして金を奪えば無問題…という状況に突如乱入するカラクリ刑事(ミラクルチャクラム25段)! 本作が1話で見せた「5分あればどんなに広がった話でもどこかに収まる」というスキルがここから炸裂.チャクラムで壷が割れるやら中から金が出てくるわ都合よく元信者が突入して金を奪って去っていくわと歌の勢いで全ての無茶が押し切られていく(笑).地獄に行くのはゴクツブシのみ.そして貧乏なのは練馬大根ブラザーズのみ.

投げやりでテンション低いツッコミ・イチローは朝には昨日の茶番も忘れてパンダに溢れた夢の中.対していかにも血圧が高そうなヒデキとマコは,結局返品された壷をゴクツブシが通信販売しているというどうでもいいオチを目にします.名声という麻薬のルートを牛耳っていたゴクツブシ自身もまた名声の中毒者.己の似姿を大廉売で世間に広めて欲を満足させたいんだろうけれど,さすがに世間だってその麻薬はもう彼女には与えないよね(苦笑).
「練馬大根たちがおやっさんから借りたグッズを使って社会の悪を倒すものの金は儲からない」ってのが本作の型.しかし今回に至りついにグッズすら役に立たないときたわけで.さらにラストではパンダまで出奔? カラクリとパンダは一体どこまで進んでるんだ? それ以上にマスコットキャラがそんなことやあんなことをやってもいいのか? 小さなエピソードが物語からちょっとずつ鉄筋を盗み,ついには凄いことになっていく待望の次回に続きます!

| | トラックバック (0)

練馬大根ブラザーズ#5

「オラ営だって立派な仕事の巻」

練馬大根ブラザーズは今日も地域のはじかれ者.彼らの犯罪行為をバレバレで内偵するカラクリ刑事も加わって夕食のラーメンをいただきます.食事が終わればイチローは江古田に出勤…かと思ったら今日の予定は歌舞伎町.新宿ナンバー1のホストの偵察にお出掛けだ.カラクリ刑事を首尾よく自宅に軟禁したあと話題のナンバー1ホストの面を拝みに出かける練馬大根ブラザーズ.女を転がしまくって金を搾り取る彼よりもイチローのほうがいいという理不尽な理由から,今回のターゲットはナンバー1に決定だ.

大人のふりした子どもたちが無駄なあがきを繰り広げる「練馬大根」.努めて大根畑という現実を見ようとしない彼らに猶予を与える保護者であり執行者のカラクリ刑事も加わって,練馬大根ブラザーズの夜の社会見学はなおも続きます.今回の見学先は人心をころころ転がすホストクラブなんだけど,そんなところで働く奴でも現実に普通の暮らしすら営めないようなダメ人間よりは人として断然勝っているという厳しい教訓が描かれているようなそれは考えすぎなような(笑).

前半.23区の外れにある練馬区は都心で働く人達のベッドタウン.ヒデキの畑の周囲はしっかり宅地化されて今夜も静かに眠る権利を要求します.たぶん周辺住人からは凄く迷惑な畑だと思われてるんだろうなぁ…こんだけブーイングを食らうんだったら土地は売るなり返すなりして別の土地に移ればいいんじゃないかとメンバーですら思っているわけですが,「練馬大根ブラザーズ」という名前にこだわるヒデキは移住に関して断固反対.自分で作った縛りにぐるぐる縛られて,ここにあるのは大根と叶わぬ夢ばかり.
そんな地域の迷惑者たちを今日も内偵しているつもりなのが前回から登場したカラクリ刑事・ユキカ.あんなのは叩けば埃が出るんだから適当な罪状で引っ張っちゃえばいいものを,練馬区警察は真面目です.彼女の弱点はかわいいもの.あまりのかわいさにバーサーカーモードにスイッチオンだからパンダには擦り寄られたくないんだけど,それでもパンダはやっぱりかわいい.つかず離れずのアンビバレンツの狭間で苦悩する派手な年増のお姉さんは無駄に目立つので内偵なんかになるわけもなく,あっさり発見されてなぜかラーメンに誘われます.
カップめんのCMが言う通りラーメンの前には境界などなく,一時休戦して同じ食卓でラーメンすする仇敵同士.敵には塩ではなくバターラーメンが与えられ,そんなラーメンのうまさを讃える歌を絶唱する4人は見事息ぴったり.もちろんこれはヒデ兄ちゃん渾身のカラクリ餌付け計略だけど,融通の利かない彼女にいくら恩を着せても正直効果はなさそう.しかしどんな恩も着なさそうな彼女が唯一執着するのがパンダ.愛らしいパンダさえここにいてくれれば,ユキカは結局何もできないに違いない.
さて今回彼らを待つ舞台は歌舞伎町.吸い込まれそうな瞳でおなじみの江古田のナンバー1・イチロー先導で偵察に出かけることに.江古田にすら影響を及ぼす新宿のナンバー1ホストなら凄い金持ってるから巻き上げてやろう…なんてことはこの段階ではほんのちょっとだけしか考えていなさそう.むしろ田舎者が魔都歌舞伎町におっかなびっくり物見遊山に出かける気分じゃなかろうか.
とはいえ練馬大根行くところ手に入らない金と大騒動あり.早速彼らの行動を妨げるのは今日のラーメン代はゴチなカラクリ刑事.この女についてこられると荒事をヤりたくなったときにできなくなってしまうから,うまいこと彼女を動けなくしなきゃいけません…とはいえ計を案じられるほど頭は良くないので,とりあえずカラクリを追跡してみます.
派手なカラクリ自転車を一輪車に乗って追跡するヒデキたち.傍から見れば凄まじく目立っているこの一団の先頭を努めるカラクリ刑事は,追跡者を安心させたあとで今度は自分が追跡しようと悪巧み.佇いやシステムからペットまで凄く特徴的で彼女らしい(笑)カラクリ部屋に帰って安心させたあと,勇んで彼らを追おうとしたらあら出られない.ユキカについてこられては困る練馬大根ブラザーズは粗大ゴミをかき集めて玄関口を塞ぎやがるという実にベタな対処を取っておりました.
とまあ,カラクリとのふれあいはちょっとしたくすぐりで,今回の本題はここから先.邪魔者を幽閉した練馬大根ブラザーズは愛と欲望の危険な街・歌舞伎町について歌います.実際あの街,たとえ昼間でも一人で歩くのはなかなか怖い街でありますよ.そんな街に燦然と輝くホストクラブは「愛LOVE遊」.これってやっぱり愛グループのインスパイアなんだろうな.凄く目立つもんなぁ(苦笑).
ホストクラブには初回は極力お安い料金で遊べるシステムがあるので,回を重ねるごとに貧乏に磨きのかかる練馬大根たちでもちゃんと店に入って偵察ができます.そして目にした新宿ナンバー1ホストは大変なキザ男であり,なおかつ女たちをころころと転がすオラ営のスペシャリストでありました.オラ営とはすなわちオラオラ営業.尊大な態度でお客にがんがん金を貢がせるという,ホスト本人にそれが許せるだけの魅力がなければ長期間は維持できない営業スタイルです.
新宿ナンバー1のオラ営は転がされて貢がされているほうだってすっかり幸せなんだけど,その幸せは女心の理解できないヒデキには意味がまったくわからないし,ナンバー1の強引な営業手法は線が細すぎるイチローにはあんまり参考にもならない.折角新宿まで来たのにこのままじゃ収穫ゼロになっちゃうので,そんな弱気じゃだめだとマコはイチローにはっぱをかけてみたものの,イチローがマコの頬にばしっと平手をかましてしまったために大変なことに! マコさんが今更イチローへの恋に目覚めた(笑)!
バカかマゾの練馬大根ブラザーズの中ではきっとバカだと思われていたマコさんですが,やっぱりマゾっ気もあったんですね(苦笑).愛する人にばしっとされる快感に目覚めたマコさんはすっかりイチローのとりことなり,新宿よりも江古田のほうが優れていることを証明するべく,新宿ナンバーワンを今回のターゲットで選ぶのでありました.…イチローの普段の営業スタイルって,友営? それとも枕?

後半.歌舞伎町にも朝は来て,ナンバー1は凄い外車フェローリ(なぜか発音できない)で華麗にご帰宅.練馬大根どもはタクシーでその後をつけてしまい,ナンバー1の御殿はわかったもののタクシー代を借りちゃいなマネーすることになりましたとさ.今,ヒデキの借金ってどれくらいあるんだろう.30万を越えたあたりから,利息を支払うのも難しくなってくるらしいですよ?
新宿のお店ではまさに暴君として君臨しころころ転がしていたナンバー1.しかし自宅の御殿の中では見るからにおっかない恐竜女に稼ぎを根こそぎ奪われるやら家事に務めるやらと立場が逆転.ここで出てきたアイアンハンドの恐竜女役声優がまたもう無駄に豪華! こんな仕事を受けて深夜に悠長に歌ってくれてどうもありがとう(笑).恐竜妻にアレまで握られちゃってるナンバー1ってふうがわりい.つまり岡山弁で恥ずかしい.
いくらオラ営でも夜間の勤務明けだってのに,休みもせずに洗濯も皿洗いも料理も掃除もてきぱきこなすナンバー1はけなげ.夜の顔と朝の顔のギャップに面食らった練馬大根たちはとっとと金を奪ってこの不条理な状況からとんずらすることに決定しますが,宝は常に竜に守られているものであります.恐竜妻の寝室の金庫を朝寝の隙に開けちまおうと思ったら,寝たふりだったアイアンハンドに早速狙われちゃいました.
確かに全員とってもやましい気持ちで部屋に侵入してはいますが,奥さんの体だけは狙ってないから安心してくれ(苦笑).ここで恐竜妻がイチローの目に釘付けに.イチローにすとんと落ちる部分,実に楽しそうに声も演じていらっしゃいますな.竜の宝を狙ったギャングは逆に竜に仲間が捕まってしまいさあ大変.叩かれて目覚めたマコがあたしのイチロー呼ばわりなのはまあいいとして,イチローは嫌がってるんだか楽しんでいるんだか微妙な反応.そして恐竜妻の正義の鉄拳(アイ・)アンパーンチを見事に食らい,邪魔者たちは御殿の外へと追い出されたのでありました.
相も変わらず圧倒的に弱い素手の練馬大根ブラザーズ.ここはおやっさんこと監督に泣きつくしかないとイチローなしでレンタルプリーズ.特にマコは愛するイチローのために必死.そんなマコのことをヒデキは従兄弟だけど大好きであり,これでイチローがヒデキに惚れると見事な三角形ができるなあ.あ,パンダがヒデキに惚れて獣入り四角形ってのもあるか.ちなみにおやっさんが出してきたのは「プランダースの犬」絵本.…これでどうやってアイアンハンドに勝てと言うのか!
使用法不明の武器を手に,竜退治に挑む練馬大根ブラザーズ.アイアンハンドに捕らわれた仲間を救うべく,ヒデキとマコで練馬大根プランダースを演じます.涙は心の汚れた大人が流すものであるとかの脚本家は常々語っていらっしゃいますが,恐竜妻も一応は人類である上に十分心も汚れていたのでしょう.真冬もへそ出しのマロと駄犬ヒデラッシュはどこか淡々としたナレーションとともに天に召されて怪獣の目にも涙.作り物の茶番にいい大人がわあわあ泣くなんて,作品はともかく泣いてるほうは実にみっともないですよ(笑).
弱みを見せた恐竜妻はもはや最強の暴君ではない.練馬大根ブラザーズは無敵のアイアンハンドを涙で砕き,貯め込まれたあくどいお金をいただきます.…しかし,たとえ女を転がして得たお金だってイチローのバイトと同じで勤労の成果に違いなく.しかもそんなお金よりも貴いものが彼女にはある.夢を無駄に追って日々を費やすバカどもにはない,自分とナンバー1と大量の子どもたちで営むまっとうで幸せな家庭生活.幸せな現実は叶わぬ夢を真っすぐに貫いて砕き,ギャングたちのやる気は見事失われたのでありました.

非合法活動に手を染めても根っからの悪人ではない練馬大根ブラザーズは結局今日も空回り.わざわざ借金して手にいれたチャンスを無駄にしちゃった空しさを埋めるべくユキカにラーメンをおごってもらおうとするものの,お前ら前半にユキカさんに対して何やったのかもう忘れちまったのですか(苦笑).バカでマゾで懲りない練馬大根どもの何も生まない空転はまだまだ止まりそうにもありません.次回に続きます.

| | トラックバック (0)

練馬大根ブラザーズ#4

「悪が悪呼ぶ悪の混沌の巻」

練馬大根ブラザーズは今日も今日とて大根飯.3度も悪を倒したというのにむしろ借金ばかりがかさんでいる素晴らしいギャングぶり.そこに訪れたのが練馬警察のカラクリ刑事・ユキカ.練馬区で起きた3件の謎の兇悪事件の犯人として浮かび上がったヒデキたちを現行犯で捕らえるべく,ホストクラブでイチローに偽情報を流し警察の地下の金庫に彼らをおびき寄せようとするのだった.

権力もスポンサーも見ている人間の平均年齢も全部無視して,あまりにもマイペースすぎるバカ話をとっても楽しげに展開している「練馬大根」.手間がかかりまくって洒落にならないミュージカルという拷問に自分から飛び込んでひいひい言いながら快感をむさぼるバカでマゾの姿が脳裏に浮かんできますんで,作り手はそのままマゾの道を極めればいいと思います.そんなマニアのプレイに巻き込まれた普通の性癖のスタッフは大変お気の毒ですが,そこはぜひ自らマゾとなってやりすごして頂きたいところです.

前半.過去3回に渡って犯罪者を襲撃してきた練馬大根ブラザーズですが,ちいっともその財政状況は回復しないどころか過疎地域の財政のように一方的に悪化するばかり.特にヒデキは毎回キャッシュを借りてしまって家計は真っ赤に燃えているはず.いくらドームをおっタてようと思ってもいい物食わなきゃタつ物もタたない.マコさんが肉キボンヌでも誰が奢ってくれるわけもなく出てくる大根喰うばかり.イチローのなよなよとした普段の歌声は至極不安定なんですが,英語の部分は声優が地声張っていてうまいなぁ.
叫んだだけ無駄なカロリーを消費してしまうジリ貧な練馬大根畑の真ん中に飛び込んでくるのが,間違いなくお巡りさんに止められるレベルの改造自転車.無駄にセクシーでド派手な御登場をぶちかました割に,ステージ上の3人にツッコンでもらえるのを待っているという構ってちゃんなお姉さん.3人が無視を続けたのでパトライトを鳴らしてアピールしやっと構ってもらえることになった眼鏡の彼女こそ,今回いいところを全部持っていくカラクリ刑事でございます.
ギャグアニメという治外法権の世界で生きる練馬大根ブラザーズのところにわざわざやってきた彼女は,無駄にセクシーで途方もない変人の上に作品の主旨を理解していない.セクシーなバディとイリュージョンなカラクリで練馬区民を守ってくれるカラクリ刑事! …練馬警察には他のあだ名つき刑事もいるのかな? 女性の価値はバディで決まるとばかりにトランジスタなマコを舐めきるお姉さま.
変人ゆえに最近練馬区で起きた3件の類似した襲撃事件についたわざわざ調べた彼女の結論は,芸能プロと韓流パチンコと病院で起きた事件の犯人がここにいるということ.そういや最近CMしてる「パチンコ冬のソナタ」ってみんなどう思う? もちろんそのまんま犯人であるヒデキたちは大変にわかりやすく狼狽.被害届けが出ていないので事件になってはいないんですが,練馬大根ブラザーズが強盗とか傷害致傷とか器物損壊とかをやらかしまくるギャングなのは間違いないのです.
たとえ事件にならないとしても,犯罪者を食い物にする犯罪者でも裏には返らず犯罪者.彼らがいつ一般人に手を出すかわからない以上,警察は内偵を進め組織の全貌を把握してあわよくば逮捕しちゃって治安を守らねばなりません.善良な市民の皆さんから白眼視されそうな正義のムチで大根切り飛ばしたりマコさんを畑に埋めたりと暴れつつ,ハードに歌う彼女が示す真実は,一連の事件の犯人は男2人に女1人,しかも名前は自分で歌って名乗ってる「練馬大根…」というところでイチローがパンダとともに仕事にお出かけ.普通の人間ならたぶんイチローの目にメロメロとなるはずなんですが,彼女はイチローの肩のパンダの方に妙な反応.これが一応オチのための伏線になってるんだけど,正直たいしたオチじゃないので覚えてなくてもいいです(笑).
女刑事の事情聴取をマイペースに振り切ったイチローは今日も江古田のホストクラブでゆるゆる勤労.「やさしくしてね」と言いつつもついた今夜のお客さんはデブ・スケルノ夫人.社交界に顔が売れている割には何も飲ませても食わせてもくれないドケチなのでこの手の夢を売る店としては大変に嫌な客.しかしそんな彼女がイチローに支払うのは耳寄りな話と1枚の地図.警察が暴力団と通じていて金庫にはその癒着でつくられたばっちい現金が唸りを上げて眠っているらしいという三流ゴシップ誌レベルのネタに加えて練馬署の図面もくれるだなんて,なんて露骨過ぎる釣り! もちろんこの夫人は女刑事がカラクリで粉飾している姿なんだけど,見た目の偽装の凄さに対して引っ掛ける話があまりにも出来てない.キャラは立ってるけど話が全然ダメ.こんなんじゃ熊だってひっかからないですよ.ちなみに25メートル以上のリムジンネタでお父さんの借りてくる車のことを思い出す奴はマニアです.

後半.これまでの決戦の舞台は深夜であったわけですが今回は晴天の下で襲撃スタート.イチローがうかつにも持ち帰ってしまった毒入りネタを見事に喰って警察襲撃を決定する練馬大根ブラザーズ.このカモネギ具合,高級布団とか消火器とか浄水器とか洗剤とか複製画とかを5秒で売りつけられそうな勢いなのが情けない(苦笑).汚い金を奪って使ってやろうと決めた悪党3人は,朝もはよから一発イっちゃいます.おやっさんことナベシン監督に歌と踊りを捧げましたら,今回はあの狭い口からは絶対出せないものが出てきました.なんだか懐かしいなぁ,あのフォルム(笑).
先端にどでかいドリルがついたスーパーマシンに乗り込んた練馬大根ブラザーズは素晴らしき掘削機を使って目的の場所へと地下の旅.誰に邪魔されることもなく3人揃って現地に御到着…と思ったら,金庫の前には分厚い非常線とカラクリ刑事の姿が! わざわざ練馬大根ブラザーズなんかを現行犯で捕えるためにここで待っていた暇人カラクリ刑事ユキカ! 正直そんなことに大量の人員を投入するのなら,練馬警察はもっと別にやるべきことがあるんじゃないかと思います.どうせ放っておいたって頭の悪いあいつらに悪事がちゃんと勤まるわけがないんだから(苦笑).
しかし本作の空気を読んでくれない彼女は真面目に彼らを捕まえるつもり.4話にしてお縄となる大ピンチを迎えたヒデキたちは尻に帆かけて逃げ出します.これを今度は鎖分銅手錠でつかまえようとする女刑事の武器バカぶりがちょっと面白い.手錠なんだから投げ縄みたいに捕まえるのかと思ったら,コンクリの床を貫く投擲武器になってるぞ.しかしこの凄い威力の手錠は誤爆して警察の金庫が本当に開き…中には汚職の現行犯が! さすがは天下の練馬の警察,フィクションらしい気持ちのいい腐敗っぷりがたまりません.
確かに金庫の中は秘密を隠しておける場所だから,署長とヤクザの組長がこんなところで逢引中.それを成り行きで見つけてしまった関係者はさすがにショック.特に正義の権化であるユキカにとっては上司の不祥事は自分の不祥事.自分が悪いことしている真っ最中じゃ練馬大根を捕まえることもできないに違いない.熟年男性の許されざる恋ということでごまかそうとした署長と組長だけど本作は正直ホモネタはもう見慣れてしまったので目くらましにすらならない爛れっぷり.署長と組長のラブソングは結構頑張っていて気持ちが悪いです(苦笑).
とっておきのホモネタも現金授受現場を目にしてしまったユキカに通じるはずもないから,公権力とヤクザは結託した上に裏側を知った者を排除するというベタベタのお約束を実行.ユキカが一転追われるものに成り果てて,口封じのためにさっきまでの部下までもが全員でユキカを追いかける…という警察&極道コントの中で放置されてしまったのが練馬大根ブラザーズ.彼らは場の混乱をいいことに金庫の中の汚い金を全部持ち出して「サランヘヨー」と勝手に離脱.ついでにユキカも消えてしまい,署長と組長はあのボンクラどもにしてやられたことに気がついたのでありました.
大金積み込み例のドリルマシンで逃走する練馬大根ブラザーズ! 今回はちゃんと金を抱えて現場を離脱できたのでいつもに比べると成功度が大幅アップなわけですが,追ってくるのがモノホンの警察なのでさすがに追跡を撒けません.白昼の逃走劇の末についに公園で燃料が切れ,練馬のギャングどもは警察とヤクザに包囲されてしまいます.もしお金に意志があるのなら自分たちに使われたがるはずだとマコは下手な腹話術で主張するわけですが,そんな茶番を認めてくれるほど国家権力と民間暴力はバカじゃありません(苦笑).…ちなみにお金に意志があるかどうかはよくわからないですが,仲間がいるところに寄って行くという習性はあるらしい.
権力と暴力に包囲されて絶対絶命の3バカども.しかしここで彼らが持ち出した現金の入っているはずのスーツケースの中から聞き覚えのある声が! 正義とは何者も恐れない愛ゆえの力,正しきことは美しきこと! 正論を堂々と吐き散らかしつつトランクからテンコー並のイリュージョンを炸裂させて復活するカラクリ刑事ユキカ! 奇跡の変形ギミックとともにここに復活! しかも今回は空気のはずの練馬大根ブラザーズを手駒として使おうってんだから豪気です.でも,正直あいつら役には立たないと思うよ….
どっちも悪いというかどいつも悪い混沌の中,やっぱし予想の通りに役に立たないヒデキたち.ここには悪党と悪党の部下と悪党の子分しかいないわけですが,ことに汚職をやらかしていた署長と組長が飛びぬけて悪く,その巨悪2人がユキカを巡っていきなり喧嘩をはじめてしまいます.確かに部下をきっちり束ねてこそ長というものですが,ユキカみたいなタイプはたぶん誰が長でもなんともならないと思うよ!
署長と組長の蜜月は壊れて元の木阿弥宿敵同士.もはや敵しかいないこの練馬の公園で全てに対してトドメを刺すのはやっぱりユキカ.可愛いものを見るとつい興奮して暴れてしまうバーサーカーモードを搭載したユキカ.今回はパンダのおかげで見事スイッチが切り替わり,女刑事バーバリアンが高音の雄叫びを上げながらぶっ叩いてなぎ倒すという大混乱の中,今回も金を奪えないままで練馬大根な1日は終わっていくのでありました(苦笑).
崩壊した戦場に最後まで残ったのは,スイッチの切れたバーサーカーのみ.彼女は闘いの空しさを語るがのごとく,メロウな歌声で区民の皆様のために歌います.…歌ってもらえる練馬区民がうらやましいなぁ(笑).どうでもいい歌詞のバラードは妙に穏やか.好き勝手に暴れたおかげでストレスがいい感じに放出されたようで何よりです.練馬警察にとってはもの凄い不祥事発覚なんだろうけど….

一足先に戻っていた練馬大根ブラザーズは今日も夜中に歌おうとして周辺住民からクレームを受ける.彼らは歌手とかギャングである以上に,手の届かない夢を叶えるという名目でモラトリアムを続行する筋金入りのダメ人間.真のダメ人間は行動すらしないんだろうからそれよりはちょっぴりマシなんだけど,やったって失敗するのがわかってることを何度も繰り返すのはやっぱりダメだと思います(苦笑).
手の届かない夢に溺れて現実から逃避する彼らは深夜帯でギャングなんだけど子どもであり,そこがどうにも情けなく同時になんだかいとおしい.正論を振りかざしてモラトリアムをぶっ壊そうとするユキカは今回見逃してくれましたが,夢のために同じ場所をぐるぐる回る宴がどこまでも続くわけもない.夢追い人の生き様は傍から見てれば感動的ですが,親戚からは総じて大変に評判の悪いもの.こいつらにもいつか目覚めよと呼ぶ声は聞こえるのだろうか? ぐるぐる回す次回につづきます.

| | トラックバック (1)

練馬大根ブラザーズ#3

「誰より弱くて誰もが勝てないの巻」

ホストクラブに仕事に出掛けたイチローが通り魔に襲われて病院に収容されたと連絡を受け,深夜の救急病院に向かったヒデキとマコ.病院内でヒデキは大きなたんこぶを作り,重病人ということで検査の末に緊急手術されてしまう.実はこの病院はいない客も自作する主義のぼったくり病院.マコは若さと往生際の悪さを評価されて病院の客引きアルバイトとして雇われる.その才能で瞬く間にナンバー1に上り詰めるマコだったが,勝手にカモにされて金を搾り取られたヒデキは当然,この病院の存在を許すことはできないのだ.

子どものようなおっさんたちの酔っ払った馬鹿話を深夜にご披露する「練馬大根」.初回2回目は凄まじい社会的な踏み込みで視聴者の度肝を抜きましたが,ナベシンにしても浦沢御大にしても本来は純粋なキッズ畑の出身である上にかなり重症なスロースターター.てなわけで3話はこれまでに完成したテンプレートをそのままなぞった,実に軽い上にまったく内容のない(笑)話となっております.
実際,ナベシンも御大も元々時事ネタや社会的なネタにネタ以上の興味を持つタイプとも思えず,ゆえに社会の暗部をえぐるシリーズがずっと続くはずもなかったわけで.むしろ視聴者に考えさせたら負けだと思うタイプの2人だからこそ,こんな全年齢対象のしょうもない話だって深夜に平気でやってしまえるわけです.てなわけでそんな作品に惹かれるという病を負った視聴者としては,こいつら下ネタ好きだなぁと笑いつつマコのナース姿を鑑賞してれば大丈夫だと思います(笑).

前半.練馬区には畑も残ってるんですが土地は主に宅地として利用されていて,ヒデキの畑のステージは夜間にゃ当然騒音公害.住人が都心に出掛けている昼間はともかく,夜中に野外バンド活動なんかされたなら即刻苦情が殺到するに違いない.しかしそんな逆境にわざわざ身を置いた上に絶対叶わない夢に向かって邁進するなんて,練馬大根ブラザーズは余程のバカかマゾに違いありません.ドーム立てるにゃ360億!…そんな金,練馬区だって持ってはいないぞ.
バカとマゾだときっとマゾであるイチローは今日もお店へのらくら出勤.なーんも考えてなさそうなイチローの頭の中にはパンダしかなく,今日は不在のふわふわのもこもこを讃え哺乳類同士のエクスタシーにもだえる歌を絶唱してたらバットで殴られましたとさ.…いい気持ちっぽく気絶してるんでマゾで獣姦でしかもバカなんですね.
イチロー去りし後,ステージ茶の間に取り残されたのはマコとヒデキのイトコ同士.ご就寝しているマコさんをじっと見ながら悶々と,間違った法律の知識でなんとか理性を保っているヒデキ.抱きたくてたまらない淫夢をドラムセットになすりつける野郎はうざいセクハラ以外の何モノでもなく,マコはヒデ兄ちゃんにいいかげんにしろとクレームをつけるのでありました.シャツ1枚で寝ていたマコは寝ても起きても扇情的で,そのいやらしさにヒデキが鼻血を出してふざけていたら急を告げるのが夜中の電話.割とどうでもいいおふざけの末,ここに至ってイチローが通り魔に襲われて病院に担ぎこまれたことが判明.2人のカモはまんまと病院へと駆けつけてしまいます.
バカとマゾだとバカッ気の強いヒデキはあわてて病院に飛び込んだわけですが,横から出てきた女医にいきなり一斗缶で殴られる.これは不意打ちなので見事にクリットした上に,その犯人の女医がヒデキににじり寄って重病人の急患の地位に押し込みやがりました.これは物凄くわかりやすい傷害&詐欺行為なんだけど,悲しいかなヒデキは大変なバカなので騙されているのがわからない.気を抜けば食い物にされる苛酷な東京の食物連鎖の中では,彼らはプランクトンレベルではなかろうか.
イチローが入院しヒデキは急患,残されたのはマゾではないからバカに違いないマコ.この若いだけが取り柄で往生際の悪いお嬢さんは院長になぜか見込まれて病院の客引きバイトをすることに.…こんなところで往生際が悪いという風説を流されて,双子座B型の自分は大変に複雑な気分です(苦笑).ここまでの流れを見ればマコだってカモであることは自明.いくら看ギャのナンバー1になったとしてもどうせ搾取されてんだろうなぁという諦めはもちろん真実で,練馬大根ブラザーズのカモっぷりには一分の隙もありゃしない.…ちなみにボルボックス並みのヒデ兄ちゃんはレントゲン撮影ことスナップ写真撮影会の末に頭が悪いので手術室で眠らされてしまいましたとさ.
手術室で麻酔で眠らされ,目覚めたら包帯ぐるぐる巻きで保険の利かないタコ部屋に強制的にご案内されるヒデキ.ちなみに金のないヒデキは入院する前にやっぱし金を借りたわけですが,この借りちゃいなマネーはなかなか素晴らしい.CDにはこのバージョンを収録してほしいぞ.で,ヒデキはタコ部屋でミイラ男でふはふはのほはほはのイチロー君とようやく再会.さらに殴られて連れ込まれた2人は自分たちが手術なんかされてないことに気づきます.ミジンコに手術なんて勿体無いですからね.
ようやくどうも騙されてると気がついたミドリムシどもですが,マコのみは絶好調で敵の策の中.ナースコスで外を歩く男どもを引きまくるマコさんは実に生き生き.彼女の天職はきっとここにある.究極リアルを追求したイメクラ病院は野郎の金を搾り取るための出来のいい装置で,エロさに引きずられた野郎は喜んで骨抜きになるんだろうから男ってのは愚かなもの.何はともあれマコさんのナースコスは大変にコケティッシュでいかがわしく人目にさらすのはあまりに勿体無いというわけで,無力なはずのアメーバどもはこの病院をぶっ潰しにかかります.

後半.良くできた集金装置であるこの病院は患者は自ら作る主義.特に首魁の院長は金の亡者の熟女であり,お注射10万怪我100万という法外な値段設定にも微塵の疑問も抱いてない.先生と呼ばれる職の中でもお医者は法曹関係と並んで他の先生方に命令することのできる最強職の1つ.患者作って絞り上げる業態をローリスクハイリターンと絶唱するこの病院の場合,傷害行為をローリスクと歌い切るってことは近辺の警察なんかをもれなく抱き込んでしまっているに違いない.
悪魔の魂を抱いた白衣の天使どもの歌声に,ようやくマコも自分が搾取されるケンミジンコであったことに気づきます.つうか25円ってどんな内職作業だよ(苦笑).イチローにとっては底の抜けたザル並に金払いのいいお客でもありましたが,悪は悪なので話は別.…ちなみにイチローの披露した泳ぐ金魚,無駄に真似してみたくなる素晴らしい芸であります(笑).くにくにと.
お金があればなんでもできる.別にカリスマトリマーとか犬神様でなくても犬にも猫にもサルにもできる.そんなあまりにも幼すぎる拝金妄想にマコがイッちゃって声まで上げてしまったため,潜入捜査を気づかれてしまう練馬大根ブラザーズ.もちろんこんな秘密情報を知ったなら絶対ただですむわけがない.しかし成り行きでそんな洒落にならない逆境にマコを置き去りにするヒデ兄ちゃんたちああ無情.指1本以上触れされるわけにはいかないものをうっかり置き忘れるだなんてとんだドジっこです(笑).
白衣の悪魔の手先はバカ2人を夜の練馬に取り逃がし,残った一人はどこに行ったのかなーと思ったら院長の背中に潜んでました! 二人羽織で院長の体を盾にして逃げまくる若さを誇るマコさんですが,院長自ら取り出した槌が見事にマコさんのど頭をクリット.これで練馬大根ブラザーズ全員が殴られて気絶するノルマを達成です.そして下水道に逃れた微生物ことヒデキとイチローは残してきたマコさんの無駄なぴちぴちぶりが損なわれるのを案じ,いつものようにレンタルショップに駆けつけるのでありました.
路地裏のレンタルショップでパンダで遊ぶおやっさんことナベシン監督.そんな作品の神に出来の悪い作中人物はいつものようにすげえのを依頼.マコさんだけがミニパト状態でのレンタルプリーズも芸が細かい.で,お約束のように気に入ってくれたおやっさんが差し出したのは思ったよりも小さな潅腸.しかも無駄にメカニカル.「何すりゃいいんだこれでー!」と絶叫するヒデキの気持ちは視聴者にだってよくわかる(笑).
さて,絶賛捕らわれ中のマコさんの動向なのですが,ヒデ兄ちゃんが妄想した通りのベッドに拘束される大ピンチ.悪の病院で捕まったとなれば全身バラして大安売りというのが世間じゃ相場なのですが,マコさんの場合はバラさずに血を抜かれます.血を2リットルも取られればアカギだって死にかかるのであり,ましてやあんなでかい注射器でアカギよりも小さなマコから血を抜けばもうガチで死ぬはず.しかも麻雀で鷲巣を潰すチャンスもなしに,やりたいこともできずに命を散らせるマコの無為な人生.ここまではヒデ兄ちゃんに寄生してうまいことやってきたマコですが,哀れ院長にその命ごと搾取されてしまうのか?
しかし! 3分あれば大団円に持ち込める本作はここから怒涛の寄り切り.神から借り出したメカニカル潅腸と畑で育てた大根背負い,ヒデキとイチローが話をまとめに参上だ! バンド活動の合間に適当に育てたに違いない大根は壁をも貫き,バカでマゾではあるものの水虫菌並みに生命力に溢れた練馬大根ブラザーズは院内を徹底的に汚染した上,メカニカル潅腸の力を借りて院長の大腸菌で見事な仕上げを施します! 前行くお尻に自動追尾の空飛ぶ潅腸.誰の尻に刺さっても悲惨な最後を遂げるからこそ,特に使い方の説明もなかったんだろうなぁ(苦笑).…にしても,こんな深夜帯にこんな小学生レベルの映像をつくる奴もつくる奴だし,見る方も見る方できっと何かの病気だと思います.本当に.

ラストの展開で転がるように対象年齢が下がったせいか,今回は汚染地域には戻れないという実に大人しいオチ.食物連鎖の頂点に君臨する万物の霊長であっても大腸菌とかその他もろもろには負けますんで,皆様も清潔にお過ごしください(笑).次回に続きます.

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧